taka さん プロフィール

  •  
takaさん: 体のあれこれ 東洋医学で見てみると
ハンドル名taka さん
ブログタイトル体のあれこれ 東洋医学で見てみると
ブログURLhttp://smart-life.net
サイト紹介文体のこと、東洋医学から見ると意外な一面が見えてきます。あまり知られていない体の仕組みを書いています。
自由文体の様々な悩み、東洋医学で見ていくと意外な原因が見つかることがあります。この原因を意識することで、お悩みの解消につなげることができます。このブログでは、体のいろいろな悩みを東洋医学でとらえ、隠された原因や簡単にできる対処法をまとめていきます、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/01/05 07:56

taka さんのブログ記事

  • これからの東洋医学について
  • 医学の歴史をひも解くと、各時代、地域によってさまざまな医療が出てきます。そのどれもが、その時代、その地域での最新の医学だったわけです。このことは現在でも変わりはありません。現代医学が今の最新の医学ということになります。科学技術の発展で私たちの生活はとても便利になりました。ほんの100年前までは、夏の暑さに対しては窓を開けることや、せいぜい”うちわ”であおぐぐらいの方法しかなく、冬の寒さに対しては、火 [続きを読む]
  • 子供を早く寝かせる方法
  • 子育て中のお母さんの悩みの一つに、「子供が夜なかなか寝てくれない」というのがあると思います。布団に入ってもゴソゴソ動いたり、しゃべり続けたりでなかなか寝てくれません。そんなことが長く続くといい加減イライラしてきます。本当に何とかならないでしょうか。こんなときに役に立つのが眠くなるツボです。鍼灸にはそういったツボがいくつか伝えられています。今日はツボを使って、子供さんを早く寝かせる方法を紹介します。 [続きを読む]
  • 東洋医学と西洋医学の不思議なつながり
  • 東洋医学は紀元前の中国で生まれたと言われています。その東洋医学で伝えられていることが、現在の西洋医学で考えても「なるほど」と思えるような場合があります。古代の中国の人たちが現代の解剖学や生理学を知るはずはないのですが、経験的でしょうか、よほど鋭く観察をしていたのでしょうか、なぜか分かっていたようです。こういったことに出会うと、とても不思議でもあり、興味深いものです。今日はそんな例を二つ挙げてみたい [続きを読む]
  • 日常使えるよく効くツボ
  • 鍼灸治療で使われるツボはたくさんあるのですが、その中でもよく効くツボがいくつかあります。逆にいうと、あんまり効かないツボもあるということなのです。でも、よく効くツボがどうして効くのかというと、それにはちょっとした理由(というほどでもないのですが)があるように思います。今日はその理由と、普段から使えるよく効くツボをいくつか紹介してみたいと思います。ツボは内臓とつながる優先路ツボがどのようなものか、以 [続きを読む]
  • 子供を元気に育てるためには
  • まだまだ寒い日が続きます。でもようやく節分を過ぎました。節分を過ぎると、自然界は少しずつ変わっていくように思います。木の芽が膨らみ始めたり、また小鳥の鳴き声が変わります。春は近づいているのですね。さて、季節とともに自然界は変化していきますが、私たちの体も変化していきます。とくに子供さんをお持ちの方は、お子さんが元気に育ってくれることをいつも気にかけておられると思います。今日は東洋医学からみた(とい [続きを読む]
  • 寒さに負けない厚着の方法
  • 寒いですね。今年の冬もやっぱり寒いです。お正月はそれほどでもなく過ごしやすかったのですが、やっぱり冬将軍が黙ってはいませんでした。ここ数日、朝起きると部屋の気温が10℃を切ったりしています。寒さ対策としてはいくつかの方法があります。エアコン、ストーブ、こたつ、湯たんぽ、カイロなど。その中でもお金のかからない手軽な方法として「厚着」があると思います。でも「厚着」というと、「たいして温まらないよね」と [続きを読む]
  • 子供には薄着と厚着のどちらがいいのでしょうか
  • 冬も本格的になり、毎日寒い日が続くようになりました。子供のうちはそれほど寒さを感じていなかったように思います。というよりも、感じているけれど、大人になってからのように、「寒くてたまらない」という感じはなかったように思います。あの頃は今よりもずっと元気だったのですね。では大人になるとどうして寒さに弱くなるのでしょうか。その理由はいろいろとありそうです。でも今回はこのことではなく、「子供の冬の服装はど [続きを読む]
  • 「冷えは万病のもと」について考えてみました
