ゆりんこ さん プロフィール

  •  
ゆりんこさん: アラサーワーホリちゃん(´・ω・`)
ハンドル名ゆりんこ さん
ブログタイトルアラサーワーホリちゃん(´・ω・`)
ブログURLhttp://yurinko.blog.jp/
サイト紹介文エージェント・車・留学なし!女海外1人旅 How To&リマインドブログ('ω')♪
自由文公的なワーホリ情報機関がなく、海外情報にお金がかかる国内の現状を何とかしたい!
というところから、とりあえず無料でできるブログをはじめました。

完全自力では海外に出たことがなかったアラサー女が、実際に自力で海外に出ることで得られる情報を提供することが主な目的です。

疑問質問お気軽にどうぞ(*・ω・)♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 262日(平均0.4回/週) - 参加 2016/01/04 22:25

ゆりんこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 030_【番外編①】ケアンズの街について
  • ケアンズの街・ケアンズ周辺の観光スポット・海外旅行保険について等々。。書き忘れていたことがいくつかあるので補足回をつくりました(*'-'*)今回はケアンズの街について(*'-'*)Cairns City ケアンズの街ケアンズの中心部のことを英語では「Cairns City ケアンズシティー」というので、日本語にすると一応「街」になるんでしょうが、あれは「街」ではなくて「町」だと思っていますwケアンズの街の端から端までは、歩いて15分くら [続きを読む]
  • 028_【ゴールドコースト】1日目:サウスポート
  • 【ケアンズの次はゴールドコースト】※ゴールドコーストは、ブリスベンのちょっと南。ギリギリ、ケアンズと同じクイーンズランド州(QLD)です。日本から再びオーストラリアへ戻る際、次の目的地・経路候補はいくつかありました。1.もう1回ケアンズに降りて南下(※ケアンズが日本から最速最安値で行ける街)2.ブリスベンから南下(※ケアンズのちょっと南にある有名どころ)3.ゴールドコーストから南下(※ブリスベンを飛ば [続きを読む]
  • 027_【ケアンズ】一時帰国( ´_ゝ`)ノ
  • 【乗馬場さようなら(。・ω・)ノ゙】3ヶ月に亘るファーム生活に、さよならを告げる時がやってきましたヾ(´ω`=´ω`)ノバイバイ出発前に、恒例の「セカンドビザ申請フォーム」と皆からの「写真付きメッセージアルバム」が手渡されます。※セカンドビザ申請フォーム用紙そのものにも封筒にもどこにも「2nd VISA」や「Applying Form」のような見出しがなくて驚き。日本の書類は丁寧ですねオーストラリアは移民の国のはずなのに、手続きに [続きを読む]
  • 026_【ケアンズ】お馬さん生まれました!!!
  • 私が働いていた乗馬場には1頭の種馬がいました。そして、私がここで働いている間に2頭の子馬が生まれました!!!この子達が生まれる2〜3週間前から、24時間監視が行われました。動物の出産に携わるなんて二度とない神秘体験でした。 【出産準備】1.出産場所を2箇所つくる2頭の馬が同時期に産気づいたので、同時に生まれても良いように馬が出産できる砂場を2箇所用意する必要がありました。元々餌をつくる場所だったところ [続きを読む]
  • 025_【ケアンズ】乗馬場での結婚式
  • 乗馬場のオーナーは新婚さんだったようで、私が乗馬場で働き始めて丁度3ヶ月が経とうとしていた頃にココで結婚式を挙げました。式典とパーティはとってもアットホームで愉快なものでした♪しかし、予想通り準備と後片付けが大変!結婚式の数週間前にここを去った日本人が「結婚式なんて絶対大変だよー!手伝いちょー大変そうじゃん!」 と言っていた話が的中しました゜゜(´□`。)°゜。  前日  【結婚式前の準備 [続きを読む]
  • 024_【ケアンズ】牧場で出会ったベジタリアン・ビーガンたち
  • 動物を飼ったことのないゆりんこが動物に関わる仕事をしたのは、当然のことながらここが生まれて初めてでした。ここでは動物の扱い方だけでなく、一般的な感覚よりも強く自然や動物を大切に想う人たちの話を聞き、語り合うことができました。そしてそんな深い話たちはほぼ全て英語で行われていたので、とても有り難い体験だった半面、7割くらいしか理解していなかったんだろうな、て感じですw【ビーガンとベジタリアン】ビーガン [続きを読む]
  • 023_【ケアンズ】乗馬場の人間たち②
