dolce さん プロフィール

  •  
dolceさん: dolce
ハンドル名dolce さん
ブログタイトルdolce
ブログURLhttp://naish111.blog.fc2.com/
サイト紹介文人生色々、病も色々な私が、青い鳥を探しながらつけている日記です。目指せ、おうちリゾート!
自由文毎日、一生懸命生きている五十路のおばちゃまです。人生色々、病も色々のわたくしです。手作りのお洋服やお着物、お洒落について、他にお庭、インテリア、畑仕事、ピアノ、おばあちゃんセントバーナードとの毎日を書いています。元気になるために青い鳥を探して、小さい幸せを数えて!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供418回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2016/01/11 07:56

dolce さんのブログ記事

  • 唐子帯について
  • 今回は、春なので、唐子の帯にこの帯留めをしてみました。春らしく。この帯留めに付いている紐は、桃色に金に新橋色。一見するとビックリするような配色です。最初これを見た時に、古いし、変えてしまおうと思いました…。が、実際に、つけてみるとコレがものすごくすてき!ヌケ感があるというか、きものらしい色遣いで、なかなか上級編の色です。これは前柄の部分。半分に折るので、ふた通りにしめられます。上半分は、唐子さんは [続きを読む]
  • おデブには、コーリンベルト!?
  • この胸のはだけてるのを見て下さい!!この下前を直すのは、結構難しくて、お化粧室で、何度か直しました。で、思いついたのです。コーリンベルトが必要よ!!そうよ。太ったのね、私。そして、半襟をいっぱい出すのが好きなので、着崩れるとこんな感じになっちゃうのよ。厚みがとられるから、おはしょりを出す為に腰紐が低い。なので、帯の位置が下すぎなのね〜。対丈でいいから、もう少し帯を上に締めよっと。受験心配太りですー [続きを読む]
  • 草間彌生展を見に…。
  • 家族3人で、お散歩がてら行ってきました。さっそくきものを着る息子。嫌だと言っていましたが、無理やり連れて行きました(笑)国立新美術館の木々には、すべてこのように草間さんのテーマである水玉の布が巻いてあり、オブジェのようです。今しか着られない桜の花びらの江戸小紋にしました。桜の花びらがいっぱいのきものです。こんなお支度でした。今年の桜のお支度は、そして…。草間彌生。10歳で、幻覚や幻聴に悩まされ、水 [続きを読む]
  • 渋い桜のお支度
  • 覚書きです。帯の締め方については黒の唐子さんたちの帯を参照!帯揚げは、古い端切れ。桜色のカレンブロッソ。今年は、こんな感じで、黒い帯を合わせてみました。でもね、この黒の帯に、この帯留めは、失敗。至近距離から見るならば、良いのだけど、この帯留めの素材の色が帯に溶け込んでしまって、せっかくの桜が埋もれてしまいます。ね〜!拡大しても、せっかくの帯留めがどこだかわかりません。羽織の紐の結び方も、要注意ね〜 [続きを読む]
  • 春のきものを着て…
  • 春のきものを着て…。桜の帯留めをして、お出かけしよう。珊瑚のかんざしに、桜の帯留め唐子の帯に着物は綸子です。どこへ行きましょう。綸子の着物、この葉っぱの刺繍の半襟に合わなくて…、なんか気持ちに沿わなくて、いつもの結城に。あらあら…。百合の半襟なのですが、百合の花が見えないように襟をつけました。着付け、気に入らなくて後で着直しました。〜〜ずっと着ていないと、こんなになっちゃうんですね。いつもの櫛とコ [続きを読む]
  • ちょっと見せちゃう着物男子?
