polarislove さん プロフィール

  •  
polarisloveさん: ぽーのひとりごと
ハンドル名polarislove さん
ブログタイトルぽーのひとりごと
ブログURLhttps://ameblo.jp/polarislove/
サイト紹介文私の乳がん体験について つづっていこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供311回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/12/31 16:45

polarislove さんのブログ記事

  • 海からのおくりもの
  • くる くる くるっと とんがりぼうし 手のひらに のっかった貝がらは 白い色をしておりました 耳にあててみましたら ゴォー っと音が聞こえます 海の底の音かしら よせる波の音かしら わたしに届いた 海からのおくりもの おいしくて パク パク 食べちゃった もう海にはもどれない わたしは悪い人かしら [続きを読む]
  • 爪の色
  • 今日からお盆 五月に亡くなった父が この世にかえって来る日 静かな朝に 父の最期を思いだす 爪の色が うすい紫色にかわったのをみたとき 父の最期がちかいことを感じて 姉に伝えながら わん わん わたしは泣いた あれから もうすぐ 三か月 お父さん おかえりなさい ゆっくり くつろいでください 会いにいきますから 待っていてください [続きを読む]
  • 髪にうるおいを
  • いつも 髪がはねるんだけどね カーラーで直しても 時間がたつと ピッとはねる ちっ それで 髪にうるおいを与えましょう と 思いついて お店を キョロ キョロ ・・ みつけました 「 大島椿 」 うるおいとツヤを与えて ハリ・コシのある髪に って 書いてある 椿から油がとれるんだー 知らなかったなぁ さっそく オイルパック というやつをやってみた そうしたら ジャーン! 翌朝 髪、 はねません ヤッター! しか [続きを読む]
  • もうすぐ同窓会
  • 寒い冬に ひょっこり届いた 小学校の同窓会の案内状 わたしは転校生で  その小学校には 一年間しか 在籍しなかったのに わたしをさがして下さって 40年ぶりに クラスメートと会うことになったのだ みんなに会ったら なんとあいさつしようか ・・・ わたしの40年 ・・ うれしいときも 腹がたつことも 悲しいときも 楽しいときも いい時も そうでない時も いろんなことがあった こうして 同窓会に出席できることを  [続きを読む]
  • 焦点
  • 焦点となったのは 時間 電話の声には 悲しいかな トゲがあった やさしい時間と トゲのある時間 どんな時でも やさしさを 忘れないで 己の心に トゲはないかと 問いかける [続きを読む]
  • 盆提灯の灯り
  • 五月に亡くなった父の初盆がくる 花でちりばめられた提灯に 灯りをともす ぽっと 明るくなる 遺影に手をあわせていると なんでかな じわりと 涙がでてきた お父さん 死んじゃったんだなぁ ・・ 灯りをともしただけなのに おかしいね [続きを読む]
  • 花火
  • ひとすじの光を 目で追う ドーン キラキラ キラキラ  夜空に咲いた 大輪の花 きれいだな お空から お父さんみてるかな そうだといいな [続きを読む]
  • けんかのあと
  • けんかのあとは さみしいな なんで けんかになったかな ひとりで ぽつんと さみしいな [続きを読む]
  • どんなときも
  • どんなときも   ワハハって笑って ほがらかに歌ったら たのしくなるよ ありがとうって思って 前をむいて 歩いていくよ [続きを読む]
  • 督促状がきた!
  • 母からうけとった書類には 督促状と書かれていた。 督促状って とくそくじょう? 市役所から 母あてに  五月に亡くなった父の市県民税が未納なので 至急納付して下さい と ・・ 10日以内に完納されない時は 滞納処分することがある  とか ・・ 督促に不服がある時は 市長に対し 審査請求ができる とか ・・ こわいことが書いてある。 なんのことだろう ・・ すぐに市役所に問い合わせた。 昨年度分の市県民税を [続きを読む]
  • おつかれさん
  • 明日はおやすみ うれしいな 朝ねぼうができるから のーんびり ゆっくり時間がすぎる 一週間 おつかれさま 明日も いい日だといいな 晴れるといいな [続きを読む]
  • 自分の時間
  • お休みの日に 一日 自分のために時間を使いました。 エステに行き 美容院に行き デパートに行き。 父が生きていた頃は 休みの日は 父に会いに行っていたので なかなか 自分の時間がとれませんでした。 美しくなるために 一日 優雅に時間を使って なるほど 鏡をみると きれいなわたしが映っています。 うれしいはずなのに なんでかな もの悲しくなりました。 さみしいのです。 きれいになんて ならなくていい。 お父さんに [続きを読む]
  • 保護者面談
