mihoko さん プロフィール

  •  
mihokoさん: *〜名前のない果実〜*
ハンドル名mihoko さん
ブログタイトル*〜名前のない果実〜*
ブログURLhttp://nanonaikajitu.jugem.jp/
サイト紹介文既婚アラフィフです。昔の彼に再会しました。 この関係に、名前をつけるとしたら……
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/01/02 17:17

mihoko さんのブログ記事

  • これも初めてのこと
  • それからお風呂に ...ひと足先に行った彼が「 アチっ! 」って言ってるのが聞こえました私が温度を確認せずにお湯を出したので結構熱かったみたいああいうトコロは常に適温に設定してあると思い込んでいて今まで問題なかったのにしかも溢れる程のたくさんの湯量。。。水を足すにも少し減らさないといけないくらいバスタブのフチに腰掛けて待っている彼この態勢は...ボディソープを付けたスポンジで自然に彼の腕から洗い始め [続きを読む]
  • ご利用は計画的に
  • 抱き寄せられて体を預けたまま暫し考えるこのまま、あーして こーして そうなるとまたシャワーもせずに × × × ?「 お湯、入れて来る! 」( そしてトイレで一応ウォシュレットを使う私 )戻ると彼はTシャツとパンツでベッドにいるので私もプルオーバーとデニムを脱いで隣に...ブラとショーツは揃ってるけどキャミソールはユ〇クロだった。。。襟ぐりとかレースになってるし、自分としては割りと可愛い部類に入るんだけど今後は [続きを読む]
  • お腹とココロが満たされる時
  • 空いている中で一番お安い部屋を私が選ぶと「 露天風呂がある部屋もあるみたいだよ 」時間がたっぷりあって ゆっくり出来る時ならぜひ行ってみたいです窓から普通に景色が見えるのでカーテンを開けてソファーに掛ける明るいのが ちょっと嬉しいまだ朝の10時台…二人で一缶だけビールを飲む買って来た、お馴染みレンコンの挟み揚げ6月限定の梅何とかの稲荷昨日作ったアジの南蛮漬けオクラとミョウガの浅漬け…大袈裟に喜んで見せた [続きを読む]
  • 着いて早々判明したこと
  • 約束の駅前のロータリーで彼の車に乗り込む来月のある週、土曜なら帰りが遅くなっても大丈夫で日曜だと朝早く家を出ることが出来ると話すと彼はその週、姪の結婚式で帰省するんだ とゆっくり会えたらいいなと思っていた、小さな期待は脆くも崩れ去り翌週は私の予定があるのでもしかしたら次に会えるのは早くても5週間先だと着いて早々判明してしまいました(笑)* * * * *紫陽花を観るのは断念してもそのままこの駅で待合 [続きを読む]
  • 紫陽花と、アジの味
  • やっと、会える日が近づいて来ました「 ◯◯駅でいい? 」今回は車、彼にお任せのパターンです「 紫陽花、観る?見頃は まだ先なんだけど 」スッゴく見たい!せっかく考えてくれたのだしでも…「 〇曜日は あまり時間がないから… 」「 早めにゆっくりしたいな 」「 久しぶりにレンコンの挟み揚げ、買って行こうか?」見慣れた「 OK! 」スタンプが送られて来ました* * * * *いよいよ前日この間二人で食べたアジの南蛮漬け [続きを読む]
  • Photograph of Yesterdays
  • 二人でいる時、部屋のテレビでお洒落な家を特集しているのを何となく観ていました写真を 飾りながら収納...みたいな内容そこから、再会して初めて二人で食事した時に彼が持って来てくれた昔の写真の話になりました公園や海、彼のお姉さんが住んでいた横浜…数ヶ所、数枚ずつの懐かしいそれは私が焼き増しして彼に送ったものでそっくり同じ物を私も持っていました結婚して新しいアパートに入居する際にアルバムから剥がし小さく [続きを読む]
  • 「 考え過ぎだよ 」
  • 日曜の朝のこと久しぶりに休みになったとLINEが入りましたもうすぐ会える予定があるので急遽 今日、ということにはならないし私は既にひとりで出掛ける準備を終えていて「 これから〇〇〇〇です 」何気なく書いて送りました後から思ったのですわざわざ彼に言わなければ良かったと例えば、滅多にないけど夫が一緒だとか話すべきじゃないコトなら もちろん黙ってるけどそういう分かり易いコトではないからこそもっと配慮が必要だった [続きを読む]
  • 夏 / 仕 / 度
  • 「 またね 」と言い合ってそれぞれの場所へ帰るどうしてこんなコトになったんだろう一緒にいられないのがとても不自然な何かに逆らっている気さえするのにそれでも私の生活は別なトコロにあって感傷に浸っている余裕はない改札へ向かう途中こじんまりしたショップが沢山並んでいるお洒落なバッグがディスプレイされたウィンドウその中の一点に釘付けになった夏のかごバッグもう何年も前から新しいのが欲しいと思っていたのにピンと [続きを読む]
  • 切なさの正体
