dolce さん プロフィール

  •  
dolceさん: dolce
ハンドル名dolce さん
ブログタイトルdolce
ブログURLhttp://naish111.blog.fc2.com/
サイト紹介文人生色々、病も色々な私が、青い鳥を探しながらつけている日記です。目指せ、おうちリゾート!
自由文毎日、一生懸命生きている五十路のおばちゃまです。人生色々、病も色々のわたくしです。手作りのお洋服やお着物、お洒落について、他にお庭、インテリア、畑仕事、ピアノ、おばあちゃんセントバーナードとの毎日を書いています。元気になるために青い鳥を探して、小さい幸せを数えて!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供433回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2016/01/11 07:56

dolce さんのブログ記事

  • 今永くん、投げる。
  • 五月人形みたいです。そして、柴犬ぽい。今永。左の去年ドラ1。〜〜援護がないというのは防御率零点台の投手のいうことっす、ワン!〜〜あらー。あー、今どきこんな、昭和な、コメント。マウンドに上がる時にきちんと一礼してから上がる。スローモーションで、投球フォームが画面に映る。身体がびゅんとしなやかに弾けてきれいに伸びた左腕から球がぐいんと伸びる。なーんてかっこいいんだろう。昨日のテレビ中継の解説者は、こう [続きを読む]
  • 百合の帯…みっけ!
  • 良くないですか?コレ…。あのね、渋い紬もいいけれど、捨てがたいアンティークの雰囲気。瑪瑙の帯留め。涼しげに銀色の三分紐で…。クラシックで、すてきかも。どうしようかなぁ…。鮮やかな、季節の花々の帯。でも、よく見ると、菊と、桔梗のエリア発見!(笑)うまくすれば百合を出さずにで秋までイケるか?こんな帯締めで、ゴッチャリしてみましょうか?悩んでおります。でも、そろそろ、七月。少し寒い日もあります。薄もので [続きを読む]
  • ハイジ、羊さんになる。
  • 紹介で新しいピアノの生徒さんが来ることになりました。その子は、幼稚園ですが、支援級への転入が、決まっているそうです。私は、国文科出身なので、お受けする生徒さんは、ピアノ教室へ行くことが難しい方とそのご兄弟、事情でピアノが用意できない方などが中心です。一切の宣伝はしていないのでクチコミのみです。そして、一回千円。これが、案外と…、隙間産業で(笑)おかげさまで繁盛しております(笑)もちろん、音大への進 [続きを読む]
  • うわぁ、秋色あじさい!
  • 憧れの秋色あじさい。これ、本当にすてきなのですが、お値段も素晴らしい!??4500円???って、450円ではないのでしょうか??と、去年、店員さんに確認してしまった(笑)でも、すてき。どうしても欲しいけれど、もう少し待って、誰かに挿し木させてもらうとか、色々方法があるはず…。高いのですもの。でも、モカ色や淡いピンクの薔薇と一緒にアレンジしても、良いだろうし、実ものやスモークツリーのモワモワさんとも [続きを読む]
  • ふと、声がした「強くならないと…」そう聞こえた私を守ってくれているひとの声小林麻央さんの訃報がニュース速報で、流れる。足元が揺らぐ様な気がしました。私には、彼女がどんな気持ちだったのか、わかる。足がむくんで熱が下がらないと聞いた時、あぁ、これは…、と、思った。幼い息子さんとお嬢さんを残して…。でも、小林麻央さんが残してくださったものは大きい。励まされた方もたくさんおられるでしょう。強い方でした。私 [続きを読む]
  • 鳥獣戯画の帯
  • いきなり、秋が来たような、そんな帯です。探していた鳥獣戯画の帯。鳥獣戯画は白地に墨描きが多いのですが、これを締めたい秋には、こんな蘇芳香色は、どんぴしゃですよね。こっくり。前柄は二種類です。手持ちの単衣の鼠色のお召しにも、鳥の子色の結城にも、そして、こげ茶の髭紬にもなんでも合いますね。帯を主役にして、お月さまの帯留めをします。ほっこりした秋の風情を切り取ったような感じです。この帯留めは、自作です。 [続きを読む]
  • お嬢さまのドングリころころ
