Black Face Sheep さん プロフィール

  •  
Black Face Sheepさん: Soul Eyes
ハンドル名Black Face Sheep さん
ブログタイトルSoul Eyes
ブログURLhttp://blackface2.exblog.jp/
サイト紹介文毎日更新です。B級グルメやテディベアから錆系まで、自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/12/30 22:02

Black Face Sheep さんのブログ記事

  • 涼しさ皆無、とっても暑苦しい真夏の花
  • 昨日、東海地方も梅雨明けしました。今年の梅雨は空梅雨で、とっくに梅雨明けしたようなお天気が続いてました・・・やっとか、って感じです。でも、太平洋高気圧が本気を出すのは、これからだそうですよ。え゛・・・今までは本気じゃなかったの・・・って感じです、どこまで暑くなるんでしょう。^^;今年はどうやら、暑さ関連の記録... [続きを読む]
  • 原色の公園
  • 最近の公園の遊具って、色の傾向が変ってきたような気がします。昔はほんわかしたパステル調が多かったような気がしますが、昨今は原色が多いように感じます。個人的にはパステルカラーより原色の方が好きなんですが、子供の情操教育的にはどうなんでしょうか・・・夾竹桃の鮮や... [続きを読む]
  • After The Rain - 50 years memorial for John Coltrane
  • 先日の名古屋の大雨、驚きました。うちのあたりは田舎なので特に目立った被害もなかったのですが、名古屋市内はひどかったみたいです。若宮大通りが川になってしまった画像を見て愕然としました・・・名古屋とは思えませんでした。その翌日、雨が上がった際に撮ったのがこちらの写真です。雨上がりの空は、もう梅雨明けしたようなあっ... [続きを読む]
  • 赤錆にこだわるアメリカンビンテージ
  • 名古屋の大須にあるアメリカン・ビンテージ・ファッションのお店です。ここの外観、気持ちが良いほど錆びているんですよね。天然ものなのか、はたまた養殖ものなのか・・・どうやら養殖もののようなんですが、そんなことどうでもよくなるほどの見事な赤錆でした♪名古屋市中区大須にてNikon D610Ai Nikkor... [続きを読む]
  • 戸惑うバイク、むくれる紫陽花
  • 「え・・・モデルになって欲しいって?・・・ほんとに俺でええのか?・・・おどおど」恥ずかし気に目をそらせるバイクさんです。「そう、君でいいんだよ・・・そのナイーブなところがステキなのさ♪」と、なだめながらボケパノの習作を撮ってみました。^^;ボケパノ技法の被写界深度の表現練習だったので、被写体は何でもよかったんですけどね。それこそ自転車でも、お蛇口さまでも、お狸さまでも... [続きを読む]
  • ヒマワリの咲く牧場
  • 先週末、愛知牧場に行ってきました。この牧場、四季折々の花が咲き誇る丘が楽しいんですよね。これからの季節は、ヒマワリに覆われていきます。まだ一部しか開花しておりませんでしたが、これからが楽しみです。ヒマワリ畑の片隅にはコスモスも咲いておりました。今年の愛知県は空梅雨気味で、コスモスも... [続きを読む]
  • JAZZ BARに棲みついた光蜥蜴
  • 豊田市にあるJAZZ BAR、”Beat"さんです。Jazzyな光蜥蜴さんがいっぱい棲みついておりましたね。このお店はいまだにLPで音楽を聞かせてくれるのがウリです・・・アナログな暖かい音がします。ところで、若い人の間でもLPの人気が復活しているみたいですね。私の日本語の生徒の一人も、LP... [続きを読む]
  • 赤い市民文化会館
  • 豊田市民文化会館は赤煉瓦を使った印象的な建物です。台形が何層にも積み重なった不思議な造形を見るたびに、古代メソポタミアのジッグラトを想起してしまいます。赤と言えば・・・そう、私は赤錆ふぇち♪この市民文化会館にも数点、赤錆物件がありまし... [続きを読む]
  • 観光牧場の家畜たち