  • いつの間にやら二人とも眠ってしまい ...私だけ先に目が覚めました彼が起きたら、今日いちにちが終わりになりますそう思うと胸のどこか奥がズキズキと疼くよう…昔むかしのこと久しぶりに会える その朝鏡に向かってメイクしながら夕方になったらまたサヨナラすると思ったら涙が止まらなかった可愛かったワタシ(笑)そんなことを思い出しました二人の時は出来るだけ平常心でいたいなのにうっすら目覚めかけた彼に抱き寄せられると [続きを読む]
  • 鉛筆持ちか、グー握りか
  • それから耳もと首筋を辿って、仰向けになり一層薄くなった胸で暫く戯れる彼の唇と舌先どのタイミングで制してシャワーに行こうか気になって落ち着かない私彼は お腹まで降りて来ると顔を上げて聞く「 舐めていい? 」「 … ダ メ ... 」こんなコトになるなら、さっき念入りにウォシュレットしておけば良かった(笑)オトナ気ないけど駄目なものはダメ「 わかった 」と言うようにフッと笑ってそのままやさしく侵入して来ました* [続きを読む]
  • 笑 わ な い で
  • 抱き締め合うと ゆっくりと唇を重ねるバスローブがはだけて、覗く胸元もちろん彼は何も言わないけど暫し眺めているように思うのは私が意識し過ぎてるからかも…サーモンピンクの刺繍を少しずらすとやさしく口に含んで舌先を遊ばせる彼待ち焦がれた感触に安堵の吐息が零れる...やがて背中のホックが外され腕から抜かれて行く…続けて揃いのショーツに指が掛かると自ら脚を折り曲げお尻を浮かせる私もう一度抱き合いキスしながら [続きを読む]
  • 黒ビールとサーモンピンク
  • ひと部屋だけ空いていたホテル決して広くはないのに必要不可欠な設備が機能的に配置され清潔感がある白く可愛い部屋ソファーに掛けて、ランチタイムですジャガイモとほうれん草のキッシュ豆腐の寄せ揚げ(的なヤツ)アジの南蛮漬け実演販売のシューマイビールはヱビスの黒があったので一杯目は普通のヱビス次はハーフ&ハーフにして最後はブラックを味わいますちょっと買い過ぎたと思ったけどどれも美味しくて、箸が進む進む...南 [続きを読む]
  • 出来ちゃったみたい
  • 再会した頃には、既にアガっていた私また深い関係になるにあたって着けなくても大丈夫と伝えるのにちょっと勇気が要りましたオンナとして終わってるというか…凄くオバサンぽい気がして…幸い、特に体調の変化は気にならなかったけど見た目の劣化は自覚せざるを得ません昔から実年齢より若く見られたし今でも、〇歳の子がいるようには見えないと言って貰えることもありますが…( それも30過ぎてから産んだ子だけど )閉経すると、確 [続きを読む]
  • 水 辺 の 風 景
  • 5月も一度だけ会えました彼が利用する鉄道の時刻が改正になって都内での待合せ時間が少し早まりました以前は彼に合わせるためわざと各駅に停まる電車に乗ってみたり早く到着して時間を潰すこともありましたが今度は最速で直行してちょうど良くて今までより早く会えるのが嬉しい10時からオープンする眺めの良いラウンジへ行ってみようか?と話してたのですがその時間なら〇分の水上バスに間に合うね と言うと、彼の反応がとても良 [続きを読む]
  • 行きたいところ
  • 「 どこか行きたいところある? 」もし彼が聞いてくれたら「 あなたの部屋... 」 って、答えてみたいどんな顔するのか、怖くて言えないけど* * * * *前に教えて貰った住所を検索すると彼のアパートには空室が無かったもののこんな感じだろうなと思う物件の情報は幾つかあって間取りや家賃を具体的に聞いたりしたことはないけど今までの会話から想定して当たりをつけるストーカーの素質十分な私 。。。(笑)話が少し逸れ [続きを読む]
  • これが、日常
  • 5月の中旬…次の土曜は?って、彼が聞いてくれましたその日は自治会の除草作業がありギリギリで10時半から歯科へ行く予定あまり生活感を出してもなぁ… と思い歯医者の予約のことだけ伝えると今回は残念だけど...ってコトになる終わってから急いで行けば三時間くらいは一緒にいられるけど追われるようにホテルへ行ってもゆっくり出来ないと淋しいしお互い色んな都合をつけた上での貴重な一回が食事だけっていうのも やっぱり [続きを読む]
  • ちょっとカタイ話
  • GW… 私は ほぼカレンダー通りの休みでした彼が仕事なのは分かっていたので買い物や歯科へ行く程度の外出だけで後は夏物の服を出したり、家のことをしてました以前は、例えば どうにかして電話出来ないか?とか常に考えていたけれど今はもう平気になって来た(笑)少し前にスマホを新しくしたのですが実は未だに入力が上達しなくて…LINEも言いたいことがスラスラと書けずにちょっともどかしい 。。。もしかしたら、素っ気なく感じ [続きを読む]
  • 早 い お 別 れ
  • そして、もう一度裏返されて上からやさしく入って来る彼...* * * * *頑張って思い出してみるのですが既に一ヶ月経っているのでもう記憶が定かでないです(笑)ここからは、いつも通りのやさしい彼。。。だったと思います「 3時半にアラーム掛けといた 」それが今日のリミットだと知る私抱き締め合いながら眠ってしまい…先に私が、すぐに彼も目を覚ますとひと呼吸置いて無情の電子音があまりのタイミングの良さに二人で [続きを読む]
  • 枕に顔を埋めながら...
