dolce さん プロフィール

  •  
dolceさん: dolce
ハンドル名dolce さん
ブログタイトルdolce
ブログURLhttp://naish111.blog.fc2.com/
サイト紹介文人生色々、病も色々な私が、青い鳥を探しながらつけている日記です。目指せ、おうちリゾート!
自由文毎日、一生懸命生きている五十路のおばちゃまです。人生色々、病も色々のわたくしです。手作りのお洋服やお着物、お洒落について、他にお庭、インテリア、畑仕事、ピアノ、おばあちゃんセントバーナードとの毎日を書いています。元気になるために青い鳥を探して、小さい幸せを数えて!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供410回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2016/01/11 07:56

dolce さんのブログ記事

  • 「キクチ」のセミナー
  • 新宿で、セミナーがあるので行ってみました。セミナーって、怪しい匂いがする言葉ですね〜(笑)でも、『シューマンの「謝肉祭」4つの音符による…、』という題でのセミナーです。宗教とかではない大丈夫な感じのセミナーです(笑)菊地裕介さんというピアニストが前の先生の同窓で、紹介されてコンサートなどに行っているのですが、その方のセミナーです。夜で寒そうだったので暖かい格好で行きました。ほんのりゴスロリ風(笑) [続きを読む]
  • 春はお花で!
  • 今日は良いお天気なので、元気出していこう!思います〜?今日は、夜からお出かけ。何を着ていこうかなぁ。と、クロゼットを眺める。どうもワタクシの春のワードローブを見て見ると、テーマはお花??!なんだかお花が着たいのでしょうね、レネイドのすみれのリングにピアス、写真はありませんが、葉っぱのリングもあります。一緒につけると、かわいい。デイジーのピアスすずらんのスカートやこんなデイジーのバッグもあるよ。これ [続きを読む]
  • 子供が子供を産んだ
  • 息子が産まれて、実家に帰っていた時のこと。キッチンでK (私を産んだひと) が父に何か言っていた。切迫したひそひそ声。「だから、昨日の夜よ…。」「そんなこと言ったって、育てないわけにはいけないだろう。現に産まれてんだから。」「でも、泣きながら言ってたの。こんなの育てられない…って。」「そんなの、おかしいじゃないか」「あの子には無理なのよ。世話なんかしたくないって。どうすんだろ。面倒ねぇ〜。」Kの嘘。信 [続きを読む]
  • 「湘南ボーイ」の現実
  • 「江ノ島かぁ〜〜。オメェら、どうよー。あんなこと彼女連れてって、きったねぇ海行って、たっけぇしらす食ってよー。あそこさ、女の神様だって知ってんのかなぁ?嫉妬されて別れるんだぜー。はははー。」こう言っているのは、彼女いない歴二十年の息子の友達湘南台のC君。神奈川弁炸裂ですねー。俺、江ノ島行ったコトねぇ。 〜〜息子…??別に、平気、行かなくていいよ。猫しかいない。 〜〜いつも淡々としている鵠沼のホン [続きを読む]
  • 米国アマゾンでお買物
  • 靴を探していて、思いつきました。そうだ!アメリカのアマゾンで、買ってみたら、安いんじゃない???早速、見てみる。あるわあるわ、もう、天国のようだ。これは、すっごく、いいんではないか…、っと、ホクホクしながら、住所や名前を入れて、さぁ、この19ドルの靴を色違いで、それから、このトップスも…。送料はたったの11ドルですって!?一応、靴の素材を、確認。あらら…。Manmade Material 人口素材Synthetic [続きを読む]
  • ハイジのあんよ
  • ハイジは昨日の朝から、後ろのあんよが動かない。ブレドニンを10錠飲んで、夕方獣医さんへ行った。あんよに、反応はあるという。麻痺ではない。だったら??「どこかが痛いんでしょう。」そうか。痛いんだ。ハイジは昨日は、ずっと玄関に寝ていた。私が見えないとふんふんと鼻を鳴らす。仕方がないので、私も玄関に。夕方病院へ。痛み止めを飲んだ。少しふらつくけれど夜には歩けるようになった。どこが痛いのか、突き止めるには [続きを読む]