  • 寒くなりました。寒がりの私は冷えに弱いのです。冬になると、普通の人が見ると驚くぐらい着込みます。私にとってはちょうどいいのですが、家族には「ちょっと変」と言われたりします。以前は雪だるまみたいだったのですが、最近は薄くて暖かい肌着が増えてきましたので、見た目は普通になってきました。ありがたい話です。なぜ冷えに弱いのでしょうか。私の場合は「正気(せいき:私たちの体を動かすエネルギー)が足りない」から [続きを読む]
  • 冷え性について東洋医学では
  • 徐々に寒くなってきました。そろそろ本格的な冬ですね。寒くなると体が冷えやすい方、とくに冷え性の方は辛いと思います。手足が冷えてなかなか温もらない冷え性。いろいろなことが言われていますが、はっきりとした原因はよくわかっていないようです。そこで今回は冷え性について、東洋医学の考えから見てみました。どうして手足が冷たくなるのか、またどうすればいいのかなどをまとめてみます。冷え性の原因は冷え性は手足の先が [続きを読む]
  • 低体温症にも食事は大切
  • 最近なにかの記事で目にしたのですが、ここのところ低体温症の子どもが増えているそうです。低体温症といえば平熱が35度台のことでしたよね。体温が低いと免疫力が下がるので、病気になりやすくなります。その記事には低体温症の原因として、「朝食を抜いたり、夜更かししたり、運動不足などで生活のリズムが崩れ、自律神経の働きが悪くなるため」とありました。まずは生活リズムを整えて、自律神経のバランスをとることが重要で [続きを読む]
  • 風邪の引き始めと、本格的に引かない方法
  • 秋も深まり、少しずつ寒くなってきました。寒くなると気をつけないといけないのが、風邪です。風邪の原因はウイルスと言われていますが、それだけではなく体の免疫力の低下も引き金となっています。そのきっかけとなるのが寒さ(体の冷え)なわけです。風邪の引き始めには、ゾクゾクしたり、くしゃみや鼻水が出たり、などがありますが、この時体はどのようになっているのでしょうか。今回は風邪の引き始めについて、また本格的に風 [続きを読む]
  • 物質の体と気の体、それぞれの特徴は
  • 秋も深まってきました。そろそろ上着を羽織ろうかなという気分です。少し前に、「私たちの体には、物質の体と気の体がある」という話を書きました。物質の体と気の体気の体といってもあまり実感がなく、「よく分からない」と思われたかもしれません。でもここはひとまず、「そういうものがあるのだなあ」と思っておいていただければ嬉しいです。今日はその続きで、物質の体と気の体の特徴について、少し詳しく見てみたいと思います [続きを読む]
  • 秋の体調不良について考えてみました
  • 今年の秋は、始まりが早かったように思います。8月の終わりには涼しい日が増えてきました。でも気温や湿度は安定しません。暑い日や寒い日があったりして、そして湿度がずっと高いですね。地域の差もあると思いますが、私の住むところでは雨が多い秋となっています。秋になると体調を崩すという話をよく聞きます。季節の変わり目はそうなのですが、やっぱり秋もなかなか調子が出てきません。疲れやすかったり、体がだるかったり。 [続きを読む]
  • 物質の体と気の体
  • 東洋医学では、私たちの体には「気」があるといいます。とはいっても、「本当にあるの?」「あるとしたらどこにあるの?」という感じで、いまいちピンとこないのではないでしょうか。東洋医学の詳しい本を読んでみると、気について様々なことが書いてあります。ですがこれらを読んでも、実際にどんなものなのかイメージが湧きません。私たちの体については、西洋医学の方が分かりやすいと思います。骨や筋肉や内臓など、これらは実 [続きを読む]
  • 東洋医学と西洋医学をうまく合わせるには
  • 今日は東洋医学と西洋医学についての私の考えを書いてみます。よく東洋医学と西洋医学の融合とか、それぞれの良いところを合わせる方法など、議論されているようです。そのあたりのことについて、私はこんな風に考えています。 「医の東西の融合」とかいうと大げさに聞こえますが、一部ではかなり真剣に議論されているようです。私の思うところはシンプルでして、それぞれの医学が何を見ているかという点から考えていきます。 [続きを読む]
  • 東洋医学と西洋医学をうまく合わせるには
  • 今日は東洋医学と西洋医学についての私の考えを書いてみます。よく東洋医学と西洋医学の融合とか、それぞれの良いところを合わせる方法など、議論されているようです。そのあたりのことについて、私はこんな風に考えています。 「医の東西の融合」とかいうと大げさに聞こえますが、一部ではかなり真剣に議論されているようです。私の思うところはシンプルでして、それぞれの医学が何を見ているかという点から考えていきます。 [続きを読む]
  • 「夏の疲れ」について東洋医学で考えてみました
