夢月亭清修 さん プロフィール

  •  
夢月亭清修さん: 夢月亭〜下手の横好き〜
ハンドル名夢月亭清修 さん
ブログタイトル夢月亭〜下手の横好き〜
ブログURLhttp://mugetutei.blog.fc2.com/
サイト紹介文夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/01/02 21:41

夢月亭清修 さんのブログ記事

  • Twitter始めました。
  • こんばんは^^今更ではありますが、いろいろ情報欲しさにTwitterを始めました。こちらからは記事や小説や釣りの情報を発信していこうと思っているのですが、只今いじり始めて数時間……結構ハマってしまいそうな予感です。笑もしよろしければフォローお願いいたします!(柿川清修@say_syuu)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 相模湖 バス釣り〜2017.04.21 スポーニングの気配が漂ってきた!
  • 本日は相模湖でバス釣りでした!柴田ボートHPによると水温も15℃まで上がってきていて、「これは…いよいよハイシーズンめいてくるのでは……」と期待を膨らませてA.M.5:00に出船^^朝は小寒沢ワンド一番乗りでネコリグをキャスト。プリスポーンの雌がワンド内部でウロウロしていてくれたらイイなぁと――小規模ワンドなので期待は大きく!ルアーチョイスはセコく!ですwそしてワンドに入って四投目くらいでした。シェイク中 [続きを読む]
  • R-18小説:「壊れた放課後」更新!
  • 本日幻創文庫にて小説の更新です!『壊れた放課後 後編』本作は読み切りなのでこれにて完結。よかったら是非^^≪壊れた放課後 後編 試し読み↓≫ 先輩のぎこちない舌先が、〇〇をゆっくりとなぞった。その瞬間、満足感と渇望が同時に背筋を駆け抜けて、嗚呼、得も言われぬ悦楽を僕に刷く。 あの風紀委員長が今、自ら僕の〇〇を舐めたのだ! これが僕にとってどれ程官能的な出来事だったことか、他人に解るはずもない。 そ [続きを読む]
  • 雑記(健康な病院通いと読書三昧)
  • 仕事を辞めてもう半月以上が経過しました。(時間経つの早っ…)結構暇な時間が膨大にあるんだろうなぁと想像していたのですが、今までできなかったことを片っ端からやるぞ! と意気込んでみると、案外予定がいっぱいです。最近はこんなことしてましたよ^^↓①取り敢えず粉瘤(アテローム)の除去。粉瘤っていうのは袋状の陽性腫瘍で、特に悪さはしないのですが、内側に膿が溜まってしまうという腫瘍です。昔膿だけ取ってもらっ [続きを読む]
  • R-18小説:「壊れた放課後」更新!
  • 本日幻創文庫にて小説の更新です!『壊れた放課後 前編』――今回はシリーズ連載ではなく読み切りになります。前編と後編に分けましたが、それで完結……分かりやすく官能小説な内容に仕上げたつもりです。≪壊れた放課後 前編 試し読み↓≫ この春に新設される同好会の審査書類が山のようだった。僕達一般の風紀委員は校内に残っている生徒が居ないか見回りの後、直帰を命じられていたのだけれど―― 一人委員会室に残って残 [続きを読む]
  • 小説:不思議なオカルト研究部 第七話 廃屋の人形≪外伝≫
  •    小説:不思議なオカルト研究部 第七話 廃屋の人形≪外伝≫『日記――七月某日(柳田邦彦著)』 テスト勉強の手を止めてフィールドワークを実施。場所は○○町四丁目にある旧加納家の廃屋。 久し振りの好天に恵まれたた今日は、どうやら梅雨明けだったらしい。 現場では霊障を引き起こすに相応しげな童人形を発見するに至った。 童人形は、現在兄によって浄霊中である。 この人形の出自については、加納家が父の代の檀 [続きを読む]
  • 野池 バス釣り〜2017.04.05 ちょっと様子見に…
  • 今日は用事を済ませたその足で、30分程野池の様子を覗いてきました^^夕方、生憎曇り空でしたが、桜が良い感じに咲き始めてます♪釣果はレッグワームのダウンショットでコバス一匹↓レイダウンの隙間に落としたら食ってきました。ここ数日の暖かさで小規模野池はちっちゃいのも目が覚めた様子です^^☆――――――――――☆ロッド:DAIWA BLACK LABEL 631ULFSリール:DAIWA FREAMS 2004Hライン:Seaguar R18 BASS4lbルアー: [続きを読む]
  • 相模湖 バス釣り〜2017.04.03 いよいよ本格的に春!
