つんつん@毎朝記事更新します さん プロフィール

  •  
つんつん@毎朝記事更新しますさん: ポンド円で月100万円稼ぐための相場分析(FX)
ハンドル名つんつん@毎朝記事更新します さん
ブログタイトルポンド円で月100万円稼ぐための相場分析(FX)
ブログURLhttp://fxtuntun.blog.fc2.com/
サイト紹介文ポンド円の相場環境を毎朝10時までに配信。またトレード日誌として夜にトレード結果も更新中。FX
自由文ポンド円専門の情報ブログが少ないなと感じたので開設しました。
<<簡単なプロフィール>>
FX歴:9年
月平均pips:300~500pips
スタイル:デイトレード時々スイング
エントリー:1日1、2回。(4回くらいなると多いです)
勝率:65~70%
最後に:月平均で負けたのはいつだったか・・何年か負けてません。トレード日誌公開しているので、物差し代わりにみてやってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 260日(平均1.8回/週) - 参加 2016/01/06 07:37

つんつん@毎朝記事更新します さんのブログ記事

  • 3/11 ポンド円相場分析
  • 昨日はECBが追加緩和策を発表しました。中央銀行への預金金利を-0.3%→-0.4%に引き下げ政策金利を0.05&→0%毎月の資産買い入れ額を600億ユーロ→800億ユーロ>買い入れの対象に、銀行以外の企業が発行する社債も追加市場の予想よりも大きな緩和で、ユーロが売られました。しかしその後の会見で、今の水準かそれ以下にとどまると想定される今後の物価を1%→0.1%に引き下げ金融緩和を実施し続けるなど発言しましたが、特にこれ以上 [続きを読む]
  • 3/10 ポンド円相場分析
  • 今日はついにECB理事会がありますね。何かしらの追加緩和は織り込み済みなので、様子見相場が続いています。今日もECBの発表までは大きなトレンドは出づらく、一定の値幅内で動きそうです。ECBの政策としてはマイナス金利幅の拡大など、どの程度追加緩和をしてくるのかに注目です。前回は失望からユーロが売られましたので、今回も値動きに注意したいです。ーーーーーーーーーーー今日の経済指標・10:30 中 消費者物価指数 / 生 [続きを読む]
  • 3/9 ポンド円相場分析
  • 昨日はカーニー英中銀総裁が発言しました。・多くの金融機関がBrexitに備えてロンドンを離れる準備中・金融機関の移転が相次いだ場合はイギリス経済に大きな打撃を与える・EU離脱の不透明感が高まる事で、企業の設備投資や家計消費に下押し圧力・ポンド安を背景にインフレ率が高くなるなどを発言しています。カーニーさんは客観的に分析しておりますが、EU残留を希望しているように聞こえますね。また、明日にはECB理事会が控えて [続きを読む]
  • 3/8 ポンド円相場分析
  • 昨日はFRBのフィッシャー副議長はインフレ率上昇の兆しが見えつつあると発言しました。その一方で、ブレイナード理事は物価上昇について慎重な見方をしております。ブレイナード理事はインフレ目標率が2%目標への上昇を見込む理由はあるとしながらも、下方向のリスクが顕著なため、利上げは慎重に行うべきとしました。最近の世界情勢が不安定な事からきているので、FRB内でも意見が分かれるポイントですね。また日本では黒田日銀 [続きを読む]
  • 3/7 ポンド円相場分析
  • 先週は雇用統計がありましたね。結果は24万2000人の増加で数字は良かったです。しかし、平均賃金については前月比 -0.1%にになってしまったのが懸念材料です。また、今週の10日にECB理事会があります。更なる追加緩和が予想されているため、そのインパクトに注目です。ーーーーーーーーーーー今日の経済指標・12:40 日 黒田東彦日銀総裁の発言・16:00 独 製造業受注・24:00 米 労働市場情勢指数環境認識ポンド円3/7チャート [続きを読む]
  • 3/4 ポンド円相場分析
  • 昨日は英国の非製造業PMIが発表され、市場予想を大きく下回る52.7という数字でした。為替には影響がありませんでしたが、サービス業の雇用者数がここ2年半でもっとも遅いペースで増加するなど良くない数字です。また、米国もISM非製造業景況指数の数字がよくありませんでした。雇用指数が2014年の2月以来の50ポイント割れで、今週は良かった米の経済指標が続いたんですが、あまり良くない結果でした。また、今日は米国の雇用統計 [続きを読む]
  • 3/3 ポンド円相場分析
  • 昨日はスーパーチューズデーの結果が出ましたね。クリントン氏とトランプ氏でほぼ決まりそうです。また、昨日はADP雇用統計の結果が出ました。これは明日の雇用統計の先行指標ですが、市場予想を上回り +21.4万人でした。米国の3月の利上げはないと予想されていますが最近の米経済は底堅い事が確認されており、雇用統計の数値も高ければ利上げの可能性も出てきます。利上げの可能性を織り込み出すと円安ドル高になる可能性がある [続きを読む]
