Black Face Sheep さん プロフィール

  •  
Black Face Sheepさん: Soul Eyes
ハンドル名Black Face Sheep さん
ブログタイトルSoul Eyes
ブログURLhttp://blackface2.exblog.jp/
サイト紹介文毎日更新です。B級グルメやテディベアから錆系まで、自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/12/30 22:02

Black Face Sheep さんのブログ記事

  • 野口英世一枚でやってきたカメラ
  • ベアさんがしげしげと眺めているこの物体は・・・艶消しクロムメッキが美しいクラシックカメラですね。"SP II"と言う刻印が見えますが、これがこのカメラの名前です。SPと言うのは、このSPOTMATICの略称ですね。実際にはスポット測光ではなく、平均測光のカメラです。このカメラのフルネームはアサヒ・ペンタックス(Asahi Pentax) SP IIと言いま... [続きを読む]
  • 秋の光蜥蜴が宿る銀行
  • 名古屋の繁華街、栄町のど真ん中にある銀行のショーウィンドーです。特徴的なストライプが入っているのが印象的ですね。初秋と言えども、午後の遅い時間になると、秋ならではの愁いを漂わせた光蜥蜴さんたちが集まっていました。長く尾を引く影の季節・・・大好きなんですよ、うれしいです♪名古屋市中区錦3-25-20 SMBCパ−ク栄にてS... [続きを読む]
  • 秋雨の窓辺に宿る光蜥蜴
  • 先週の土曜日から、相方との夫婦写真展「二人の日常」が始まりました。ちょうど台風18号が来襲中で、雨模様のお天気でした。会場の「アトリエKEI」さんの窓辺には柔らかな雨の日の光・・・写欲をそそられ、つい撮ってしまいました。^^愛知県みよし市三好丘桜4丁目1−7 アトリエKEIにてSONY α... [続きを読む]
  • Brooklyn In Nagoya
  • 先日、名古屋の栄町を歩いていたら、"BROOKLYN"と言う文字に遭遇しました。ブルックリン区と言えば、ニューヨーク市の下町です・・・マンハッタンとは一味も二味も違う場所ですね。ブルックリンはNYCの中でも最大の人口を誇る区で、黒人比率が多いとってもJAZZYな場所だそうです。テナーサックスジ... [続きを読む]
  • 朱から紫へ変わる空
  • 「夕焼けがきれいだよ」と告げる相方の声に、パブロフの犬のように条件反射・・・カメラをつかんで裏の公園に行ってみました。お〜、これはゴージャスです♪朱色から紫色に変わっていく、一番美しい時間の初秋の黄昏を堪能させていただきました。こういう色を見ると、もう夏は終わったなあ、って思いますね。... [続きを読む]
  • 出逢いを夢見るテディベアたち
  • 明日から近所の小さなギャラリーで、相方と夫婦写真展「二人の日常」をやることになりました。相方はデジタル写真・・・彼女が作ったテディベアやクラフト、料理、季節の花などの写真を展示します。私は赤外線フィルムで撮った白黒写真を展示します。お近くにお住まいの方で、お時間に都合がつく方が... [続きを読む]
  • 枯葉の季節の始まり
  • 日中はまだまだ30度を超えていますが、朝晩の気温はもはや夏のそれではなくなってきました。日差しはまだ強いですが、陽の長さはどんどん短くなってきています・・・もうすぐ秋分の日ですもんね。公園に行った際に、桜の枯葉を見つけました。おお、今年ももう枯葉の季節か・・・頭の中でJazzのスタンダード、"Autumn Lea... [続きを読む]
  • 店先で誘惑するものたち
  • ショッピングストリートのお店の前には、看板やそれに類するものが並び、道行く人々を誘い込もうとしています。被写体として楽しいものが多く、ついレンズを向けてしまいますね。こういう時、明るい中望遠レンズは大活躍してくれます。広角系や標準画角のレンズだと、被写体ににじり寄らなければならなくなり、ちょっ... [続きを読む]
  • 初秋の野辺で憩う赤錆
  • 暑かった夏も終わり、秋が徐々に深まり逝く今日この頃です。野辺の赤錆たちも、「ようやく夏が終わったなあ、ほっとするなあ・・・」と言っているような感じでした。って、赤錆が夏が苦手なのかどうかは、よくわからないんですけどね。^^;愛知県みよし市にてSONY α7 II ILCE-7M2Car... [続きを読む]
  • いまだに残る昭和初期
  • この球形の花の彫刻は、名古屋の大津橋の欄干に設けられた装飾です。大津橋は県庁や市役所のある官庁街から南へ延びる「大津通」の出発点で、栄や大須を通って金山に至ります。大津橋ができたのは、1933(昭和8)年のことだそうです。こちらも大津橋の欄干の上に設けられた照明です。レトロな意匠で和めます。こちらのひさしは、大津橋の南、大津通の西側にある愛知県庁大津橋... [続きを読む]
