ふみふみ さん プロフィール

  •  
ふみふみさん: 星空を探そう!
ハンドル名ふみふみ さん
ブログタイトル星空を探そう!
ブログURLhttp://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文諏訪地方の星景写真を中心に、天体系写真に挑戦してます。まだ見ぬ星空と地元の風景を探して彷徨い中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/01/05 21:00

ふみふみ さんのブログ記事

  • 最後の力を振り絞って撮った 怒りのぐるぐる
  • 姪っ子が高校受験生のくせに、突然ミュージカルを始めたんです(昨年秋の話)。それでこの春にデビュー公演をするので見に来てくれと。叔父さん、かわいい姪の女優デビューに喜んで出掛けて行って、初めて知った衝撃の真実。デビューにして引退ですって!(笑刺激を求めて劇団に入ったものの、高校部活(吹奏楽)が楽しくなってしまって、あれこれと首が回らなくなってしまったとこのこと。このように、なんだかんだと休日に動員が [続きを読む]
  • 遅咲きの桜3  ヘッドライトvsヘッドランプ
  • 周辺をうろうろする三本桜の霊にビビりながら、私もうろうろして撮ってます月もだいぶ低くなってきました。構図はさて置いて、甲斐駒との初コラボ背後に街灯があって、この位置からだと鮮明に写ってくれます。本編1のぐるぐる写真は、もう少し右(南)で撮ってます。他の撮影者が居ない様子なので、今のうちに場所取りしようと思いました。水面の星の形が怪しいのは、風景を加算平均合成したのでこの辺に腰を据えて、もう少し撮っ [続きを読む]
  • 遅咲きの桜2 桜の精霊…かも
  • 桜のシーズンは終わってますが桜の話です月明かりの下で撮っているので前半は夜桜風景という感じとなります。それから最初にお断りしておきます。それぞれの画像処理の時に、自身の心の中に邪(よこしま)な気持ちが出る時があります。そうなると、霞に見えるはずの優しい色合いのカスミザクラがケバケバになったりします。その辺は、あしからず(笑どうも、安定感がなくて…三本桜の様子です。月光下ではこんな感じで良いのかなぁ [続きを読む]
  • 遅咲きの桜  ビニルハウスと共に(笑
  • 元々GW頃に見頃を迎えるのがセオリーなはずで、今年はセオリー通りに開花したようです桜と星空のコラボについては、3月から気合が入り過ぎで自身の息切れ感も否めません気合入れた時の3月の記事はこれ↓http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-254a.html「GWだし、酒呑みたいし、面倒くさいなぁ」と、頭を過ぎりました。が、来年のGWは満月のため、桜と天の川のコラボはできそうもありません。直近ではやは [続きを読む]
  • 怒らないぐるぐる  私は生殺し状態中
  • なんで、このような記事でお茶を濁すのか?目的の桜がまだ開花していない模様で、遠征待機状態なのです。4月下旬(4/29のこと)ならもう咲いているだろうと、直前で最新情報が更新されたのを見て、あ然呆然ですおまけに、直前に降った豪雨の影響で晴れていても透明度が悪すぎる。今年の私の桜星景は、生殺し状態が続きます。こうしているうちに、機を逸することになりそうですねぇさて、怒らないぐるぐるです撮影方法(設定)を変 [続きを読む]
  • 沈む月
  • 各社天気予報(夜は曇り)に騙された感のある、プレミアムじゃないフライデーの夕方。晩酌を終えて恨めしく空を見上げると、細い月を西山公園上空に発見です。公園は桜の公園なので、この時季は御多分に漏れずライトアップをしているのです。『こ、これは!』『こ、これも?』今でも桜は終盤気味で花を咲かせているので、これも桜星景か?(笑。写真では緑にしか見えませんけどね…ど〜でもいいようなネタはあるんですが、星の写真 [続きを読む]
  • 第一次桜星景遠征断念  なので怒りのぐるぐる実験編
  • 新月期の週末はよく曇る数年に一回しかやってこない、4月後半の高原の桜と新月期。絶好調の各社天気予報に、期待は見事に裏切られましたまぁ、ライブカメラで監視して断念したという話で、”現地で曇った”というわけではないので、その点は許す。が、この遠征に備えて、昼間にガソリン入れて、床屋行って、タイマーの電池交換して、土日の家事全部済ませて、昼寝して…。そこに掛けた労力を考えるとやっぱ許さん床屋は星とは無関 [続きを読む]
  • 脇腹小石  期待外れの初体験
