canaria さん プロフィール

  •  
canariaさん: Fleurage(窓口)
ハンドル名canaria さん
ブログタイトルFleurage(窓口)
ブログURLhttp://lunefleurage.blog.fc2.com/
サイト紹介文耽美寄りの暗めのファンタジー連載してます。 相互交流してくださる方募集中です。
自由文web活動中心に、時々COMITIAに出たりなんかしています。
森を舞台にした生と性のお伽噺「千年相姦」5月より連載開始予定。官能要素強めの暗めのファンタジーがお好きな方はぜひお立ちよりください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/01/07 20:15

canaria さんのブログ記事

  • お知らせいろいろ
  • 皆様こんにちは。ご無沙汰しております。お元気でお過ごしでしょうか。今日はお礼とお知らせを兼ねて更新です。まずは「侵蝕恋愛Ⅴ」のダウンロード及び応援のお言葉を誠にありがとうございました。既刊をちらほらダウンロードしてくださっている方々もいらっしゃるようで、こちらもありがとうございます。おそらくブログのお友達のどなたかだと思うのですが、この場を借りて御礼申し上げます。それから、LINEスタンプですね、こち [続きを読む]
  • 「侵蝕恋愛Ⅴ 歴史の花冠」ダウンロード頒布開始いたしました
  • 〈STORY〉 『セイレン』と接触したことでケイの秘められたる過去と記憶が急速に解き明かされていく。 彼が孤児院『太陽の家』で見たものとは。 彼はセイレンの姿に何を見るのか。 物語は最終章へ向けて加速していく。pixivBOOTHにて「侵蝕恋愛Ⅴ 歴史の花冠」ダウンロード頒布開始いたしました。ブログで連載していた番外編「侵蝕恋愛 side storyⅢ 双卵少女」をお読みいただきますといっそう楽しめる内容になっておりますが、そ [続きを読む]
  • 「千年相姦」連載いったんお休みします
  • みなさんこんにちは。いつもご訪問、コメント、拍手など本当にありがとうございます。これまで1日と15日に更新させていただいていた「千年相姦」の連載ですが、「侵蝕恋愛」執筆に集中するため、いったんお休みさせていただきます。すみません。ほとんど交流できていないにもかかわらず、自分のブログにだけ来ていただいたり、作品を読んでいただくのが申し訳ないというのもあります。皆様に不義理を重ねてしまうこと申し訳ない限 [続きを読む]
  • 「侵蝕恋愛Ⅳ」ダウンロードありがとうございました
  • 皆様先日は「侵蝕恋愛Ⅳ」頒布開始にあたり、ダウンロード及び?マークポチ及びお祝いのコメントの数々誠にありがとうございました。わたしがこうして作品を書き続けることができているのはひとえに皆様のご声援と応援があってのことです。皆様には感謝してもしきれません。作品を作り続けることが皆様のお心遣いへ対する最大の恩返しと信じ、これからも創作道に邁進する所存でございます。小説頒布直後ではございますが、すぐに「 [続きを読む]
  • 「侵蝕恋愛Ⅳ 恋人たちの契約」ダウンロード頒布開始いたしました
  • 〈STORY〉 『孤児院日誌』。 一人の男による手記が波紋を投げ掛けケイを過去へとからめ取る。 恋人たちはそれぞれの空白を埋め合うように互いを束縛し、依存し合う。 ケイの失われていた過去と記憶が徐々に明らになっていく。その前哨戦。pixivBOOTHにて「侵蝕恋愛Ⅳ 恋人たちの契約」ダウンロード頒布開始いたしました。COMITIA110で発行した番外編「侵蝕恋愛 side story fourteen years old」と一部リンクする内容になっており [続きを読む]
  • 『千年相姦』二章 『クルルー様の冒険譚』 第八夜 ニゲル襲来(3)
