fmount32 さん プロフィール

  •  
fmount32さん: 学びと食、ときどきランニング
ハンドル名fmount32 さん
ブログタイトル学びと食、ときどきランニング
ブログURLhttp://scotchhayama.hatenablog.com/
サイト紹介文ウイスキー、牡蠣、コーチング、対話、マラソン好きのアラフォーのおっさんが日常をゆるーく切り取ります。
自由文英語力向上のためTED Talkの紹介もしてます。本や漫画もよく読むので紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供269回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2016/01/02 08:48

fmount32 さんのブログ記事

  • 季の美のジンは冷凍庫に入れておくべきである。
  • 京都のプレミアムジン・季の美冷凍庫に入れたら美味い!まぁ、ジンというものは基本的冷凍庫に入れておくべきものである。ボンベイサファイアはボトルが四角いので特に収まりがいい。ジンはアルコール度数が高いので冷凍庫に入れても凍らない。グラスに注ぐ時のトローっとした感じが良い。0度以下に冷やされた季の美ジンは口に含んだ瞬間はとても飲みあたりがよく、喉にすっと入る。そしてブワッと香りが広がる。玉 [続きを読む]
  • 長い距離を走るためには目標を作るといい
  • 来週5/13に比叡山インターナショナルトレイルラン50kmがある。しかし、2月の京都マラソン以降、10kmを超える距離を走れていない。長い距離を走るためのモチベーションを上げれていないからだ。GWでいつもより時間がある。走ろう。しかし、いつもの周回コースでは10kmを超えて走れない。途中であきらめて家に帰ってしまう。長い距離を走るためには目標を作るといい。僕の経験上、そう断言できる。今回の目標は、滝 [続きを読む]
  • 僕が息子に絵本を描く理由
  • 今日は息子の11歳の誕生日。今回は2年越しで一冊を仕上げた。中身は去年描いてたけど、表紙と製本が間に合わなかったのだ。かばをかばうねこがねこむいかがいかるしかをしかるうまでうまる息子との共通言語であるスプラトゥーンをモデルにダジャレの短文でまとめた。元絵はこちら。表表紙と裏表紙はインクが繋がってダイナミックな印象を持たせた。ただし、手描きなので塗りが甘い。小学校五年生ともな [続きを読む]
  • 積読本を短時間で消化できる!アクティブブックダイアログ(ABD)とは?
  • あ、この本いいな!と思って買った本は、2パターンの人生を(いや本生というべきか)を歩む。1つは即座に夢中になって一気に読みきってしまう。西加奈子の小説なんかがこの部類。もう1つは、今は別の本を読もうとか、いつか読もうとか、とかく自分に対するムダな言い訳を心の中で言いつつ、机や床に積んだままにされる、いわゆる積読本である。自己啓発本の類いに多い。そんな積読本を2、3時間で一気に読み終わり、かつ心に [続きを読む]
  • ネギトロ丼とハンバーガーの共通点
  • 友達のライブ終わりに時間があって、小腹が空いたのでポータルカフェに行った。で、ポータルバーガーを頼んだ。料理を持ってくる前に、ハインツのケチャップとマスタードを運んできた。その5分後くらいにポータルバーガーがやってきた。バンズとハンバーグとトマトとレタスとオニオンのハンバーガー。付け合わせにフライドポテトとキャベツのコールスロー。まずポテトとハンバーグにケチャップとマスタードをたっぷり [続きを読む]
  • 大人になってから気軽に達成感を味わう方法(男性限定)
  • 達成感。久しく味わってない。そんな人にオススメする方法がある。ただし、男性限定。達成感とは、「マズローの5段階欲求」のうち、最上位に位置する自己実現欲求を満たすものである。子供の頃は達成感は簡単に味わうことができた。子供は出来ないことが多いから、それが出来るようになると、達成感ある。例えば、鉄棒。例えば、試験。例えば、伝え歩き。例えば、自転車補助輪なし。容易に大人から「すごーい」と言 [続きを読む]
  • 【TED】アプリで楽しくゴミ拾い
  • 海外では日本に比べてゴミ拾いというのは一般的でない。「掃除をする人の仕事を奪っちゃいけない」と教育されることもあるそうだ。だから、実態はどうなのだろう?と気になって、このTED talkを観た。https://www.ted.com/talks/jeff_kirschner_this_app_makes_it_fun_to_pick_up_litter?language=ja#t-358791アプリで楽しくゴミ拾いThis app makes it fun to pick up litter.日本ではゴミ拾いアプリといえばピリカが有名 [続きを読む]
