アサヒ先生 さん プロフィール

  •  
アサヒ先生さん: アサヒ先生の『教育&子育てダイアリー』
ハンドル名アサヒ先生 さん
ブログタイトルアサヒ先生の『教育&子育てダイアリー』
ブログURLhttp://hidede.exblog.jp/
サイト紹介文小学校教員アサヒのブログです。教育に関する内容について、日々の出来事で感じたことを発信していきます。
自由文拙書「授業をアクティブにする!365日の工夫 小学2年」
初の単著です。ぜひお手に取ってご覧ください。

https://www.amazon.co.jp/dp/4182722205/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1489962878&sr=1-2&keywords=%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%82%92%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BC%81%EF%BC%93%EF%BC%96%EF%BC%95%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%B7%A5%E5%A4%AB
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/12/30 22:54

アサヒ先生 さんのブログ記事

  • 最初の思いを振り返りつつ…いよいよあと2日。
  • クラスの最初。「子どもたちと出会えたことが、うれしい」「子どもたちがそこにいてくれることに、ありがとう」4月のノートを読み返すと、そういった思いがたくさん書かれている。最後に伝えることも、それでいいんじゃないかな。ついいろいろと伝えたがるけれど。「出会ってくれて、ありがとう」「一緒に過ごしてくれて、ありがとう」最初の思いを振り返りつつ…。いよいよあと2日。【書籍... [続きを読む]
  • 子どもたち手作りの「クラス文集」完成!
  • 昨日、「クラス文集」が完成した。 私には、クラス文集を作るにあたって、あるこだわりがある。それは、①全員にクラス文集作りに関わらせること②出来る限り手作りすることである。一人ひとりに役割を決め、全員で作った方が、子どもたちも「ぼくたち・私たちが作った!」と思える。そして、手作りには「あたたかみ」がある。子どもたちの書く絵や字には、何とも言えない「味」がある。今年度は1... [続きを読む]
  • 拡大サークル「今年度の振り返り」
  • 昨日、私が所属しているサークルで、拡大サークルを開いた。テーマは、「今年度の振り返り」。 サークルメンバーだけでなく、ゲストも参加し、今年度の学級づくり・授業づくりについて振り返った。結論から言うと、本当にやってよかった。まず、昨日のサークルのために、今年度の成果と課題をレポートにまとめることで、頭がすっきりした。さらに、そのレポートを発表し、参加者に意見を言ってもらうことで、よ... [続きを読む]
  • 外に学びに出ることのよさは?
  • 昨日は1日、筑波大附属小の「低学年の『心』を育てる授業研修会」に参加してきた。2年生の「道徳」と「算数」の授業。そして、「国語」と「生活」のワークショップ。さらには、「協議会」や「シンポジウム」。盛りだくさんの内容であった。もちろん、たくさんの気付きがあった。取り入れてみたい工夫もあった。しかし、こうして外に学びに出ることの一番のよさは、何といっても「刺激」を受け、「やる... [続きを読む]
  • いつもと違う感覚がした卒業式
  • 昨日、私の勤務校では卒業式だった。卒業式自体は、感動あり涙ありの、心温まる素敵な式となった。子どもたちの姿もとても立派だった。しかし、私自身の卒業式に対する感覚が、いつもと違う。なんだか、より客観的な感じがしたのだ。それはなぜか。そう、今年度は1年生担任なので、卒業式練習に関わっていないのだ。そして、自分の学年の子どもたちが、卒業式の場にいないのだ。(人数の都合上、私の勤... [続きを読む]
  • 息子の担任の先生から学ぶ。
  • 息子のクラスが、学級閉鎖となった。インフルエンザが猛威をふるっている。息子の担任のベテラン先生。「体調はいかがですか?」という電話をくださったり、プリントやお便りをわざわざ届けてくださったりする。親として、頭が下がる思いである。思えば、この一年間、厳しくもあたたかく指導してくださった。一人ひとりの子どもの特性を捉え、その子の力を伸ばそうとする思い。その先生の熱意は、確かに伝... [続きを読む]
  • だんだんと寂しくなっていく教室
  • 学年末のこの時期。昨日から、子どもたちと一緒に、教室にはってある掲示物をはがし始めた。「先生、なんだか寂しいね。」そうなのだ。この作業をしていると、いつもきまって寂しい気持ちになるのだ。1年間の確かな積み重ねが、そこにある。子どもたちの成長のあとが、そこにある。「ああ、1年間が終わるんだ」と実感する。こうして、ちょっぴり寂しさを感じた後は、また前を向こう。そして、残り... [続きを読む]
  • 周りの人たちのおかげで、仕事と家庭が両立できている。
  • 昨日の朝、息子が発熱。一日、学校を休んだ。管理職そして学年職員に事情を説明したら、「大丈夫。お子さんに付いていてあげて。」と言ってくれた。今年度、こういうことが何度かあった。その度に、そう言ってくれた。私は、周りの人たちのおかげで、仕事と家庭が両立できているのだ。それを「当たり前」だと思ってはいけない。周りの人たちに、心から感謝。そして、自分の子育てが一区切りした... [続きを読む]
  • 一年間の振り返り「拡大サークル」のお知らせ