  • 息子のピアノの先生からメールをいただいた。もうピアノは息子は行っていないけれど、たまにメールのやり取りをさせていただいている。先生にはね、5歳のお嬢さまがいらっしゃる。で、そのお嬢さまの初めての発表会、弾いたのはどんぐりコロコロ他、童謡二曲だった。かわいらしい動画を見せていただいた。あぁ、これはお嬢さまの選曲だ。先生ならば、カバレフスキーとか古典のかわいらしい曲にしそう。そこをぐっとこらえて、どん [続きを読む]
  • 庭の花を足す
  • あじさいがしおれてしまったので、庭の花を入れておきました。適当に庭のものを入れての活けなおしです。メインのお花がないのでグッと野草っぽくなりました。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜Nちゃん、いんげん豆の採れる頃に、会おうねって、いつものお約束。今年もそろそろですよ。あぁ、去年は、私が不調で、会えなかったんだ。お孫さんの写真を持って来てくれるそうです。Nちゃんに、お孫さん???ライブいっぱい行ったね。ロ [続きを読む]
  • 真っ赤なブラウスで、フランボワーズ摘み
  • 土曜日、UNIQLOに行った。そしたらね、すっごくすっごくかわいいブラウスがあって…。ヨークに可愛い刺繍がしてありますよ。買っちゃった〜ぁ〜。綿ブロードで、パキッとした生地です。 これを着るには涙ぐましい努力が…。胸が無駄にあるので〜〜デブとも言う!〜〜、私が着ると格好が悪いのです。なので、こういうのを着る時には、実はここだけの話(笑)通販で買った「おなべさん」用のブラをして胸を潰して平らにします。それ [続きを読む]
  • バッグの中身
  • 私のバッグの中身…。 お財布 (免許、カード含む) 車のキー 麻のハンカチ お薬色々 携帯お電話 五十路御用達の真っ赤な口紅 小さなコンパクトいたって普通です。でも、バッグフェチなのですもの。色々大変。小さなすてきなバッグの時は、お財布はナシで、お札とカードをクリップでとめて持って行きます。紳士服売り場に売っているあのクリップですね。お財布は一番かさばるので…。携帯のおかげで、荷物は減ったわよね。 [続きを読む]
  • 鮎の季節に、逝く
  • 父の親友で、私たちの仲人をしてくださった方のお別れの会に出席いたしました。私とダダは同期入社ですが、その際の人事担当部長のかたでした。仕事では関わりはなかったのですが、幼い頃から知ってる楽しいおじさんでした。着物で、不祝儀に出席は初めて。少し緊張しました。朝から出した帯と単衣の色無地をとりあえず慌てて干す(笑)!しまいっぱなしだったので…。その間に半襟を新品に付け変えて、黒のお草履の鼻緒をダダにぐ [続きを読む]
  • 旦那の好きな髭紬
  • 男の人の着物に髭紬、よくみますけれど、私は髭紬、好きなんです。でも、なかなか女性ものがなくて…。でも、あったんですよ。 しかもね、髭がいっぱいです。フサフサですよ。写真は色むらが出てますが、そんなこともなく状態は良いです。しかも…驚きのお値段。(笑)これは帯留め。自作です。栗、雰囲気が合うと思います。よく髭紬と言っても、パラパラって感じしかお髭がないのもあるんです。でもこれは、いっぱいですよ〜。( [続きを読む]
  • 夢色あじさい。
  • あじさい。昔の息子のピアノの先生に頂いたチェコガラスにフローラルフォームを入れて、アレンジしてみました。農協の産直のアレンジ花束に庭のジギタリスやスモークツリー、フェンネル、ワイヤープランツ山ごぼう、ニゲラなどを足しました。色々足すと、やっぱり、なんか自分らしい。発見がひとつ。これは農協の産直のアレンジ。買って来てただバサって入れただけですが、水とガラスの光で、涼しげに見えます。隙間が、良い感じ。 [続きを読む]
  • 黄色い夏のお庭
  • 薔薇が終わったお庭で、コンテナの模様替え。リシマキアの黄色い花も咲いています。玄関のハンギング。すみれが、頑張っています。右はアリッサムです。花が終わって刈り込んであります。丸い良い形になってきました。薔薇やクレマチスはもうおしまいです。スモークツリーは、モワモワ。さて、テラスで、大きくしていたコンテナを下に下ろしていつもの位置に置きました。コリウスとナスタチュームの暖色系のコンテナは、銅葉をいっ [続きを読む]
  • あ、あの…、薔薇をひと枝…
