いけな さん プロフィール

  •  
いけなさん: 中学受験の裏側から
ハンドル名いけな さん
ブログタイトル中学受験の裏側から
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ike_ike_ikena
サイト紹介文中学受験塾の日能研で講師として算数を教えていて思うことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 360日(平均1.0回/週) - 参加 2016/01/10 10:30

いけな さんのブログ記事

  • ブログ村登録
  • ブログ村登録してみました。よろしくお願いします。[[img(http://education.blogmura.com/sugaku/img/sugaku88_31
    .gif)]][http://education.blogmura.com/sugaku/ranking.html にほんブログ村 教育ブログ 算数・数学科教育へ(文字
    を )][img(http://juken.blogmura.com/juken_juniorschooljuku/img/juken_juniorschooljuku88_31.gif)]][http://juken.blogmura.com/juken
    _juniorschooljuku/ranking.html にほんブログ村 受験 [続きを読む]
  • 割合の学習
  • ちょうど6年生が今週割合なので割合について基本的なことを記事にしてみます。割合とは「何倍か」 です。 50%=0.5 3割5分=0.35 みたいな計算をよく学習しますがより正確に言えば50%は0.5倍のことだし3割5分は0.35倍のことです。「今日は50%だ」とか「今年は3割5分ね」なんて使い方はしませんよね。割合はなにかと比べるときに、それも何倍かを表すときに使う表現です。割合の単元は五年生の夏休み前からですが考え方の基礎は五年 [続きを読む]
  • 方程式について
  • どうもお久しぶりです。実は会社から注意を受けました。来期の契約までちらつかされました。カリテの講評はあまりよくないようです。なので別の形でお役に立てる記事を書いていくことにします。よく中学受験の○○算を覚えるくらいなら方程式を教えた方がいい という主張をされるかたがいます。その方が将来も使えると。方程式が近い将来使えるのは間違いありません。そして中学受験の文章題をすべて方程式で解けるくらいまで習熟 [続きを読む]
  • 3/5実施5年生カリテ算数
  • 5年生カリテについて1から5の5題構成でしたが4と5は優先度が低めの問題になります。数の性質と呼ばれる単元でそのうちの代表的な問題が4、5ですがこれはいまできなければいけないわけではありません。というかそれ以上に1〜3がとても重要になります。公約数、公倍数などがしっかり理解できていないと今後分数で大変です。ということで1〜3を中心にやりなおしておきましょう。そういえば今回の応用のラストは難しかったですね。今 [続きを読む]
  • 3/6実施6年生カリテ
  • 今回は数の性質からの出題でした。この単元は紛らわしいというのが1つの特徴です。テキストで解いたときは出来ていたのにテストで出来なかったのは順番に並んでいないから。なぜその解き方をするのか問題から判断できるようにならないといけません。それが顕著なのが大設問2ですね。ここをポロポロ落としている子は問題の区別がついていない可能性があります。テスト前に範囲の考えよう、深めようにはどんな問題があってそれはど [続きを読む]
  • 通塾のタイミング
  • 久しぶりの更新です。授業コマ数多くて、今日が久しぶりの休みでした。休みだから旅行してたのでブログ放置でした(笑) さて通塾のタイミングについて受験勉強は4年生からで間に合います。3年生の間はまだ知識という点においてほとんど差がついてないです。しかし四年生から学校の学習の発展的な内容になるので4年生までには始めるべきです。受験勉強は4年生後期からがちょうどいいです。前期はまだ学校の内容を少し発展的にした [続きを読む]
  • 2/28実施6年生公開模試(後日注意)
  • 6年生の公開模試で大事なのは1.1番の計算、単位換算の得点率2.最近習った部分の得点率3.典型題の得点率まず計算・単位換算がどのくらいできているか確認しましょう。毎回この部分で点数を落とす子は入試でも同じことをします。らくに点をとれるところを落としていては合格は掴めません。最近学習した部分にあたるのが2(1)(4)(5)(6)5、7(5は難易度が高いので大設問2が出来ているか確認。7については後述)とくに正当率の低い2(6)です [続きを読む]
