Black Face Sheep さん プロフィール

  •  
Black Face Sheepさん: Soul Eyes
ハンドル名Black Face Sheep さん
ブログタイトルSoul Eyes
ブログURLhttp://blackface2.exblog.jp/
サイト紹介文毎日更新です。B級グルメやテディベアから錆系まで、自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/12/30 22:02

Black Face Sheep さんのブログ記事

  • 色に溢れた街角
  • 名古屋が誇る下町、大須。ここはいつ来ても、色の洪水ですね。派手な色から地味な色まで、ありとあらゆる色が揃っているような気がします。^^名古屋市中区 大須にてNikon D610Ai Nikkor 85mm f/1.4S☆ブログランキングに参加しています。この... [続きを読む]
  • ほとばしる初夏
  • ほとばしる水流が気持ちよく見える季節になってきました。水はシャッター速度によって見え方がまるで違うので、フォトグラファーには楽しい被写体です。この5枚、上から1/16000, 1/320, 1/13, 1/16000, 1/400と言うシャッター速度を使っていました。三脚とNDフィルターがあれば、もっと遅い速... [続きを読む]
  • 初夏を謳歌する赤錆たち
  • 冬の間は陰鬱な感じの赤錆たちですが、初夏になるとまるで違って見えます。そう、明るい日差しの中で、この気持ちの良い季節を謳歌しているように見えましたねえ♪赤錆と付き合いが長いので、彼らの気持ちがよくわかるようになりました・・・あ、こんなことを書くと、病院に隔離されちまうかな、鶴亀鶴亀。^^;... [続きを読む]
  • 初夏に彩られた都市公園
  • 名古屋の真ん中、矢場町交差点にある都市型公園フラリエに行ってきました。「冷たいビール、ありますよ♪」と誘うビール会社のパラソルや咲き誇る初夏の花たち・・・明るい日差しに満たされた園内は、すっかり初夏になっていました。公園内では、撮影会も行われており、ここで踊っているのはその... [続きを読む]
  • 穴場の花屋さん
  • 先日、大須に写真を撮りに行ってきました。大須観音から商店街に入ってすぐを南に曲がると、鬱蒼と茂った緑を発見・・・これは何かある、と私の嗅覚が囁きました。その場所に行ってみて、のけぞりましたねえ♪とっ... [続きを読む]
  • 新緑の季節の白い橋
  • 先週末は、とても良いお天気に恵まれましたね。これぞ五月晴れと言わんばかりのどピーカンな空を見て、C-PLフィルターをかまして青空写真を撮ってみました。実は「赤」シリーズもちょっと暑苦しくなってきたので、爽やかな色に代えてみたくなった、ってことですね。^^;ま、その気になれば赤シ... [続きを読む]
  • 赤の向こう側
  • 「あれ、このRollei 35、ちょっと変だなあ・・・」相方謹製の布製テディベアさん、私の愛機の一つ、Rollei 35をしげしげと見ています。はい、実は上の写真、レンズの前にサングラスみたいな暗色のフィルターが付いていたんですね。フィルターがないときは、Tessar 40mm/F3.5が見えています。このRollei 35、コンデジ並みの小さなサイズですが、フル... [続きを読む]
  • 赤錆が跳梁跋扈するローカル線
  • 三日連続で「赤」シリーズです・・・と言っても、今日は赤錆ですけどね。^^;GWに訪問した静岡県の大井川鐡道、とても素敵な赤錆がいっぱいあるローカル線でした。やはり「鉄」ですから、赤錆はつきものなのでしょうね♪「撮り鉄」や「乗り鉄」など鉄ちゃんにもバリエーションが... [続きを読む]
  • 赤い薔薇園
  • 豊田市の隠れた薔薇の名所、西山公園に行ってきました。ちょうど満開で、かぐわしいバラの匂いでいっぱいになっておりました。最初は普通に薔薇を撮っていたのですが・・・例によって赤錆が「私を撮ってよ、お願い・・・」と囁いたのですよ。^^;そのお願いを断るほど不人情ではな... [続きを読む]
  • 赤い空を見つめるシロツメクサ
  • 今週の火曜日の日没です。西の空が美しい茜色に染まっていたので、隣の公園に写真を撮りに行きました。さてこの写真、手前に何やら白っぽいものが写っていますが、お分かりになりますでしょうか。はい、シロツメクサちゃんたちなんでありました。普通じゃ見られない茜色の空に、シロツメクサちゃんたちも口を開けて見上げておりました。あ、そこ、どこがシロツメクサの口なんだ、なんて無粋... [続きを読む]
  • カオナシの銀雲
  • ちょっと前に、私の写真友達で赤錆ハンターでもあるI君から、「素晴らしい物件があります」と言う情報をいただきました。先日ようやく見分に行ってきましたが、現地に到着して驚きました。なんと走る大英帝国こと"Rolls-Royce"が停まっておりました・・・それも豪勢に3台も。^^;... [続きを読む]
  • 靴修理屋さんに集う光蜥蜴
  • 名古屋の覚王山日泰寺の参道は、エキゾチックな雰囲気で面白い場所ですね。仏具屋や石屋さんがあるかと思えば、お洒落なカフェやレストランも軒を並べています。この靴屋さんは修理が本業なんだと思いますが、いつもその佇まいが素敵で、つい撮ってしまいますね♪名古屋市千種区覚王山 日泰寺参道にてNikon D610Ai Nikkor... [続きを読む]
