くまこ さん プロフィール

  •  
くまこさん: ** メダカとかベタとかときどき多肉植物 **
ハンドル名くまこ さん
ブログタイトル** メダカとかベタとかときどき多肉植物 **
ブログURLhttp://ameblo.jp/kumada-kumaco/
サイト紹介文日々の事あれこれボヤいてみたりとか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2015/12/31 22:38

くまこ さんのブログ記事

  • 片目を失った筈のメダカ。実は失っていなかった説。
  • 毎年いち早く 「メダカください」 と訪れるのは小学生。今年も去年と同じく小学生のメダカ女子が一番で二番目は屋外でペンキ塗りをしていて声をかけられた年上の女性。一昨年あたりにメダカを貰いに来てくださった方で、すごく近所。シーズン開幕ですね。 イチゴ色。 カエデ色。 この間芽吹いたかと思ったらもうこんなに成長。 オモダカに蕾。後ろの水草は採取したものだから名前わからない。フギ [続きを読む]
  • 居住地域の遺跡とか史跡とか。
  • 埋立地でもない限りどこにでも土地の古い歴史はあるものだ。でも今住んでいる所は自治体の御予算の関係なのか〇〇跡と書かれた石碑があるだけで、よくわかんない。どうしてわかんないのかって言うと保存修復に熱心じゃないからだと思う。 〇〇城跡 っていう石碑があるんだけど石碑だけでその石碑の背後に個人宅のイナバ物置があったりするようなそんな地域です。 とあるモノを調べて行き詰ったので電話帳から住所 [続きを読む]
  • 水が臭かった。
  • ズタズタに齧ってしまった鰭は、ずっとこんな感じで伸びている。 ここ何日か元気が無いのでちょっと心配。イチゴのところだけ水の臭いが変だった。でもカラムナリス臭じゃない。尾ぐされの時とは違う臭いだった。というか、もう手は打った。早いほうがいいんだよな。毎回。何事も。飼育魚の生命力などを信じたり悩んで消費する時間が命取りって事だ。生命力はあるに違いないけれどなにしろ寸法が小さい。ヒトの抵抗力や生命力 [続きを読む]
  • お魚の睡眠時間は魚齢によって異なるようだ。
  • 父ちゃんに遊んでもらった後のカエデがなんだか (´∀`*) こんな笑顔をしていたのだよ。おかしいと思うじゃろ?ワシもそう思う。でもたぶんベタを飼育してる人なら、あるある!って思う筈。本当に変な魚だよね。このひとたち。カエデの顔ってば 「なにあの変な生き物!もっと見たい!」とでも言いたげな感じだった。あんなニコニコな顔を見たのは初めてだった。 暫くぶりに3匹がどうやって寝ているのかもチェック。イチ [続きを読む]
  • カエデちゃんが可愛らしい今日この頃
  • 4月が終わるともう5月で、暑さ対策しなきゃいけないんだね。メダカはまだいいとして、家の2階の異様な暑さをどうにかしたい。去年は葦簀のサイズと設置具合とスペースの問題が具合悪くて半分諦めたけど今年は絶対どうにかしたい。ベタの水温対策としてもだけど、人間もけっこう辛い2階。 こんなんで暑い暑い言ってんだけどさ石川五右衛門の釜茹での刑ってつくづく残酷な処刑方法だよね。熱湯かと思ったら菜種油だったとか [続きを読む]
  • イチゴちゃんの満足度
  • お腹がいっぱいになると必ず毎日この葉っぱの上に寝そべりに行く。 ずいぶん惚けたような顔。それからアンコウかと思うような大きな口を開けて欠伸をひとつ。 微量に食が細くなりつつあります。イチゴも推定で1歳7カ月くらいだから、もう中年なんだろうね。泡巣の規模もこの頃はミニマムサイズ。 プップクした体型で可愛らしいのね。一番お気に入りの系統。 顔面偏差値も高い [続きを読む]
  • テトラヒメナ症・ネオン病に似た症状のメダカ現在
  • 手前の子はもう長くない。ボコボコと腫れて盛り上がるだけでなく表皮が破裂するような形状になるとそろそろ限界。まだ餌も食べるし元気はある。でも、今まで見た症状もみんなこのような状態が最期だった。奥に見える子は白い部分が若干ボコっと盛り上がりつつある状態。この状態から脱した個体は無い。色々手を尽くして最終的に諦めたのが去年の秋。 去年この子たちから生まれた子も隔離状態で温存している。今は垂直感染の症 [続きを読む]
  • 靴底の砂利落としマットって、すぐダメになるじゃん?