  • 2/20実施4年生カリテ算数
  • 四年生のカリテ算数について大設問1.2は引き算、わり算の意味を考える問題でした。文章題の数字の意味を考えるというのは四年生通しての目標です。よく復習しておきましょう。大設問3は基本的な計算です。しばらく計算が続きますがしっかり練習して出来るようにしていきましょう。大設問4は文章題です。難しいものも混じっていましたね。余裕があればやり直しておきましょう。大設問5は虫食い算でした。わり算の虫食い算はかなりレ [続きを読む]
  • 2/20実施5年生カリテ算数
  • 5年生のカリテは難しかったですね。難しかったですよね?小数で稼いでないと辛そうです。共通問題について最初の2題は必須です。まずここが満点のことを確認。やっかいなのは3ですね。担当する先生にもよりますが合成数はそこまで強調して覚えてないんじゃないですか?記号問題なので正誤問わず確認しておきましょう。4は出来てほしいです。大小関係を掴むことは小数においてとても大事なところですね。四年生のときから意識して [続きを読む]
  • 2/21実施6年生カリテ
  • 今回は前回ほどテキストそのままの問題が多くなく難しく感じたかもしれません。1はカリテによくある読んで考えるタイプの問題です。こういった出題は実際の入試でも好きな学校は好きです。時間があるときに自分の志望校の問題を確認してみるといいかもしれませんね。今回は出来た出来なかったはさておき倍数判定法だけおさえておきましょう。2は考えようの問題でした。ここが出来ていないと学習サイクルがちゃんと回っているか怪し [続きを読む]
  • 4年生の春期講習
  • 4年生の方は初めてのカリテにいろんな感想をもっているころでしょうがそろそろ教室では春期講習のご案内をしています。 このタイミングで講習があることで「新学年の学習サイクルを一回見直す」ことが大事です。4年生の算数の目標はなんといっても・文章題の立式・計算のマスターの2つです。それ以外にも学習しますがとにかくこの2つさえしっかりおさえられたら5年入塾の子との差は歴然です。文章題について学校では先生によっ [続きを読む]
  • 5年生の春期講習
  • まだ新しい学年になって最初のカリテが終わっただけというころあいですがそろそろ教室では春期講習のご案内をしています。 まずはこのタイミングで講習があることで「新学年の学習サイクルを一回見直す」ことが大事です。春期講習は短いので少し塾に来たくらいでは成績は上がりません。目的を持って講習に臨みしっかり家庭学習をしましょう。5年生前期算数最大のポイントは分数計算です。分数の計算のルールをしっかりおさえまし [続きを読む]
  • 6年生の春期講習
  • まだ新しい学年になってやっと三回目の授業というころあいですがそろそろ教室では春期講習のご案内をしています。 まずはこのタイミングで講習があることで「新学年の学習サイクルを一回見直す」ことが大事です。6年生の算数の目標は・考えよう深めようの完成・ミスをなくすの2つです。最初の2カ月間でそれがどのくらい出来るようになっているのか確認しましょう。考えよう深めようは出来ていないところはまた繰り返すことで覚え [続きを読む]
  • 5年生「約数・倍数」
  • 5年生の算数で最初に習う「約数・倍数」の単元はとても重要な部分になります。後半にいろいろ問題があり、それらはそのまま入試で出てもおかしくないですがそこではなくて前半の部分。素因数分解と倍数の判定法はとにかく大事です。5年生の前期はなんといっても分数、分数で最後まで苦戦するのは約分です。その約分につながるのが今回の素因数分解と倍数判定法、加えて次回の最大公約数。ここが最初の難所になるわけですね。その [続きを読む]
  • 6年生第一回カリテ算数(後日注意)
  • 6年生のカリテは一週間に一回のことが多いので範囲が狭くなり学習しやすくなってますね。またお気づきかわかりませんが、考えよう深めようが増えた関係で共通問題のほとんどがここから出題されることになります。結果5年生までのカリテより共通問題が取りやすくなってます。カリテをふりかえりながらテキストの内容をしっかりと確認しましょう。共通問題について1は等差数列ですね。公式に頼らず意味を考えることがポイントです [続きを読む]
  • 新6年公開模試
  • 公開模試で大切なことは3つです。・計算は取れているか・最近学習した範囲は出来ているか・典型題がどのくらい仕上がっているか今回の試験では計算は大設問1最近学習した範囲(16〜18回)は大設問2(5)(6)大設問4典型題は大設問2(1)〜(4)大設問3、大設問5が該当する典型題はまだまだ正当率が上がってこないが合格する子は全員遅かれ早かれ出来るようになる問題。必ずしっかり復習して出来るようにしよう。[[img(http://juken.blogmura [続きを読む]
