山下康一 さん プロフィール

  •  
山下康一さん: 絵と旅
ハンドル名山下康一 さん
ブログタイトル絵と旅
ブログURLhttp://etotabi.exblog.jp/
サイト紹介文国内外を旅しながら、主に水彩と墨で風景を描いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/01/09 15:44

山下康一 さんのブログ記事

  • 対談終わる
  • 世界的に活躍されている新国立劇場の合唱指揮者・三澤洋史氏と、同じく世界的にご活躍の潮賞受賞作家・角皆優人氏との対談を、先日白馬村で行いました。音楽、文学、美術、そして宗教についての対談は8時間以上に及び、内容を要約してこの秋にアマゾンのKindleから出版されます。詳細は改めてご案内させて戴きます。ご関心のおありの方はどうぞご覧下さい。... [続きを読む]
  • 松本の個展が終わって
  • お陰様で松本市で初めての個展、井上百貨店の展示が終了致しました。お越し下さいました方々には心より御礼申し上げます。ここで今後の予定をご紹介させて戴きます。次の個展は穂高有明のギャラリー縁縁さんで、水彩・墨・パステル・色鉛筆、具象・抽象・想像画の小品展を行います。こちらは特別価格で展示即売になります。9月16日(金)〜27日(水) 休み... [続きを読む]
  • 井上百貨店個展
  • 本日井上百貨店の個展の搬入に行ってきました。飾り付けた作品はサムホールから80号まで全51点。水彩画、墨絵、信州及びドイツのスケッチを提示しています。会期は明日水曜日から8日火曜日まで。時間は午前10時から午後7時、最終日は午後4時で終了になります。皆様のお越しをお待ち致しております。井上百貨店ホームページ... [続きを読む]
  • 『おにころ』から対談へ
  • 創作ミュージカル『おにころ -愛をとりもどせ-』を、高崎市の群馬音楽センターで観てきました。素晴らしい作品でした。中心になるテーマは、「人はなぜ生きるのか」「ひとりひとりの人間の価値はどこにあるのか」はじめに現代の子供達の下校風景から始まります。スマホをいじりながら下校する子供達。いじめられて「自分なんか生きている価値がない」と泣く子ども... [続きを読む]
  • 独り立ちした絵
  • 新国立劇場の合唱指揮者・三澤洋史さんのホームページに、私のドイツの絵を掲載して戴きました。三澤さんはワーグナーの聖地バイロイトでもお仕事をされていた、世界的にご活躍の指揮者・作曲家です。7月25日付の記事に感想などを詳しく載せて下さいました。ご興味がございましたら下記まで。三澤洋史ホームページ [続きを読む]
  • バリ島にて 5
  • ホテル近くの集落の入口にゲートがあり、その裏側にはバリ語で「ありがとう」の文字が。この家ではこれから結婚式が行われるそうです。子供が汗びっしょりになって、バリの獅子舞を踊ってくれました。道に干されたお米は鳥たちの食べ放題。... [続きを読む]
  • バリ島にて 4
  • 絵もとても素晴らしいものがありました。こちらは比較的現代の作家のものです。私は古いものに特に惹かれました。最も古い絵は400年前のものがありました。しかし古いものは撮影禁止でした。 [続きを読む]
  • バリ島にて 3
  • バリ島内陸部のウブドの美術館に行って来ました。余り期待はしていなかったのですが、思いの外素晴らしい内容でした。多くは神々や戦を題材にしていた様ですが、そのほのぼのした表現に思わず笑みがこぼれました。 [続きを読む]
  • バリ島にて 3
  • バリ島内陸部のウブドの美術館に行って来ました。余り期待はしていなかったのですが、思いの外素晴らしい内容でした。多くは神々や戦を題材にしていた様ですが、そのほのぼのした表現に思わず笑みがこぼれました。 [続きを読む]
  • バリ島にて 2
  • バリ島に来ています。今は確か乾期のはずですが、毎日降ったり晴れたりしています。そんな様子を眺めています。バリ島のゆったりした時間の流れの中で、本を読み書き物をして過ごしています。今回はまるで避暑に来たかの様な涼しさです。毎日通う村の道には、数えきれない程の寺院があります。そして毎日同じ村人たちと... [続きを読む]
  • バリ島にて 1
  • 先週からバリ島に来ています。こちらはさぞかし暑いだろうと思って来たのですが、ずっと雨続きで半袖では肌寒いくらいでした。昨日からやっと晴れて暑くなりました。今回の滞在は九日間。第一の目的は妻が世界的に有名なヒーラーの指導を受ける為、毎日その送り迎えをする事です。そして妻が指導を受けている間は私はホテルで書き物をしています。ヒーラーの指導は全... [続きを読む]
