むさしの工人 さん プロフィール

  •  
むさしの工人さん: むさしのDIY工楽部 〜会員募集中〜
ハンドル名むさしの工人 さん
ブログタイトルむさしのDIY工楽部 〜会員募集中〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/musashino6340/
サイト紹介文”5年後も輝ける”DIY+を目指しています。 仲間といっしょに一味違ったDIYを楽しみませんか?
自由文むさしのDIY工楽部は2016年4月の発足を目指し、現在準備中です。
2016年2月と3月に川越市内にて、入会説明会を開催予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/01/06 21:26

むさしの工人 さんのブログ記事

  • 第12会活動報告 単管パイプを使った収納ラックを作成
  • 今回は、単管パイプを使って、タイヤや屋外作業用の道具を収納するための収納ラックを作りました。本日の作業で使用した材料は下記の通り。1.単管パイプ 4mm:8本2.直行クランプ:30個3.自在クランプ:6個4:垂木止めクランプ:6個(本日は未使用)購入金額は約2万円です。■ 設置場所エコキュートの右横、犬走コンクリートの上です。室外機の他に、配管パイプがあって苦労しました。■ 完成Hさんのおかげで、垂直、水平 [続きを読む]
  • 第11回活動報告 ダイニングテーブル修復
  • 2017年の1回目の活動になります。今回はダイニングテーブルの天板の再塗装を行いました。天板はナラの集成材で、短辺がラウンドしています。サイズはおよそ800×1,600mmと大型で、6人用です。まず、ウレタン塗装を電動サンダーが剥がします。最初#180を使ったのですが、細かすぎたようで、なかなか塗装が剥がれません。そこで、ホームセンターで購入した#120に変えると、今度はあっという間に剥がれました。次にブラウンの着色剤を [続きを読む]
  • 第9回活動報告 古民家再生現場見学
  • 久しぶりの活動報告になります。11/3(木)文化の日に、古民家再生をしている”素人大工”さんの現場を、クラブメンバー2名で訪問しました。■ セルフビルドの物置と母屋ブルーシートのポーチがあるグレーの屋根の建物が、セルフビルドの物置です。物置は資材置き場の3畳と工具置き場の4.5畳の2部屋で、ブルーシートの下が作業場になっていて、とても使いやすそうです。  ■ 母屋の再生は膨大な作業量母屋はなんと江戸時 [続きを読む]
  • 第7回活動報告 現場実習
  • 8月に川越の工房での活動は厳しいなぁと思っていたところ、メンバーのひとりからハーフビルド中のガレージの内壁張りのオファーがあり、クラブとしては願ったり叶ったりの提案で、即実行の運びとなりました。ハーフビルド中のガレージの外観今回のターゲットはここ下地の高さが不均等なので、端材で高さを均等にします。メンバーは初心者は多いので、電動工具は慎重に扱います。いきなりですが、完成比較的単純な作業ながら、コン [続きを読む]
  • 第6回活動報告 手工具基礎練習
  • 第6回活動報告です。ちなみに第5回活動は、東京都瑞穂町のジョイフルホンダさんで、溶接機/切断機の実演販売の見学でした。(写真はありません)関東地方の梅雨明けの直後の7月31日(日)、蒸し暑い中、手ノコとノミの使い方の基礎練習を行いました。■ 角材に墨線を廻すスコヤを使って、角材に鉛筆で墨線を四面に引きます。簡単そうに見えて、これが割と難しい。最初の線と最後に引いた線がなかなか合いません。鉛筆の芯の太さ [続きを読む]
  • 第4回活動報告 木材切断練習
  • 6人中3人が左利き当DIYクラブの左利き率はなんと50%です。3名中2名が左手で、1名が右手で工具を扱います。ネットで少し調べてみたところ、工具や道具は右利きを前提としている場合が多く、左利きの人も右手で工具を扱うことが多いそうです。■ 角度切り角度定規を使って、丸ノコで切断。ボッシュの丸ノコは進行方向に対してモーターが右側に付いています。メンバーの意見としては、これは左利き用ではないかということ [続きを読む]
  • 第3回目 活動報告です
  • 今回から新加入のIさんに早速課題1の万能木箱を作っていただきました。人生初の丸ノコでしたので、何回か練習してから、材料の2x6材を切断していただきました。使用した丸ノコはメンバー所有の左利き用のバッテリー式です。チップソーの径が145mmと小径のために、直角切りガイドのわずかな突起が邪魔になり、1〜2mm切り残しました。Iさん、未経験の割には、しっかりと直角に切れています。失敗もなく、難なく万能木箱の完成 [続きを読む]
  • 第2回目 活動報告です
  • 2016.5.15(日)第2回目の活動を行いました。■ 課題1:万能箱の製作今回が初参加となるYさんの作業。材料の2x6材はホームセンターでカットしたものです。寸法が決まっていれば、ホームセンターのカットサービスを受けるのも便利です。養生テープを押さえに使いましたが、やはりちょっと弱いようですね。■ 課題2:スツールの製作脚は2x4を割いて、2本にしますが、平行にするか斜めにするかは各自の技量に任せました。 [続きを読む]
  • 製作課題2:スツール
  • 2つ目の課題です。クラブの活動の際のイスとして使用します。■ 外観幕板と脚は相欠きにして組みます脚は上が太く下が細い形状にします座面の真ん中に持ち運び用のスリットを入れます幕板を接続しているアングル金具は今回は使いません。側面からビス留めします。■ 用途:イス、踏み台、作業台■ 材料:2x4(38x189mm)■ 寸法:外寸W400xD280xH420mm■ 木取り  ・座面:400x3=1,200  ・脚:(382+10)x2=782(2x4材 [続きを読む]
  • 第1回目活動報告です!