  • 3/2 ポンド円相場分析
  • 昨日はISM製造業景況指数の発表がありました。結果は49.5と、前回より+1.3ポイントでした。製造業が徐々に回復している可能性があるので、来月以降も継続して数値が伸びるか注目です。今日はスーパーチューズデーの結果が分かります。午前9時から開票なので、徐々に結果が出てくるでしょう。それによって為替にも影響を与えそうなので、アジア時間は急な値動きに注意が必要です。また、夜には雇用統計の先行指標であるADP雇用統 [続きを読む]
  • 3/1 ポンド円相場分析
  • 昨日は中国の預金準備率引き下げやユーロ圏の消費者物価指数がありました。消費者物価指数の数字はよくなく、このままの政策ではよくないので、ECBの追加緩和などの動きが出てくるかもしれませんね。また、米の指標も発表されましたがこちらもよくありませんでした。3月の利上げは見送りになる公算が高いと思いますが、仮に見送られたとしても織り込み済みで影響は少ないのではないかと個人的に見ています。今週は雇用統計もあり [続きを読む]
  • 2/29 ポンド円相場分析
  • 先週はG20が開催されましたね。1.競争的な通貨下げはNG。通貨下落が見込まれる政策は事前に通知2.日本のマイナス金利突っ込まれる3.英国がEU離脱すべきでないと満場一致4.人民元の切り下げしない5.今後は金融政策だけでなく財政政策が必要以上の事が声明で発表されました。特に2番の日本のマイナス金利の事についてなんですが黒田日銀総裁は十分理解を得たと言っていましたが、オランダのデイセルブルムさんが、「日本のマイナス [続きを読む]
  • 2/26 ポンド円相場分析
  • 昨日は米セントルイス連銀総裁が発言し、利上げのペースを見直すべきだと発言しました。にも関わらずドル安にならなかったので、やはり米国の3月利上げはないと織り込まれているんでしょうね。また、今日から明日にかけてG20が開催されます。中国の発言および各国中央銀行の発言は注目したいですね。特に今hotな中国は、今日の10:30から発言します。この発言は特に注目です。ーーーーーーーーーーー今日の経済指標・G20開催・19:0 [続きを読む]
  • 2/25 ポンド円相場分析
  • 昨日はムーディーズの格付けでブラジルがジャンク級(投機的等級)に格下げされましたね。これで主要格付け機関3社のブラジル格付けはすべてジャンク級になりました。理由としてはブラジルの債務が3年以内にGDPの80%を超える可能性があるためです。ブラジル経済はインフレ率が凄まじく、2015年のインフレ率は10.7%でした。原因としては、・燃料とエネルギーに助成金を出していたが財政の赤字で助成金廃止→ガソリンの他、電気料 [続きを読む]
  • 2/24 ポンド円相場分析
  • 昨日はカーニー英中銀(MPC)総裁が発言し、「必要ならさらなる刺激策を持っている」と発言しました。さらにウィールMPC委員は、「ポンド相場の下落で、物価の上昇を抑えている要因の一つがなくなる」と発言し、ポンド安を歓迎しているようです。結果、ポンド円が156円に突入しました。英国がEUを離脱するリスクなど悪いニュースを織り込んでいる最中で、英中銀がポンド安を歓迎しているのでまだ下落の余地はあります。こういう時 [続きを読む]
  • 2/23 ポンド円相場分析
  • 昨日は米の製造業PMIが発表され、2009年以来の水準に落ち込みました。米国の利上げは経済指標次第としていたため、いい結果では無かったですね。にも関わらずさほど下落をしなかったので、3月の利上げ見送りは既に織り込み済みなのかもしれませんね。また、ユーロ圏PMIも13ヶ月ぶりの低水準になりました。背景としてはドイツの製造業の不調が影響を与えました。結果、3月のECB理事会で金利拡大など、更なる緩和策の可能性が高まり [続きを読む]
  • 2/22 ポンド円相場分析
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからおはようございます。2/22の相場分析です。先週はEU首脳会議で英国の主張が通りましたね。その結果を受け、キャメロン英首相は6月23日にEU離脱するかどうかの国民投票を実施することを発表しました。ただ、ボリス・ジョンソン・ロンドン市長はEU離脱キャンペーンを主張しております。併せて閣僚6人もEU離脱に賛成しています。6/23に国民投票をすると決まった以上しばらくは [続きを読む]
  • 2/19 ポンド円相場分析
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからおはようございます。2/19の相場分析です。昨日から今日にかけてEU首脳会議が行われております。何度も話題に出ていますが、英国がEUを離脱しないために、移民への社会保障費制限の強化を求めています。非公開なので、確定しているわけではないですが噂によると、社会保障給付を制限する期間を合計で13年間にする改革案を提出しているようですね。フランスやドイツなどは賛 [続きを読む]