  • 私が所属している「千葉教育サークル スイッチオン!」にて、この一年間を振り返る「拡大サークル」を行います。講師の話を聞く会ではなく、参加者主体の会です。もしよろしければ、一緒に学びませんか?申し込みはコチラです。(こくちーず)http://kokucheese.com/s/event/index/454855/ サークル仲間である飯村友和さんの案内文が秀逸ですので、引用させていた... [続きを読む]
  • ブログタイトル変更
  • 心機一転、ブログタイトルを変更することにしました。新しいタイトルは、「アサヒ先生の『教育&子育てダイアリー』」です。教育と子育てについて、日々の出来事で感じたことを発信していきます。引き続き、どうぞよろしくお願いします。【私が発行しているメルマガです。ぜひご登録ください】 [続きを読む]
  • お互いの幸せにつながる方法
  • 岩瀬直樹著「『最高のチームになる!』クラスづくりの極意 ぼくら、先生なしでも大丈夫だよ」(農文協)より以下、引用開始「本来なら教室のオーナーである子どもたち自身がやって、『ボクたちはここまでできる!』という自信と力にしていくべきことまでも、ボクたち先生が代わりにやってしまっていることって、意外と多いと思います。その結果、『ボクたちは忙しくなる→子どもたちは受け身になって成長できない』... [続きを読む]
  • 教室を掃除
  • 今日、たっぷり時間をかけて、教室を掃除した。空気を入れ替え、床のゴミをとり、雑巾がけをした。ロッカーや本棚やテレビ台もきれいにふいた。「◯◯くん、△△さん」と一人ひとりの顔を思い浮かべながら、子どもの机をふいた。うん、かなりキレイになった。空気が変わった。いよいよ明後日、子どもが登校してくれる。夏休みが終わることは寂しいが、子どもに会えることは楽しみだ。 [続きを読む]
  • 学級の「きまり」を作る原則
  • 【きまりを作る原則】①必要なときに作る。②一度にたくさん作らない。③管理的にしめつけない。(「授業つくり上達法」大西忠治著より引用)このうち、③に強く共感する。以下、引用続く。「きまりは習慣のようなもので、自然に学級と教師とで身に付けていくものであって、一種の習慣法のようなものであることを心得ておくこと。だから、くせのようになって、その学級と教師との間に定着しなくてはなら... [続きを読む]
  • 肚に落ちる実践
  • 夏休み中、ずっと原稿を書いている。原稿を書く上で、今一番意識していることは、自分の中で「肚に落ちる実践」かどうか。そこに嘘はないか。いい格好しようとしていないか。背伸びしていないか。等身大のものか。嘘偽りなく、自分が肚に落ちたことしか、心から伝えられない。誠実に原稿に向き合いたい。 [続きを読む]
  • 「外を意識しての背伸び」と「内を意識しての背伸び」
  • 昨日、先輩と話していたときに、「外を意識しての背伸び」と「内を意識しての背伸び」という話になった。「外を意識しての背伸び」とは、周りの人からの評価を気にして、いい格好をしようとすること。「内を意識しての背伸び」とは、自分自身の力を伸ばすために、自分を高めていくこと。つまり、自分軸か他人軸かということ。どんな自分になりたいか。それはどうしてか。自分と向き合う。自分をあきら... [続きを読む]
  • 教育のことを真剣に相談できる先輩。
  • 今日、慕っている先輩に会いに行った。4時間、ひたすら教育の話。たくさん話をしてもらい、聞いてもらった。その中で、自分の在り方についてずっとずっと考えていた。その先輩が言うように、今日の私は「確認」をしたかったのだろう。以前のように、どちらに進んでよいのか、何がしたいのかわからない状態からは抜け出した。自分の中で「前」を向いている。うまく表現できないが、今、とてもすがすがし... [続きを読む]
  • 「学校のルールだから」で済まさず、当たり前を疑う。
  • 「晴れた日の休み時間は、外で遊ぶ」「シャーペンは使ってはいけない」「授業の始まりと終わりには、あいさつをする」これらは例であるが、どれも小学校では「当たり前」のように言われてきたことであろう。これらを、子どもに説明できるか。「先生、どうしてですか?」と聞かれたとき、自分の言葉で伝えることができるか。案外、こうしたことは「学校のルールだから」の一言で済まされてはいない... [続きを読む]
  • 子どものことをいくら見ようとしても、見落としている。
  • 「教師は、子どものことを見ているようで見ていない。いくら見ようとしても、見落としている。」そういう前提に立った方がよい。決して「見ている」「見落としていない」とは思わないことだ。「見ていない」「見落としている」と思い、どうにかしようとするのか。「見ている」「見落としていない」と思い込み、過信するのか。両者には、大きな差が生まれてしまうだろう。自戒を込めて。 [続きを読む]
  • 教師の哲学とは?
  • 夏休みに入り、初任5年目ぐらいまでに読んだ教育書をざっと読み返している。当時は「技術」にばかり目がいっていた。・この状況ならこうする。・こうすればこうなる。(もちろん、それで助かったことは多い。)しかし、改めて読み返すと、その技術の根底にある「哲学」に強く心がひかれる。どうして、どういう経緯で、どういう思いで、筆者はその技術を考え出したのか、使おうとしたのか。そこには、... [続きを読む]
  • できない子がいたときに、どう捉えるか?
  • できない子がいたとき、その責任を、その子のせいや他人のせいにしない。「この子だから…。」「保護者が…。」「前の担任が…。」もってのほかである。「子どもを伸ばすこと」「できないことをできるようにさせること」それこそが教師の仕事なのだから。そのためには、学び続けなければならない。 [続きを読む]