  • 典型題から応用題へ
  • 日能研の6年生授業が始まりました。6年生の前期最大の目標は典型題の完成、とくに夏期までの時期にしっかりポイントを整理してあとから確認できるような状況にしておくことが大事です。その上で毎日の一行題とテストのやり直しでその都度確認をしていくことで典型題を身につけます。さてでは身につけた典型題で合格出来るのでしょうか。6年生の本科テキストには考えよう・深めようの他にも多くの問題が載っています。載っています [続きを読む]
  • 数列
  • 数列は「まず試してみる」という試行錯誤と「規則を掴む」洞察力が必要な単元。ただ規則を掴むにもある程度パターンを覚えておくときがつきやすくなる。数列の規則は大きく分けて3つ・差に関する規則・積に関する規則・グループで考える規則このうち積に関する規則を持つ数列(等比数列や平方数、立方数など) は一行題などで聞かれることが多い。逆に残りの2つは大設問で掘り下げて聞かれることが多いのでしっかりと学習しておく [続きを読む]
  • テストのふりかえり
  • テストのふりかえりについて書きます。テストは大きく分けて二つです。1、決められた範囲しか出ないテスト2、学習したことすべてが範囲のテスト日能研では1のテストをカリテ、2のテストを公開模試といいますが、どの大手塾でも多かれ少なかれ似たようなものはあると思います。そのふりかえりの仕方についてまとめます。・二つのテストに言えることどちらのテストでも言えるのはテスト中の自分の分析です。特にミスをするパターンの [続きを読む]
  • 新規ガイダンス(科目)
  • 新規ガイダンスの保護者会で私が話した内容をまとめておきます。日能研のカリキュラムに沿ったお話しですので他塾の方とは状況が異なります。1、各学年の最大のポイント4年のポイントは小数計算と文章題・計算方法を覚えること、上級の計算をマスターすること、計算を通して数の感覚を身に付けることが大事。・文章題から意味を考えて立式する練習が五年生からの学習に活きる5年のポイントは比と速さ・5年生は難しい、テキストが完 [続きを読む]
  • 予習・先取り学習について
  • 予習についてです。日能研は予習は必要ありません、復習に時間をかけてください。と説明されることがあります。これだと勘違いされがちです。予習は必要ありませんではなく予習はしないでくださいの方が近いです。なぜ予習をしない方がいいかについて説明されることがよくあると思います。大きく分けて二つの理由があります。・授業を妨害しがち・本人にとって害になりうるまずひとつめ授業を妨害しがちという点について、これは一 [続きを読む]
  • 不合格
  • 何人か合格や不合格が出るこの時期。1月にして男女一人ずつが第一志望の学校に落ちてしまった。男の子は偏差値60近い子。主な原因は算数のやり過ぎ。もともと算数は得意な子なのに友達が算数を勉強してるのと同じようにずっと算数をやっていた。入試はバランス勝負。算数は確かに大事な科目だがそれは6年生の夏までのこと。結局算数は合格点とれて喜んでいたものの不合格。明らかに他の科目で失敗している。本人は算数出来たから出 [続きを読む]
  • 質問対応?
  • 地元の中高一貫校中学3年生の義妹から質問された。えーわかりません^^いや多分できたんだけど一瞬びっくりした。中学受験と中学数学の違いを実感した。まず(1)は難度は高いが中学受験でも解ける問題。ただもしかしたら中学生には別のやり方があるかもしれない。(2)が中学と中学受験の違い。三平方の定理知っている子もいたりするけど三平方の定理は中学受験では扱いません。まぁルートが出るから当然か。この答えもルートになる [続きを読む]
  • 最近の一日
  • ちょっと愚痴今は塾は忙しい時期。入試。ちらほら始まっていて進路が決まったりする子が出てくる。直前なので個人指導塾かというくらいべったりついて質問対応をする。それはいい。こっちも受かってほしいから必死だ。休日も喜んで返上する。いまこの時期はそんな感じだが1つ面倒な仕事が必ずある。「解答出し」と呼ばれるもの。塾は少しでも速く解答を出すことを競っているから授業をしながら入試問題を解く必要がある。算数の問 [続きを読む]
  • 時期別やること「4年生前期」
  • 合格から逆算して時期別になにをしたらいいかを考えています。前回の記事では4年生後期について書いています。また日能研のカリキュラムに沿って書いていますので他塾の方は少し前後することがあります。あらかじめご了承ください。4年生後期のポイントは小数の計算と文章題でした。そのため4年生前期はその前提となる整数の計算、文章題がポイントになります。特にむずかしいと感じるのは二けたのわり算と四則混合逆算です。二け [続きを読む]