ひよこまめ さん プロフィール

  •  
ひよこまめさん: 自然栽培40年の畑2
ハンドル名ひよこまめ さん
ブログタイトル自然栽培40年の畑2
ブログURLhttp://ameblo.jp/lovely-vege/
サイト紹介文自然農法(無肥料)の野菜、バラ、田舎での自然なくらし、健康情報などを書いています。
自由文自然栽培、有機農業、統合医療などのデータのほか、無農薬バラや田舎あるあるなどのゆるい記事。繁忙期は不定期更新になりますが、よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 259日(平均1.9回/週) - 参加 2016/01/06 22:43

ひよこまめ さんのブログ記事

  • アロマテラピー(HT)の枝数が増えました( ´艸`)
  • 平成28年7月23日更新 強烈な頂芽優勢の性格をもち、枝数の増えにくいアロマテラピー。 例年ではがんばっても3、4本しか咲かないのですが、 今年はコツ的なものを偶然発見しました。 花後に長く伸びた主枝(右)とシュートが嵐で斜めに倒れたとたん、 左の一度休眠した枝が開花。 シュートも手ごろな高さでフッサフサなのです。 いままでは、一枝の頂点に一花でしたが、今回は8本つぼ [続きを読む]
  • シェードガーデンで薔薇のお酒を
  • 平成28年7月21日 居間から見える東向きのシェードガーデン (※網戸でぼんやりしています) ほぼ日陰だけど開花期がやってきました。  ラ・レーヌ・ヴィクトリアを  裏側からみたところにあり こんなふうにモジャモジャしてます。 アスチルベとアルスとロメリアがそろそろ咲きそう。 ヴィクトリアは花がとても多かったので  少しのお砂糖と焼酎に漬けてリキュ [続きを読む]
  • レディ・エマ・ハミルトンの二番花
  • 平成28年7月20日 レディ・エマ・ハミルトンの2番花が咲き始めました。 本に書いてあったとおり、柑橘とブドウと梨の混ざったような甘いフルーツの香り。 雨続きなので、さっそく 室内に飾りました。 一輪で部屋中いい香りです。 つぼみがたくさんあるので、まだまだ楽しませてくれそうです。 玄関前で開花すると、風向きによって芳香が入ってきます。つる薔薇みたいに良く伸びるところが本と [続きを読む]
  • 花畑
  • 平成28年7月3日 お花のきれいな季節が北海道にもやってきました。 生産主任でお花セラピストのビスコちゃんの花畑も見頃を迎えています。 セリンセ(プライド・オブ・ジブラルタル) お客さんや農園ボランティアさん、近所の具合の悪い人に差し上げたり。 小学校の美育のための活けこみ、家でいけばなを楽しむために 日頃からせっせと手入れをしているお花畑なのですが 黄花コスモス(わ [続きを読む]
  • 自然栽培バラ・無肥料で花つきが増える?
  • 平成28年6月25日更新 春に誘引したつるアイスバーグが開花してきました。 まだ平行に2本仕立て。 うつむいて咲くので、早く屋根まで伸ばして眺めたい。 先日は小雨の中、函館のpanzyさんがレタス狩りに。 函館は森より暖かく開花が早いのですが、 素敵なアーチ仕立てのグラハムトーマスなどバラ画像やメルヘンな小物をたくさん見せていただき、 栽培や剪定のお話しをしつつ、恥ずかしな [続きを読む]
  • ラ・レーヌ・ヴィクトリアが開花②
  • 平成28年6月 ラ・レーヌ・ヴィクトリアが咲きそろってきました。とても美しく香り高い品種です。カメラの技術はともかく、どの角度でも美しいお花です。 可愛いけど、切ると長持ちしないので収穫されずに庭を彩ってくれてます(*´ェ`*) 庭だと花持ちがとてもよく散り際までブルーイングもせず 1週間くらい咲いて、桜みたいに風で散りはじめます。ジャムにしようかな。ウォッカに漬けようかな。干してロー [続きを読む]
  • アロマテラピー(HT)の枝数が増えません・・・
  • 平成28年6月20日 「枝数を増やすのが難しい」と本にも書かれていたアロマテラピー。 新梢も新芽も銅葉というより真っ赤でかっこいい〜 樹高があまりにも高くなるので春剪定で短く切り詰めたところ、3本だった主枝から5〜8個の新芽が出、途中までは順調に分枝が進んだ♪ 去年のと比較。※シュラブやツルより伸びてるね。 あれ、思ったより簡単だったね? と・・・思ったけど、株の右側が急 [続きを読む]