  • 今までのクルルー像は実はニゲルだった。衝撃の事実が明らかになった前回。皆様お忘れかもしれませんが(管理人も忘れてた)、クルルーは養親レフィナの顔を見せてもらうべく「クルルー様の冒険譚」を語り聞かせていたのでした。同じベッドの中で。内容に満足したら見せてねって条件で。語りが終わったので視点は現在に戻り、早速クルルーはレフィナに感想を求めているようですが果たしてその反応は……。クルルーがなぜ執拗にレフ [続きを読む]
  • 前年度の反省と来期の目標とかお知らせとか
  • 今日は春分の日。調べによると昼と夜の長さがほぼ同じになる日だそうですが昼のほうが14分ほど長いそうです。でもまあこんな風にして春めいてくるんですね。二十四節気偉大。前年度はブログスタイル変更に伴い皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけしてしまいましたが、おかげさまでというかなんというか個人的には非常に快適に過ごさせていただいております。余裕が出てくるとコメント欄の完全解放を……と思わないでもないのです [続きを読む]
  • 『千年相姦』二章 『クルルー様の冒険譚』 第八夜 ニゲル襲来(2)
  • 「コロンと交配した」ニゲルの口から衝撃の事実を打ち明けられたクルルー。そのことによってクルルーの世界は崩壊してしまったようです。代わりに今回はニゲルが独白してくれているようです。ん……? ニゲル?皆さん薄々勘付いておられたかと思いますがニゲルこと「彼」の独白をお楽しみいただければと思います。それでは、どうぞ。【今回登場する登場人物】ニゲル?二章 『クルルー様の冒険譚』 第八夜 ニゲル襲来(2) コロ [続きを読む]
  • 『千年相姦』二章 『クルルー様の冒険譚』 第八夜 ニゲル襲来(1)
  • 「第八夜 ニゲル襲来」突入です。ニゲルにもたらされた「繁殖成績」という尺度、クルルーとニゲルの関係性の謎。様々な疑惑を孕みつつ、今回急展開を迎えます。佳境を迎える第二章、どうぞお楽しみください。それでは、どうぞ。【今回登場する登場人物】クルルー(17歳)コロンのママチコ(18〜9歳)ニゲル(18〜9歳)二章 『クルルー様の冒険譚』 第八夜 ニゲル襲来(1) コロンとの仲は険悪になっていく一方だった。その一 [続きを読む]
  • 今日は猫の日
  • 「第八夜 ニゲル襲来」突入です。ニゲルにもたらされた「繁殖成績」という尺度、クルルーとニゲルの関係性の謎。様々な疑惑を孕みつつ、今回急展開を迎えます。佳境を迎える第二章、どうぞお楽しみください。それでは、どうぞ。【今回登場する登場人物】クルルー(17歳)コロンのママチコ(18〜9歳)ニゲル(18〜9歳)二章 『クルルー様の冒険譚』 第八夜 ニゲル襲来(1) コロンとの仲は険悪になっていく一方だった。その一 [続きを読む]
  • 題名未設定のメモ的漫画まとめ
  • 「第八夜 ニゲル襲来」突入です。ニゲルにもたらされた「繁殖成績」という尺度、クルルーとニゲルの関係性の謎。様々な疑惑を孕みつつ、今回急展開を迎えます。佳境を迎える第二章、どうぞお楽しみください。それでは、どうぞ。【今回登場する登場人物】クルルー(17歳)コロンのママチコ(18〜9歳)ニゲル(18〜9歳)二章 『クルルー様の冒険譚』 第八夜 ニゲル襲来(1) コロンとの仲は険悪になっていく一方だった。その一 [続きを読む]
  • 続き(7)
  • ひとまずこれで終了です。またきりのいい所までネーム練ったら続きupします。後日この漫画をまとめた記事も上げますね。ここまでご覧いただきありがとうございました。 [続きを読む]
  • 『千年相姦』二章 『クルルー様の冒険譚』 第七夜 チコ(3)
  • 【これまでのあらすじ】『交配の旅』から七年ぶりに〈千年森〉に帰郷してきたクルルー(キトゥン・18歳)。養親・レフィナ(自称ニンゲン・年齢不詳)との再会を喜ぶのも束の間、七年の月日は一人と一匹を大きく隔てる。そんな中クルルーが「レフィナを(寝物語で)満足させることができたら、レフィナの顔を見せてもらっていい?」と話を持ちかけ自らの旅の話、題して『クルルー様の冒険譚』を語り出す。ここまでが第一章。そして [続きを読む]