  • 昨日は相模湖、単独釣行でした〜。朝五時に柴田ボートさんから出船です!早朝のボート屋周りは魚っ気ムンムンで期待できそうでした^^ミノーのタダ巻き&トゥイッチで近場をチェックしながら、本湖か桂川か迷っていると――フワッ、と浮き物の下から現れて引っ手繰りバイト!うぉぉぉっ!久しぶりのブラックバスは43.5?、1490gのナイスコンディション♪これぞ春って感じです^^バイトの瞬間が見えて興奮しました><☆―――― [続きを読む]
  • 小説:不思議なオカルト研究部シリーズ更新!
  • 本日幻創文芸文庫(β)にて小説が更新されました!『不思議なオカルト研究部 第七話 廃屋の人形 後編』廃屋を後にした部員たちの後日談的内容です。人形の曰くについてもちょっぴり解明されるかも!?≪第七話 廃屋の人形 後編 試し読み↓≫ 六人は来た道を戻って柳田家の寺へ――境内に到着すると、事前に連絡を入れておいた柳田の兄が待っていた。  名は柳田邦夫。紺色の作務衣に草履を履いて、綺麗に頭を丸めたその姿 [続きを読む]
  • 仕事を辞めました!
  • ちょっぴり近況報告です^^僕は某ドラッグストアで店長として働いていたのですが、三月末日をもって退職させていただきました!(あ、勿論円満退職です。悪いことはしてませんよ?w)4〜5月は有給消化期間でお給料も貰えるので、会いたい人に会ったり、今まで出来なかったことをしたり、釣りしたり、釣りしたり、釣りしたり……………して過ごそうと思っています。笑そして6月からは地元の新潟県で出直す予定です。今まで勤め [続きを読む]
  • 小説:不思議なオカルト研究部シリーズ更新!
  • 本日幻創文芸文庫(β)にて小説が更新されました!『不思議なオカルト研究部シリーズ 第七話 廃屋の人形 中編』です。前回、映像で登場した廃屋に部員達が突入致します^^≪第七話 廃屋の人形 中編 試し読み↓≫「かなり大きな平屋だ。これなら元の持ち主は裕福だったのだろうと想像するが……それなのに手付かずで廃墟化しているのには違和感があるな」  これに緑ヶ丘が同調した。 「そうよねぇ…中を見た感じ、家財道具 [続きを読む]
  • 小説:不思議なオカルト研究部シリーズ更新!
  • こんばんは!最近は年度末、人事異動の為の引継ぎ等、仕事が忙しくてブログを放置してしまっています><;訪問して下さる方々のブログに足を運べず申し訳ありません……もうすぐこの忙しさからも解放されるはずですので、何卒ご了承をば…。で、本日は小説の更新報告でございます。『不思議なオカルト研究部シリーズ 第七話 廃屋の人形 前編』こちら本日幻創文芸文庫(β)で更新されました!前・中・後の三回に分けて更新予定 [続きを読む]
  • 相模湖 バス釣り〜春めいてきたけれどまだ釣れぬ…
  • 2017.03.14は相模湖で単独釣行でした!朝から生憎の雨降りで寒かったです…><;始めは桂川中流から吉野ワンドで取り敢えず様子を見てノーバイト。魚っ気が全然無いのでそのまま本湖北岸、小寒沢までをさらに様子見しました。ディープにメタルワサビ―を投入すると、すっかりお馴染みの二ゴイ祭りです。笑バスは釣れず……orz昼過ぎからは雨も止んで過ごしやすくなりました^^本湖は流入河川から流れてくる水との温度差でターン [続きを読む]
  • 小説:不思議なオカルト研究部 第六話 迷子霊≪外伝≫
  •    小説:不思議なオカルト研究部 第六話 迷子霊≪外伝≫ とあるファミリーレストランに迷い込んだ少女の霊――本来ただ成仏するだけの彼女が、ある日磁力のように引き寄せられたのが霊感困ったちゃん体質の何某、物語本編には何ら関係を持たない人である。 その人、少女の霊をくっ付けたままそのレストランにて飲食し、帰り際に彼女を置き去りにしてしまったことが事の始まりなのであった。 何故置き去りにしたか? いい [続きを読む]
  • 小説:不思議なオカルト研究部シリーズ更新!
  • 本日幻創文芸文庫(β)で小説が更新されました!『不思議なオカルト研究部 第六話 迷子霊 後編』ファミレスに現れた少女の霊に、直也はどんな手を打つのか……『第六話 迷子霊 後編≪試し読み≫↓』 店を出て、石動と別れて直也が思い出したのは、とあるバーの存在である。 『occultism(オカルティズム)』――オカルト研究部のOB、通称カルマなる人物がマスターをしているオカルトバーで、店からそう遠くない位置に立つ [続きを読む]
  • 小説:不思議なオカルト研究部シリーズ更新!