  • だからもうこれでいいの。今回はだいぶ手抜きで、猫除けのトゲトゲを少し短く切ってタワシ刺しただけ。その下には、買って1年ももたなかった市販の砂利とり用のマット。もう要らんのだけど…。 前回の力作がこれ。今はボロボロですが、4年近くもちました。けっこう優秀でしたよ。作った当初は2色でチェッカーフラッグ模様になってたんだけどね。タワシを針金で連結するのが大変で面倒くさくて今回の手抜きに至った次 [続きを読む]
  • うちのムスカリの葉が酷いんだけど。
  • 球根を早植えし過ぎるとこうなる説があるけれどムスカリなんてどこのウチも放置して何年も咲かせてると思う。ウチのムスカリは何故こうも葉が伸び放題なのだろう。品種が色々あるの? やっぱりピンク色でした。赤いヒヤシンスが見て見たいのに。もう1球は白ですが、まだ咲きそうもないという想定外の状況。3つニョキっと生えて咲く計画だったのに残念だわ。 コジローやムサシのお墓にお花を供えたつ [続きを読む]
  • 植物メンテナンスDAY
  • イチゴの母ちゃん今お野菜洗ってるよ! ちげーよ野菜じゃないって。 右端のが枯れっぽい色になっちゃったからソーキング中。毛が生えたものは霧吹きだけでも毛に水分が留まるから元気みたいでツルっとして固い感じのものが水分不足になりやすい気がする。 連休取ったので植物メンテナンスDAY。メダカ容器に腰水で育てていたトキソウの株分け。もう4年くらい小さな鉢で放置していたから地下茎を分け [続きを読む]
  • 目玉が無いのにポップアイ。たぶん何かの間違い。
  • 先月、片目を失ったメダカの顔に、目のような黒い色素が発生した記事を書いた。この子は何かの理由で片目を失い、傷跡が抉れた形状になっていた。目玉そのものがボロッと失われた状態で、痕跡部分は白かった。なのに春になって見たらこんな状態で。眼が再生するわけないと思いつつ、じゃあこの黒色は何なのだ?と。 同一個体なのです。100%以上の確率で間違いないです。自信あります。目玉が無い [続きを読む]
  • 春爛漫
  • ムサシがいっぱい。スチールカラーって言っても胴体の話で鰭先の色は紫だったからな。 これは野菜。赤花えんどう って書いてあったけどピンク。そりゃそうだよねー。カラスノエンドウっていう雑草だってこの色の花だし。味そのものは赤花でも白花でも変わらない味です。見た目が綺麗だから毎年2色にしてる。 球根にはヒヤシンス赤、って書いてあったけどこれもピンクなんだろうなぁ。 こ [続きを読む]
  • イチゴちゃんのしっぽは新型テール。そういう事にしておこう。
  • こういうの見ると、あまりの可愛さにこの状態のままポケットに入れて連れて歩きたくなる。これ本当に魚類なの?ベタ以外にも、もっともっと賢くて器用なお魚がいるらしいけれどね。フラワーホーンは遠くに投げた玩具を取りに行って投げた人の所に運んで戻って来るらしいのね。もっと投げて遊んでよ、っていう意思表示らしいのよ。でもね、大きいのよ。サイズが。だいぶ悩むわ。でっかいタライかバスタブくらいの水槽で飼わないと可 [続きを読む]
  • 水草とミジンコの水槽その後
  • 少々葉を残した位置で何度も短くカットしてはチョボやイチゴの水槽に使っているから丈は伸びないけど次々と新芽が出て来る。 イチゴちゃんは悪戯っ子でバコパを次々に全部引っこ抜いてしまったから最近この水草に変えた。これだと根張りが旺盛で早いから、お魚には引っこ抜けないし。どうだ、飼い主だってイチゴの悪戯に負けていないぞ。チョボも水草に突撃して潜ったりしているけれどソイルの粒が散らばっている程度でイチゴ [続きを読む]