  • 乗馬場の人物紹介の最後はHere is an introduction about the lovely friends in the paddock farm where I was staying.6.外国人ボランティアスタッフ(ヨーロピアン)Non-Japanese volunteer workers - Europeans-7.外国人ボランティアスタッフ(アジアン)Non-Japanese volunteer workers -Asians-入れ替わりが激しかったので主に仲良くしていたメンバーをまとめてご紹介しますo(`・ω・´)oMany of friends had left and co [続きを読む]
  • 022_【ケアンズ】大輝たいきTAIKI
  • 前々回の記述に4.日本人の先輩後輩5.大輝を挙げましたが、 ここでは中でも印象的だった日本人の後輩「大輝」をご紹介(´∀`)日本で28年間1人っ子をやっていたゆりんこですが、ここに来て弟をつくることができました(゚∀゚)アヒャヒャ【大輝のプロフィール】19歳男♂(※似ていますが、ゲイではありません)乗馬経験5年(競技:ジャンプ)福岡県出身英語力:初級即断即決型潔癖浪費家人見知りオシャレパーティーボーイ好きなタイプ [続きを読む]
  • 021_【ケアンズ】乗馬場の人間たち①
  • 前回記載した「素敵な出会い」のうち、今回は2.色々あっても感謝感謝。オーナーとマネージャー3.オーナーの愛娘。Eヴァについて。この乗馬場を経営していたのはオーストラリア人の女性オーナー。彼女には最近再婚した旦那さんがいて、彼との間には約7歳の愛娘もいました。オーナーは娘の次に馬を大切にする馬のプロなので、我々のような馬未経験のアジア人を短期で雇い続けていたことに抵抗を感じていたようですが、それでも皆 [続きを読む]
  • 020_【ケアンズ】乗馬場の動物たち
  • ケアンズ市内から車で約1時間程のド田舎ゴードンベールにある乗馬場。森と川しかない場所ですが、素敵な出会いがあったりイベントがあったり、日常が楽しかったり勉強になったり、色々いろいろでした(*´ -`)(´- `*)ネェー いろんな相関に巻き込まれるというような記事を書きましたが、いろんな人がいたことは、ここでの生活がとっても楽しくなる要因でもありました(*´ -`)(´- `*)ネェーということで、乗馬場での素敵な出会いを [続きを読む]
  • 019_【ケアンズ】牧場での人間関係
  • 海外の牧場で、ツアーガイド通訳と牧場の運営を手伝うということは、下記のような関わりを持つということです。1.外国人のオーナー(とその家族)2.日本人のマネージャー3.日本人の先輩4.外国人の先輩5.日本人の後輩6.外国人の後輩7.動物たち そして1〜6の相関がこちら↓↓ 「ゆりんこ」が私です 日本人がこのようなコミュニティに入り込むということは、以下のような面倒ごとが出てきます。マネージ [続きを読む]
  • 018_【ケアンズ】乗馬場での1日
  • 乗馬場(Mount-N-Ride)には、色んな種類の人間と動物がいました。【雇用主】オーナー: 2名 オーストラリア人 男女マネージャー: 2名 日本人 男女【スタッフ】・日本人 3名(ゆりんこ含) 男1女2・台湾人 4名 男2女2・香港人 1名 女・イギリス人 2名 女・カナダ人 1名 女 ・スウェーデン人 3名 女【動物】・馬 41頭・ポニー 4頭・牛 1頭・羊 1匹・犬 3匹・猫 2匹・鶏 茶色5匹  [続きを読む]
  • 017_【ケアンズ】乗馬場でのお仕事体験&面談
  • セカンドビザが取れる乗馬場のボランティアワークに応募した2日後、早速その牧場での仕事を体験することになりました。  ※2日後になった理由は「明日は既にトライアルの予約が入っているので、  明後日でも良いですか?」とのことだったから。  海外では恐らく、日本のようにある程度余裕をもった予約の仕方はせず、  いきなり話が進むことが多いので、人によっては「今日面接に来た職場で  今日から働くことになった」 [続きを読む]
  • 016_【ケアンズ】ワーホリ最初のお仕事探し
  • 電話番号、口座、TFNが手に入ったら、お仕事を始めることができます。ケアンズには日本のリク◯ートさんが発行しているような無料の求人情報誌がないので、紹介や貼り紙などの原始的な方法で仕事を探すことが多いようです。【私が探していた仕事の条件】短い期間でセカンドビザ(※1)が取れること生活費を賄える金額のお金が貰える or WWOOF(※2) or フリーアコモデーション(※3)英語環境  ※1 セカンドビザ:セカン [続きを読む]
  • 過去の記事 …