ケフコタカハシ さん プロフィール

  •  
ケフコタカハシさん: ヒゲハゲ観察日記
ハンドル名ケフコタカハシ さん
ブログタイトルヒゲハゲ観察日記
ブログURLhttp://higehigemojamoja.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヒゲハゲ好きのおばさんが映画の感想を綴りました。アクション、コメディ、歴史物にかな〜り偏ってます。
自由文山田孝之とジェイソン・ステイサムの作品を中心に楽しんでいます。何はともあれウシジマくんが大好きだ〜〜!ほぼ毎日更新、お暇な時に覗いてやってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2016/01/06 18:08

ケフコタカハシ さんのブログ記事

  • 映画「任侠野郎」感想
  • やべきょうすけがヤクザの若頭ウシジマという役をやっていると聞き、興味をひかれたので観てみました。ヒゲハゲ満足度は5点満点の3。かつて関東一円にその名をとどろかせていた男小里組若頭・柴田源治(蛭子能収)彼は過去と決別し堅気として生きていくためにクレープ屋を営んでいたが昔の仲間との再会をきっかけに再びヤクザの抗争事件に巻き込まれていく公式サイト(リンクはこちら)には『主演・蛭子能収、脚本・福田雄一、脇 [続きを読む]
  • 大河ドラマ「おんな城主直虎」第20回感想
  • 傑山さんの「あてがった」発言と和尚さんの「不義の子」発言に★を進呈したいと思います。ヒゲハゲ満足度5点満点で4★★★★<スケコマシ〜〜!>しっかし大河ドラマでスケコマシなんて言葉を聞くことがあろうとは!まだ直虎さんが城主になってまだ1年目という設定だったんですね。また随分忙しい1年だったな〜。そういえば、久しぶりに織田という言葉を聞いたような気がします。ずっと武田タケダだったから、てっきり織田の時 [続きを読む]
  • 映画「うなぎ」感想
  • カテゴリとしては山田孝之のカンヌ映画祭に分類されます。注目すべきヒゲハゲは特になかったんですけど、むか〜し好きだったコニタンが出てきたので満足度は5点満点の4です。かつて妻の浮気に逆上し妻を殺してしまった男山下拓郎以来極度の人間不信に陥った山下は仮出所後理髪店を営みながらも人々との交流を避け本音を明かす唯一のパートナーとしてウナギを選ぶある日山下は河原で自殺未遂をした女性佳子を助ける佳子は恩返しに [続きを読む]
  • 小川ドラマ「女城主おつや」
  • NHKの「歴史秘話ヒストリア」たまに観てるんですけど、19日の回はなかなか見応えがありましたわ。ヒゲハゲ満足度5点満点の4★★★★「おんな城主直虎」と同じ時代愛を追い求めて戦ったもう一人の女城主がいた織田信長の叔母で通称「おつや」と呼ばれる絶世の美女度重なる政略結婚の末に戦国史上唯一無二戦場で敵将からプロポーズされるというドラマチックな人生を送った愛なき時代に愛を追い求めたおつやの流転の人生をたどるお [続きを読む]
  • 山田孝之のカンヌ映画祭 Blu-rayBOX来ました
  • 特典映像が本編より長くて、両方で延べ10時間以上あります。やっぱりドラマというよりも、結構ドキュメンタリーなんですわ。<実は主人公は芦田愛菜かも>特典映像として「芦田愛菜のカンヌ映画祭」というのがあるんですけど、これもなかなか面白かった。編集の妙ってのはこういうことなんですね。この作品の一番キモになるのは、日本映画の現状や問題点などを論じるインタビューの部分でしょうな。驚いたのは、日本人ではなくてフ [続きを読む]
  • 「ガーディアンオブギャラクシーリミックス」観てきました
  • タイトル長過ぎ、なんとかならないんでしょうかね。私の二オシハゲ、デイブ・バウティスタを堪能できたのでヒゲハゲ満足度は5点満点の5★★★★★“スター・ロード"ことピーター(クリス・ブラット)をリーダーに凶暴なアライグマのロケットマッチョな破壊王ドラックスツンデレ暗殺者ガモーラなどたまたま出会ったノリで結成された宇宙のはみ出し者チーム”ガーディアン・オブ・ギャラクシー”懐かしのゴキゲンなヒット曲に乗っ [続きを読む]
