Youthworker・Support 未来を創る若者たち さん プロフィール

  •  
Youthworker・Support 未来を創る若者たちさん: Youthworker・Support �・未来を創る若者たち
ハンドル名Youthworker・Support 未来を創る若者たち さん
ブログタイトルYouthworker・Support �・未来を創る若者たち
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yws-k
サイト紹介文入社間もない若者や、就職活動中の学生に送るメッセージ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/01/04 23:25

Youthworker・Support 未来を創る若者たち さんのブログ記事

  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その14
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。就職活動のパターン別対策就職活動は千差万別。実に様々な手法がありますが、ここでは [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その13
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。情報発信の演出(企業研究とのリンク)前会の自己PRの解説で、2つのケースを例に上げ [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その12
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。【3-2】情報の統合と演出(自己PR)いよいよ、情報発信に向けての最終段階である、話 [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その11
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。3:自分を知ってもらう手法これからは、アウトプットに必要な情報整理について述べて [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その10
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。3:自分を知ってもらう手法これからは、アウトプットに必要な情報整理について述べて [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その9
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。今回は、インプットの3つの情報源から得た情報を、発信しやすく整理する手法についての [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その8
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。今回は、インプットの3つの情報源の3つ目「各種検査」についてのお話です。③適性 [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その7
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。今回は、インプットの3つの情報源の2つ目「他者の声」についてのお話です。②他者 [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その6
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。【2-2】インプットに必要な3つの情報源図で示したように、就職活動における自己分析 [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その5
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。2:自分を知る手法【2-1】情報収集と情報発信これまで、就職活動における自己分析の [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その4
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。【1-4】自己分析に欠かせない伝達力最初に言っておきますが、伝達力のない人などいま [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その3
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。【1-3】自己分析の3つの型今回は、自己分析にも様々な”型”があることを説明します。 [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その2
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。【1-2】就職活動における自己分析の目的まずは、就職活動における自己分析の目的です [続きを読む]
  • シリーズ「大学生のための自己分析のススメ」その1
  • 就活が楽しくなる!そのカギは、私たちが日々”無意識”に行っている自己分析を早期に”意識化”することです。これから数回に渡り「大学生のための自己分析のススメ」と題して、簡単にできる自己分析の手法と活用法を、分かりやすく解説してゆきます。自分を知ることは周囲や世間とつながってゆくことを意味します。あなたにしかできない就活を楽しんでください。はじめに私たちは皆、日頃から自己分析をしながら生活していますが [続きを読む]
  • シリーズ「魔法の添削」その9〜職種に合わせた表現法〜