  • 2/18 ポンド円相場分析
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからおはようございます。2/18の相場分析です。昨日は1月に開催されたFOMC議事録が発表されました。内容としては ・アメリカの金融情勢が厳しさを増している ・今後の見通しも、不透明感が増している ・利上げについて具体的な議論はなし ・中国や他の新興国での予想を上回る減速の影響が米経済にとって下振れリスク ・数人の参加者はインフレ率の伸びが鈍化すると見通しな [続きを読む]
  • 2/17 ポンド円相場分析
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからおはようございます。2/17の相場分析です。昨日は英国の1月のインフレ率が発表され、1年ぶりの高水準になりました。しかし、英中央銀行が目標とする2%を大きく下回っており賃上げ圧力が弱まりつつある状況のため、利上げの見通しはまだ立っていないようです。また、サウジアラビアとロシアが、原油生産量を1月の水準で維持することで合意しました。イラクなど、その他の [続きを読む]
  • 2/16 ポンド円相場分析
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからおはようございます。2/16の相場分析です。昨日は米が休場という事で夜は動きが少なかったですね。ECBのドラギさんが発言しましたが、内容もいつも通りで特に反応はありませんでしたね。笑というのも、最近は世界経済に悲観的な意見ばかり聞かれ、相場もいきすぎてるかなと思います。ポンドに関しても、英の利上げがしばらく無い事は織り込まれていますしね。ただ一つ不安材 [続きを読む]
  • 2/15 ポンド円相場分析
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからおはようございます。2/15の相場分析です。今日は昨年10~12月の日本のGDPが発表されましたが、マイナス成長でした。織り込まれていたようで、市場に大きなサプライズはありませんが、日本国民としては残念ですね。また、本日アメリカは休日です。米時間はあまり動かないと思うので、トレードする際は注意が必要ですね。ーーーーーーーーーーー今日の経済指標・米 祝日のた [続きを読む]
  • 2/12 ポンド円相場分析
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからおはようございます。遅くなってしまいましたが、2/12の相場分析です。昨日は160円を一度割り込み、安値は159.82円をつけました。それから163.3円まで急騰しております。上下に値動きが激しい展開なので、しっかり引きつけてエントリーしましょう。ーーーーーーーーーーー今日の経済指標・16:00 独 GDP・19:00 欧 鉱工業生産 / GDP・22:30 米 小売売上高・24:00 米  [続きを読む]
  • 負けトレード後のメンタルコントロールと次のトレードで勝てる方法
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからこんばんは。突然ですが、皆さんは負けトレード後のメンタルコントロールって出来てますか?「今週のノルマが〜・・」「今日の利益が〜・・」ってなってませんか?あるいは「自分はトレードに向いていないのかもしれない・・」「もうどうトレードすれば良いのか分からなくなってきた・・」「結局トレードで勝てるようにならないんだよ」などと落ち込んでませんか?ちなみに [続きを読む]
  • 2/11 ポンド円相場分析
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからおはようございます。2/11の相場分析です。昨日は167.2円を上抜けたと見せて、下落してきましたね。こういうダマシは、上抜けた瞬間に買う人が多いので買いポジションのロスカットで下落幅が大きくなります。昨日だと167.2円で売り買いが拮抗するポイントです。Twitterでも書きましたが167.2円を抜けた瞬間に買うと振り落とされるので、一旦待つ事が重要です。また、今日も [続きを読む]
  • 2/10 ポンド円相場分析
  • 目次↑コラム記事やFXの手法などを見たい方はこちらからおはようございます。2/10の相場分析です。昨日は20:00発表のNFIB中小企業楽観指数が市場予想を下回りました。年始は中国起因のリスク回避の動きでしたが、ここ最近は米の経済に対しての先行き不安があるようです。今日はイエレンFRB議長の発言があります。マーケットに対してどのような発言をするのかで今後の見通しが変わる可能性があるので注意が必要です。ーーーーーー [続きを読む]