  • 大河ドラマ「おんな城主直虎」第19回感想
  • 今回は傑山さんの露出度が高く台詞も沢山あったので、ヒゲハゲ満足度5点満点で5★★★★★<竹弓が良く似合うわ〜?>オープニングクレジットで傑山さんの名前が今までにないくらい前の方で出てきたので、おお!?これはひょっとして見せ場が沢山あるのか?と期待していました。その期待を裏切らない活躍で、とっても嬉しかったです。そして三回目の柳楽優弥の登場も、なかなか良かった。やはり柳楽優弥には華がありますなぁ、彼 [続きを読む]
  • 「ラッシュ/プライドと友情」感想
  • 良きライバルであり良き友、そういう存在はかけがえのない物ですよね。ヒゲもハゲも出てきませんでしたが満足度は5点満点の5★★★★★性格もレーススタイルも相反するF1レーサーニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し深いけがを負う復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに [続きを読む]
  • 「イップ・マン継承」観てきました
  • アクション映画でこんなに泣かされたのは初めてです。武の達人イップ・マン夫妻の愛の物語三部作の一つとして、女性にも是非ぜひ見て欲しい作品。巨体ハゲ一人と新たな達人のさり気ないヒゲがなくてもヒゲハゲ満足度5点満点の5★★★★★1959年好景気に沸く香港はその一方で無法地帯になりつつあった裏社会を牛耳る最凶の不動産王フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がるだがそれは自身の家族を [続きを読む]
  • ウシジマくんのアクセサリー その3 イヤリング
  • ウシジマくんは右耳に一つ、左耳に二つピアスではなく、耳たぶに挟むタイプのリングをつけています。よーく見るとSEASON1とPART1は左耳の二つのリングの大きさが違うんですよ。前に付いてる方がやや大きめになっていて、この大きい方が時たまプラッと揺れることがあります。けどそのせいか後の小さいのが大きい方のに重なってしまって、アレ?一個しか付けてないの?と思うような場面があるのも確か。そのせいかSEASON2からは二つ [続きを読む]
  • 親への気遣い超大事
  • MAROのCMが昨日から始まっているそうです。と言ってもNHKのニュース以外、ほとんどテレビ見ない私にはあんまり関係ないんですけどね。ヒゲ満足度文句なく満点の5★★★★★<もてもてマーロ♪もてマーロ♪が頭の中をグルグルしちゃう〜> [続きを読む]
  • 大河ドラマ「おんな城主直虎」第18回感想
  • 今回は傑山さんが一度も出てきませんでした。けど鶴ちゃんの見せ場があったので、ヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★<我をうまく使え我もそなたをうまく使う>敵を欺くにはまず味方から、これは名言ですよね。それを直虎に見破られ、視線が泳ぎ瞬きが多くなる鶴ちゃんが切なかった。孤独に戦うそんな鶴ちゃんを、側で見守るなつさんがいいです。ゆきちゃんの言葉「気に入った物から覚えればいい」もナイス。いや全然ナイスじゃない [続きを読む]
  • 映画「TAJOMARU」感想
  • 「羅生門」と同じ原作小説の映像化だと聞いていたので、そういう作品かと思ってたんですけど、全く別な仕上がりのエンタメ作品でした。ショーケンのハゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で4★★★★阿古姫という許婚もいて将来を約束された畠山家の次男・直光(小栗旬)は陰謀により家を追われてしまう山中に逃げ込んだ二人は盗賊の多襄丸(松方弘樹)に襲われその際に阿古が言い放った言葉に直光は驚くすきをついて逃げ出し [続きを読む]
  • ウシジマくん聖地巡礼 第六回
