taka1 さん プロフィール

  •  
taka1さん: Tongue twister の闘病記
ハンドル名taka1 さん
ブログタイトルTongue twister の闘病記
ブログURLhttp://tonguetwister.muragon.com/
サイト紹介文舌癌StageⅣの診断、そして2度の大手術。それがよくもまあこんなに元気になったもんだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供211回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/01/03 22:18

taka1 さんのブログ記事

  • 気晴らししたい : 311
  • 4月27日(木)晴  退院して613日 / 手術から695日 やっぱり目がいかん、、、。 左目の視界の一部分。 センターの左上あたり。 特に水平の直線状の物が歪む。 常に気になるわけじゃないけど ひょいと気になる。 「黄斑変性(おうはんへんせい)」 の可能性大。 5月10日に 瞳孔開く処置してから、造影剤入れて検査する。 その1週間後には がんセンターでも造影剤入れてのMRI検査するというのに。 [続きを読む]
  • 報われる : 310
  • 4月25日(火)晴後曇  退院して611日 / 手術から693日 仕事で外に出る用事があって 道を歩いていたら、 対向してきて通り過ぎた車が急に止まり、 後ろから私の名を呼ぶ女性の声。 車から降りて 私の元へ走り寄って来てくれたのは、 以前の職場の用務員さん。 本当によく働いていただいた。 最後に会ったのは 私がまだ表向きは健康そうに働いていたときだから、 もう3年以上も前になるか、、、。 近づい [続きを読む]
  • 歪 む : 309
  • 4月24日(月)晴  退院して610日 / 手術から692日 数日前から 少し違和感を感じていた。 けれどそれが具体的にどこの、そしてどんな不具合なのか、 自分でもはっきりと特定できなかった。 けれど昨日やっとそれがはっきりした。 書類の中の表を見ていてそれに気づいた。 左目の視界の上の方で、 直線状の物を見たときに それが部分的に歪んで見えていたのだ。 特に視線を移動したその瞬間に顕著。 そこで [続きを読む]
  • 妖しの空間 再び: 308
  • 4月22日(土)晴  退院して608日 / 手術から690日 昨年に引き続き、 今年も隣の市にある牡丹で有名な法安寺へ行く。 県内最古で、 聖徳太子ゆかりの飛鳥時代に建立された古刹。 観光客や地元の見物人がいなくなるのを見計らって 夕方5時半頃に着く。 日没前に提灯に明かりが灯され、 独特な異次元空間になるのだ。        [続きを読む]
  • 爛漫 : 307
  • 4月16日(日)晴  退院して602日 / 手術から684日 暑い。 屋内でもごぞごぞ動いてると汗ばんでくる。 車などはエアコンを使わずには乗れんくらいだ。 気になって温度計を見ると、 25℃に達しようとしている。 今が満開だと 昼過ぎにラインで教えてくれた 茨城に住む大学のときの下宿の同級生がいる。 愛媛ではもう葉桜だと返すと、 それに呼応して 徳島や滋賀の先輩からも桜便り。 使ってみると、 L [続きを読む]
  • 二度目の桜 : 306
  • 4月15日(土)晴時々曇夜雨  退院して601日 / 手術から683日 以前は 4月に入ると花粉症は治まっていたものだが、 今年はまだ鼻水が止まらず目もかゆい。 大病して、 反応しなかった檜の花粉などにも敏感になったか? 春の嵐。 昨夜から風が強い。 さて、昨日に続き今日もささやかなお楽しみ。 散り際の桜を見に出かける。                                        [続きを読む]
  • 足るを知る : 305
  • 4月14日(金)晴  退院して600日 / 手術から682日 2日前のこのブログで、 高知でのお楽しみが終わり、 何を励みにがんばればいいのか? などと情けなくも嘆いてしまったが、 あった。 ごく身近に。 ささやかだけど 微かに心打ち震えるお楽しみが。 それは 週末のごほうび。 焼酎のお湯割り )^o^( 上品な甘みと香り立つ芳香 やっぱりこれだ。 うまい。 体が弛緩する。 精神も弛緩している。 [続きを読む]