  • ハマナスの咲く海
  • 平成28年6月16日 雨続き・・・ 函館では今日、震度6弱の大地震。 メールやお電話を頂きましたが、森町はちょっと離れているので 「どーん」という謎の音が聞こえただけで、そんなに揺れませんでした。 ご心配くださり、ありがとうございます。 3日前は、近所の電柱の何本かに雷が落ちて、 町内会では、うちの前の電柱以外、街灯が全部壊れて真っ暗。 みなさん、家電がやられて大 [続きを読む]
  • ラ・レーヌ・ヴィクトリアが開花
  • 平成28年6月10日 雨の中、今年の庭の一番花が開花しました。※北海道なので、本州より1ヶ月くらい遅いです。 ラ・レーヌ・ヴィクトリア作出:1872年 フランス系統:ブルボンローズ強香 濃厚で甘い香りは、シャンテ・ロゼ・ミサトと似ています。 一輪飾ると、部屋中が芳香でいっぱいです。 「高温多湿期は黒星病が出る」と本に書いてあったとおり、 植え付け2年目までは夏に下の葉っぱ [続きを読む]
  • 自然栽培バラのうどんこ病
  • 平成28年6月9日 4月半ばに蕾つき苗で購入したフレンチローズたち。 春の度重なる嵐(今年は3回きた)と5月下旬まで襲ってくる霜、6月初旬には雹が降り・・・ あっという間に粉まみれですΣ(゚д゚;)ラ・ローズ・ドゥ・モリナール 無農薬への転換期間では、今まで肥料や薬に頼っていた作物が無肥料の土壌環境に適応するまでに一時的に株が弱るので粉や斑点や虫がけっこう出てくる。 かわいそうだけ [続きを読む]
  • F・J・ショーモンが開花
  • 平成28年5月27日更新 4月に蕾み付き苗で購入したフレンチローズ、フェスティバル・デ・ジャルダン・ドゥ・ショーモンが先日開花しました。 ショップの画像で見るより、淡い色合いの個体のようです。 白地の花弁の中央にピンクと黄色のペイントが入っていて ほぼ、まんまるを保ちつつ花弁が膨らんではがれてきます。 白だと思っていた花弁が重なると、全体にアプリコットを帯びてみえてきます。中 [続きを読む]
  • 自然栽培 スイートコーン
  • 平成28年5月26日更新 ご無沙汰しています。 春の猛烈な嵐に続き、先週と今週またまたやってきた暴風雨で、 山の斜面の畑のトンネルマルチが全体的に剥がれて飛んでいき、 植えつけたばかりのかぼちゃの苗も吹き飛んで、エライめに遭いました(´;ω;`)ブワッ↑トンネルマルチ・自然栽培じゃなく一般圃場の過去画像です。 画像のように平地のところは良いのですが、 山の斜面の畑はスキー場のファミ [続きを読む]
  • 2016年フレンチローズ新品種
  • ID:hh5596平成28年4月27日 フレンチローズの今年の新作が発表されました。 国際バラとガーデニングショーに出店のはなはなショップさんのブログで見られます↓http://www.hanahana-shop.com/SHOP/g21170/list.html 新作ではないけど、個人的には「プティ・カドゥ」シリーズの「フェ・クロシェット」(鈴の妖精)が気になってます。  ブログ村の自然農法ランキングに参加しています。 画像 [続きを読む]
  • 自然栽培でバラ庭づくり・展葉期です。
  • 平成28年4月 26日 ようやく硬い新芽から、葉っぱが開いてきました。 展葉期はシンクイムシやハマキムシがでてくるのでちょっと苦手な時期です。 先日スプレーしたハーブやスパイスが効いているか確かめてみます。 レオナルド・ダ・ヴィンチ(半日陰) 天然のオイルやスプレーは農薬ほど顕著な効き目はありませんが、だいたいきれいに葉っぱが開いています。 ひらき方がおかしい数枚には [続きを読む]
  • 自然栽培・かぼちゃ苗の定植
  • 平成28年4月26日 かぼちゃ苗の定植が今日からはじまりました。 奥に見えるのは、北海道駒ケ岳。 山と森に囲まれた畑で、無農薬・無肥料栽培です。今日は、函館から自然栽培の応援ボランティアさんがふたり来て定植を、 福祉施設の大勢の皆さんは、苗を箱につめる作業を手伝ってくれました。 土に座ることができないほどの潔癖症の方も、最後までがんばってくれました。 皆さんのおかげで、き [続きを読む]