  • お庭のデイジー
  • お庭の花を活けてみました。今年はピンクのお庭なので、こんな風になりました。薔薇も蕾がいっぱいです。この時期はアブラムシに注意!見つけたら、ヨーゼフママにもらった竹酢液でシュってする!!イブ・ピアッツェの後のフローラルフォームに、デイジーや、すみれやさくら草を足しました。かわいい?? [続きを読む]
  • 春の野の花の五つ紋
  • つつじの花の裾模様。後ろの方へもぐるりと桜草、野すみれ、すぎな、土筆、たんぽぽハイジのお散歩で、見つけたツツジやたんぽぽ。この季節の意匠のおきものなんだなぁッて思います。自然のものは色鮮やか。ひとの感性が映し出された着物の柄は、なんていう調和された美しさなんだろう。これを見ると、ガーデニングって難しいんだなぁ、と思う。この鮮やかな花々をただ植えただけじゃ、美しいどころか、悪趣味(笑)この着物の古い [続きを読む]
  • あのひとから離れる
  • あのひと(母親)から離れるという決断が出来たのは、私が自分の子育てをやり終えたからかもしれない。息子を育てて、どうだったのか…。色々苦労もしたけれど、それでも、とりあえず、なんとか育ってくれた。「子育て、終わった〜〜」っと、思った時に、それを振り返ってみる自分がいた。私の「子育て」はどうだったか。あのひと(母親)の言うように、大変で、辛くて嫌なものでは全くなかった。息子は、確かに、ぼんやりさんで、マイ [続きを読む]
  • 狂言の癌宣告
  • 母の膀胱ガンは狂言だった。あぁ…。まわりの気持ちなど、一切考えはいないんだな、自分が淋しければ、どんな手段でも使うんだね。癌を経験した私には、癌の確定診断までのあれこれの話はとても辛いものがある。造影のCTを撮るだの、生検をするだの、そう言う言葉を聞くのも辛い。母はそんなことは一切お構いナシだ(笑)久しぶりに母から電話。?緊張した高揚した早口の声。罪の意識があるのだろう。話は色々。弟が、遊びに来た [続きを読む]
  • スズランのスカートでいこう!
  • 犬のおやつを買いに行く?「犬のおやつ」なんだか、かわいい響きですね。しあわせがいっぱいの感じだなぁ…。でも、買うのは、とっても硬くてごっつい鱈の干物みたいなのとか、骨の形の牛の皮とか、小魚の干したのとか、そんなすごいもの(笑)あははー!そうそう、きな粉も買ってこよっと。栄養士の友人には、色々教えてもらって、助かっています。植物性たんぱく質、とらなきゃね!今日はスズランのスカートにかわいいバッグで。 [続きを読む]
  • ハムスターの死去
  • ダダの部署に新人が入ったそうだ。まだ研修中だが、◯◯君はどう?ッて、聞いたら、「ハムスターが死んだと、連絡が入り、帰ったそうです。」とのこと。さらに、「気持ちの整理がつかない為、二、三日お休みします。」ッて…。笑っちゃいけないけれど、なんだかなぁ〜。今日は麻のジャケットにブルーのネクタイ。ごめん!よく見ると格子がカブった!許してね〜。でも、ダダにハイジに何かあっどうする??ッて聞いたら、「休むよ」 [続きを読む]
  • TOCCAのスカート、復活
  • サイズ4。とんでもないサイズ!!(笑)でも、絶対無理と思っていましたが、ダーツを2本無くして、両脇を五ミリ出して、合計8センチ、ウエスト出ました。ヒップは2センチプラス…しめしめ…(笑)なんたって清水の舞台から飛び降りて買ったスカートだもん〜。(笑)やった!着られるではないですかッ!?危うくピンクのスカートをショッピングするところでした。最近、ピンクが着たい!!ので、探していましたよ。このスカート [続きを読む]
  • ダダの冬物をしまう
  • ダダの冬ものの覚書です。お買物の時はここを見て足りないものを買い足します。出先でどこでも見られて写真付きで便利。良さそうなものを見つけても、似たものを買わずに済みます。コーディネートできるかどうかも確認できますし?ウールのセーターや冬のスーツをしまう。コーデュロイや、ネルや、ハリスツイードもおしまい。冬のパンツや、ジャケットスーツこれは、もう、春にはしまう。厚手のウール。冬のみのスーツです。全部出 [続きを読む]
  • イブ・ピアッツェの薫り!