  • 次は何を励みに、、、 : 304
  • 4月12日(水)曇後晴  退院して598日 / 手術から680日 土日の高知でのお楽しみが終わり、 ぽっかりと心に穴が開いたようで、、、、。 次は何を楽しみに日々過ごしたらいいだろう? 頑張れるもとが必要だ。 普通の飲み会では、 この祭りの後のような大きなさみしさは埋められそうもない。 やっぱりまた旅先での酒がいいな。 旅情に浸りながらのお酒ほど、 心打ち震えるものは思い浮かばない。 その際、大き [続きを読む]
  • 再検査は、、、 : 303
  • 4月10日(月)雨  退院して596日 / 手術から678日 やっぱり雨。 診察日の降水確率は 今日で確実に9割を超えたか。 3月のエコー検査で リンパに腫れがあるかもしれない、 ということでの今日の再検査。 エコー検査。 無言で何度も、そして長時間同じ箇所を調べられると、 毎度のことながらとても不安になる。 で、検査結果は、 「先月と変化はありませんね。  引き続き経過観察していきましょう」と担 [続きを読む]
  • 祭りの後、、、そして勝負!: 302
  • 4月9日(日)晴  退院して595日 / 手術から677日 昨日、押尾コータローさんのコンサートで高知へ行き、 高知の夜を堪能して 今日昼過ぎに帰ってきた。 祭りのあとは、 いつもただただ淋しい。 18時から20時の公演予定だったのが、 アンコールや押尾さんの旺盛なサービス精神で30分ほど延長。 夢のようなひととき。    それにしても、 ギターで喰っているプロとはいえ、 押尾さん上手すぎだ。 自 [続きを読む]
  • 明日は高知 : 301
  • 4月7日(金)曇時々雨  退院して593日 / 手術から675日          明日 押尾コータローさんのコンサートを聴きに 高知へ行く。 コンサート後はネオン街へ繰り出し、 その夜はお泊り。 予約している居酒屋は「大黒堂」。 カツオのたたきがおいしくて有名なお店らしい。 2件目はどうしょうか? 洒落たバーがいいな。 宿も予約に難儀したが、 日曜市がたつ大手筋に近いところが取れた。 ああ、うれ [続きを読む]
  • 所作を整える : 300
  • 4月5日(水)晴  退院して591日 / 手術から673日 最近、 見た目の「姿勢」が気になって仕方がない。 女性でも男性でも、 背筋がピンと伸びた姿は見た目にも颯爽としていて美しい。 それだけで 上質な大人の落ち着きと気品を感じさせる。 それと目線。 いたずらに視線を動かすことなく、 ある一点に集中する。 当然頭もやたら動かさない。 言い方は悪いが、 多少見目悪い女性でも 姿勢の美しい人は美しく [続きを読む]
  • ざわつくけれど、、、 : 299
  • 4月3日(月)晴  退院して589日 / 手術から671日 職場復帰して2年目初日。 気負うこともなく、 できないことはできないと半ば開き直っているから 昨年の4月に比べるとかなり気持ちが楽だ。 気負わず 無理せず 腐らず。 ひとり息子も 今日広島で社会人1日目。 正直、気持ちがざわつくくらい気になるけれど、 連絡もしないし、 あえて考えないようにする。 奴ももう一人前の男だ。 こちらも余分な干渉 [続きを読む]
  • 負けてられるかっ! : 298
  • 4月2日(日)晴後曇  退院して588日 / 手術から670日 4月に入り 桜のつぼみもほころびかけたというのに、 ふるさとの山並みの頂きあたりは まだうっすらと雪化粧。 花粉症で目がかゆいのがつらくて、 プーのお散歩以外一歩も外へ出ず。 杉の花粉はもうそろそろ終わり、檜へと移行するはずだが。 そうなると楽になる。 自分は檜には反応しないから。 そんなこんなで 今日は2階の自分の部屋で読書とギター [続きを読む]
  • あと1095日 : 297
  • 4月1日(土)晴時々曇  退院して587日 / 手術から669日 怒濤の職場復帰、 どうにか1年が過ぎた。 おしゃべりの方も、 日常の生活で困らない程度には回復してきているが、 それでもまだまだ。 プライドずたずた。 疎外感びしびし。 ストレスどしどし。 精神的にきつかった1年。 でも、悪いことばかりじゃなかった。 気遣ってくれる人もおりました。 健康に過ごし、 社会参加できることのありがたさよ。 [続きを読む]
