くまこ さん プロフィール

  •  
くまこさん: ** メダカとかベタとかときどき多肉植物 **
ハンドル名くまこ さん
ブログタイトル** メダカとかベタとかときどき多肉植物 **
ブログURLhttp://ameblo.jp/kumada-kumaco/
サイト紹介文日々の事あれこれボヤいてみたりとか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供305回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/12/31 22:38

くまこ さんのブログ記事

  • 蓮鉢のエビ事情
  • またブルーベルベットの妊婦さんを隔離。前回と同じメス。5匹しか買わなかったからメス1匹しか居ないみたい。前回生まれた稚エビは20匹くらい。みんな大きくなったので蓮の鉢に放流しました。 次の子が産まれたら、あとは蓮の鉢で放置繁殖です。赤も黄色も見飽きちゃったから、今度は青い子で。蓮の植え替え時は赤や黄色のほうが捕獲がしやすいのだろうなぁ。 実は、蓮の鉢の近くで野菜の害虫駆除をしたら蓮鉢のレッドファイア [続きを読む]
  • ティミカじゃなさそうなやつ。薬浴完了。
  • 全匹が元気に合流。でもやっぱり美白。上のほうで、こっち向いてる子と、その右下の子の色の差ったら。薄暗いと全体にグレー色素斑が透けて見えていてクリアイエローっていうわけでもないです。そういう点はティミカのほうが透き通った美しさがあると思います。そして、ポポンデッタフルカタとかバタフライタイプのもののほうがフィンのイエローが鮮明。 でも、いいのだ。もうウチの子になったのだから。 ここまでが、新しく増員 [続きを読む]
  • イチゴちゃんのプライバシー問題
  • 人生とは上手く行かないものなのだ。やっと咲いている所が見られたと思ったけど、よく見たらもう枯れる一歩手前だ。幾つも咲いているのに、朝はまともに眺める時間がない。 またしてもギリギリ散る前じゃん。 草ボーボー水槽だから、タコツボだとかシェルターくらいは見えたらいいなって、飼い主的には思っちゃうんですよ。どこで何をしているのかわからないとイチゴちゃんみたいな悪戯っ子はまた怪我でもしてやしないかと心配 [続きを読む]
  • カエデちゃん水位を下げる。
  • チョボを飼育していたのと同じ水位に。水槽内のレイアウトもだいぶ変更しました。よろしくない設置ですが、ヒーターは底から浮かせて側面に貼り付け。底面の掃除や糞のチェックをする為です。 お腹の膨れのせいで、水底に勢いよく潜って同時に旋回するようなパターンだと瞬時には上手く動けない様子だから。本人はスリムだった頃と同じつもりで、けっこう俊敏に動こうとする。それを見ていて気の毒になって来たから。 ご飯はちゃん [続きを読む]
  • ティミカorパスカイ。薬浴もう1回様子見。
  • 予想に反して薬浴の水がオレンジ色に。元気なんだけどな。今現在使っている治療薬の特徴で、原虫類に反応するとこうなるそうです。あのブクブクの泡はやっぱり駆虫のせいだったのかもしれない。 この子達の症状は尾ぐされ病にしては波平の頭髪くらいに局所的に紐のように健在な鰭であるとかあまりにも不審な点が多かったし、鰓を悪くしている様子もないし目立つ病変が無いのにどうしてこんなに具合が悪そうなんだろう、と思ってい [続きを読む]
  • ベタのヒレ齧り防止には沢山の水草を。
  • 丹頂になれそうなイチゴちゃん。怪我で頭がハゲちゃった部分の色がやたら濃くなりました。実はイチゴちゃん、この変顔で何やら訴えているのですよ。 先日イチゴ水槽の傷んだ水草をトリミングしました。飼い主的にはスッキリした!ヽ(^▽^*)ノって状態だったのにイチゴちゃんは水草スカスカの隙間がご不満なのです。水草の狭い隙間をすり抜けたり、隠れんぼをしてバァー!!!っと登場したりそういう遊びができなくなった事でショ [続きを読む]
  • 薬浴ティミカ。回復宣言カウントダウン中。
  • 暫定でティミカ…ですが。でもたぶん暫定でティミカじゃないと思います。 色白気味のレモン色なパスカイであってもウチの子になった事に違いないので病気はきっちり治します。 こんな事になったのは初めてです。カルキ抜きも、エラ保護成分などが含まれていない物を使っているのでどうしてこんな事になったのか、ぜんぜんわかりません。 駆虫工程で泡立つという事なのですがその現象が起きている最中の写真を見るとこの泡立ちとは [続きを読む]