  • ひと束に何本入っていたのかなぁ?ひと束三百円の薔薇イブ・ピアッツェ。これも首都圏御用達の薔薇でしょうか?すごくダサい農協併設の産直のお店に、燦然と輝くお宝ブーケ。キャ!!そこだけパリのオーラ?(笑)バケツに入って、所在無げに、一番下の段に置いてある。「売れてない風」のイブ・ピアッツェ。見切り品で、売れ残っている。半額。キャ〜〜。ここの見切り品は、すっごく早くからシールを貼るので、持ちはとても良い( [続きを読む]
  • アスパラガス
  • 今年は、お馬鹿な息子のお受験のドサクサで肥料をしていないので、そんなにたくさんは、採れません。春のごちそう!うねにもたくさん植えたので、上手くいけば、来年は、いっぱい採れるかもしれません。茹でたての、ふわりと香るみどり色。柔らかな命をもらっているんだなぁ…。と、しみじみ思います。我が家の春の定番は、筍よりもにょきにょきのアスパラガスです。白い根っこがぷっくりしてきた玉ねぎに、土寄せをして、じゃがい [続きを読む]
  • ポップなラナンキュラス
  • 六本木ヒルズの中のあるお店で、買った花瓶にラナンキュラス!産直のお店で、手に入るラナンキュラス。ここは、花の産地で、首都圏に送るかっこいいお花が安価に手に入る。そこでも、農家で育てた、イングリッシュガーデン用の苗がいっぱい(笑)場所に似合わず、とてもシックで、お洒落な苗がいっぱいです。いつもは、同じ色の花束を選ぶのですが、今日はちょっとポップに!ラナンキュラスは、枝がクネクネしているのがアレンジに [続きを読む]
  • 熊本地震
  • 友人の携帯が鳴りっぱなし。どうしたの???「熊本の友達からなの。もう、何度も余震が来て、気が変になりそうだって。」あぁ、震度7が何度も…。いいよ、いいよ、気にしないで、はやくお返事してあげて…。もうひとりいた人も、福岡人。「あそこは、あまり地震がないのよ。私も、関東へ来て地震でびっくりした事があるもの…。」あれから一年経った。日本中に、がんばる人がいる。みな、がんばっている。私も、がんばる。ハイジ [続きを読む]
  • こぎん刺しのオークションの顛末
  • こぎん刺し、今、刺しているのは、紺の綿。刺しているうちに生地がくったりして来て、うーむ、これは帯には不向きかもしれない…と、思い始めて、そのままになっている。老眼も、辛いし…。先日、オークションでこぎん刺しの立派なのが出ていた。ウォッチリストに入れてマンヲジシテ、待つ。9時半、決戦!ずっと、五千円でキープの状態だった。ある値段までと心に決めて、さて、終了三十分前。ちっとも動かない値段。とりあえず、 [続きを読む]
  • おぉ!お前は?サッカー部の…。
  • 奇跡的に履修の関係で、木曜の午後がごっそり空き、公文のバイトは春からも続けられる事になった息子。すごい偶然。先生は、別にひとりでもやれるんだけど、おいでよと、言ってくださっていた。なんともありがたいことです。少し、仕事をしてみて、息子は、間違える子は、特徴があるんだよ。と言った。ふーん、どんな特徴?● 字が汚い子● 筆算を面倒がってやらない子● 早く終わらせることだけで、課題に集中しない子あらら…。 [続きを読む]
  • ピアノの音が似合う真央ちゃん
  • ソチのショートプログラムのショパンのノクターン、あの耳にタコの曲が(笑)真央ちゃんが、滑ると、夢のような滑らかさで、心に沁みる。終わる頃には、すっかりうっとりとしてしまう。ぽーん、という、ビロードのようなピアノに、伸びやかな動きが、本当に優雅。愛の夢は、ピアノじゃなかったと記憶している。ラフマニノフのピアコン2番、前奏曲。こぼれるようなピアノの音に真央ちゃんのスケートはぴったり。大好きでした。血の [続きを読む]
  • ジューンベリーの花が咲いたよ
  • 風邪をひいてしまい、二日ぶりに庭へ出ると、なんと、なんと、ジューンベリーの花が、満開でした。この前まで、枝に小さなポチッが、ついていただけなのに。うす緑のベビーパールみたいなにこ毛が雨に光って、あら!?これは??と、見てみたら、小さな小さな花芽が、あちこちにたくさんついていました。今年は、いっぱい咲くのかなぁって、とても楽しみでした。まさか、こんなにすぐに咲くとは思わず。雨が降ると、季節がわぁッと [続きを読む]