  • 今回は、職種に合わせた表現法です。これまでは、質問の意図とその攻略を主軸に進めて来ましたが、ここでは戦略的な側面から進めて行きます。オールマイティーな書類は存在しない先に言っておきますが、オールマイティーな応募書類など、書こうとしても書けません。多くの人が、志望動機以外は同じ内容にしていますが、実はとても効果的な方法とは思えません。事業内容や職種が違えば求める人材像も違って当然です。しかし、志望動 [続きを読む]
  • シリーズ「魔法の添削」その8〜エピソードの使い方〜
  • エピソードを単なる状況説明だけで済ませていませんか?伝えたい情報が先、エピソードは後物事を分かりやすく伝えるために欠かせないのが、エピソード(具体例)を入れるという手法ですが、実はエピソードを上手に使って表現している人は稀です。特に、応募書類に書くエピソードは、単に実話を書き連ねるだけでは不十分です。勿論、無いよりはましですが、重要なのは「何を伝えるためのエピソードなのか」という貴方の意図が、読む側 [続きを読む]
  • シリーズ「魔法の添削」その7〜印象アップのテクニック〜
  • 今回は、ちょっとした工夫で印象をアップさせることができるテクニックについて解説します。過去形ではなく現在進行形を使おう多くの人が無意識に過去形を使う質問の代表が「志望動機」です。例えば「私は○○なので貴社を志望しました。」「私が貴社を志望したのは○○がしたいと思ったからです。」といった表現のことです。いずれも間違いではありませんが、”過去に思った”より”未来への思い”を印象付けるには、現在進行形の [続きを読む]
  • シリーズ「魔法の添削」その6〜基礎的な質問の攻略法〜
  • 志望動機・自己PR・趣味・特技などはよく登場しますが、一味違うアピールをしたいなら、あえて飾らず媚びず、素の自分を開示することをお勧めします。(1)志望動機に関する固定観念を捨てよう「企業理念」は的外れほとんど全ての企業が様々な表現で志望動機を尋ね、多くの人がその回答に悪戦苦闘します。それは、志望動機が、その答えによって採否を左右する程の重要な質問である事を誰もが認識しているからです。しかし、多くの [続きを読む]
  • シリーズ「魔法の添削」その5〜質問から読取る企業の意図〜
  • 前回は時の流れで質問を分類するという話でしたが、今回は質問内容から企業側の意図を推測するという話です。質問内容の分け方と、その意図は以下のようになります。①自分自身についての質問自己理解力・自信の度合い・客観的分析力・説明力など②交友関係についての質問円滑な人間関係が築けるか・周囲から吸収し学ぶ姿勢があるか・社風に馴染むかなど③学校についての質問自分の学校に誇りを持っているか・主体的に学校を選択し [続きを読む]
  • シリーズ「魔法の添削」その4〜質問の分類と攻略法〜
  • オープンクエスチョンの攻略質問をよく読んで、相手の意図を想像しながら書くには…(長文ですがお付き合いください)(1)質問を時の流れで分類する単に質問といっても、その数は無数にあります。なので、一つひとつ想定して行くと果てしなく課題が尽きないので、質問を時の流れで分類する事をお勧めします。それは、「過去」「現在」「未来」「混合」の4つです。それぞれの意図や対策は後で述べますが、ここではまず、応募書類の [続きを読む]
  • シリーズ「魔法の添削」その3〜ESから読取る企業の意図〜
  • エントリーシートから読み解く企業の意図を理解しよう質問の数応募書類の中でも、企業側が作るエントリーシートは、その企業の考え方が顕著に出るので、その質問数だけでも、応募者にとって重要な情報が潜んでいるかも知れません。多くの人が、質問は少ない方が良いと考えがちですが、実はそうではないのです。勿論、質問内容と質問数の関係をしっかり分析しなければ、企業側の意図は掴みにくいと言えます。しかし、書類選考を行う [続きを読む]
  • シリーズ「魔法の添削」その2〜語彙力・表現力の強化法〜
  • 理解されることとは、好かれることではない。自分の考え方や気持ちなど、目に見えない事柄を文章で伝える上で大前提となるのが「誰に伝えるのか」という事です。読む相手が具体的に分かっている手紙や報告書などの場合は、その人の性格や癖などを推測し、どんな風に書けば読みやすいか、どんな言葉を使うべきかなど、「読み手の受け止め方」を考えながら書くのが普通です。しかし、応募書類は具体的な人物像がはっきりせず、特定の [続きを読む]
  • シリーズ「魔法の添削」その1〜応募書類の基礎知識〜
  • 今回から「魔法の添削」と題して、応募書類に関するお話をして行きます。この時期から応募書類の話題を始めることにしたのは、既にエントリーシートや履歴書を悪戦苦闘しつつも何とか書き上げて提出しても、書類選考で落とされたという苦い経験をした人が多い時期だからです。つまり、何の苦労も感じることなく書けて、選考を通過している人にはどうでもよい情報となりますので、これ以上読む必要はないと思います。ここから先は、 [続きを読む]
  • シリーズ「知って得する就活法」その10〜仕事より社風〜
  • 「社風が合わないので辞めました」「会社の雰囲気が肌に合わないので辞めました」「社員間のしきたりや暗黙の了解が多すぎて、ついて行けません」これは、入社1年以内に離職した方々の声の一部です。4月も中盤を過ぎ、新入社員研修を終えた新人社員も、それぞれの現場で仕事に就いてる中、既にこの様な思いを抱いている人は必ずいます。 しかし、多くの人は時間が解決するので、一時的な迷いのように捉えている様です。実は、入社 [続きを読む]
  • シリーズ「知って得する就活法」その9〜落ちても大丈夫〜
  • 今回のテーマは「落ちても大丈夫」です。 はっきり言って、精神論です。何だか不吉な言葉ですが、就活は選考に落ちてこそ得るものがある活動だからです。そもそも、大部分の就活生が応募する全ての企業に受かることなどないと知っているはずなのに、なぜか落ちた事を恥やしくじりの様に捉える人が多い様です。 確かに、学内には毎年全てに受かる人が数人いますが、そういう人を見て悔やんでいるなら、なおさら要注意です。落ちるこ [続きを読む]