  • すばらしい紬です。お買得だったんです〜!嬉しい。羽織は、千円で、どうかなぁ〜って思ったが、失敗であった(笑)裄はね、もうこの人は腕がすごく長いので、無理。コレでも69cmです。だから、あきらめます。解いて何か作ろっと!!羽織は、探しましょう。入学祝いと成人のお祝いを兼ねているので、きものに合った長く着られる良いものを探しましょう。どうせたくさんはいらないので。一枚だけ、どこへ行ってもおかしくないしっ [続きを読む]
  • でんでんむしのかなしみ
  • でんでんむしのかなしみ 新美南吉作美智子さまも愛読されたという、絵本。あるでんでん虫が、自分の殻のなかに哀しみがいっぱい詰まっている、と、気がついた。この哀しみを、どうしよう…。お友達のでんでん虫に聞いて回る。すると、みな、「私の殻のなかにもね、哀しみがいっぱい詰まっております。」と言うではないか…。誰に聞いても、みなそうだった。そうして、そのでんでん虫は気がついた。この哀しみは、自分が引き受け [続きを読む]
  • わんちゃんとおやつのボーンのブローチ
  • 丁寧にラインストーンがとめられたおやつの骨とわんちゃんのブローチです。ポチッとしちゃいました。骨の下にピンが付いていますので、わんちゃんはゆらゆらと揺れて動きがあるブローチです。結構古そうなアンティークです。でも、エナメルの色もきれいで、品物はしっかり丁寧な作りなのです。私は、紺のスプリングコートの襟にしようと思っています。紺のブレザーなどにも可愛いと思います。バッグにつけても、可愛いですね。ビー [続きを読む]
  • 受験生、終了
  • 全ての発表が終わりました。結局、補欠の学部に空きはなく、連絡は来ませんでした。この半月は、正直辛かったです。でも、本人のは必要な試練だったのでは、と、思います。この道こそが息子の行くべき道なのです。おめでとう。神様の決めた道を、ひたすら歩くだけです。デザインの道ではなかったけれど、人生は、全て上手くなんていかない。決まって良かった。ホッとしました。これでひとつ片付いた!!終わったのです、よ。もう、 [続きを読む]
  • えぇ!着物?
  • 入学祝い何が良い??〜〜…発表がまだってとこが、辛いが…。かなり、イタいが…。「う〜ん、着物が良いかなぁ…。」えぇ!!着物ですか?!ワタクシはてっきり新しいギターか、アコギ、ピッコロなど、楽器のたぐいかと…。その種のものはワタクシが金に糸目をつけぬことを奴は知っている。欲しくなっちゃうのよね〜。そういうものは良いモノが…。クーーッ!そして、スケボーの板や、スキー靴などのスポーツ用品は、ダダが「こう [続きを読む]
  • エリザベス女王万歳!
  • なんて、お茶目で素敵!デイジー??のスーツです。ピンクの口紅がポイントです。春らしい装い。パールの三連に一粒パールのイヤリング。パールは横からチラッと見えるような長さですね。そしてどんな時のブローチは、欠かさない。パールのネックレスは、どんなブローチにも合いますね。同じ色の口紅。シュガーピンクのスーツに白のトリミング。この日はお帽子がかわいいです。メガネの時もありますが、やはり…。私も、メガネやめ [続きを読む]
  • 3月の11日
  • 震災の数年後、仙台に若冲の絵が来るというので、見に行った。少しでも、ご飯を食べたり、お買物したりして、活気がつくと良いかなと、思って東北へ行きました。陸に引きずられた大きな漁船も、あの市役所も、クチャクチャに曲がった線路も見ました。が、その周りを歩いていて、衝撃を受けました。アスファルトに、深くものを引きずったような引っ掻き傷がいっぱいあるのです。えぐられた様な傷や、陥没や、擦ったような傷。もしか [続きを読む]
  • 3月の11日
  • 震災後、数年後経って、仙台にマティスの絵が来るというので、見に行った。少しでも、ご飯を食べたり、お買物したりして、活気がつくと良いかなと、思って東北へ行きました。陸に引きずられた大きな漁船も、あの市役所も、クチャクチャに曲がった線路も見ました。が、その周りを歩いていて、衝撃を受けました。アスファルトに、深くものを引きずったような引っ掻き傷がいっぱいあるのです。えぐられた様な傷や、陥没や、擦ったよう [続きを読む]
  • 真珠のネックレス…
  • 二連の真珠が欲しくて、ネットをふらふら。でもね、ちょっとクロゼットを見てみたの…。おやおや〜〜??全部フェイクですが(笑)こんなにありましたよ。ふふふ…。もう、いりませんね。エリザベス女王の写真を見ていて、あまりにも素敵で、欲しくなってしまった二連や三連のパール。スーツの襟からチラッと見えるように付けていて、とっても素敵なのです。でも、それならば、これで充分ですね!クロゼットのものは、全て写真に撮 [続きを読む]
  • 着たい服と、相応しい服