  • バリ島にて
  • 三度目のバリ島に来ています。今回の主な目的は、妻が世界的に有名なヒーラーのレッスンを受けるので、その送り迎えなどです。猛暑の日本を発って常夏の島に来たと思ったのですが、バリ島はずっと雨続きで、半袖では肌寒いくらいでした。四日経ってようやく晴間が出る様になり、汗もかくようになりました。妻がレッスンを受けている間は私は特に用事は無いので、... [続きを読む]
  • バリ島にて
  • 三度目のバリ島に来ています。今回の主な目的は、妻が世界的に有名なヒーラーのレッスンを受けるので、その送り迎えなどです。猛暑の日本を発って常夏の島に来たと思ったのですが、バリ島はずっと雨続きで、半袖では肌寒いくらいでした。四日経ってようやく晴間が出る様になり、汗もかくようになりました。妻がレッスンを受けている間は私は特に用事は無いので、... [続きを読む]
  • 昼食会のお誘い
  • 新国立劇場で合唱指揮者をされている三澤洋史さんと、プロスキーヤーで小説家の角皆優人さんとの昼食会が、8月6日の日曜日に白馬村のレストランで開かれます。音楽、文学、美術について色々話してみませんか。昼食会の後は松本市に移動して私の個展を観て戴きます。どなた様でもご参加戴けますので、ご関心のおありの方はご連絡下さい。 [続きを読む]
  • 個展の予定
  • 2017年の個展予定(詳細は各ホームページをご覧下さい)8月2日(水)〜8日(火) 長野県松本市・井上百貨店水彩画、墨絵、スケッチ、合わせて50点を展示致します。9月16日(土)〜27日(水) 長野県安曇野市・ギャラリー縁縁具象画と抽象画の小品のみを、特別価格で展示即売致します。9月27日(火)〜10月1日(日) 長野県松本市・松本市美術館... [続きを読む]
  • ホタル
  • 先日一年半振りに泊まりの坐禅会に参加して来ました。前回は僧形になって安曇野を托鉢して周りましたが、今回はひたすら坐りました。さすがに足が痛くなりました。私が坐禅を始めたのは絵の道に進もうと決心した33歳からです。4年間曹洞宗のお寺に通いました。その後アルバイトや引越しの関係で幾つかの坐禅会に参加し、今回参加した会は確か十数年前から参加して... [続きを読む]
  • ワルキューレを観る
  • ワーグナーのオペラ・ワルキューレを名古屋で観て来ました。演奏は愛知祝祭管弦楽団、指揮者は三澤洋史さんです。愛知祝祭管弦楽団のみなさんは専門教育を受けた方はいないそうです。それでワーグナーの5時間にも及ぶ楽曲をプロ以上に演奏されました。その情熱と純粋さに本当に涙が止まりませんでした。指揮者の三澤さんは新国立劇場の合唱指揮者で世界的にご活躍です。ワ... [続きを読む]
  • 穏やかな暮らし
  • 松本に引っ越して来てから、気がつくと私の生活は変わっていました。今までは制作と生活に追われ、何かと対外的な事に煩わされ続けていたのですが、すっかり穏やかな生活に変わりました。家がとても広く自然に囲まれ静かで、その上ご近所さんと大変仲良くさせて戴いています。以前は画家と言うだけで警戒され疑われていましたが、今はワークショップにたくさんのご近所さ... [続きを読む]
  • 外でスケッチ
  • 外でスケッチするのが楽しい季節になりました。今年の桜は一週間ほど遅く、ちょうどゴールデン・ウィークと重なりました。山の雪はとても多くて、雪形はまだ3月末くらいの様子です。信州に住んで三十年以上になりますが、これは初めての経験です。ここはカレンダーにも良く使われる白馬村の有名な公園。この公園にはこの時期常時30人位の人がいる... [続きを読む]
  • スケッチをしていると
  • 信州にも春が来て、安曇野も桜が満開になりました。梅も菜の花も桃もタンポポも一斉に咲いています。スケッチの季節です。ところで外でスケッチをしていると時々背後から「指導」を受けます。これはどうやら日本人特有の習慣の様で、海外でスケッチをしていて現地の人に指導を受けた事は一度もありません。今でも記憶に残るお話を二つご紹介します。白馬村の... [続きを読む]
  • 長野市で作品展
  • 山下康一作品展『山を描く』会場:いろは堂新館いろはな2Fギャラリー   (長野市鬼無里、国道406号線沿い)    グーグル・マップ期間:4月12日(水)〜5月1日(月)   (入場無料、火曜日休館)時間:午前9時〜午後4時まで。   (初日は午後1 時から、最終日は午後3時まで)作者在廊日:4/12,15,16,22,23... [続きを読む]