  • 暑い夏もようやく終わりが近づき、少しずつ涼しい日が増えてきました。過ごしやすくなってきました。でもこの時期になると、夏バテなど、体調を崩すことが多くなってきます。こういった症状は「夏の疲れ」と言われたりしますが、この夏の疲れ、体の中では何が起こっているのでしょうか。今回は「夏の疲れ」について、東洋医学で考えてみました。「夏の疲れ」とはどんなもの夏の終わりになると、いろいろな体の不調が出てきます。ど [続きを読む]
  • エアコン(冷房)は使ったほうがいいの 上手なエアコンの使い方
  • 暑い夏が続きます。夏を快適に過ごすために、エアコンは欠かせません。前回の記事では、汗についてまとめました。汗はあまりたくさんかかない方がいいこと、そのためにはエアコンを使っていきましょう、という内容でした。でもエアコンについては、いろいろなことが言われています。「熱中症を予防するためにエアコンを使いましょう」だったり、「エアコンは体を冷やすから使わない方がいい」とか、「一日中エアコンに当たっている [続きを読む]
  • エアコン(冷房)は使ったほうがいいの 上手なエアコンの使い方
  • 暑い夏が続きます。夏を快適に過ごすために、エアコンは欠かせません。前回の記事では、汗についてまとめました。汗はあまりたくさんかかない方がいいこと、そのためにはエアコンを使っていきましょう、という内容でした。でもエアコンについては、いろいろなことが言われています。「熱中症を予防するためにエアコンを使いましょう」だったり、「エアコンは体を冷やすから使わない方がいい」とか、「一日中エアコンに当たっている [続きを読む]
  • 汗もかきすぎには注意です
  • 夏真っ盛りになりました。暑いですね。こう暑くては、家にいても外にいても、汗をたくさんかいてしまいます。ふつう汗をかくのは体にいいことのように言われます。でも東洋医学でみると、実はそうでもないのです。これはどういうことでしょうか。今回は汗について見てみます。東洋医学での汗の考え方夏は汗の季節です。汗というと、健康のバロメーターのように言われています。たっぷり汗をかいて新陳代謝を上げて、健康になりまし [続きを読む]
  • 汗もかきすぎには注意です
  • 夏真っ盛りになりました。暑いですね。こう暑くては、家にいても外にいても、汗をたくさんかいてしまいます。ふつう汗をかくのは体にいいことのように言われます。でも東洋医学でみると、実はそうでもないのです。これはどういうことでしょうか。今回は汗について見てみます。東洋医学での汗の考え方夏は汗の季節です。汗というと、健康のバロメーターのように言われています。たっぷり汗をかいて新陳代謝を上げて、健康になりまし [続きを読む]
  • 環境は変化しています
  • このブログでは身体で起こる色々なことについて、東洋医学の考えから見ています。でも時には、なんとなく思いついたことなども書いてみたいと思います。そういうわけで、今回は環境について考えてみました。 よく患者さんから、「この痛みの原因はなんですか」と聞かれます。痛みの原因にはいろいろあるのですが、ほとんどの場合は一つだけの原因ではなく、身体に負担をかけるいくつかのことが重なっています。原因を一つに絞 [続きを読む]
  • 熱中症の予防について東洋医学で考えてみました
  • もうすぐ梅雨も明けて、暑い夏がやってきます。ここ数年、夏になると熱中症の話をよく耳にします。暑さも年々激しくなってきて、だんだんと他人事では済まされなくなってきました。熱中症の予防について、テレビやもちろんインターネットでも多くの情報があります。どれもとても参考になりますので、これらをしっかり読んで、日頃から気をつけて行くのが良いと思います。そしてこのブログでは、東洋医学からみた熱中症の予防につい [続きを読む]
  • 肩こりのケア 爪もみ健康法でやってみると
  • 体について色々と調べてみますと、日々の生活での悩みの第一位は肩こりとのことです。肩こりは辛いですね。私も以前はひどい肩こりで悩んでいました。目が見えにくくなったり、頭が痛くなったり、ひどい時には熱っぽくなったりしていました。ここまでくると仕事も手につかなくなってしまいます。幸いなことに、少しずつ生活習慣を整えて行ったところ、今ではほとんどなくなりました。肩こりを解消する方法にはいくつかあると思いま [続きを読む]
  • 指と内臓の関係 爪もみ健康法のポイント
  • 「爪もみ健康法」って時々耳にします。どんなものかご存知でしょうか。方法はとてもシンプルで「爪の生え際を軽くつまむ」というものです。簡単なのでいつでもどこでもできます。これだけで体調がよくなるのだったら、本当にお得です。でもこの健康法、どんな仕組みでどのような効果があるのでしょうか。またどんなやり方が良いのでしょうか。今回は、爪もみ健康法について書いてみます。爪もみ健康法について「爪の生え際の両端を [続きを読む]