  • 豊田市の郊外にある鞍ヶ池公園には、観光牧場があります。岡の中フックには、こんな牧歌的な雰囲気が広がっております。飼育員さんの手から餌を食べるポニーさんです。この牧場の羊さんたちは、コリデールと言う種類だそうですが、羊らしいのどかな雰囲気です。キャットウォーク上の山羊さん・・・羊と違って、高いところに上りたがります。羊でも、顔の黒いSwa... [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間に居心地の悪さを覚える連中
  • 「ちくしょぉ、コニファーは良いよなあ、梅雨の晴れ間には輝いて見えるもんなあ。」「そりゃそうよ、ゴールドクレストっていうぐらいだもんで。」「その点、俺たちゃ雨が降らんとま〜るで役立たず・・・」「そうそう、晴れた日にはおよびじゃないんだよねえ、めそめそ・・・」こんな会話をしているのは、先日ご紹介した星が丘テラスのアンブレラフラワーさんたちです。いやいや、晴れの日の君た... [続きを読む]
  • Muggy Sunset
  • 梅雨の真っ最中ですね。私の日本語の生徒の一人が「日本語で”Muggy"は何て言うんですか?」と聞くので、「蒸し暑い、だよ」と教えてあげました。きっと、朝のあいさつで「キョウモ、ムシアツイデスネ」って、使うつもりなんだろうな、あはは。^^普段ならドラマチックになる夕焼けも、梅雨の時期はこんな焼け方なんですね。な... [続きを読む]
  • 英国庭園で梅雨の晴れ間を慈しむ透明人間たち
  • ここは豊田市の鞍ヶ池公園にある英国庭園です。「台風が去ってようやく晴れ間が見えて来たなあ・・・」と、透明人間さんが呟いていました。透明人間シリーズ、フィルム写真ブログではいっぱい撮ってるんですが、デジタル写真ブログでは少ないですね。心霊写真同様、透明人間さんはデジタルと相性が悪いんでしょうか。^^;透明人間さんも、日向には座りたくないようで、こんな木陰にも... [続きを読む]
  • 真夏が訪れたスタジアム
  • 先週末の愛知県、日差しが強くて気温も35度近くまで上昇しました。湿度も高くて蒸し暑い、典型的な愛知県の真夏です。豊田スタジアムも、真夏の雰囲気に包まれていましたねえ。長期予報によれば、今年は猛暑なんだとか・・・先が思いやられます。愛知県豊田市 豊田スタジアムにて... [続きを読む]
  • まったりと錆び逝く運河
  • オシャレで華やかな雰囲気の横浜港や神戸港・・・正反対なのが名古屋港かもしれません。ガチな産業港ですから、お洒落な場所ってまずないですね。その代わり、私の大好物の赤錆はた〜くさんあります。ちょっと鉄分補給がしたくなると、名古屋港にやってくることがおおいです... [続きを読む]
  • 出番の少なさを嘆く光蜥蜴
  • 晩秋から早春にかけては影の季節・・・お昼を過ぎるともうなが〜い影がお出ましになり、黄昏た雰囲気が横溢していましたそれゆえ、このブログでも「ホニャララな光蜥蜴」と言うタイトルのエントリがたくさん登場しました。ところが今は梅雨の真っ最中。お日さまが出なければ、光蜥蜴も出番がありません。たとえ晴れたとしても、太... [続きを読む]
  • 誘惑するお店
  • ペイントの剥げかけた窓枠・・・赤錆の浮いた缶に植えられた観葉植物・・・そして赤錆の浮いた鉄製の看板・・・ここ、シャツとボタンのオシャレなお店のようなんです。でもその外観は、滅びの美学に満ちており、そういう壊れかけたものが大好きなおじさんの心を刺激してくれます。中に入っても買うものはない... [続きを読む]
  • ボケパノな廃バス
  • 定点観測物件、シマシマの廃バスです。毎年蔓蔦が伸びる季節になると撮っていますが、昨年の初夏はドイツ旅行用に導入した高倍率ズームの試写でしたね。今年の初夏は、ボケパノ"Bokeh Pano"です♪このボケパノ、先日の愛知牧場のトラクターたちの写真で初お目見えさせた撮影方法です。上の写真はボケ写真をつなぎ合わせて作ったパノラマ写真な... [続きを読む]
  • 紫陽花の季節の桜猫たち
  • 三好ネコの会に所属する地域猫のシマちゃん、路上でくつろいでいます。その前にぼんやりと見えるのは・・・はい、紫陽花なんであります。このあたりは紫陽花の名所で、毎年6月には見事な紫陽花が見られます。でも今年は少雨のせいか、紫陽花の開花が遅れ気味・・・せっかくこの地域の地域猫さんとのコラボを撮ろうと思ったのに、あまりうまく行きませんでした。(泣)雨は少な... [続きを読む]