  • バレンタイン2017
  • 【これまでのあらすじ】『交配の旅』から七年ぶりに〈千年森〉に帰郷してきたクルルー(キトゥン・18歳)。養親・レフィナ(自称ニンゲン・年齢不詳)との再会を喜ぶのも束の間、七年の月日は一人と一匹を大きく隔てる。そんな中クルルーが「レフィナを(寝物語で)満足させることができたら、レフィナの顔を見せてもらっていい?」と話を持ちかけ自らの旅の話、題して『クルルー様の冒険譚』を語り出す。ここまでが第一章。そして [続きを読む]
  • 続き(4)
  • 続く【登場人物紹介】 アシュリーこの物語の主人公。褐色の肌。黒髪・青い瞳。〈イ・ソル〉の貧民街で生まれた。人の気持ちを想像することのできない青年で街中の嫌われもの。性格的なものというより脳の器質的な問題からくるもので他人とのディスコミュニケーションが常につきまとう。しかし本人はそのことにすら気付いていない。幼い頃に両親を殺害している。しかし証拠がないため事故と片付けられた過去をもっている。一方で常 [続きを読む]
  • 昨日の続き
  • 続く皆様昨日は拙い落書き漫画にご感想や拍手ありがとうございました。ゆっくりペースですが皆様のブログの記事も読ませていただいております。コメント返信明日させていただきますね。ここまでお読みいただきありがとうございます。 [続きを読む]
  • マグダレア
  • またの名を憂いの聖女。またの名を聖王リアン。「侵蝕恋愛」のスピンオフ的作品のヒロイン。第26代目くらいのごくごく初期の〈イ・ソル〉の聖王。長らく行方不明となっていたが(50年ほど)、ある日突然戻ってきた。伝説的存在の聖王で実在自体が疑われており彼女を題材にとった舞台や歌劇が現在では数多く披露されている。(ケイも彼女をモチーフにした舞台や物語を見聞きしているはず)行方不明になった理由は後日落書きと共に記 [続きを読む]
  • 落書き セイレン
  • またの名を憂いの聖女。またの名を聖王リアン。「侵蝕恋愛」のスピンオフ的作品のヒロイン。第26代目くらいのごくごく初期の〈イ・ソル〉の聖王。長らく行方不明となっていたが(50年ほど)、ある日突然戻ってきた。伝説的存在の聖王で実在自体が疑われており彼女を題材にとった舞台や歌劇が現在では数多く披露されている。(ケイも彼女をモチーフにした舞台や物語を見聞きしているはず)行方不明になった理由は後日落書きと共に記 [続きを読む]
  • ブログ再開にあたって
  • 皆様先日は身勝手なお願いにもかかわらず記事をご覧くださりありがとうございました。メッセ下さった方々もありがとうございます。ブログ再開の日取りが決まりましたのでお知らせさせていただきます。◆連載小説「千年相姦」毎月1日と15日更新更新回数が減る分一回分の文字数が増えてしまいます。(五千字前後)ご了承ください。コメント欄を閉じた理由ですが詳しい内容をこちらに示しておりますのでよければこちらものぞいてみて [続きを読む]
  • 【お知らせ】ブログ再開のお知らせ
  • 広告が出てしまってましたね。すみません。皆さんお元気でお過ごしでしたでしょうか。休止中にも関わらず毎日足跡残してくださった方々、お声がけ下さった方々、また見守ってくださった方々、本当にありがとうございました。いつまでも引きこもってばかりいる訳にもいかないのでブログ再開することにしました。とはいってもこれまでとは異なるスタンスで再出発することになりそうです。いろいろ考えたのですが、わたしの能力や性格 [続きを読む]
  • 【お知らせ】休止中のこのブログについて
  • 皆様先日はお忙しいなか温かいお言葉の数々誠にありがとうございました。このブログはひとまずの休止に入りますが、今後の皆さまのご健勝とご多幸を陰ながらお祈りしております。休止中のこのブログについてのご案内です。◆休止中の訪問&コメントについてペースは落ちてしまいますが引き続きさせていただきたく思っております。一ヶ月に一回とか三ヶ月に一回とか場合によっては半年に一回などの頻度になってしまうかもしれません [続きを読む]