あすなろ さん プロフィール

  •  
あすなろさん: あすなろ
ハンドル名あすなろ さん
ブログタイトルあすなろ
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/imanisis28/
サイト紹介文自分探し、過去から未来へ 理想社会は実現するでしょうか?
自由文最後の選択
あなた次第で未来は作られていきます
理想社会の実現か、消滅か、
それとも新しい生命体の出現か、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供290回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2016/01/03 22:52

あすなろ さんのブログ記事

  • 一言
  • 知識も経験もないそんな僕は何者?教える者ではないそんな僕が「教えの時代は終わった」という言葉に出会った時代が変わるのか?そう思うようになって時代の節目を素直に考えるようななった物事の変化の時はどう... [続きを読む]
  • 一言
  • 勝つ負ける勝負が好きな人がいます勝負が嫌いな人がいます勝負は相手がいてどちらが強いか、どちらが早いかどちらが知識があるか、競争をして勝ち負けを決めます私たちの社会は進歩・発展、向上のためにも競い合... [続きを読む]
  • 一言
  • 草花をみて下さい動物をみて下さい人を見て下さい今、あなたは外見を見ていますしかし、その中には次の外見が用意されています花として咲く蕾この世に出ようとする子供未来起きることはすでに用意されていますこ... [続きを読む]
  • いい言葉(健康)
  • 地位も大事、収入も大事、しかし健康がもっと大事ではなかろうか。(健康/松下幸之助)健康も健康に対する意識が必要健康に繋がる意識健康に繋がる環境しかし、自然自体が汚れていて健康に繋がらなければ努力は... [続きを読む]
  • いい言葉(商品の価値)
  • 売る人の誠意や熱意がつけ加えられてこそ、商品の値打ちは本物になる。(商品の価値/松下幸之助)本物?本の物誠意や熱意が加わるなら本物しかし、それによって本の質が変わるならどうでしょうか?現在は余りに... [続きを読む]
  • いい言葉(豊かな心)
  • / 人の言に耳を傾けないというのは、みずから求めて心を貧困にするようなものである。(豊かな心/松下幸之助)あなたは誰の言葉なら素直に聞きますか?言葉は人間が通信に使っている音です動物が使っている言葉は... [続きを読む]
  • いい言葉(素直な心)
  • 素直な心とは、何物にもとらわれることなく物事の真実を見る心。だから素直な心になれば、物事の実相に従って、何が正しいか、何をなすべきかということを、正しく把握できるようになる。つまり素直な心は人を強... [続きを読む]
  • いい言葉(目標)
  • 目標を一つ一つ定めて、着々と大道を歩もう。それが結局は確実な発展につながる。(目標/松下幸之助)目標は多くの人が持っているしかし、多くの人が目標を見失ってしまう途中で挫折することも多いそれは性格の... [続きを読む]
  • いい言葉(心の成長)
  • 樹々が年輪を加えるように、お互いの心も去年より今年、今年より来年と、一年一年成長いていきたい。(心の成長/松下幸之助)節目生き物は成長することが前提になっていますしかし、成長するためにも節目を用意... [続きを読む]
  • いい言葉(心の青春)
  • 人の心は伸縮自在。だからこそ心に年はとりたくない。常に青春という心持ちでいたい。(心の青春/松下幸之助)※これからの世の中、どう変化していくと思われますか?過去の出来事、現在の状況、そして未来の姿人... [続きを読む]
  • いい言葉(志)
  • 本気になって真剣に志を立てよう。強い志があればことは半ば達せられたといってもよい。(志/松下幸之助)志心がさす心が決めた目標大志を抱け僕には何かになりたいと目標がありませんしかし、神と人を繋げたい... [続きを読む]
  • いい言葉(日々新た)
  • 一転二転は進歩の姿。さらに日に三転よし四転よし。そこに生成発展の姿があるのではないか。(日々新た/松下幸之助)自然体余命何年そう言われれば、悔いのないようにやり残したことやこれからの時間を大切に使... [続きを読む]
  • いい言葉(信用)
  • ノレンに頼れる時代ではない。日々お客様の求めに適切に応じ、新しい信用を生み出したい。(信用/松下幸之助)※これからの世の中、どう変化していくと思われますか?過去の出来事、現在の状況、そして未来の姿人... [続きを読む]
  • いい言葉(感謝)
  • 感謝の心、奉仕の心は、人間にだけ与えられたかけがえのない無限の宝だと思う。(感謝/松下幸之助)※これからの世の中、どう変化していくと思われますか?過去の出来事、現在の状況、そして未来の姿人の気持ちと... [続きを読む]