  • カエデちゃんのこと。
  • お腹の僅かな膨らみに気付いた頃同時に、尾ヒレに水カビに酷似した白いものを見た。今朝それが再び現れた。拡大してみたら、まさしく水カビ。ベタを飼育する水温っていうのは多くの場合、水カビ病が発生しやすい水温ではない。そんなものはムサシやチョボの死体にさえ発生しなかった。 なのに、カエデだけが何度も繰り返すとなると免疫力や抵抗力が落ちている事を認識せざるを得ない。今回もまた前回と同じく、カビがついた部分は [続きを読む]
  • これティミカちゃうねん (ノ`Д´)ノ┻┻ の疑惑
  • キッチンの出窓の奴等はこの頃よそよそしい。野生メダカってこういうふうだよね、っていう状態。その理由を知っている。あんまり言いたくないけど知っている。 理由は、聞く方も聞きたくないような残酷な現実。採卵しないから見かねて泳いでる稚魚は何度か救出したんだけどもだいたい99%は孵化した当日中には喰われてる。 そうやって逃げ惑う生餌を捕食すると野生の本能が目覚めるんだろうな、って事。 まだカニの鋏かという [続きを読む]
  • シュードムギルsp.ティミカ 増量してみたんだけど
  • どこのショップ…とは言えないけどね。ティミカを増量しようとネットで注文したらさ届いた個体が全部ヒレ閉じ。ヒレ閉じっつーかこれ、ナメクジやろ?っていうボディシルエット。オスなんて、背中のフィンが波平さんの頭の毛状態なんですよ。 また髪の話… と嘆かないでください。 背鰭が波平の頭って、相当なもんだと思うんです。相当前から病んでいたと思うんです。 昨日の昼過ぎに発送した、と連絡があってちょうど仕事が休み [続きを読む]
  • カラムナリス症は鰓から筋肉に移行する…のかもしれない。
  • ゴミですね。 あ。ゴミじゃねーや。すんげーちっちゃ!思い返せば、もう5年以上、レッドファイアを蓮の鉢で放置繁殖だったから久々に真面目に稚エビを見たのだな。うん。そうだ。 白〇がメダカの稚魚。水草入れたら抽選も無く、もれなく付いて来たオマケ。水色の〇が稚エビ。だから捕食されないのでメダカの稚魚に関しては放置プレイ。 なんかこう、チョボちゃん欠乏症っていうのか。すべてが面倒くさい。ゾウリムシボトルの [続きを読む]
  • カエデちゃんフラジール終わり。水槽に戻る
  • 結論から言うとフラジールで何の変化もありませんでした。 薬浴には発泡錠を、服薬には糖衣錠の糖衣以外の部分を使う事。特筆すべき点は、そんだけ。 たとえ注射器のようなもので水を抜いたとしても根本的な原因が解決されなければ何度でも腹水が溜まってしまう事とかそもそも腹水状の症状を出すような病気っていうのが人間の場合だと癌末期であるとか。まぁ生きていく上で腹水を抜くかどうか、とかいう話になる頃にはせん妄状態に [続きを読む]
  • チョボちゃんお空を飛べたかな。
  • チョボちゃんが遠くに行ってしまいました。苔石にもたれて眠っているのかと思ったら動かなくなっていました。本当に小さい。メダカ成魚の2倍くらいのサイズ、って思っていたけど手のひらに乗せたら大柄のメダカくらいの大きさだった。 またいつかどこかで会う日まで。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • チョボの鱗がハゲたのはわかったけど今日は髪の話じゃない。
  • チョボちゃんの鱗がとれた部分。治るといいな。細菌感染しないように薬は入れてある。 そして、今まで使っていた産卵ボックスでは水深を下げる限界が来たのでフロートタイプを浮かないように設置して使うことにしました。 今までのは、水位を下げるとスリットが無い状態になってしまって外部から水が入って来なくなってしまうのです。水を抜いても魚が干上がらないっていうような謳い文句なので仕方がありません。 フロートタイプ [続きを読む]
  • スポンジフィルターが大きすぎる。だから切断する。
  • 涼しげ。akiさんありがとうございました。気を使わないで下さい。余りもので、しかも、もてあましていただけなので(ひみちゅの話) 咲いてるなーっていうのは知っていたんだけどようやく時間ができてみたら、もう終わりだね、残念 。・゚・(ノД`)・゚・。 これも見られなかった。 でもまだ蕾がいっぱい出るから大丈夫。 室内に2匹だけ住まわせているメダカに使おうと思ったらスポンジフィルターがデカい。迷わずパイプを切断し [続きを読む]
  • バルテリーは花も大きい!
