みん さん プロフィール

  •  
みんさん: 東京ど真ん中 ひとり、のんびり
ハンドル名みん さん
ブログタイトル東京ど真ん中 ひとり、のんびり
ブログURLhttp://tky1woman.seesaa.net/
サイト紹介文都心で一人暮らし。 のんびり、楽しく、シンプルに。ヨガしながら、小さな暮らしを楽しみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 263日(平均2.1回/週) - 参加 2015/12/30 19:39

みん さんのブログ記事

  • 梅雨を楽しむ
  • 関東地方は、今日梅雨入りした発表されました。「梅雨」=なんとなく憂鬱のイメージはなんとなく拭えません。私は、少しでも雨の日に嫌な思いをしないようにと、スノーブーツ同様、レインブーツを持っているので、足元の心配はしなくてもよいと思っています。>関連記事スノーブーツは要?不要?それでも、やはり晴れの日とは違って、ジメジメなのは嫌だし曇り空は元気が出なくて、なんだかな〜という気持ちです。そこで、雨の日に [続きを読む]
  • 選択肢が多いなら「選ばない」ことにしよう
  • 学生の時、お昼に食べたいところが決まらず、同じ道を何回も往復して結局1時間右往左往しても何も食べずに帰宅した、ということがありました。あれもこれもよさそうだけど、もう少し先に行ってみようかなと思っているうちに、何も選べなかった、ということだったと思います。しかし、あの時は、「ダメだな、ごはん食べるお店さえ決められないなんて」と思っていました。今になって思うと、あくまで素直が気持ちだったのではないか [続きを読む]
  • ドリンクの選択肢が多すぎるから水のみにしよう
  • 最近気が付きましたが、食べ物にしても、飲み物にしても選択肢が多すぎると思います。コンビニに入ると、お水だけでも何種類もあるし、炭酸入り、フレーバー付き、など選ぶのに迷うほどです。そして甘いドリンクもたくさん。好んでスムージーなどを飲んでいますが、気が付いたらいつも甘いものばかり飲んでいるのです。知らない間に、糖分とりすぎてしまいます。もう、この際、シンプルな水だけを飲み続けよう。持たないマインドで [続きを読む]
  • ミニマリストにありがち?「貯められない」生活
  • 思うに、「持たない生活」を目指す人にとって、「貯金」というのも難しいのではないかと思います。私の場合、無駄遣いをしない分、少しでもお金に余裕が出ると旅に出たくなってしまいます。国内ならまだしも、海外に行ってしまうと、軽く30万は使ってしまいます。これまでずっとそんな感じで生きてきました。が、30才を過ぎてからは、「そろそろこれではダメじゃないか」という思いが強くなってきています。もう少し老後を意識しよ [続きを読む]
  • ミニマリストならではのひとりの老後を考える
  • まだ30代なので、早いのでは?と聞かれそうですが、早くから一人で生きていきたいと考えている私としては10代のうちから、一人の老後をどのように過ごすのか、考えてきました。一番楽しいのは、ベランダ菜園しながら、猫を飼いながら少しゆっくりすごくシーンをイメージすることです。そのためには、貯蓄をどうするのか、というのを考えてマネーセミナーに参加したり、本を読んできました。そんな中で、出会ったシンプルな一冊。タ [続きを読む]
  • 理想とする家の形を真剣に考えるためのシェアハウス暮らし
  • 家庭崩壊を2度も経験しているので、いつしか「夢なし子」となっていました。家に対しては、何の夢も持てませんでした。実家を飛び出してからは、とにかく「寝るところさえあれば」という考えで、通勤に便利なところであれば、どこでもよいと思っていました。しかし、現実は甘くありませんでした。最初に住んでいた社員マンションでは、なんとストーカーまがいの目に遭ってしまい、以来「安全最優先」で家を探してきました。思えば [続きを読む]
  • GW中に手放した「食べる」ことに対する執念