  • 持病の尿路結石の発作が起きました日曜日で近所のクリニックはどこも休み。今までの同系の痛さの中では、メガトン級でしたもう少し酷かったら救急車を呼んだかもしれません。痛みに耐えた翌日、泌尿器科を初体験をしました。こんな時、いつもはかかり付けの内科に行くのです。で、その医者は決まって『専門外なので専門へ行った方が良い』と言うのです。このことは、いつもの症状のいつもの会話なので、わたくし的には問題ないので [続きを読む]
  • 桜星景…の予行演習4 なぜか縄文(笑
  • ロケハンは数ヶ所回りたかったですが、時間も押してきたので予定変更紅梅が見頃と地元ケーブルTVが放送していたので、井戸尻史跡へ行ってみました。が、若干遅かったようで期待したほどではなかったです。それでも茶色ばかりが目立つ早春の水田地帯。咲くピンクの花を見るとほっこりします今回は縄文がテーマでないので、そっちはスルー気味で。相変らず甲斐駒を狙います。ハス田には水も注がれていて、この里も春が来たことを感じ [続きを読む]
  • 季節先撮りの?  つつじ
  • バカでかくてすみません。縮小表示させると劣化するので、画像原寸大で。ブログ村などを見ると、サムネイルがピンクで華やか。なので桜よりも早く咲く、我が家のつつじでお茶を濁してみます。昨年は二輪で散ってしまいましたが、今年は大量に咲き乱れです。なんで4月上旬に咲くのだろう?(冬場は室内に入れるからかも)実家から”むしって”きて、挿し木で育てて7年目なのです。 [続きを読む]
  • 桜星景…の予行演習3 新月期は桜が写らないかもしれない
  • 私の本命桜は、この町(高原地帯は除く)で最も遅い桜ですひっそり佇む感が好きで、以前から開花情報をウォッチしつつ、桜星景へ挑戦する機会を伺ったりしています。実際に挑戦したこともあります以前の写真これはひどい満月や薄明という苦しさもありますが、画像処理が粗末で酷いやり直そうにもrawファイルが無くて、データ管理もずさんで酷い今年は新月期にあたると思います周囲に適当な光害がなく、頼みの外灯は桜に対して逆光 [続きを読む]
  • 桜星景…の予行演習2 八ヶ岳南端にて
  • 私の桜ポイントの近所なんですが、その途中で蕎麦畑と八ヶ岳南端がイイ感じの場所へ寄り道です。ここは以前にも紹介しています。蕎麦畑絨毯と北天ぐるぐる写真に想いを馳せつつ、サボってばかりで月日が経ってしまいました。今年こそはと、秋への予習ということで寄った次第です。広々としていて、先ほどの公園よりも甲斐駒が望めます。距離が離れた分、山は小さいように見えます。ぐるぐるの時の風景をイメージ。真正面に八ヶ岳は [続きを読む]
  • エイプリルフールかと思った
  • 朝起きてびっくり。ええ〜、嘘でしょ〜あまり珍しいことではありません。4月中旬ごろまで激しく舞うことはよくあることです。しかし、これだけ積もるとは…今日はエイプリルフール。起きたばかりで我が目を疑います目測でベランダ10センチ。牡丹雪(ボタ雪)で一気にここまで。4/1ですが、ホントの話なのでした [続きを読む]
  • 桜星景…の予行演習1 穴場と思ってたら落し穴があった
  • そろそろ桜と星空のことを考えたいです毎年、何とかしたいと思っていても、天候と月齢とやる気の関係で思うようにいきません。月はあればあったで、それは趣もあって良いのです春霞は天の川を霞ませてしまいますやる気は…当人の問題ですけどね有名桜は撮影地の状態も劣悪と予想できます。そして、他人と同じ写真を量産してもつまらないので撮るつもりもありません。私は、どこかの里山にひっそりと咲くような桜風景に魅かれますそ [続きを読む]
  • コン活の続き アナログ家電の修理方法
  • 3/4の天の川撮影です。コン活後に初めて処理しています。色合いはいまだ定まらず、暇さえあれば調整に励んでますだいぶ粗めですが、皆さんの画面ではどのように映ってるでしょうか?こっちは4年前同時期の展望台の様子。春になると、低空の雲の描写でいつも頭を悩ませます。今年も。写真の上部は星が延びてしましました。よく見ると、延びているというよりもちゃんと重なっておらず全部二重星のようになってます低空は汚いですね。 [続きを読む]
  • コン活してみた 未だに色々定まらず(泣
  • しばらく撮影やブログネタ作り、訪問をそっちのけでコン活してました。と言っても一週間程度ですが画像処理が楽しくないし、ヘタ。この自分の不甲斐なさを棚に上げて、出した結論がパソコンが悪いからなのでパソコン購入活動をしてみました。で、詳しくないPCの世界を久しぶりに覗いてみたところ…(以下、10年後の自分への備忘録)マウス?ドスパラ?そんなもん知らんゲーム用?クリエイター用?ゲームはプレステでやるもんじゃな [続きを読む]
  • アイディア不足の北八3  無い知恵を絞った