  • イチゴちゃんの水草って変ね、どうしてニョキニョキしているのかしら?と思っていたら、どうやら花が咲くようです。とうとう水から飛び出てしまいました。チョボの水槽でナナの花が咲いたのを見た事があるけれど大きなバルテリーだと楽しみも倍増です。 相変わらず変なとこでチンマリと泡巣を作ってご満悦のひと。イチゴちゃんは自分の名前をイチゴちゃんだと認識してはいるのですが父ちゃんから「イーちゃん」と呼ばれると狂喜乱 [続きを読む]
  • シュードムギルsp.ティミカ 23日経過
  • このメダカ感。 1週間以内にバタバタ死ぬ噂ばかり事前にネットで見たのですが。生きております。熱帯魚である、ニューギニアに住んでいるという情報だけしか知らないんだけど。 やった!23日も生存してる!きっともうこれで大丈夫ね!という根拠なき自信がわき上がり中。 繁殖を目論んでいるのだけれどどんな卵がどんな状態でどこに産み付けられるのか。しかも勝手に卵生だと決めつけているんだけど。 どっかに詳しいサイト無 [続きを読む]
  • あげるメダカが無くなっちゃった。
  • 地域布教用のメダカ在庫ゼロ。稚魚でもよろしければ…程度。毎年7月初旬は夏休み前まで学校で飼育をするらしく今ぐらいの時期に小学生が殺到する。 飼い主に情熱が湧かないヒレ長。異種交配での採卵はしたけど、これ自体が増えてもらってもな…。 6〜7年前から、大好きなメダカは幹之。水色なんかじゃなくって青く輝く幹之。それが今でも変わらない。その他のメダカには殆ど興味無い。 累代してるやつ。だいたい9割がフルボ [続きを読む]
  • チョボちゃんのウオジラミ捕獲できず。
  • 今朝は居たのに。 準備して、キッチンペーパーを湿らす飼育水もコーヒーフィルターで濾した水を用意したのに。 チョボを捕獲してピンセットで…と思ったら、傷跡みたいなのしか無かったんです。傷跡に綿棒でニューグリーンFをポンポンと塗っていたらチョボがとても嫌だったのか表皮からヌルヌルがいっぱい出ました。 背鰭の前方向のちょっと下の丘疹みたいなのが患部です。水中だと盛り上がって見えます。訳がわからずに悩ん [続きを読む]
  • 目が悪いんだよな。ウオジラミかもしれないんだよな。
  • これが気になってチョボを入れた産卵ケースを掃除していたんだけど。ケースや水槽に付いたカワコザラガイじゃないみたいなんだ。チョボの体に付いてるんだ。形がウオジラミみたいな気がするんだ。ウオジラミってどういう経路で水槽に侵入するのだ?水草についていたりとか、するものなのか? 濡れタオルに包んで水から引き揚げないといけないんだな。なんだよそれ。生きてる魚にそんな事した事ない上にチョボは大きくならなかっ [続きを読む]
  • ソファの使い方を覚えたチョボちゃん
  • 寝たままの姿勢で上半身だけ持ち上げている事が多いので少しでも楽な姿勢でいられるように、イミテーションの苔石を買ってみた。3日ほど戸惑いを見せていたけれど、ようやく使い方を覚えたチョボちゃん。夕べは苔石に乗って寝ていたから、これからもそういう使い方をしてくれるといいなぁ。そのほうが呼吸に浮上する水面が近いから。 ご飯は相変わらずちゃんと食べてますよ。チョボもたまに餌めがけてジャンプします。 庭猫 [続きを読む]
  • ”溶存酸素量についての補足”
  • 寝たままの姿勢で上半身だけ持ち上げている事が多いので少しでも楽な姿勢でいられるように、イミテーションの苔石を買ってみた。3日ほど戸惑いを見せていたけれど、ようやく使い方を覚えたチョボちゃん。夕べは苔石に乗って寝ていたから、これからもそういう使い方をしてくれるといいなぁ。そのほうが呼吸に浮上する水面が近いから。 ご飯は相変わらずちゃんと食べてますよ。チョボもたまに餌めがけてジャンプします。 庭猫 [続きを読む]
  • フラジール投下
  • フラジール発泡錠を粉砕して、約25mg分を6Lの水に。これで10日くらい様子見してダメだったら諦めようと思う。後々再発したパターンで一度は治りました!という報告しか見た事が無いので治す事は難しいだろうと思う。右側のお腹も大きくなってきたようだ。 左側。こんな状態だけれど、相変わらず腹部が腫れているだけで上から見ても鱗は松ぼっくり状ではありません。 カエデちゃん用の特別ご飯。昨日から、ボストーク1を [続きを読む]