  • カエデちゃんが習得した事
  • おすましポーズ。 カエデが覚えたのは (・´з`・)ちゅー です。カエデがタコみたいな顔をするから真似をしていたらガラスにベッタリと接近した状態で (・´з`・)ちゅー をする間柄に。覚えちゃったもんだから、当分カエデから (・´з`・) ってされるんだと思うね。ペッペッ。 イチゴちゃんと間違えてしまいそうなほど立派な体格と鰭に成長。 カエデは横から見ると勇ましそうな顔してる [続きを読む]
  • 身近な明治新姓。僧侶苗字ヲ設ケシム。
  • 歴史って学校で習っても教科書を読めと言われてもあんまり頭に入るモノじゃなかったな。だってあの頃は他人事だったんだ。そんな昔の過ぎた出来事を穿り返して何になる?って思っちゃったんだもん。1980年代に1853年の話をされてもリアリティ無いしw みたいな気分だった。 苗字の歴史について調べていて明治新姓って実際どんなものなの? って思ったらうちの近所のお寺の僧侶が、予想した通り土地由来の苗字、住所 [続きを読む]
  • ベタが懐くのは餌をくれる人だからっていう理由だけじゃない。
  • チョボちゃんはかくれんぼが得意。ホテイアオイの根っこが大好きで、その付近に潜んでいる事が多い。 敗血症と思われる状態になってから間もなく1年になる。鰭はずっとこんな状態で治らないけれどその時に燃えるような赤に発赤した鰭先は今は青い。どうすれば治るのか、という近道も無く気長に症状を抑えながら生涯を過ごす事になると思う。 それだけでも辛い闘病生活だと思うのにチョボは剽軽なところがあって、 [続きを読む]
  • メダカの成長、繁殖、生息環境について再考してみる
  • 何も知らずに睡蓮の添え物としてメダカを飼い始めた頃チャームさんから買った白メダカの中にこれメダカじゃないかもしれない (`・д´・ ;).鯉かもしれない (`・д´・ ;)他の子と比べるとイワシとブリくらい違うように見える (`・д´・ ;).と思うような大きなものが入っていた。 暫く余所のブログなどを見た後はこれはもう老魚なのかもしれない (`・д´・ ;)だってこんなに大きいのだもの (` [続きを読む]
  • 茶器の中を泳ぐ魚 / ベタの満腹感の真相
  • 御猪口サイズの中国茶器。額のような物を作ってディスプレイしようと思う。 ある日こんな時が来ても不思議ではない体調のチョボ。そっとしておいて暫く後もこのままだったら仕方がないな…とは考えた。 だけど暫く後ひょっこりと、こんな所から出できた。 最近のチョボは「いらない」というジェスチャーを覚えた。食欲がある時で1度に粒餌を4〜5粒食べる。食べたくない時は1粒。食べたいのに食べな [続きを読む]
  • メダカの容器がいつになく汚い春
  • 白くなっちゃったアルビノ楊貴妃ヒカリに紅白をかけて色あげしたもの。だいぶ色が戻ったけど、あと何回か交配したほうが良さげ。 これとか、これとか、これとか、どれにしよう。紅白だけはいっぱいおんねんな。安泰。 越冬前に容器に渋々、土を入れる事にしたので今年はいつになく容器の底が汚い春ですが土だけ入った容器を見るのが嫌という理由で植えた水草が思いのほか順調で底のゴミや汚れさ [続きを読む]