  • 3/4の天の川撮影です。今回は雪に現れるザラザラノイズを克服する実験です言うほど大袈裟ではなく、たまたまサンプリングできるデータがあったので試した次第です。1枚撮り、撮って出しの一部どアップ少しボケてるのは追尾しているので。風景全体に言えますが、特に雪はノイズが目立ちます。このまま強調処理すると白黒斑模様な雪になります。そこで加算平均合成の出番です。2枚加算平均合成の撮って出しの一部どアップ違い分か [続きを読む]
  • アイディア不足な北八2  いつもの場所でいつもの天の川
  • 3/4に天の川でも撮ろうと出掛けました雪原的な星景を撮りたかったので、原村とか車山なんて考えたりしました。結局は無難な展望台でいつもの天の川です。前にも書いていますがどうもズクが出ません。そして、シーズン最初は何故かここでばかり撮ってます。あーでもない、こーでもないと言ってますが、意外とお気に入りな場所なんでしょうね。ちょっと春っぽい澱んだ星空が気に入りません。到着早々、雲まで湧いてきてしまって『撃 [続きを読む]
  • ネタもアイディアも不足気味 空も不満な北八
  • 昨年末に縄文星景をやったんです。それで市の縄文プロジェクトに写真を投稿してサイトに載せてもらえました。(茅野市は縄文で何かしたいそうです、市のHPに専用サイトを設けてます)しかし、このサイトは見る人がいるんだろうか??茅野市HP内の縄文プロジェクト↓http://www.city.chino.lg.jp/www/toppage/1444795736971/APM03000.htmlまぁ、縄文時代に興味がある人は覗いてみてください。写真は見事に”縮小は最大の画像処理” [続きを読む]
  • エンケ彗星とか天王星とか  ほぼ詐欺写真(笑
  • 最近のブログ村が彗星ブームのように感じます。ならばブームに乗り遅れないようにとこの前は本田ナントカ彗星を撮ったので、今回はエンケ彗星(2P)に挑戦です。新月期の週末に、このようなことでお茶を濁している自分が情けない。ちょっと他に興味が湧くことがあって、撮影(撮影行為)のモチベーション低下中です。そろそろ天の川とか桜星景とか、まじめにやろうと思います。時間帯や短焦点で彗星だけ狙ってもつまらないことは想 [続きを読む]
  • さらば あぶない…  分子雲
  • 私としてはこれくらいのほうが好みだったりするんです。雲って言っても、地球の水蒸気の塊りではないのだからいろんな化学反応や物理反応が起きていて、何か大変なことが日常茶飯事で起きているんでしょうねそれは私のような凡人にしてみたら異常事態だろうから、そんな色合いの表現もあってもいいのかなぁ、と。写真としては嗜好もあるので、それを押し付ける気もありませんけどね。極悪極薄というわけではないですが、暇なので気 [続きを読む]
  • 十六夜月とモルゲンロート  もどき
  • モルゲンロートってほどではないですが、満月期の月と山の感じが良かったので撮ってみました。満月直後なので、十六夜月ってことで良いのでしょうか??こういうのは、北アルプスとのコラボが美しいです。先日も、”撮るしん。”に常念岳に沈む月が掲載されていてカッコいいなぁと。私のはそこら辺の山のモルゲンロート…絵になりませんなぁ少し拡大EOS X4 EF135F2L f8.0 1/125秒 トリミング鉄塔を貫通中 [続きを読む]
  • 怒りのぐるぐる835弾 ぐるぐる&くらくら
  • 次の新月期が分かりませんが、満月期(2/12)の快晴に怒っておきました。1月はベランダ観望不能だった金星が、2月は見える位置にやってきました。久しぶりにまじまじと見たら、なんだかものすごく輝いているように思えます印象的には近隣の夜景(=光害)のよりも明るいんじゃないか、って思ってしまいました。EOS X4 トキナー11-16の11 f6.3 ISO100 4分x16枚比較明合成 SirusComp PSCC2014 [続きを読む]
  • 八ヶ岳  2つの表情比べ
  • ある晩のこと。山の雲が良い感じと思ったので撮ってみました。※画像 で拡大南中前の月光ですが、山の雪感が少し足りません。明かりが上から照っているので、明暗コントラストが均一気味で、山肌のゴツゴツ感も出ません。街灯りと満月過ぎの月明かりで星など見えませんが、写真には写り込んでいるようです。22時前ですが、何をしたくてこんなに眩しい電気を点けているのか良くわかりません。この雲付きの風景は不満だったの [続きを読む]
  • カラフルタウン? じみぃ〜でスミマセン
  • 2/4の絶好調な夜なのに、何故かベランダに遠征する自分。先撮り目指していろいろ撮ったシリーズ。薄明迫る中でで、みんな大好きなカラフルなアンタレス付近です。いえ、その近所のM4球状星団ですと言ってしまえば納得かもしれませんけど…ど〜もスミマセン画像処理の炙り出しで悲惨になることを想定してました。なので今までの一枚撮りではなくて8枚加算平均です(2分x8枚)。しかし炙り不能につき、ここは大人しくしていましょう [続きを読む]