手賀沼日記 さん プロフィール

  •  
手賀沼日記さん: 手賀沼日記
ハンドル名手賀沼日記 さん
ブログタイトル手賀沼日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/watanabe_march
サイト紹介文手賀沼徒然草
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2016/01/02 21:15

手賀沼日記 さんのブログ記事

  • 風景の大小
  • 最近Gooブログで、素晴らしい写真付き紀行記事を拝見することが多い。その中には私が訪れたことのある地域もある。花や草の見事な写真がある。ふと気が付いたのだが、私の記憶にあるのは、平原とか山とか、大きな風景ばかり。通りがかりの花とか草がどうであったとか、そいういう足元の小さい風景が記憶にないのだ。ミヤマキリシマの記憶は鮮やかだが、山一面を覆う大きな景色として記憶しており、一本とか一輪の記憶ではない。ど [続きを読む]
  • 教育への投資
  • 先日東京芸大卒業生紹介の演奏会記事でも述べたが、子弟を芸大などへ入れるということは、教育への大きな投資であろう。一方投資を回収することは極めて難しい。学生すべてが、将来高収入を得る、大物演奏家になることは考えにくいからだ。親の立場では、教育であり投資ではない。必ずしも、回収を必要としないということだろう。最近医学部人気が異常だ。子弟を医学部に入れるためには、相当の教育出費が必要らしい。こちらは芸術 [続きを読む]
  • 「無用の長物」となった利根運河を歩く
  • 昨日は好天に恵まれ、暑からず寒からず、歩きを楽しめた。私の定番コースの一つである、「利根運河」へ出かけた。早朝自宅発、柏市あけぼの山公園、布施弁天を通り、利根川右岸へ。堤防の両側に延々と続く菜の花を見ながら上流へ。例年より菜の花の数が多いようだ。まもなく利根川から利根運河が分岐する地点に至る。利根運河は、明治の初めオランダ人技師ムルデルを招き、利根川と江戸川を結ぶ水運のため開削された。当初その目的 [続きを読む]
  • 東京芸大新卒業生紹介演奏会
  • 昨夕「東京芸大新卒業生紹介演奏会」に行ってきた。各科の首席卒業生が芸大フィルハーモニアとともに、出演するもので、さすがにうまいものだ。芸大演奏会で、いつも考えるのだが、こういう教育を子弟に受けさせるには相当な出費が必要であり、それなりの経済力のある家庭でないとできないだろう。幼児のころから音楽教育を受けさせ、学部だけでなく、さらに大学院、海外留学と続く。芸大は国立だからまだしも、私立の場合はさらに [続きを読む]
  • 手賀沼に空き家が増えたよ
  • この地方では、手賀沼周辺は高級住宅地、地盤のしっかりした高台が好まれる。高台ではなく、沼べりの住宅団地も評判はよいが、住んでいるのはよそ者ばかり、地元出身者は住んでいない。沼を埋め立てた所で、地盤が軟弱なことを知っているからだ。こういう住宅地に、最近空き家が目立つ。長期的に人が住まないのだ。ところが沼から遠い、常磐線北側に、大型マンシヨンが数棟建設中。入居者があるのかなあ。 [続きを読む]
  • 仲裁条項は重要だ―その2 貿易講座190回
  • 4月18日記事「仲裁条項は重要だ」において、仲裁が始まってからの対処について、簡単に述べた。いずれにせよ仲裁判断が出るまでには時間がかかる(先日の例では約1年)。手間はかかるし、うしろ向きの仕事で面白くないし、新しい取引に注力する時間も取られてしまう。今回は仲裁にならぬようにどうすればよいか、私の経験から考えてみる。1 売買契約において曖昧な点を残さない。売主と買主の立場で理解が異なる、玉虫色の契約は [続きを読む]
  • 手賀沼 花の移り変わり
  • 桜(ソメイヨシノ )が散り、森の中のカタクリも終わった。今は八重桜が満開、菜の花はどこにでもある。こうなると移り変わりは早い。すぐにつつじ、ついであじさいの季節となる。ところでここ2−3日の暑さはどうだろう。急激に温度が上がると熱中症に注意。暑さに慣れていない体に、突然の暑さはこたえる。この季節は要注意だ。かなり前の話だが、自分では全く意識せず、熱射病(熱中症)にかかったことが数回あった。非常に気分 [続きを読む]
  • 仲裁条項は重要だ―貿易講座189回