  • 1日に1食しか食べないようにしていますがこのGW中に、自分はまだ「1日3食食べるべき」という考え方から抜け出せないでいることに気が付きました。>関連記事本当に3食必要?↑私なりのGWと言えば、という景色はこのようなものです。年末年始を沖縄で過ごし、ハッピーになる手がかりを一つつかんだばかりのところ職場環境での人間関係が悪化してしまい、GWに入る前は、本当にこのままでは働けないのではないかと思ってい [続きを読む]
  • 真夏でも白湯が必要。マイボトル持参
  • 去年の夏は、徹底してホットコーヒー@コンビニを注文していましたが、何回も何回も「ホットで」と繰り返さなければなりませんでした。暑くなってくると、カフェに入っても、コンビニに入っても、「アイスでしょう?」という雰囲気になりますからね。真夏でも「ホット」と注文する自分が変人のように見えて仕方なかったのかもしれません。そんなやりとりが面倒くさいし、出費もかさむし、コーヒーも刺激物だし、テイクアウトのもの [続きを読む]
  • 5月に入ってお店の在庫を買い占めたもの
  • 5月になりました。あまり実感がありませんが、もう夏もすぐそこですね。かなり前から冷え性で低体温=体脂肪率過多なのはわかっていましたが、様々な努力を本格的にし出したのはここ数年です。今年になって、ようやく実感していますが、「私、冷えています」特に、お腹周りが。アイスは好きです。風にともかく弱く、少しでもあるとひんやりしてしまうように感じます。ので、みんな薄着になり、半そで姿も目立つこの頃、私は昨日、 [続きを読む]
  • GWは脳を空っぽにして、「休む」に専念する
  • 社会人になってしばらくは、連休があると、旅がしたくて仕方ありませんでした。月曜から金曜、ずっと「拘束」されているという思いが強かったのかもしれません。しかし、ある程度旅も行きたいところがほとんど行ってしまいました。今となっては、素直に「ゆっくりしたい」、「休みたい」と思っています。たっぷり時間があるときに、しがちなのは「自分の内面を見つめること」です。休職していたとき、ひたすらそれをしていました。 [続きを読む]
  • 服がすぐに傷む
  • 「ミニマリスト」のブログでよく目にするのは、少ないローテで回すので、服がすぐに傷む、というお話です。今、私はそれを実感しています。一年中通して、気に入っているパターンは、白シャツに、黒のレギンスパンツ(レギパン)です。まったく愛嬌のない組み合わせですが、一年中飽きません。冬はカーディガンを追加したり、ストールをまいたりして楽しめますし真夏でも、薄い生地のものにすれば、冷房の部屋でも冷え知らずです。 [続きを読む]
  • ヨガの時のBGM
  • 最近、ほぼプログラムを覚えてきたこともあり、ヨガの時はDVDをかけずに、youtubeの音楽をかけています。>関連記事ヨガは飽きるもの?いくつか気に入っている音楽がありますが、呼吸も合わせやすく、飽きが来ないのは、むしろ「音楽」がないものです。波の音のこちらが一番のお気に入りです。これに合わせて呼吸を整えるとスムーズにできます。ポーズもだいぶ慣れてきたので、自分のペースでゆっくりしています。 [続きを読む]
  • 「幸せ」を書き留める習慣
  • 今年から始めようと思った習慣の一つに、「幸せ」を書き留めよう、というものがあります。毎日、気が付いたらむっとした顔になっていたり口角が下がってしまっていることに気が付いたので日々の生活の中の幸せを書き留めたいと思いました。小さな手帳を買いました。お昼の時間に、食べ終えたら、その日の欄にひたすら「I'm happy」、「今、すごく幸せ」と隙間がなくなるくらいに書いています。効果としては、目に見えるものは少な [続きを読む]
  • 自分に合うシェアハウスとは
  • 今住んでいるシェアハウスは2軒目ですが、1軒目は半年ですぐに引っ越しました。人間関係が合わなかったのです。シェアハウスの「合う」、「合わない」は、ほかの住人との関係に尽きると思います。前のハウスは、「学生NG」だったので、大人な環境をイメージして住んでみたのですが、実際には都会ならではの、「楽しむ系」の大人が集まっていました。今のハウスは、学生も何人かいますが、前のハウスよりも全体の入居者が多いので [続きを読む]
  • ハンカチが不要の時代なのか?