  • 先月 会えた時の話の続きです* * * * *お風呂から出てベッドで彼を待つ…ここのバスローブは、白いワッフル地でパジャマがそのまま長くなったようなタイプ(前回、コレと勘違いしたのです 笑)真ん中の幾つかだけボタンをかけて沢山あるアメニティ普段は手を付けないのですが…フェイス用の化粧水と乳液を足に伸ばしてみるプチ贅沢ですね(笑)出て来た彼が隣に横になるとすぐに首に腕を回して抱き寄せてしまう…彼の左耳の下 [続きを読む]
  • 夕食は、冷奴
  • 疲れ切った金曜の夜…今日は上の子の夕食がいらないし下の子もまだ帰って来ないスーパーで100円引きのお弁当を見つけ夫には それを出すことにしたけどちょっとボリュームが足りない気がする後から「何かない?」と聞かれるのがイヤで豆腐半パックを冷奴で(笑)レタスを敷いた皿に乗せキュウリと焼豚の細切り新玉ねぎのスライスかいわれ大根、大葉そして白ゴマを降ってトマトも添えるこうして置けばとりあえず野菜が足りないと思われ [続きを読む]
  • 三つの「 袋 」の続き
  • 促されるままに お風呂の椅子に掛けると後ろへ回った彼は、手のひらに取ったそれを先ず私の肩から背中へと伸ばして行くヌルヌルと滑らかな感触は初めてだけど、まぁ予想出来る範囲なものの今まで体を洗って貰ったこともないので急なシチュエーションが妙に照れ臭い…左右対象に滑らせた両手が胸へ伸びて来るとさっきまでクスクス笑っていたのに、今度は感じるスイッチへ切り替わるのがまた恥ずかしくて声が漏れるのを抑えてしまう [続きを読む]
  • 三 つ の「 袋 」
  • 胃袋、給料袋、堪忍袋...結婚生活に於ける三つの大事な袋…の話ではないです* * * * *ご馳走さまを言って時計を見ると丁度、正午思ったよりまだ早くて嬉しくなる夕方には一度帰って着替えてから事務所に顔を出し、またこっち方面で仕事の彼ホントに申し訳ない…初めて入るホテル建物は遠くからでも良く見えたけど入り口までが分かりにくい…でも こんな時でも落ち着いてるとこが好き部屋はダークな色調、シックかつ清 [続きを読む]
  • 並んで お蕎麦 (と、うどん)
  • 公園を出て車まで少し歩く新しいアパートや洒落た戸建てばかりの住宅街まだ沢山の空き地があり、そこが臨時の駐車場になっていました二人で こんな家に住んだら…… なんて夢を見てしまいそうな麗らかな春の日「 どこか、いい店あるかな? 」とお昼を食べる所を探しながら走る昔は(やさしさ故に)優柔不断な部分もあったのに「 お!ここでいいですか? 」前方に良さそうな手打ち蕎麦屋を見つけると流れるように車を入れる彼やっぱり [続きを読む]
  • お土産を買わない
  • 駅から30分余りで到着です普段は長く走ることもないのでちょっとしたドライブが嬉しい助手席河川敷のゴルフ場、芝生の眩しい緑紅白のハナミズキ通り目的地の公園、観光バスから降りて来る人たち平和だなぁ… 平日なのに みんな楽しそう開花には、品種や色は勿論のこと個体差もあるのだとか遅咲きの白い花が少なかったのでまた時期をずらして来てもいいね と話しましたお土産屋さんも沢山並んでいて思わず試食を受け取って「 美味 [続きを読む]
  • 彼に お任せ
  • 「 ◯◯◯駅でいい? ◯◯◯の□□□、見る? 」車の時にいつも待ち合わせる駅より何個か先のある花の名所に行こうか?と 彼から提案二つ返事でOKし約束の日を指折り数えていました大抵、車になるのは予定外に会える時でゆえに何の計画も立てていないためホテルへ直行するのが常たぶん桜がちょっと残念だったから今ちょうど見頃の花が割りと近場で平日だし そんなに混雑してないと予測して誘ってくれることがホントに嬉しくて…そ [続きを読む]