  • 戒め : 296
  • 3月29日(水)晴  退院して584日 / 手術から666日 入院中、 そして退院後も ことあるごとに精神的支えとしてきた詩。 さらには、 ついつい現状への不満が口をついて出てきそうな時の 戒めとして。         病 む 病まなければ 聞き得ない慰めのみ言葉があり [続きを読む]
  • ?The Rose? : 295
  • 3月27日(月)曇  退院して582日 / 手術から664日 誰にだってそれぞれの琴線に触れる 忘れられない音楽がある。 以前 自分の中で燦然と輝く忘れられない名曲として、 Roberta Flack の ?Killing me softly with his song? をブログで取りあげたが[188] 今回も女性歌手。 Bette Midler (ベット・ミドラー) の ?The Rose? [続きを読む]
  • おかげさまで1年 : 294
  • 3月26日(日)曇時々晴  退院して581日 / 手術から663日 退院して7ヶ月の休職。 その間自宅にて心身の回復に努める孤独な日々があり、 そして昨年4月に職場復帰し、 もう数日で1年を終えようとしている。 どうにかこうにか、、、、。 振り返れば、青息吐息の毎日だったな。 再発転移の心配とか、 体力面での不安などもあったけれど、 そんなことよりもいちばん苦しかったのは、 「うまくしゃべれない」 [続きを読む]
  • 青き疲れ : 293
  • 3月24日(金)晴  退院して579日 / 手術から661日 若い頃から 石川啄木が好きで、 ごくたまに彼の本を取りだして読むともなく眺めることがある。 その啄木の「一握の砂」に、 今でも頻繁に思い浮かぶ歌がある。     剽軽(ひょうきん)の性なりし友の死顔の             青き疲れが                 いまも目にあり 今から遡ること28年前の11月、 友は突然病で逝って [続きを読む]
  • 生きたい : 290
  • 3月20日(月)晴後曇夕方から雨  退院して575日 / 手術から657日 春分の日。 午前中に両親と祖父母の墓参り。 父親が昭和64年11月に、 母親が昨年7月に亡くなり、 おじ、おばと呼べる人も既にすべて鬼籍に入っている。 もう彼らの優しい笑顔は、 自分の記憶の中でしか存在することができない。 ああ、 人の一生とは、、、、。 墓の前に立つと、 妙にしんみりとしてしまっていけない。 できるものな [続きを読む]
  • 今は休日の12時20分 : 289
  • 3月19日(日)晴  退院して574日 / 手術から656日 暖かいなんてもんじゃない。 屋外で動いているとうっすらと汗ばんでくる。 もう寒の戻りはないのだろうか。 一昨日の金曜の夜、 Nさんのトレーラーハウスで 以前の職場の同僚Jさんと3人で鯨飲。 気の置けない人との楽しい時間は、 あっという間に過ぎてしまった。 悲しい。 11時半頃にお開きとなり、 またの酒宴を約束して別れる。 そして昨日は [続きを読む]
  • 宿がない : 289
  • 3月16日(木)晴  退院して571日 / 手術から653日 4月8日に わざわざ高知へ 押尾コータローさんのコンサートに行くことになっている。 で、その夜は高知の夜の街を楽しむのだ。 どの店で飲むかもまだ決めていないが、 まあそれはどうにかなる。 困っているのは、 高知市内でホテルが取れないこと。 シングル禁煙の部屋がない。 はりまや橋や帯屋町商店街、 有名なひろめ市場があり 日曜市が立つ追手筋 [続きを読む]
  • 見上げれば春風 : 288
  • 3月14日(火)曇後晴  退院して569日 / 手術から651日 昨日のエコー検査の結果を 自分ではそんなに気にしていないつもりだったのに、 仕事をしていても ついつい思ってしまう。 はた目には、 きっといつもより元気がないように映っただろうな。 こんなこっちゃ、いかんいかん。 悩もうが悩むまいが、 なるようにしかならんのだから、 落ち込むだけ損。 日々楽しまないと。 今週の金曜は 東北原付ひとり [続きを読む]