  • しばらく、ハンカチやタオルの在庫を使い切るために、ずっと買うことはしなかったのですが、この度、いよいよ手持ちが少なくなってきたし、これから夏になっていくので、ハンカチを買おうと思いました。しかし、どこに行ってもレディースのハンカチが見つからなくて困っています。。。デパートを覗いてみても、雑貨屋さんに入っても。。。さらに、amazonでも、「ハンカチ」と入れて検索しているのに、「ハンカチタオル」になってし [続きを読む]
  • 2カ月悩んだ末に財布を買い換えました
  • 今使っているお財布がくたびれていたわけではなく、ただ単に「ひとめぼれ」してしまった財布があったのでずっと買おうか、悩んでいました。とてもキレイな柄、というだけではなく、実はこういうL字型の薄い長財布を愛用していて、薄さもちょうどいい具合だったのです。ただし、持たない暮らしを目指している中で、「今まだ使えるものがあるのに、買い替える」というのはすごく抵抗がありました。悶々と悩んでいたところ、劇的な事 [続きを読む]
  • 「ひとりの品格」 -言いたいことを代わりに言ってくれた本
  • 読んでから少し時間が経ちましたが、これぞ「言いたいことをよく言ってくれた!」という本に出合えました。どちらかと言えば、非婚願望の女子向けではなく、「取り残された高齢男性」向けに書いたものだと思いますが、どうやって「ワンマンライフ」を楽しむのか、アドバイスが詰まっていました。でも、それだけではありません。「世の中で、ここがおかしい」というような指摘もたくさんあります。お金を払って婚カツをするのがおか [続きを読む]
  • バスタオルはもちろん使っていません
  • シェアハウスに住んでいるゆえ、ものを干す場所は限られています。洗濯物は乾燥機ですが、バスタオルのようなものになると、普通の人は困ってしまうのではないかと思います。毎日取り換えたいし、干す場所も。。。しかし、私はかなり前からバスタオルと決別していましたので問題はありません。お風呂上りはいつも、フェイスタオルです。髪の毛が長いと、そうもいかないかもしれませんが、私は全身、フェイスタオル1枚で十分です。 [続きを読む]
  • 物事の因果関係はもしかしたら逆かもしれない
  • 母に対する気持ちが和らいだきっかけの一つに、「物事の因果関係はもしかしたら逆かもしれない」と思うようになったことが大きいかもしれません。※都バスの広告がキレイだったのでつい撮ってしまいました。母が自立しなくなったのは、私が「しっかりしなくちゃいけない」と思いそうふるまうようになったからかもしれません。私がぐれて、不良に走っていたら、母は「もっとしっかり教育しなきゃ」とがんばれたのかもしれません。そ [続きを読む]
  • 幸せな夢が続く。PTSDの症状から解放された?
  • 最近、Youtubeのメディテーションを聞きながら寝るようにしていますが夢の中で暗示をかけられているのか、よい内容の夢が続いています。>関連記事幸せへの道:愛をいただくことの準備一つは、母が自立して私と買い物に出かけるという夢。母は、いつからか自分の身の回りのことをまったくしなくなったのでそれが私にとって最大の負担となっていました。すべて「頼りきる」という態度になり、耐えられなくなったのでそれが原因で今 [続きを読む]
  • 時間をかけて1杯の水を飲む
  • お茶やコーヒーが好きで、よく飲みますが、亡くなった祖父からはよく「白湯を飲みなさい」と言われていました。起き抜けに白湯を1杯、というのが憧れですがついつい、朝はコーヒーやお茶を入れてしまいがち。ですが、最近心がけているのは、食後の1杯の水。ピッチャーからグラスに注ぎ、それも、一気に注ぐのではなく、そこから2cmくらい入れて、ゆっくり飲む。呼吸を整えようとしている一環でもあるのですがゆっくり息をして、 [続きを読む]
  • 自炊しないメリット:調味料も気にしない
  • 1日に1食しか食べない生活をしていると、自炊より断然外食のほうが楽ですし、食材を貯めないで済むので、「持たない暮らし」にぴったりです。勤務先の先輩で「よい醤油を買おうとか、食材に気を付けていたら、エンゲル係数が高くなる」という話を聞きました。自炊は本当に安上がりで、体によいのだろうか?私は疑問を感じています。食べたいときに、食べたい量だけを食べ、それで幸せをかみしめることができる。だから、私は1日 [続きを読む]
  • 呼吸法で自律神経はどのくらい改善できるのか
  • 呼吸法はあまり好きではないのです。あまり集中できないので。しかし、いつもマッサージしてもらっているセラピストの方から呼吸が浅いと指摘されていることもあり、少し本気を出して、呼吸法をやってみたいと思います。薬に頼らずに自律神経失調症を改善する【1分間呼吸法】以前もほかのプログラムやっていましたが、あまり改善は見られませんでした。今回はどうなるのか、実験するつもりで続けてみたいと思います。ヨガのプログ [続きを読む]
  • 抑圧された「思い」が再び現れた
  • おととい、IBSの症状が悪化した夜、私は不思議とこれまで自分が抑圧してきたある思いが再び心から沸き起こったと感じました。「母に抱いてもらい、頭を撫でてもらいたい」長年、母に対してマイナスのイメージしか持っていませんでした。「母から逃げる」ことしか頭にありませんでした。しかし、少しずつカウンセリングなどを重ねっていった結果私は、自分が母に対して抱いていた気持ちは「憎しみでも恨みでもない」ことに気づきま [続きを読む]
  • 予約の電話でうまく行かない施設は利用しない
  • 昨日、IBSの医療機関に予約を入れようと決心したばかりですが早くも諦める結果となりました。>関連記事IBSは放置していてもよくならない本日、何回か電話を入れたのですが、うまくつながりませんでした。1回目は留守電。それ以降は何回電話をしても応答なし。これでなんだか「縁がないところかな」と思っていました。それでも、最後に試してみようと思い、終業時間間際に合わせて電話したところ、ようやくつながったと思えばかな [続きを読む]