  • むさしのDIY工楽部の記念すべき第1回目の活動の報告だよ!メンバー1名を体調不良で欠きましたが、無事に第1回目の活動を終えることが出来ました。活動内容は今後の作業に使える「万能木箱」の作成です。2X6材を切断して、ビス留めするという簡単な作業ですが、各自持参した工具を使って、各自の手法で作ってもらうことで、段取りや工具の使い方の違いを参考にすることができるとともに、初心者にはアドバイスを行いました。使用 [続きを読む]
  • 製作課題1
  • さあ、初めての活動だよ!むさしのDIY工楽部の第1回目活動は、説明会でお話しました通り、ツーバイ材で作る万能木箱と致します。丸ノコの使い方を再確認するとともに、ツーバイ材の特徴などを学びたいを思います。クラブの活動日にはご持参いただき、作業台やイスなどに活用します。■外観私がDIYを初めて以来6年ほどの付き合いになります。何の変哲もない箱ですが、何かに重宝します。■ 用途:作業台、イス、踏み台、収納■  [続きを読む]
  • むさしのDIY工楽部が発足しました
  • 2016年4月11日 埼玉県内外から集まった4名を迎えて、初代メンバー5名にてむさしのDIY工楽部が発足しました。年齢は40代〜50代の全員男性です。相当に昭和くさい集団ですが、それぞれの胸に思いを秘めつつ、今月から活動を開始します。 ※むさしのDIY工楽部では、今後は随時入会を受け付けますので、お気軽に当ブログへ非公開コメントにて、ご連絡をお願いします。ワーイ、楽しみだなぁ〜 [続きを読む]
  • 会員募集の記事がドゥーパ!111号に載ったよ!
  • こんにちは、むさしの工人です。”むさしのDIYクラブ”の会員募集がドゥーパ!111号の「ドゥーパ!倶楽部」で紹介されました!「ドゥーパ!倶楽部」は読者からの投稿を紹介するページなんですけど、なんとか採用していただけました。4月10日(日)に川越市内で入会説明会を行いますので、お気軽にご参加ください。詳しくは3月7日の記事をご覧ください。 [続きを読む]
  • 工人流「DIYの遊び心」
  • DIYをいろいろやっていると、時々私のなかの遊び心が顔を出します。そんなときは、周囲とのバランスを崩さないように、少しお遊びをします。遊びの小道具は、旅行先で見つけた小物など【遊びごころ その1】内壁に時計内壁は断熱材が入っていませんので、ニッチなどを作ることが出来ます。リビングとキッチンの間にある壁をキッチン側からくり抜き、ムーブメントを取付け、リビング側の壁にアイアンナンバー(インド製をネットシ [続きを読む]
  • 工人流「隣家への配慮」
  • たくみ:ねぇ工人さん、デザイン・設計で「隣家への配慮が必要」で言っていたけど、具体的にはどんなことなの?工人:一言で言えば、「隣に住む人が、不快にならないような配慮をする」ってことかな?【例1】ウッドフェンス高さは2m弱とし、高すぎないようにしました。ただし、外壁の前はやや高めにし、こちら側を向いている窓を開けても、手前にあるウッドデッキから部屋の中は見えません。隣家側から見たビューも配慮しています [続きを読む]
  • 入会説明会の日程が決まりました
  • こんにちは、むさしの工人です。むさしのDIYクラブ会員募集用ブログに、お越しいただきありがとうございます。今年還暦を迎える生粋の昭和オヤジです。DIYは本当に楽しいですよ。ぜひクラブにご参加ください。まずは、気軽に入会説明会と言いますか、自宅および工房の見学会にお越しください!※自宅のハーフビルドや工房、ガレージのセルフビルドの様子はこちら      →奮闘!こだわりオヤジの家づくりhttp://gasing.blog10 [続きを読む]
  • 工人流デザインの決め方
  • デザインの選定 DIYの工程の中で、一番難しいのはデザイン・設計だと思います。デザイン・設計は使う資材や工具、技術レベルなど、施工に関するすべてを理解していないと出来ないからです。 DIYを始める頃は、それらの知識をほとんど持っていませんので、定番のデザインを模倣するしかありません。最初のうちはそれでもDIYは十分に楽しいのですし満足感もありますが、だれもがそうやって技術力と知識を蓄えていくのだと思います [続きを読む]
  • 電動工具の購入について
