gooブログ版 黒野コーチのテニスDEポン さん プロフィール

  •  
gooブログ版 黒野コーチのテニスDEポンさん: gooブログ版 黒野コーチのテニスDEポン
ハンドル名gooブログ版 黒野コーチのテニスDEポン さん
ブログタイトルgooブログ版 黒野コーチのテニスDEポン
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ryo7black
サイト紹介文ベテランコーチのテニスに関するあれやこれや
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/01/04 23:45

gooブログ版 黒野コーチのテニスDEポン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 限界は自分で作るもの Never make your limit of your own
  • 【限界】げん‐かい物事の、これ以上あるいはこれより外には出られないというぎりぎりの範囲、境。限り。「能力の限界を知る」「体力の限界に挑戦する」[用法]限界・限度――「疲労が限界(限度)に達している」「限界(限度)を超える」などでは、相通じて用いられる。◇「限界」は、それ以上進めなくなるところという意が強く、「限度」は、あらかじめそこまでと限られたところという意が強い。◇「体力(能力)の限界を感じた」 [続きを読む]
  • テニスの大事な5つの順番 Five points that are important in your tennis
  • ここでは、5つのポイントでお話をします!テニスの全てのショットを、完成させていくために、目指していく順番があります。…というか、僕が気をつけていたり、指導するときの目安としたりしています。① (IN)とにかく入れるまず、大事なことは、コートに入れるということを目標とすること。いいフォームや入り方ではなく、入ればいいということです!フレームショットでもOK!ここからスタートです!② (SIDE)左右のコントロー [続きを読む]
  • 生涯スポーツのテニス・・・コーチ・車いす・僕の人生. My life
  • 「テニスに出会ったきっかけ」僕が、テニスを始めたのが24歳の時。バイクレース(鈴鹿で走っていました!ロードレース)を、大きな事故でやめてからは毎晩の酒盛り、ビリヤードにはまって・・・身体を壊していました!(実は、お酒強いです。)それを見かねて、中学の同級生が誘ってくれたのがきっかけ。ホームセンターの¥5000ラケットでコートに出かけたのが、僕のテニスのスタートです。その同級生が、色々教えてくれて、 [続きを読む]
  • 車椅子テニスを通じて Wheelchair tennis
  • 自分が成長出来たと感じるのは、全てテニスという素晴らしいスポーツに出会えたことによるものです。弱い気持ちを払いのけ、気持ちを奮い立たせることができるのも、テニスがあるからです。なぜ、テニスなのか。(車椅子テニスがメインな記事となりますが…)自分のテニス経歴を書いたページがあります。よかったら読んでください。ページのネーミングは自分の夢であります。今や車椅子テニスは世界中に広がっていますが、パラリンピ [続きを読む]
  • テニスコーチにできること【Can do the tennis coach】gooブログ版テニスDEポン
  • テニスコーチにできること。これを読んでいる皆様には、必ず最後まで読んでいただければ幸いです。彼女は、すごく一生懸命ボールを追いかける子で、転んでもボールを打とうとする7歳の女の子です。ある日、彼女が真新しいウェアを着てきたのを、僕がそのウェア、カッコ良いね〜と言ったら、恥ずかしそうにしていました。その日、レッスンは勝ったらチャンピオンになれるルールで、参加している全員がチャンピオンになりやすいよう [続きを読む]
  • メンタルタフネス② Mental toughness ②
  • メンタルタフネス②A:目標を決める時に、手の届きそうなところに置くB:目標を決める時に、手の届きそうも無いところに置くあなたならどちらを選択しますか?Aを選択したあなたは、目標はクリアできます。Bを選択したあなたは、簡単にクリアできません。当たり前ですよね。Bを選択したあなたは、Aを選択した方より高みに行けます。届かない目標は、あなたを自然に高いところに連れて行きます。Aの方が選択した目標は多分、途中経過 [続きを読む]
  • メンタルタフネス Mental toughness
  • (FUJITSU CM 奥山君のシーン)メンタルタフネスとは心の強さという意味。それを強くする方法はあるのでしょうか?私の経験やスポーツ心理学者のジムレーヤーの本を読んで学んだ事を元にレッスンでのメンタルタフネス増強法を紹介します。メンタルタフネスの最高潮はどんな時なのか解りますか?仏教用語で言う「無」の状態です。 無の状態は、創り出そうとしてできる簡単なものではありません。 それに近い状態は、楽しくて仕方 [続きを読む]
  • つまらないテニス You like that of tennis?
  • テニスを愛する人達へやる気が起こらない・上達できない・時間がないそんな、あなたに僕からの応援のメッセージテニスを始めた頃、ただ、腕に残るラケットに当たったボールの感覚が好きで、コートに行ってた!やる気が起こらないなぜ?周りの皆が、熱くテニスを語っているだけで、自分のやる気のなさを感じた?熱くなれない自分がもどかしい…       つまらないだろ?上達できない誰かと比べてる?周りの皆が、どんどん上達 [続きを読む]
  • アドバイス「テニスDEポン ヤフーブログ リメイク」advice
  • あのコーチには、違う事を言われました!レッスンでの振替に来た生徒さんとの会話同じショットなのに・・・違うやり方をすすめられた。コーチのテニス理論の違いからかも、こんなことはおこります。・・・が・・・1年前に言われたあるコーチのアドバイスを大事にしていた生徒さん。僕は迷わず言いました。『あなたは、それを卒業できていますよ。次に進んでみませんか?』コーチングをするときに大事なのはその人が、何を求めてい [続きを読む]
  • 試合で練習をしない It is not the practice in the game
  • 【試合で練習をしない】 試合の結果が不甲斐ない時に、 1・自分のショットが上手くいかなかったことを負けた理由にした事ありませんか。 2・最後までテニスをさせてもらえなかったと感じたことありませんか。 3・なかなか調子が上がらなかったと思ったことありませんか。 こんな時に陥っていた状況で多くあるのは、相手と戦っていなかったのではと考えられます。 1・戦っている相手に、今出来ることで勝つ方法を考える。 2・戦 [続きを読む]
  • 感謝を伝える I convey the gratitude
  • 1月4日のレッスン初日に、理事長とメインラウンジにてお食事をご一緒させていただきました。すごくいいお話が聴けましたので一部をご紹介させていただきます。【感謝する】TTCでは、1月3日に初打ちという一大イベントが行われました。なんと200名以上の会員様に参加していただけました。年々、参加していただける会員の方々が増加しております。今回、ジュニアプログラム選手(フューチャーズ)代表で奈良部君、ならびにジュニアプロ [続きを読む]
  • 過去の記事 …