  • 第五回の巡礼地、常磐線高架下のすぐ近くです。<この時ウシジマくん30歳>手前の暖色系の建物は、カトリック系の幼稚園の敷地内にある教会でした。幼稚園は園舎の立て替え中で、上原まゆみが手を添えて涙ぐんだ鉄の門扉はなくなっていました。ま、そんなもなぁ私にはどーでもいいんですけどね。笑まゆみにテッシュを差し出し去っていったウシジマくんが歩いた辺りを、心をこめてじっっっくり歩いてきましたよ。自分の娘の姿を見つ [続きを読む]
  • 大河ドラマ「おんな城主直虎」第17回感想
  • コレ見終わった後、Nスペ観てたら寝落ちしちゃいました。傑山さんの作り笑いが怖かったらしいので、ヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★<怖かったのはこの後の作り笑い、だよね?><ひょっとして直虎に惚れちゃうキャラなんでしょうか>またしても子役に泣かされることになろうとは!虎松ちゃんには参りましたわ。更新の励みにイチポチよろしく!→ [続きを読む]
  • 映画「パディントン」感想
  • クマのパディントンの造形が良かったです。アメリカ映画のバタ臭いCGの動物とは違う、ある意味ちょっと剥製らしさを感じられる姿がとても新鮮でした。ヒゲハゲ満足度は5点満点で4★★★★ある日大都会ロンドンのパディントン駅に真っ赤な帽子がトレードマークの小さなクマが降り立つ南米ペルーの奥深いジャングルから長旅の末ようやくイギリスまでたどり着いた彼は右も左もわからない状態だった思い切って丁重な態度で通行人に語 [続きを読む]
  • ウシジマくん聖地巡礼 第五回
  • もうかなり前のことになりますが、ウシジマくん聖地巡礼をしてきました。<常磐線綾瀬と亀有の間の高架下>ドラマSEASON3の第8話、上原まゆみがかなり長い間ウシジマくんの後ろ姿を見送るシーンです。口には出さなかったはずの「助けて」の言葉を、敏感に察知したウシジマくんが「なんか言った?」と聞き返し、驚いたまゆみが発した「いえ・・・」と返す様子が、何度見ても胸を締め付けます。この後にまゆみを襲う悲劇を思うと、 [続きを読む]
  • 大河ドラマ「おんな城主直虎」第16回感想
  • 傑山さん出てこなかったけど鶴ちゃんが頑張ってたので、ヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★<いよいよ登場の柳楽優弥>やっぱり期待度が高いんでしょうね、初登場だし出番なんてチラッとしかなかったのに公式サイトのフォトギャラリーに柳楽優弥の物が5枚もありましたよ。傑山さんとはえらい違いだわ。<ユキちゃんとロクちゃん>チビ◯ブブスのトリオ、もう一人は奥山六左衛門で直虎はロクベエって呼んでたようです。ユキちゃんが [続きを読む]
  • アシュラ男爵現る
  • Y氏のヒゲが必要な道具であることの比較画像。<さすがにちょっと・・・キモい・・・よね?>あ、そういえば今日からフランケンシュタインだっけ。10時からなら見てもいいかも。いや、私は決してアヤマダじゃありませんからね。フランケンシュタインのお好きな方もキライや方もコチラを→ [続きを読む]
  • 映画「グレートウォール」観てきた
  • 本国での評価がどうかは知りませんが、中国古代戦争スペクタクルモンスター映画としては、充分楽しめる作品だと思いました。マット・デイモンのコ汚さが良かったのでヒゲ満足度5点満点の4★★★★世界を旅するウィリアム(マット・デイモン)ら二十数名の傭兵部隊はシルクロードの中国国境付近で馬賊に攻撃された上に謎の獣に襲われる生き残ったウィリアムととバール(ペドロ・パスカル)は禁軍が守る万里の長城にたどり着くもの [続きを読む]
  • 闇金ウシジマくんPART3 リナとシンジのその後
  • 今日は水曜ウシジマくんを称える日です。Blu-rayボックスの特典映像などから、新たにわかったことを記しておきます。シンジの夢ノート真ん中一番上の「リナを幸せにする」という文字が切ないマネーゲームに敗れて一文無しに戻ったシンジはリナに別れを告げます。この時リナは本当は別れたくなかったけれど、それを受け入れシンジのもとを去ります。特典映像やコメンタリーから、その後の2人の行く末が明らかになりました。この2 [続きを読む]