砦 圭一 さん プロフィール

  •  
砦 圭一さん: そろそろマリアージュのお時間です
ハンドル名砦 圭一 さん
ブログタイトルそろそろマリアージュのお時間です
ブログURLhttp://ameblo.jp/dstory/
サイト紹介文結婚ならいつでもできるさ、そう思わせてくれる人がいないんだよ。なんてもう言ってらんない…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 255日(平均0.2回/週) - 参加 2016/01/10 02:06

砦 圭一 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • すたば2
  • 声をかけようか・・・ちらりと隣を見るとその女性はスマホをいじっていた。見といてくださいというべきPCもないしそれに代わるようなモノもない。でもよく見ると彼女はそれほど綺麗なわけでもないただ単に香りがいいというだけだ。たまにこういう、なんで?という突発的な恋の悪戯に翻弄されるときがある。コンビニの店員さんにお釣りを渡されたとき触れた手の感触がとてつもなくキュンとするものだったりして長続きするはずもな [続きを読む]
  • すたば1
  • 土日の仕事が終わり僕は本を買うために八重洲に行った。2,3冊仕事関係の目当ての本を見つけて少し選ぶのに時間をかけたがどうせなら全部買ってしまえとすべて購入した。ある程度収入ができてからというもの僕は迷ったら両方買ってしまうようになっていた。それは洋服の時は特にそうだった。色違いなんぞは両成敗だ。たまに恋も同じなんじゃないかなと思うのは特に恋が終わりそうなときだったどちらの女性か二人の候補から一人に [続きを読む]
  • ロングキス・グッバイ
  • ラジオから古い曲が流れていた。どこもいいとこがない彼氏が大好きなんだけどどうやら振られそうだそんな歌さんざん彼氏の悪口をたたいてでも好き、捨てないで、と。苦笑いしてしまう歌詞だけどなんだか突き刺さる恋は盲目。そうなんだよ、たしかになんでもよく見えてくるんだ坂道を転げ落ちるようにいつも転がり始めたら止まらないそしていつの間にかドはまりしていてそのときにはすでにもう遅い第一印象、「さいあく」でもいつの [続きを読む]
  • 時計
  • 今年は何かを変える。もちろん最大の目標は結婚だけれど仕事も生活も根底に置くのはあきらめないということそうやって僕は決意していた大学時代に二十歳そこそこの僕は大してその価値も知らず社会人の彼女から高級時計をプレゼントされた別れてもモノに罪はないと以来ずっと付け続けていた時計だったけれどとうとう自分で稼いだ金で高級時計をはめることにしたひとつの僕の中の決意表明、として。時計に詳しい友人と時計屋回りをし [続きを読む]
  • たぶん神様から
  • まだ2015年の時間のロスタイムみたいな年末にすべりこみで1つの出会いが僕にプレゼントされたたぶん神様から。一目惚れとはまた違うなにか・・・でも尋常ではなくじわじわと惹かれるなにかそんなものを彼女に感じた。人生をかけて頑張ってみろよなんだかそういう信号が僕には届いていたたぶん神様から。親しい友人のつながりで僕は彼女に出会い時間が過ぎるのを忘れるくらいみんなで楽しい会話をした後で東京タワーのライトアップ [続きを読む]
  • Face
  • なぜ顔といものがあるんだろう。人にだけではない生物にはなぜ顔というものがある?顔に美醜があるのはホモサピエンスだけかそれを証明する術を僕ら人間は持たない何に惹かれて引力に身を任せるのかどう変化して人の顔の好みが生まれてきたのか不思議なのは万人共通ともいえる意識が存在することだなぜ幼稚園児が美人な先生のもとへ走るのか小学校低学年児が明らかにかわいい子にちょっかいを出したがるのかそもそも美人とはなぜ美 [続きを読む]
  • 過去の記事 …