  • 長くピアノを習っています。ピアノの先生、色々な方がいらっしゃいます。十年前に通っていた先生は、なるべく質素な格好で行くのが良いようでした。失礼のないようにと思い、なるべくきちんと、と、夏は、ワンピース、冬も下のようなジャケットなどで伺っていましたが、ある時に、「〇〇さんっていつも舞台衣装みたいな格好でレッスンにいらっしゃるのよね。ね、今日も、そうでしょ。素敵ですけれどね。」と、私のことを言っていた [続きを読む]
  • いけない考え方
  • ある本を読んでいてふーんと、思ったこと。うまくいっている時、自分は心がけが良いからだ。正しく努力してきたからだ、と、思うのは、いけない考え方だ。それはおごっている。と、書いてあった。なぜか???裏を返すと…、うまくいかない時に、自分は心がけが悪いからだ。キチンと努力しなかったからだと、自分を責めてしまうからだ。なるほど。ふーむ、そうか。人はうまくいかないことだっていっぱいある。その時に、自分を責め [続きを読む]
  • 寒川神社へ
  • 3人で、寒川神社に行きました。実は、お参りしようとしたら、大きな木を切っていて、チェーンソーの音がすごかったのです。一応、お参りの時は、静かだったのですが、帰る頃には、お昼休みで、植木屋さんたち、お仕事が中断。「もう一回、お参りしよう!!」そう、思いついて、静かな中で、もう一回、パンパンって、お参りして来ました。なんだか、おばさんっぽい姿ですね〜〜!インナーを白にすれば素敵たっだのでしょうがね…。 [続きを読む]
  • リーフレタス
  • 春の柔らかいレタス。それから、斑入りの葉っぱの野いちご。いちごはなったらハイジとつまみ喰いです(笑)空いた鉢に植えてテラスに置きました。春は、お水さえあげれば、どんどん葉っぱがあがってきます。このリーフレタスは柔らかで、付け合せに本当に便利。玉になるレタスも、美味しいけれども、このリーフレタスはお皿がパッと明るくなってすてきになります。お肉を焼いて、または、お魚のムニエルに、パッと摘んで来て洗って [続きを読む]
  • 癌の兆候
  • 癌が見つかる前、顕著な体の異変は無かったけれど、いくつかおかしいな、と思うことがあった。まず、抜け毛が多くなったこと。髪は、多い方だったので自分では気がつかなかったのですが、突然遊びに来た息子の友達が、「ここのうち、毛がいっぱい落ちてる」と言ったのです。その時、あらら、お掃除が行き届かなくて…。と、思ってやり過ごしてしまいました。でも、徐々に変わって行くことって、案外気がつかないものです。そして、 [続きを読む]
  • すれ違う私たち。
  • ダダが、勤続二十五周年で休暇。先週からずっとお休みをとっている。が、困ったことが起きている。常に、分刻みで仕事をしている人と、ゆったり、のんびりハイジと生活している私。いつしかテンポがすれ違う。つまらないからと、出かけようとするダダ。ハイジも、振り回されて(笑)疲れてしまっている。ハイジはね、そんなに昔みたいに動けないのよ。お散歩も、そんなにできないんだよ。畑もね、今は農閑期なの。することはあんま [続きを読む]
  • 人間到処有青山
  • 男児立志出郷関 〜男児、志を立てて郷関を出ず学若無成不復環 〜学、若し成る無くんば、また帰らず埋骨何期墳墓地 〜骨を埋むるに、何ぞ期せん、墳墓の地人間到処有青山 〜人間、いたるところに青山あり 志を立てて故郷を出るからには、学問が成就するまで二度と帰らない覚悟である。骨を埋めるのに、どうして故郷の墓に固執することがあろうか。この広い世間には、どこへ行っても青 [続きを読む]
  • とろけるお葱
  • 良いお葱が採れました。太くて甘くて、酢味噌で、和えてぬたにしましょう。比べるものが写ってないのでわかりにくいけれど、太くていいお葱ですよ。今年は冬が寒かったので、美味しい。とろける様です。息子は、幼い頃からお野菜が大好きでした。手前味噌ですが(笑)畑のお野菜は、甘くて柔らかくて、味が濃くて本当に美味しいのです。人参も、果物の様です。ミニトマトを干したドライトマトは、レーズンの様です。でも、毎年でき [続きを読む]
  • 早春のお庭
  • わぁ!植えっぱなしのクロッカスが咲いていました。知らない間に。ひっそりと咲いていたんだよ。手入れをして草を取ってあげないと、こういうお花は埋もれてしまう。これも宿根草の植えっぱなしさん。咲きはじめたデージー。今年は、キャンディーカラーのピンクだよ。案外と黄色の入ったパンジーがなかなか明るくて楽しげです。ピンクだけよりも、可愛いかもです。花の形の違うものを入れると楽しく なります。この葉牡丹は、ロー [続きを読む]
  • 本当にスーツを買いに!!(笑)
  • アウトレットに入学式へ行く服一式を買いに出かけました。久々のお出かけでした。スーツにしようかと思いましたが、悩んだ末、金ボタンの金のブレザーにグレーのチェックのパンツにしました。ネクタイも、買っちゃうというので、鉄板のレジメンタルタイです。そしてパソコンの入るサイズのバッグ〜〜もうハイジの毛が!!これは、ちょっと奮発!お祝いね。コールハーンのローファー。すてきです。大事に使えば、会社へもはいていけ [続きを読む]