  •  DIYに限らず、プロの大工さんでも、今や工具特に電動工具は必需品です。資材もそれらの工具を使うことを前提にしている場合が多いので、作るものにもよりますが、それが無いと作れないと言っても良いと思います。しかし、素人がいきなり工具を揃えるわけには行きませんので、DIYへの興味が続くことを確認しながら、必要なものから揃えて行くことになると思います。何を買うべきか?まずはインパクトドライバ、丸ノコ、ジグソー、 [続きを読む]
  • DIYに必要な道具・工具 〜用途別〜
  • DIYの基本は木工に違いないと思いますが、アイアン加工やスプレーガンを使った塗装が出来れば、DIYの幅が広がると思いませんか?しかし、それが出来る機材と揃えるとなると、購入費用や作業場が問題になりますので、個人での所有はハードルが高いと思います。当クラブではこれらの機材も使える環境を提供します。1.アイアン加工  ・溶接機(写真右:SUZUKID製、SIM-120、ネットッショップ、3.5万円)私が購入したのは、ややコ [続きを読む]
  • DIYに必要な工具・道具 〜電動工具〜
  • 電動工具はDIY の出来/不出来を、大きく左右します。最初から一通り揃えたいところですが、金額も張るので、DIY への興味が続くことを確認しながら揃えていくことになると思います。私のDIY経験をもとにした使用頻度 ◎:とても良く使う ○:良く使う △:ときどき使う ×:あまり使わない1.切る  ・丸ノコ ◎      (日立工機製、C6UVY、ネットッショップ、2.2万円)  ・卓上スライド丸ノコ [続きを読む]
  • DIYに必要な道具・工具 〜手工具〜
  • 手工具という呼び方が正しいのかどうか判りませんが、電気やエンジンを使わない工具をリストアップしてみます。手工具は「測る」作業がメインになり、「切る」、「削る」と言った作業は電動工具に任せることになります。このことはDIY に限らず、プロの大工さんにも当てはまります。1.測る  ・メジャー(長さ)  ・モノサシ(長さ)  ・曲尺(長さ、直角)  ・スコヤ(直角、45度) ※お勧めです。  ・ノギス(厚さ、深 [続きを読む]
  • 今までに作ったもの 屋外編・その10 〜ガレージ工房〜
  • <ガレージ工房>ガレージ工房は、約40週、のべ日数約60日、期間1年2カ月のロングランとなりました。工期が長くなった最大の原因は、「重量鉄骨で骨格を組む」こと以外を決めずに、大まかな完成イメージのみでスタートしたことです。ある意味とても贅沢な、素人にしか出来ない作り方ですね。作り始めると、あちこちの作業で障害が発生するのですが、それを一つ一つ乗り越えていく楽しさを味わいました。実に面白い1年ちょっ [続きを読む]
  • 今までに作ったもの 屋外編・その9 〜レンガ壁〜
  • <レンガ壁>薪ストーブの炉台用に購入した白レンガが大量に余ってしまったため、敷地東側の田んぼとの境界に積むことにしました。たぶん、ブロックを積むためにコンクリート擁壁から突き出ていた鉄筋を切断し、レンガを擁壁の上に乗せていきました。A/Cの室外機の前は2段モルタルが、白レンガのヒビに浸み込み、見た目がイマイチしかも、曲がっています。レンガは正確な長方形に見えて、わずかに長辺が湾曲していました。完成( [続きを読む]
  • 今までに作ったもの 屋外編・その8 〜薪棚〜
  • <薪棚2つ>1号薪棚ブロックの上に枕木を置き、90mmの杉の角材や、ウッドデッキから剥がした2x6材などを使い、建築金具を使って頑丈すぎるくらい頑丈に作りました。完成直後2年後の様子屋根の突き出しが短すぎたために、余りのポリカ波板を継ぎ足し。それでもまた短い。2号薪棚ウッドデッキ前のスペースなので、本当は薪棚は作りたくなかったのですが、他に作る場所もないので、2号薪棚は撤去しやすい構造にしました。軽トラ [続きを読む]
  • 今までに作ったもの 屋外編・その7 〜庭排水性改良〜
  • <庭排水性改良>一度雨が降ると庭は水溜りが出来、しばらくはぬかるんだ状態が続く庭は、入居以来の悩みの種でした。なかなか、手を付ける順番が廻ってきませんでしたが、入居後4年目にして、ようやく決行しました。まずは、粘土質の土を10cmほど、削り取ります。次に、排水用のコルゲート管を瓦の上に敷き、その上に5号砕石を敷き詰めます。瓦をコルゲート管の下に敷いたのは、粘土質の土が穴に詰まって、排水能力が落ちるのを [続きを読む]