KAI さん プロフィール

  •  
KAIさん: 孤高歩記
ハンドル名KAI さん
ブログタイトル孤高歩記
ブログURLhttp://kaiesque.blogspot.com
サイト紹介文半生を外国で暮らし、現在は、古き良きを新しきに伝えるためにどう生きるべきかについて考える日々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供646回 / 365日(平均12.4回/週) - 参加 2016/01/06 06:16

KAI さんのブログ記事

  • 前略: スマホゾンビ様【2017.7.19】孤高のゴミ拾い: 22,758 km/14,141 mi
  • ハワイ州ホノルルで横断歩道でのスマートフォン使用が禁止になります。罰金は$15-500です。音楽・通話使用については罪に問われないとのこと。観光でハワイに行かれる方は浮かれ気分で逮捕されないようお気をつけ下さいませ。日本(大分)のように甘くないですから。大分にもスマホゾンビが多く存在していまして、大分市では運転中のスマホ使用は合法のようですし、右折最優先、点字ブロック駐車は当たり前。先日、20代前半のスマ [続きを読む]
  • 【平成29年文月17日】孤高の登拝166度目(Going-to-the-God Trail)
  • 午前一時前に出立。外は蒸し暑く最初の十五分ほどで既に汗をかく。連休中日の夜ということもあり、車通りは多く、夜道をフラフラ歩いている人達を追い抜きながら西寒多神社へ向かう。神社近くの住宅地も夜更かししている人が多く、電気がついている家が目立った。神社の前で丸くなっていた黒ニャンコが私を見て後を付いてきたが、万年橋の上で「ここから先は、お前たちは入っちゃいけないんだ。戻りな。」と云うと、元の場所に戻っ [続きを読む]
  • 【2017.7.17】孤高のゴミ拾い(西寒多神社ルート編): 22,728 km/14,123 mi
  • こちらのルートも連休のゴミで一杯になりました。連休中、いつもより早い時間のゴミ拾いということで、日頃お会いしない方達に声をかけて頂きました。「やっと貴方に会えたわ」とおっしゃって頂くと、やはり照れくさいです。皆さんとは初対面だったのですが、私のことをよくご存知で。長い時間ではなかったのですが、皆さんからイロイロな話を拝聴しました。戦争体験者である人生の大先輩は、「今の日本は戦争の前とよく似ている」 [続きを読む]
  • サンシャイン【2017.7.16】孤高のゴミ拾い: 22,716 km/14,115 mi
  • 日々ゴミ拾い中の自分の影が濃くなっていきます。「影が薄くなるよりは良い」とポジティブに考え夏のお天道様に感謝したいと思っています。別府の温泉コースターも良いですが、個人的には台湾の涼し気な地下鉄のプールデザインが好きですね。水のユラユラしてる感が良いです。この2日間は、特に若者が捨てたであろう飲み食いしたゴミ、ペットボトル飲料水のゴミが右に左に散乱していました。車中から捨てられたゴミも多く回収に苦 [続きを読む]
  • 【2017.7.15】孤高のゴミ拾い: 22,701 km/14,106 mi
  • 朝からかなり暑い大分市です。水害被災地で作業されている方のご苦労は、日々のゴミ拾いでよく理解できます。くれぐれも無理されないように。こういう時にこそ私の「ゴミ拾い地球半周」の経験とスキルを活かすべきなのでしょうけども、お役に立てず申し訳ないです。日本中で自然災害が続くとお金もボランティアも足りなくなってきます。明日は我が身です。山がやられれば川がやられ、川がやられると町や村がやられ、そして海がやら [続きを読む]
  • 夏野菜【2017.7.14】孤高のゴミ拾い: 22,686 km/14,096 mi
  • 猛暑になると体内時計が1時間ほどズレ、修正するのに1週間くらいかかります。さすがに夏場のゴミ拾いは、少し痩せます。「ゴミ拾いまでの涼しいうちにどこまでできるか」が勝負なので、3:00に起床します。朝をどう過ごすかで1日が決まります。「早起き+冷暖房なし+ゴミ拾い15 km+登拝」をするようになってから病院に行っていません。(健康診断には行きます) 食事もお酒も以前より美味しく頂戴しています。 ゴミ拾い道中、Hさんに [続きを読む]
  • 風とゴミと私【2017.7.13】孤高のゴミ拾い: 22,671 km/14,087 mi