  • 先日貿易実務の大家を自称する連中数名と、ちょっとした議論をした。話題が貿易取引に絡む商事仲裁に及んだが、誰一人経験をしたことがないという。貿易実務解説書には、当事者間の話し合いで解決できぬ場合は、仲裁は有効な解決方法と書いてあるにもかかわらずだ。もともと我が国企業は、紛争が起これば話し合いで解決、仲裁を好まない。我が国の代表的仲裁機関である日本商事仲裁協会での、仲裁実績は例年わずかに20‐30件と少な [続きを読む]
  • ウオーキングの勧め
  • 私のウオーキング歴もずいぶん長くなった。ウオーキングを始めるにはと、問い合わせを受けることもある。私の答えはこうだ。1 形から入る。服装といってよい。気に入った靴を履き、気に入った服を着て歩く。2 景色の良いところを歩く。景勝地に限定しいない、歩いて楽しいところ。3 無理をしない。歩く速度や距離にこだわらない。要は楽しければよいので、健康維持や余暇に役立てばさらに良い。 [続きを読む]
  • 吉高の桜は満開
  • 本日は0900成田線安食駅下車、この地方で有名な「吉高の大桜」を見物に出かけた。印旛沼では、強烈な向かい風、歩くのに難渋した。いつもは1時間半の行程だが、今日は1時間45分もかかってしまった。年のせいで多少歩きが遅くなったのかもしれない。今年は例年より多少遅かった気もするが、吉高の大桜は満開後期。いつもながら見ごたえがある。房総台地上の畑の中に、大きな樹齢300年を超える山桜が一本屹立。このあと2 [続きを読む]
  • 爆買いの変遷
  • 最近主として中国人による爆買いの話題も下火になった。物を買うことから、こと(見えない商品)を買う方へ移っているという。その通りだろう。爆買いと言えば中国人だが、それ以前は日本人がやっていた。まだ「爆買い」という言葉はなかったが。1980年代には、多くの日本人が買物に香港へやってきた。そのころ私は香港駐在員をやっており、穴場など教えたものだ。また同じものを売っている店でも、混雑していないのでじっくり買い [続きを読む]
  • 群れない派と群れる派
  • 昨日「同窓会」記事を投稿したが、これに関して思い出したことがある。今は昔、1970年代のインドネシア。当時私は首都ジャカルタの駐在員であった。生活用品など、あまり良いものはなく、比較的に高級なもの、良いもの、特に育児用品など、隣国シンガポールへ買い出しに行った。1 群れない派例え大所帯の駐在員であっても、単独あるいは家族単位で出かけていた。シンガポールの町でばったり会って、「なんだ来ていたのか」という [続きを読む]
  • 同窓会
  • 今朝Gooブログで、学校の同窓会幹事をやっておられる方の投稿を拝見した。いろいろご苦労があるようだ。今回取り上げるのは学校ではなく、会社の同窓会。私の知人や友人には長年勤めた会社を定年退職した人も多い。彼らは、会社の同窓会といえば、嬉々として出かけてゆく。私はどうもこれが理解できないのだ。かっての同僚といえば、友人とか味方ではなく、競争相手や敵が多いのでは。それとも恩讐のかなたで、忘れ去ったのだろう [続きを読む]
  • 雨の中桜を見て歩く
  • 昨日はこの地方最高の桜の名所、今井の桜を見に出かけた。南部手賀沼(昔は手賀沼の一部、今は干拓により切り離されている)に流れ込む小川の両岸2キロの桜並木、往復4キロで花見ができる。場所が不便で、かつ「知る人ぞ知る」というところでもあり、さらに雨。人出は日曜にもかかわらず少なかった。しかしながら4キロの桜並木は圧巻であり、十分楽しめた。桜は満開の前期であった。帰路手賀の丘公園の桜を見た。ここは数十本の [続きを読む]
  • 音楽好きいろいろ
  • 昨日このブログをよく読んでくださる方が、ピアノ好きと知った。そこで思い出したのがこれ。音楽好きいろいろ。1 ピアノ好き、たたく派、チェンバロなども。2 バイオリン好き、こする派、 チェロなども。3 フルート好き 吹く派 尺八も。4 歌好き 歌う派 カラオケ、オペラ、声楽。私はチェロが好きなので、こする派。ほとんど毎日バッハの無伴奏チェロ組曲を聞く。しかしオルガンも好きなのだ。同じくバッハの幻想曲と [続きを読む]
  • ブログ始めて4,500日
  • 昨日でブログ始めて4,500日。つい先ごろ始めたように思うが、13年目に入った。当初ホームページを作ろうとしたがうまく行かず、簡便なブログを作った。手賀沼周辺の記事を中心に、政治経済もろもろのことがらを取り上げた。初めのころは週に1回程度の更新であったが、閲覧者が増えるに従い、原則として毎日更新している。この際、今後のことも考えてみたい。1 このブログの閲覧者には貿易実務家、つまり会社などで貿易業務を担当 [続きを読む]