  • 五月の紅白
  • 5月の我家の庭で一番目立つ樹木、ロビニアです。和名はニセアカシア・・・でも、なんか悪いことをしているみたいなイメージなので、英名のRobiniaの方が好きです。^^;この花はマメ科だそうで、成長がめっぽう早い樹ですね。でも5月中旬になると、もう花は終わりつつあります。もうすぐドクダミの季節ですね。このロビニア、白花もあります・・・と言うか、白の方が多数... [続きを読む]
  • 黄昏の廃SL
  • GWに大井川鐡道を撮りに行った際、新金谷駅の側線に放置されている廃SLにも会いに行ってきました。この廃SL、C11の312号機だそうで、昨年末の訪問の際にも撮っています。大井川鉄道は、C11型機関車を3両導入し、190号機はSL急行『かわね路号』として、227号機は『きかんしゃトー... [続きを読む]
  • 増殖する摩天楼
  • 名古屋駅前の摩天楼、どんどん増殖中です。昨年から今年にかけて、あらたに3つの摩天楼が完成しました。この4枚はJPタワー名古屋・・・かつて、名古屋中央郵便局があった場所に建築されたビルですねKITTEと言うのは商業施設の名前らしいです・・・可愛らしいです。^^この3枚はJRゲートタワ... [続きを読む]
  • 今日は母の日・・・
  • 明るい初夏の日差しの中の花たち。ブーケを持つのは、エプロンを来たお母さんでしょうか・・・今日は母の日ですね。カーネーションを買い求める人で、花屋さんはさぞかしにぎわっていることでしょう。残念ながら、私の母も相方の母もすでにいません。また、我家には子供もいません。誰にも花を贈らず、誰からも花が贈られない、どってことない普通の日曜日なんでありました。... [続きを読む]
  • 消滅する矢印
  • 名古屋の栄町のランドマーク、「オアシス21」にある光の回廊です。ここは南北2カ所にあるトイレへの通路です。^^;南側の回廊は1月にすでにアップしておりますが、今回は北側の回廊です・・・ちょっと雰囲気が違いますね。この光の回廊、矢印が目につく場所でもあります。矢印を片っ端から撮ってみましたが、最後にどこに導... [続きを読む]
  • 花の季節を楽しむ親子
  • 「今年もスズランの花が咲く季節になって来たなあ・・・」相方謹製のテディベアさんが、スズランの香りをかぎながら、独り言を言っておりました。「お父さん、薔薇だって咲いたよ、ほら♪」と、息子ベアさんが言っております。この薔薇、我家の庭で咲くWilliam Morrisと言う名前のロゼット咲きのオールドローズですね。「5月はいろんな花が咲くからなあ、このライラック... [続きを読む]
  • SL三昧の子供の日
  • 新金谷駅を出発する蒸気機関車C11 227・・・はい、5月5日の子供の日に、友人たちと大井川鐡道を撮りに行ってきました。静かでスムースな電車と違って、情機関車はすべてがドラマチックですね。音も、見た目も、迫力満点なんであります♪大井川鐵道大井川本線を下っていき、福用駅を過ぎたあたりで格好の撮影ポイントを発見。ここでしばし、SLがやってくるのを待ちます。... [続きを読む]
  • 曼陀羅の藤まつり
  • 5月3日に、中学校時代の同級生たちと、江南の曼陀羅寺に行ってきました。正式名称は日輪山曼陀羅寺、西山浄土宗に属する寺院で、通称「飛保の曼陀羅寺」と呼ばれています。西山浄土宗の古刹で尾北地方における最も格式の高い霊場だそうで、寺域は13,000坪、檜皮葺の正堂を中心に庫裏... [続きを読む]
  • 初夏の野辺で憩う透明人間
  • 「ゴールデンウィークも、終わりだなあ・・・」と、回転椅子に座った透明人間さんが呟いておりました。「お天気もまずまずだったし、久しぶりにゆっくりできて、楽しかったよねえ・・・」「気が付けば、ヒメジョオンが咲く季節になっちゃったんだなあ、時の経つのはほんと、早いなあ・・・」「雲もだんだん夏の雲になってきたよなあ、これからはどんどん暑くなるんだよなあ・・... [続きを読む]
  • 春の嵐とともに訪れた光蜥蜴
  • GW初日の4/29の土曜日、名古屋の都心にいたら、突然の春の嵐に襲われました。空がいきなり暗くなり、突風が吹き始め、雨まで降ってきました。慌てて手近にある松坂屋の南館に緊急避難・・・ここ、地下街への入り口があって、濡れずに写真が撮てるのですね。陰険な表情で渦を巻く雨雲と百貨店のオサレな照明、傘をさして地下街を目指す人々、ヘッ... [続きを読む]
  • コイノボリの季節の赤煉瓦
  • 初夏の空を軽やかに泳ぐ鯉幟・・・その手前に見える緑色の蔦は・・・はい、ノリタケの森の大煙突群です。昭和初期に建造された大煙突は45メートルの高さがあり、名古屋で最も高い建造物の一つでした。工場移転とともに上部が撤去され、現在は、陶磁器産業の歴史を伝えるモニュメントとして基部が残されています。今は鯉幟が泳ぐ添景として活躍しておりますね。背景に見えるのは名古屋... [続きを読む]
  • 新緑の混乱
  • "THE CONRAN SHOP"・・・ファッションやインテリアにうるさい方々の間では有名なお店だそうです。家具デザイナーのテレンス・コンラン卿が立ち上げたインテリアショップで、コンラン卿が選び抜いたクオリティの高い商品だけがそのディスプレイに並ぶことができるんだとか・・・デザインのみならず実用性も兼ね備えたものであ... [続きを読む]