  • バラの大苗をお迎え
  • 平成28年4月21日 冬の間に予約していた、大苗が届きました。いよいよ今年から、自然栽培のバラ園計画を開始します。ラ・ローズ・ドゥ・モリナール、シャンテロゼ・ミサト、リパブリック・ドゥ・モンマルトル、レディ・エマ・ハミルトン、レディ・オブ・シャーロット、ジャルダン・ドゥ・フェスティバル・ドゥ・ショーモン、ボレロ。 無農薬で育てるので、病害虫耐性の強いものを各社から選びました。 本当は [続きを読む]
  • 大沼の白鳥 2
  • 平成28年4月20日 きょうは、農園カメラマンHigeの野鳥写真で和んでください。 シベリアへ飛び立っていった大沼の白鳥たちの写真です。どうして、わざわざ寒くてつらそうなところへ飛び立つのかな。理由はわからないけど、たのしそう。元気に飛び立って、帰ってきてほしいね。来年も会おうね。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 嵐が過ぎ去って、ひと安心。みんなでゴミ拾いをしました。 吹き飛んできた近所の屋 [続きを読む]
  • 暴風雨で損壊!
  • 平成28年4月19日17日の深夜、暴風で眠れないくらいの騒音が続きました。ズバーン!バリバリーン!!ゴシャーン!! ゴシャーン!! ゴシャーン!! 何かが激しく壊れて飛んでいくのがわかりましたが、怖くて外に出られない。朝、農業倉庫の大型農機の搬入口のシャッター2つ、鶏小屋の屋根、ネコ用温室の屋根が吹き飛ばされたのを確認。かぼちゃの育苗ビニールハウスも、入り口が壊れ、苗が吹き付けられて大変なことに [続きを読む]
  • 自然栽培・赤ルバーブの選抜
  • 平成28年4月18日熊本の地震。。。一日も早く、皆さんが平和な日常に戻れますように。知人も多い地区なので、毎日心配です。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇去年移植した赤ルバーブが芽吹いてきました。ルバーブは茎をお砂糖で煮込むと、桃やアプリコットに似た爽やかな果物の香り、酸味とコクのある味わい深いジャムができます。※1シュウ酸を含み、銅やアルミと化学反応するので、必ずステンレスかホーローの鍋を使用する。※2葉っ [続きを読む]
  • 自然栽培でバラ庭づくり ②病害虫の対策
  • 平成28年4月15日自然栽培は、無農薬に加えて肥料も使用せず、土作りは植物のちからで排水、保水など物理性の改善するなどにとどめ、作物本来の能力や強さを引き出して育てる方法です。害虫と呼ばれる虫たちは、過剰な肥料分を与えられた植物から発散される硝酸態チッソ、未分解の動物肥料の分解過程で出来るアンモニア態チッソ、衰弱した植物から放出されるエチレンガス、落葉前の黄色い葉などを好んで飛来するので、過剰な [続きを読む]
  • 自然栽培の玉ねぎを太らせる・剪葉
  • 平成28年4月13日玉ねぎの苗が伸びてきました。玉ねぎを早く太らせる農家さんの技には、「剪葉」(せんよう)というものがあります。玉ねぎの幼苗は草や虫に弱いので、ベッドにばら蒔きし、乾くたびに水をたくさんやって管理するのがいちばん楽な方法なので、当園でも山土のベッドで育てています。長さが20cmくらい(農家さんによって長さが違う)になったら、葉先を12、3cmくらいにカットします。切られると、苗は [続きを読む]
  • 自然栽培でバラ庭づくり ①防虫スプレー
  • 平成28年4月12日作業の間につるバラの誘引と防虫スプレーの散布をしました。肥料を使わない自然栽培では、日陰のバラでも病気は滅多に発生しないため、管理は虫対策が中心です。夏はこんな感じのシェードガーデンで、日照は午前の4時間程度です。(裏側)ラ・レーヌ・ヴィクトリアを誘引。開花期のようす。ラベンダーの株元にトレリスを設置してみました。(表側)日陰のバラは細胞が軟化し、害虫が来やすいので、昨年つく [続きを読む]