  • おば(あ)さんは現金好き―スーパーレジで考える
  • いつもスーパーレジの待ち時間に考えるのだが、おば(あ)さんは現金が好きなようだ。スーパー発行のクレデイットカードを持ちながら、ポイントだけを記録し、代金は現金で払っているのだ。そのうえ現金がすんなりとは出てこない。あちこち探したうえで出してくる。お釣りの計算や受け取りで時間がかかる。ならんで待っている人はイライラする。カードで払えば、時間もかからないのに、なんでこんなことをするのだろう。少額だから [続きを読む]
  • 手賀沼地域も春らしさが目立ってきた
  • 先刻船戸の森を通り、手賀大橋まで遊歩道を約7キロ歩いてきた。桜はまだ四分咲きだが、白木蓮は散り、柳の青が目立つ。3月末で護岸工事もかなりの部分が終了した。カタクリの花も増え、10数輪が咲いている。今週末桜は見ごろ。週末は忙しくなりそうだ。ところで市内で発見された小学3年生女児の事件だが、犯人は必ず捕まる。早く解決してほしいものだ。 [続きを読む]
  • マレーシアはしてやられた
  • 金正男事件の当面の決着がついた。予想通り、マレーシアは北朝鮮にしてやられたようだ。どう見ても、北朝鮮有利な解決に見える。今後マレーシアが北朝鮮にどう対応してゆくか。マレーシアには北朝鮮関係の多数の企業などが存在するようだし、今後どう対処してゆくか、世界中が見守っていると思う。当然北朝鮮に対する、いろいろな制裁の影響も出てくるだろう。 [続きを読む]
  • アッキー解散はあるか
  • 昨日は非常に寒く、まさに厳冬期が戻ってきた。利根川右岸を約15キロ歩いた。その間、頭に浮かんだのは、森友学園事件を発端として、アッキー解散はあるか、あるとすればいつ頃だろうかであった。いずれにせよ、自民党にとっては大きな痛手であろう。一部の長老や幹部連中は、首相夫人の行動に苦虫をかみつぶしているに違いない。通常国内で勤務する場合、妻の行動が夫の仕事に影響することはない。ただし企業城下町のような閉ざさ [続きを読む]
  • 近い将来起こること
  • 昨日韓国の「政治の空白」を取り上げた。近い将来わが国でも起こりそうだ。首相退陣ー選挙ーその間の政治の空白。首相退陣の理由は、森友学園事件に絡んで、報道されているもろもろのことがら。この間、株価は下がる。為替は乱高下がありそうだ。「良い」政治家を育成する仕組みはない。いったん大臣になっても、資質を問題にされる人も多い。国民が「良い」政治家を持つことができるかどうか、宝くじに当たるより難しい。今日は4 [続きを読む]
  • 韓国はどうなる
  • 韓国はつくづく不思議な国だと思う。朴前大統領が逮捕された。歴代の韓国大統領は就任時は、圧倒的な大人気、引退するとろくなことはない。不思議な歴史法則だ。国際的な問題が山積している状況で、大統領不在、政治の空白が続く。朴前大統領は在任時に、告口外交の創始、過度の中国傾斜、日韓懸案事項のとりまとめなどの事実があった。5月に選挙が行われるそうだが、親北勢力の躍進や国際的約束を反故にしようとする動きがあると [続きを読む]
  • 2017年は女難の年
  • 今朝の報道を見ると、まさに2017年は女難の年。我が国のみならず、隣国でも前大統領と知人の女性が大きな問題になっている。女性の社会進出が進み、女性の活躍の場が増えてきているからだろう。手賀沼地域は見たところ、春の雰囲気ではあるが、いつまでも温度が低く寒い。ただ今日は暖かくなるらしいので、期待しよう。 [続きを読む]
  • 稀勢の里が連続優勝
  • 春場所の稀勢の里昨日春場所は、予想通り白鳳の優勝で終わった。稀勢の里は13勝2敗の好成績、順当すなわち実力通り、実力以上でも以下でもない成績であった。横綱昇進ルール、2場所連続優勝には無理だ......>続きを読む今年の春場所で、稀勢の里が奇跡の優勝をした。思わぬ怪我で、稀勢の里はよくよくついてないなあ、優勝は絶望的とおもったのだが、その後意外の展開となった。長年積み上げてきた実力を発揮したのだろう。横綱昇 [続きを読む]
  • 昨日は寒かった
  • 手賀沼地方は昨日は本当に寒かった。寒暖計の表示よりはるかに寒かったと思う。今朝手賀沼べりを歩いてきたが、さすがに春の雰囲気はあった。桜のつぼみも開花が近い。うぐいすは騒がしいくらい鳴いている。昨日小学3年女児の事件が報じられていたが、いったいどうしたことか。なんとも言いようのない事件だ。発見の現場は水田と畑、農作業をする人や釣りをする人以外にめったに人は通らないところ。国道356のバイパスとして、 [続きを読む]