  • ゴミ拾い道中で見かけた黒装束のカラス達は、暑さのため口が開いていました。その姿を見て、自らの口をしっかり閉じました。この時期は、人生の先輩方とお会いする機会が少なくなります。ゴミ拾いをしていると落とし物をよく拾います。お金は拾ったことないのですが、携帯・スマホはよく拾います。警察に届けた時に作成する書類控えも多くなりました。落とし物のタオルやちっこい子供ちゃんのズックなどは、わかりやすい所に置いて [続きを読む]
  • 飲食店のゴミ【2017.7.12】孤高のゴミ拾い: 22,656 km/14,078 mi
  • 3:30くらいから急に強い風が吹き始め、夜明け前に降り始めました。ゴミ拾いに出てしばらくはポツポツと雨粒が落ちていましたが、途中から太陽が顔を出したので、上からの熱射、下からの蒸し攻撃を受けながらのゴミ拾いでした。でも、被災された方たちとスタッフ・ボランティアさんのご苦労を思うと、なんでもないことです。毎年毎年日本中で大きな災害が発生し、復興のための資金も足りなくなってくるのではないかしら?「ふるさと [続きを読む]
  • 【2017.7.11】孤高のゴミ拾い: 22,641 km/14,068 mi
  • 途中から炎天下のゴミ拾いになりました。意識して歯を食いしばっておかないと暑さで口が開いてくるのです。口を開けてゴミ拾いなんてヤダヤダ。夏は涼しげに、冬は暖かそうな顔をして拾うことを目標にしているのですが、あまりやせ我慢すると体調を壊してしまいますので水分・塩分補給しながら続けます。睡眠は絶対です。冷暖房なしで10年くらいになるので、暑い夏も.寒い冬もゴミ拾いを続けることができているのだと思います。ま [続きを読む]
  • オムニバス【平成29年文月10日】孤高の登拝165度目(Going-to-the-God Trail)
  • 湿度90%を超える夜道を歩き西寒多神社へ。丑三つ時の西寒多神社の夢を何度も見る。拝殿前の階段に座り神社の入口に架かる万年橋の方を見ていると、黒い影が一つ、そしてまた一つ浮かび上がってくる。「誰か参拝に来たのかな」と思って立ち上がろうとするも体が動かない。影の数は段々と増え橋の上は真っ黒になってしまった。影は私に気付きしばらくこちらのを伺う様子を見せ、そして全員揃ってこちらに向かってぞろぞろと歩きはじ [続きを読む]
  • 洪水と分水嶺【2017.7.9】孤高のゴミ拾い: 22,614 km/14,052 mi
  • 大分県日田市の洪水と関連する分水嶺をざっくりと調べてみました。赤いマークが日田市に流れ込む分水嶺で、その反対側に流れると耶馬渓と通って中津へ。青マークは、筑後川の支流の玖珠川などに流れ込む分水嶺で、○で囲っている青い分水嶺は「水分峠」です。大量の水が日田市を通過するのですね。「水分峠」から東側に流れると大分川水系になります。今回大きな被害をもたらしたのは、赤マークから流れたものです。下写真のゴミか [続きを読む]
  • 残骸【2017.7.8】孤高のゴミ拾い: 22,599 km/14,042 mi
  • 大雨の残骸が残る七瀬川と大分川です。写真ではわかりにくいのですが、ゴミだらけです。大分川の河川敷にはギリギリ水は上がりませんでしたが、経験上、もう半日降り続いていたら河川敷も写真の状態と同様になっていたでしょう。雨の影響で日々のゴミ拾いができず、上流から大量のゴミが流れて堆積し、机の下に捨てられた大量のゴミが表に出てくるのです。回収に時間もかかります。 ゴミが減るはずないじゃないですか。けどね、誰 [続きを読む]
  • 【2017 七夕】フェイクニュース
  • 「フェイクニュースとマーケティング」について、独立記念日ボケのアメリカとやり取りをしました。1. ディスインフォメーション2. ミスインフォメーション3. イエロー・ジャーナリズム4. プロパガンダについてマーケティング業界も今まで以上に日々真剣に考えなければなりません。業界サイドが仕掛けることもあるでしょう。流行ってないのに.流行ってるとか、誇張・誇大表現だったり、レトリックだったり、炎上商法的な手法を使っ [続きを読む]
  • 【2017.7.6】災い
  • 日本は剣でつくられたという古の神が剣を海に浸けそれを引き上げると四つの雫が滴り落ちそれが日本列島となったそうなその日本列島は、海に囲まれ世界が羨む豊富な水資源に恵まれている反面、干ばつや津波・洪水などの天災により水に対する畏怖と感謝を我々のDNAに植え付けた。反省することはないだろうか。自戒することはないだろうか。お天道様は見ているのではないだろうか。これで終わらない・・・難しいことはわかないが、『 [続きを読む]
  • 台風一過の大雨【2017.7.5】孤高のゴミ拾い: 22,584 km/14,033 mi