  • コワモテの中のヤスラギ
  • 先日ご紹介した岐阜市の問屋街・・・最後のカットの真ん中やや左に、ちょっと雰囲気の違うものが写っていたのに気が付きましたでしょうか。まわりはハードボイルドな鉄筋モルタルなビルなんですが、ここだけはちょっと可愛らしくデコレーションされていました。どうやら、ここはお店のようでした・・・殺伐とした雰囲気の中の安らぎになってま... [続きを読む]
  • 黄昏逝く初秋
  • 9月になったら、朝晩の空気がまるで変わってきましたね。肌にまとわりつくような湿気がなくなり、爽やかさを感じるようになってきました。また日の長さも、盛夏に比べてめっきり短くなってきたような気がします・・・今月末は秋分ですもんね。空に浮かぶ雲も、夏の積乱雲系から筋雲系、うろこ雲系に変わってきました。こういう空を見ると... [続きを読む]
  • 和洋折衷な市役所
  • この印象的な建物は名古屋市役所です。1933年に竣工ですから、今年で84歳のご長寿ビルですが、いまだに現役の市役所です。これは政令指定都市の中では、1927年竣工の京都市役所に次いで2番目に歴史の長いものなんだそうです。この本庁舎は、昭和天皇即位の記念事業として建設されたもので、近代的なビルに和風の瓦屋根を載せた... [続きを読む]
  • 養子縁組を待つ初秋の猫たち
  • 先週末の土曜日は私の所属する地域猫保護管理団体、「三好ネコの会」の猫ちゃん譲渡会でした。うちのネコの会、毎月第一土曜日の10時〜15時、名鉄三好ヶ丘駅のカリヨン広場で譲渡会をやっているんです。欧米では"Cat Adopotion"と呼ばれ、「猫ちゃんの養子縁組会」なんであります♪今回も可愛らしい猫さんたちがたくさん集まりましたので、そのうちから何匹かご紹介しましょう。... [続きを読む]
  • 夏から秋へ移ろいゆく田園
  • 先週末の土曜日に撮ったうちの近所の田園地帯です。空に浮かぶ雲や凶悪にはびこる葛蔦を見ると、まだ夏の雰囲気が濃厚なんですが、少しずつ秋モードにシフトしているようです。千日紅やキバナコスモスが咲き始め、稲穂も徐々に重くなり、クリや柿も実り始めました。早く涼しく快... [続きを読む]
  • 1/4秒の郊外ショッピングストリート
  • 先日、SONY α7IIの五軸手振れ補正機能がどの程度効果的か、地下鉄駅のプラットフォームで実験をしてみました。1/4秒の速度優先モードで手持ち撮影しましたが、なかなかα7IIの手振れ補正はよく効きました。半分ぐらいのカットはほぼ使える印象、さらに20%ぐらいは大伸ばしをしても耐えられそうなレベルでした。今回は、... [続きを読む]
  • 秋を宿す夏の光蜥蜴
  • 夏の終わりの光蜥蜴・・・どこか、憂いを含んでいるように見えます。気温は高くても、陽の長さは確実に短くなってきているから、なのでしょうかね。とは言え、まだまだ「快適」と言うには程遠い外気温です。残暑って、結構身体にこたえるんですよねえ。^^;愛知県豊田市 名鉄・豊田市駅に... [続きを読む]
  • 50年代が香るハンバーガーダイナー
  • なんと古き良きアメリカンなレタリング♪豊田市にあるハンバーガーのお店、Hot Bunny Dinerさんに行ってきました。外観はいわゆるアメリカン・フィフティーズ・・・オールディーズが似合いそうです♪暑い日だったので、まずは飲物を・・・とってもアメリカンなチェリー・コーク、逝ってみましたよ。^^このミントグリーンの壁、白黒市松模様の床、ミッドセンチ... [続きを読む]
  • リバーパークからセントラルパークへ
  • 名古屋の真ん中を南北に縦貫する、リバーパークからセントラルパークまで歩いてみました。こちらは、リバーパークを横切る魚ノ棚通りです。この通り沿いに設置されたボラード達、今風の機能的なステンレス製ではなく錆の浮き出る鋼鉄製なのがうれしいです。^^このエキゾチックな石像は、『ツゥーラの戦士像』と言うそうです。名古屋市の姉妹都市の一つ、メキシコのメキシコ・シティから寄贈さ... [続きを読む]
  • 実像と虚像が綯交ぜになるカフェ
  • 名古屋の伏見付近を撮影中にランチタイムになったので、Tully'sに立ち寄りました。注文したのは名物のコレ・・・"Ball Park Dog Original"です。ライ麦パンにソーセージと刻みタマネギをはさんだホットドッグで、名前から判断すると、アメリカの野球場で定番のファストフードってことなんでし... [続きを読む]
  • 今年もフライングした彼岸花
  • うちの近くの逢妻女川の土手には、毎年とても早く彼岸花が咲く一角があります。先週の日曜日、さすがにまだ8月なので無理だろうなあ、と思いつつ行ってみましたよ・・・驚きました、咲いててました♪空も夏の雲と秋の雲が同居しているような感じでした。彼岸花は毒があるとか言われてますが、クロアゲハちゃんはその... [続きを読む]