  • あぁ!!!いる!!!咄嗟にブレーキを踏んで、サスのやわやわな、ハンドルの異常に軽いショボい黒のホンダのステーションワゴンを、道の端っこに停めて、走るわたくし。あぁ、あの時、同じ車種の安い方を買ったのが失敗だったわと、こう言う時の車の挙動で、いっつも思う。どうでもいいけど…。しつこいわたくし。走る犬小屋のわたくしのおクルマ。どうせ、ヨダレだらけの犬臭いクルマ。今は玉ねぎと、らっきょう臭がひどいのね。 [続きを読む]
  • ワンちゃんのブローチで。
  • 暑いんだか、寒いんだかわかんないですねー!家の中にじっとしていると、寒いくらいです。何を着るか迷っちゃうですねー。髪がハネてるので、紺のリボンでキュって結んで。本当は、白いシャツに麻の紺のジャケットのラペルにワンちゃんブローチで…、と思ったのですが、着たら暑かった(笑)でも、今日はワンちゃんブローチの気分だったので、こうなっちゃいましたよ。アメリカのアンティークのブローチです。とても質の良いライン [続きを読む]
  • たくさん採れたらっきょう
  • 先日は畑へ。らっきょう、豊作!2キロ以上は、ありそう??皮をむくのは大変。息子ダダと三人で!(笑)玄関で。ハイジがくんくん言うのでそばにいてあげる。ハイジさんは玄関で寝ています。あぁ、らっきょうをいっぱい漬けようっと。甘酢漬けもおいしいけれど、塩らっきょうもおいしいよ。そして今日は、フランボワーズが、採れ始めました。まだ少しだけれど、美味しい。涼しかったのでハイジも一緒。葡萄のアーチの日陰にいます [続きを読む]
  • 塩らっきょうのレシピ
  • 焼酎 1カップ塩 0.8カップ砂糖 4カップらっきょう1キロあたり〜〜でもね、だいたいでOK!日陰に置いておく漬かったら、そのままにしておくと歯ごたえが悪くなるので、汁気を切って小さな瓶に移し替えて、冷蔵庫へ入れちゃう。 [続きを読む]
  • 壺たれの銘仙のお支度
  • 紺地に壺たれの銘仙。銘仙は、一枚しか持っていませんが、とても気に入っていて、丈出しをしてまで買ってしまったものです。雨が降り出しそうなので、気軽に、濃い色の着物を着て行きます。雨のシミも目立たなそうなので…。私も、たまにはこんな格好もします(笑)この歳で、この色なので、赤を添えてみました。少しは、可愛らしく。プっ!(笑)帯揚げは、古い端切れですが、とても気に入っていて、麻の葉模様に絞りが入っていま [続きを読む]
  • 弥生さんに紹介していただきました。
  • うれしいことがありました??!「はきもの きもの 弥生」さんに着物ブログで紹介していただきました。もし、よろしければ、ご覧になってください。→はきもの きもの 弥生さんこのお着物は旧家から競りに出された四枚のアンティーク着物のうちの一枚だったそうです。若草色の美しい杜若の色留です。上品な紫と白の杜若が流れるような絹に美しく描かれています。もう若くない私には、もったいないかな…と思いま [続きを読む]
  • モデルの服
  • かなり前から、ファッション雑誌の「一分の隙もないモデルの着こなし」に全く魅力を感じなくなった。陶器のような滑らかな肌。ナチュラルに見えるような実は何時間もかけてこねくり回したヘアスタイル。エステで磨き上げた美しいウエスト。ファッション誌のグラビアの中、モデルが最新のファッションに身を包む。でも、最新ではあるが、巧みに、読者の一般の女性が街で着られる価格と、無難さを取り入れてある。「このくらいなら受 [続きを読む]
  • お土産は、笹の葉寿司
  • ダダのお土産、私の好きなお寿司です。さあ、みんなで、食べよ。笹の香りのお寿司です。きれいな緑と、こってり色のお魚。ぬるめに入れた濃いお茶で、いただきまーす。胡瓜のお新香と、らっきょう漬け。簡単なお昼ですが家族で囲むお昼の食卓。とても、しあわせです。 [続きを読む]
  • 帽子についての考察!?
  • みなさんは、お山を歩く時にお帽子をかぶりますか?帽子って難しいですよね。特に、カジュアルシーンでのお帽子。若い男子のお帽子。あぁ、『お洒落、頑張ってます』感が漂ってしまいますー。遊園地や、野外のバーベキュー、海などで、お洒落初心者の男子のお帽子は、結構イタい感じがしませんか…。どんな男子でもいきなり『チャラ男』くんになってしまう危険をはらんでいるのが、そう、このお帽子というアイテム。ビーサンに帽子 [続きを読む]