  • 台風の翌日のゴミ拾いは大変なのですが、3号はそこまで強風ではなかったので、あり得ないゴミなどが散乱するということはなく、河川周辺の被害も確認できませんでした。現在降り続く雨の方が心配で、長く降り続くと大量のゴミが上流から流れてきて河川敷に堆積し回収するのにかなりの時間と労力を費やします。海にも流れ出しますし。そんなことより、被害に遭われ方お見舞いを申し上げます。そして、お気をつけ下さいませ。安倍首 [続きを読む]
  • 【2017.7.4】今の日本に望むこと
  • ちょっと前の話なのですが、マンハッタン(NY)の道端にあたる電話ボックスの数は、当時でたったの4台しかなかったのです。あの人口密度で4台。携帯・スマホを持たない大人にとっては不便なことなのですが、アメリカの子供社会でも問題視され「New York Times」も取り上げていました。「スーパーマンが着替えられないじゃないか!」と、電話会社に子供から問い合わせ(苦情・嘆願)が届き、当時は電話会社も「それは深刻な問題であ [続きを読む]
  • 惨敗【平成29年文月3日】孤高の登拝164度目(Going-to-the-God Trail)
  • 丑三つ時に西寒多神社着。境内は生ぬるい空気が停滞、周囲の田んぼで鳴いているカエルの声が騒がしかった。登拝道に入った瞬間「ぬぉ」という声が出た。いよいよこの季節がやってきた。湿気で重量を増した空気が頭上から圧をかけてくる。体が、足が重たい・・・。この時期は、あまり山の住人には合わないのだが、日記名「夜兎の角右衛門」は、この時期だけ姿を見せてくれる。いつも登拝道で背中を向けて何やらゴソゴソしているのだ [続きを読む]
  • 産山村の地震【2017.7.2】孤高のゴミ拾い: 22,557 km/14,016 mi
  • 肥後街道の大分と熊本との国境にある「産山の石畳」です。加藤清正が整備したのですが、この石畳は当時のままです。加藤清正も勝海舟・坂本龍馬も吉田松陰も旅人もこの石畳を踏み、私もこの石畳を踏んで熊本城(長崎)に向かいました。産山村で大きな地震があると、石畳が崩壊しないかと心配になります。昨年よりタニシが多いですね。 今日もいつも通り「Mottainai」です。毎日毎日ライスの食べ残しを片します。 人様の敷地内にお [続きを読む]
  • 根性論【2017.7.1】孤高のゴミ拾い: 22,542 km/14,007 mi
  • 7月になった途端にお天道様がギアチェンジしました。冬の寒さより夏の暑さの方がシンドイゴミ拾いです。熱くなるとゴミ拾い中の集中力と緊張感が薄くなるのですが、そうなってしまうと毎日毎日拾っても拾っても捨てられ続けるゴミに心身ともにやられてしまいます。イライラしたら、怒りの気持ちを持てば、人様が飲み食いしたゴミ、家庭ゴミ、タバコの吸い殻など拾えるものではありませんし、気持ちを切らしたら暑さにもやられてし [続きを読む]
  • 【2017.6.30】ホテルの看板
  • 高校2年生の夏、アメリカヒッチハイク旅行に出かけた。英語もできない田舎者の初めての一人旅がアメリカ珍道中。英和と和英がくっついたポケット辞書と英会話本が命綱だったが、機内座席のポッケトに入れたまま丸腰で上陸してしまった。 アメリカ最初の宿は、ハリウッドの小さなホテル。 命綱なしでなんとかハリウッドまでたどり着いた私は、極度の緊張で舞い上がり、ハリウッド・ブルバードの歩道で不覚にも鼻血を出してしまい、 [続きを読む]
  • 【2017.6.29】ジャスティス
  • 再審請求や冤罪のニュースを見聞きするたびに大分での冤罪事件「みどり荘殺人事件」について書かれた『冤罪のつくり方』を読み直してしまいます。「大分女子短大生殺人事件」とも呼ばれていますが、「強姦殺人事件」です。大分市内中心部で起こった事件なので、地名・店名や弁護士先生・マスコミなど知った名前が登場するので、他の書物を読むより内容がスムーズに入ってきます。赤線も沢山引いてます。冤罪については、人それぞれ [続きを読む]
  • 【2017.6.28】心の知性
  • 「上司残業でも帰る」新入社員が急増したということですが、「自分ファースト」の時代ですからそんなものではないでしょうか。そういう風に育てられたのでしょうし、社会もそういう風潮です。働く目的は「楽しい生活をしたい」が過去最高なのは結構なのですが、学生気分が抜けない新入社員も見かけることも多く、先輩に怒られているのを目撃しました。例えば、新入社員数人がコンビニにお弁当を買いに行き、歩きながらお弁当とカッ [続きを読む]