  • 昨日幻創文芸文庫(β)で小説が更新されました!『不思議なオカルト研究部 第六話〜迷子霊〜前編』です^^久しぶりのオカルト研究部はアルバイト×幽霊が題材の短編小説になりました。アルバイトを始めた主人公の直也君が早速出くわしちゃいますよ〜。『第六話 迷子霊 前編≪試し読み≫↓』 石動のバイト先は繁華街から少し外れた場所にある、チェーンのファミリーレストランだった。深夜二時まで営業しており、二十二時以降 [続きを読む]
  • 宣伝(ネタの無いここ最近)
  • ちょっぴりご無沙汰でした。小説の更新も無いし、釣りにも行ってないし、ブログを書くネタが無い現状です。でも、もうしばらくしたら小説の更新はお伝えできるかな、と。スケベな小説ばかり書いていた為に滞っていた『不思議なオカルト研究部』ですが、第六話から連載を再開致します。こちらは幻創文芸文庫(β)での更新ですが、一話更新するごとに外伝をブログに投入します(できる限り…)。チェックしていただけたら幸いでござ [続きを読む]
  • R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ) 『第参部〜酒呑童子〜』 まとめ
  •      妖・密事(あやかしみつじ)  『第参部〜酒呑童子〜』2016年8月24日から2017年1月17日に幻創文庫で連載されました官能小説、妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ第弐部のまとめ記事になります。妖魔×官能×異界譚――時代錯誤な語りの、そんなお話。(当作品は官能小説です☆18歳未満の方は閲覧しないようご注意ください♪)全て幻創文庫へのリンクになります。☆――――――――――――☆第十二話  『壺中天の宴 [続きを読む]
  • 『妖・密事』あとがき
  •    妖・密事(あやかしみつじ) あとがき 書き始め当初、この作品は自分にとって非常に気軽な実験作でした。 誰に読ませるでもないのだから、兎に角卑猥で、卑猥だからこそ書ける女妖を書こう。出来る限り怪しげで古風な言い回しを利用し、思うような雰囲気が出せるものか挑戦してみよう、と。 そんな気持ちで膨らませたイメージが第一話『古木の怪』と第二話『木姫と虚穴坊』です。 本来ならこの作品は、上記の二話で完結 [続きを読む]
  • 小説:朱鷺端境抄(ときはざかいしょう) 『ぬらりの翁の星の丘』
  •    朱鷺端境抄        夢月亭清修『私は朱鷺――元は人、今も姿形こそ人の女なれど、その本質は定かならぬ。 今ではないいつか、此処ではない何処かにて、石を拾って成り果てたが今の私と言うモノで――世界と世界の端境を歩み、ただ歩んで進むだけの女の私が、この旅には何か意味のある、この旅には止ん事無き意志の導きがある、そう疑い始めたがここ数年の内。 その意味、その意志は、私をこのような存在へと変えて [続きを読む]
  • エリアトラウト〜「FISH UP 秋川湖」 良型豊富♪
  • 2017.01.21 本日は東京都あきる野市にある「FISH UP 秋川湖」に行ってきました!こちらは2016年10月21日にオープンした新しい管理釣り場です。(FISH UP 秋川湖公式HP)エリアフィッシング初の奥多摩ヤマメ(三倍体)を放流しているそうですよ^^ドキドキしながらの初場所釣行でした。新しいだけあってフィールドも施設もとっても綺麗です。――が、天気は良いのに生憎の爆風。笑1月なので仕方ありませんが、水も非常に冷たくて [続きを読む]
  • R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ更新!
  • 本日幻創文庫にて小説更新です!奇譚×官能の連続短編小説 『妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ』もこれにて閉幕。『終の棲家、陽炎の杉 後編(終)』ようやくここに辿り着きました。≪本日更新作 『終の棲家、陽炎の杉 後編(終)』 試し読み↓≫ 気が付けば、木姫は馴染の振袖姿で雑木林の中にいた。 樹木は疎らなれば遠くも見渡せそうなものだが、夜は深く、遠景は闇に溺れてその姿を隠す。 知っている場所だった。そ [続きを読む]
  • scriviamo! 2017 参加作 『フィッシュ&ソルト』
  • (当作品は小説ブログscribo ergo sumの管理人、八少女夕さん企画のscriviamo! 2017参加作品です。)   『フィッシュ&ソルト』  夢月亭清修 夏――気の長い太陽が、それでも傾いてゆく夕刻の浜辺で、海猫の鳴き声が響いた。 紅に金を混ぜた強烈な色彩に呆けたツラを向ける僕は、嗚呼、仕事で汗を吸った開襟シャツが、潮風で乾く程にはそこで突っ立ていて――。 ほんの数時間前に、酷く衝撃的な事態に見舞われた。 傷付い [続きを読む]