  • 京都・山元麺蔵はやっぱり素晴らしい!
  • 山元麺蔵といえば京都で一番人気のうどん屋。いつも行列。海外旅行者にも人気。平日に行っても大行列。気合いを入れて、平日のオープン前に行ってみた。11時開店のところを10:20に行ってみた。店の中には既にお客さんが入っていた。開店準備中にも関わらず、店長自ら出てきて「中に入ってお待ちください」と接客してくれた。過去に一度来たことがあるけど、あらためてホスピタリティの高さを初っ端から感じさせてくれる [続きを読む]
  • お寺カフェで腕輪念珠づくりとマッサージ
  • 京都の東山にある金剛寺。そこで毎月開催されているお寺カフェ。今回は腕輪念珠づくりを体験。数珠に使う石はインドのブッダガヤから直輸入だそう。ブッダガヤはお釈迦様が悟りを開いた地。有難し。青系で作ってみた。黄色がアクセント。旧暦で雛祭りのシーズンということでお堂にはお雛様が飾られてた。カフェデコラソンのコーヒーを飲み、さざなみベーカリーのパンを食べる。時間があったので、マッサージも体験 [続きを読む]
  • TEDxHimi2017でウイスキーが果たした役割
  • もう1ヶ月半が経とうとしている。これまで何度もTEDxHimi2017について書こうと思ったけど、ずるずるとこんな時期になってしまった。しかし、僕の中で熟成された言葉が、何を発露していくのか?楽しみでもある。TEDxHimi2017のテーマは"Inner Space"直訳すれば「内側」ファウンダーのマサさんは「今、ここに」という意味も込めているようだ。僕にとっては「界面における外界でないもの」といえるかもしれない。もと [続きを読む]
  • 東京出張の思い出としてのカフェ・バッハ
  • 東京ビッグサイトで展示会の説明員をするという、久しぶりにネクタイと革靴で、いささか疲れた身体は、コーヒーを求めていた。せっかくだから美味いコーヒーが飲みたい。秋葉原に宿をとっていたので、カフェ・バッハは比較的近い場所にあった。カフェ・バッハそこで修行した人が全国各地で自家焙煎珈琲のお店を出している。僕はそのうち2店舗に行ったことがある。滋賀県守山市の米安珈琲。京都・晴明神社の近くにあ [続きを読む]
  • 京旅籠むげんの蔵Barでひっそりとカウンターに立つ
  • 今回のラインナップ京都のクラフトジン「季の美」ハイランドパーク12年カティサークお客様は女将と僕が招待した4名とお泊まりのお客様のご夫婦1組のみ。季の美はストレートで飲むと7種のボタニカルが複雑に主張して個性の強いお酒。でもソーダ割りにすると香りが和らぎ飲みやすくなる。焼き芋屋さんが来てくれたのでお通しに焼き芋をお出しする。紅はるかと安納芋。紅はるかにハイランドパークをちょっと垂らして [続きを読む]
  • 騎士団長殺しにおける免色のウィスキーの飲み方について
  • 「もしお持ちでしたら、ウィスキーを少しいただけますか?」と免色は言った。「騎士団長殺し」第1部 顕れるイデア編 の225頁で、免色はウィスキーを所望した。免色は物語のキーとなるキャラクターで、白髪の54歳の独身男性である。「普通のスコッチ・ウィスキーでいいですか?」主人公の画家は免色に聞いた。ここでいう普通のスコッチ・ウィスキーとはホワイト・ラベルである。ブレンデッドスコッチ・デュワーズの代表的なボ [続きを読む]
  • ウイスキーの分水嶺
  • 僕がウイスキーを飲み始めたのは21歳の頃だった。その時はバーボンばかり飲んでいた。落ち着いてゆっくり飲む酒がウイスキーだった。33歳の時、思いたってウイスキーエキスパートの資格を取った。それ以来、ウイスキーの魅力を正しく伝える活動をしている。そして、今日、唐突に、40歳というのはウイスキーのベテランとなってしまったんだなぁと思った。村上春樹の騎士団長殺しを読んでいて、主人公が36歳で、生(き)の [続きを読む]
  • 京都マラソンをいかに楽しく走りきるか?体験記
  • 「最後まで楽しく走りきる!」それが2017年の京都マラソンの目標だった。ベストタイムは3時間半だけど、そのレベルの練習は全然できてなくて、試走会でも20km越えると足がつってる状態だった。直前の仕上がりで、7分/kmのペースで走れば無理なく完走できるなと感じていた。3時間半で申請してたので、ゼッケンはAブロックとかなり前のほうからのスタート。朝は凍結してたらしいけど、スタート時刻にはほどよい寒さで絶好の [続きを読む]