  • 高校2年生の息子の 保護者面談に 行ってきました。 一学期の成績表を もらうのです。 予想したとおり まぁ ・・ それは ・・ なんとも ・・ 担任の先生は 「 これでは 国公立は難しいですね。 」 と ぴしゃりとおっしゃった。 はい ・・ そう 思います ・・ どうも ・・ すみません ・・ わたしは 小さくなっていました。 いつになったら お勉強するのかなぁ。 [続きを読む]
  • 悲しい夜
  • がんと闘っていたブロ友さんが 旅立たれたことを知りました。 余命数か月と告げられていました。 ご自分で命を絶たれたのでした。 悲しい、悲しい最期でした。 元気になりたい一心で 愛する人に支えられながら 苦痛に耐え 一日 一日 がんばっていらっしゃったのです。 ある日 その歩みが死への歩みだと知ったとき どんなにか つらかったでしょう。 胸が痛みます。 遺されたご家族にかける言葉がみつかりません。 どうか 安 [続きを読む]
  • ”ここが僕の帰る場所”
  • 五月の父の葬儀に 大学生の甥っ子が帰ってきて 参列してくれました。 久しぶりにみた甥っ子は はつらつとして 明るくて おちついていました。 甥っ子は 長くおうちにひきこもり 学校に行きませんでした。 葬儀で帰省した折に 自分の在籍した 小学校、中学校を  ひとり 訪れていました。 校舎をみたり、 当時の先生がおられないか 職員室にも声をかけたようです。 大学生になった自分を みてもらいたかったのかなぁ  [続きを読む]
  • うすいベージュのワンピース
  • ひかえめな花柄で 袖口はまるく ウエスト部分にベージュの細いひもで リボンをします。 やわらかな生地です。 体にフィットする型なので ラインがわかります。 このワンピースを着る時は 姿勢よくします。 今から20年くらい前に 夫がプレゼントしてくれました。 お気に入りです。 このワンピースに ピッタリくる くつがなくて どうしようかなぁ と思っていました。 茶系のサンダルだったら あうかなぁ ・・ 涼しそうだ [続きを読む]
  • ドキドキの朝
  • このごろ こっそり リブログ欄をオープンにしていたら 今日、 「 ぽーのひとりごと 」 を リブログして下さった ブロ友さんがいらっしゃって  びっくりしました。 はじめてで ドキドキして なんだか はずかしくて でも うれしかった。 ずいぶん前のお話を リブログされていて 丁寧にお読み下さっていて ありがたいなぁ と 思いました。 今日一日、 いい気持ちがしました。 H さん、ありがとう。 H さん、だい [続きを読む]
  • エステに行きました
  • 連日の強い日ざしで 皮膚がダメージをうけているかなと思って お肌のケアに行きました。 ビューティーアドバイザーの人が ピッっと お肌に器械をあてると お肌のうるおいが ダウンしていました。 ペタペタ ヌリヌリ パッコン パッコン シュワー  いろいろ やりました。 夜 パックしてくださいねってさ。 暑さで体がバテぎみなので お肌も元気がないのかな。 美白には ほど遠いなぁ ・・ [続きを読む]
  • 車窓から
  • 京都で 父の納骨を終えた帰り道 車窓から 夕焼けがみえました 赤い夕焼けでした 遠くにみえました 心に ぽっと 灯りがともったようで うれしくなりました [続きを読む]
  • 帰りの電車で
  • 京都で 父の納骨が終わりました。 皆とにぎやかに 京懐石料理をいただいて どしゃぶりの雨の中 帰りの電車にのりこみました。 満員電車が 京都から遠ざかるにつれて 「 お父さんを京都に置いてきてしまった。 」  と ひとり 泣けてきました。 父の遺骨は もう わたしの手元になくて 京都のお墓で眠っています。 これでよかったのだと 電車にゆられながら 言いきかせて おうちに帰りました。 [続きを読む]
  • 京都・祇園祭と父の法要
  • 京都市の四条通では 高さ20メートルを超す 巨大な山鉾が立ち並び、 夕暮れ時に 駒形提灯に明かりがともされたという。 五月に亡くなった父の納骨と 祇園祭が重なった。 京都は混雑してるんだろうなぁ と 思う。 父のお骨は 息子がもってくれると言う。 父は 息子が幼いころ よく子守をしたり、いっしょに遊んでくれた。 息子にその記憶はないけれど ズシリと重い父の骨壺を 息子が京都まで背負って運ぶ。 かつて 父に [続きを読む]
  • 夏の朝
  • 朝ね せみが鳴いていたの すんだ空気で あぁ、 夏の朝だなって 思ったの 子供のころ ラジオ体操をした早朝 これから一日がはじまる わくわくした予感がして さぁ、暑い夏がやってきましたよ [続きを読む]
  • 京都へ
  • 週末は 京都へ行きます。 五月に亡くなった 父の納骨のためです。 やさしかった父は 京都で眠ります。 お父さん 京都に行くよ わたしといっしょに行くよ おうちと さようなら だいすきなお母さんと さようならだよ お母さんはね、お父さんのお骨が京都に行ったら いよいよさみしいって 言っています お父さんは みんなといっしょに眠るから さみしくないね あの世で みんなに会えて 笑っているね お父さんの最後のセレ [続きを読む]