ぱんじ さん プロフィール

  •  
ぱんじさん: 読み 書き 考える ぱんじの英語ブログ
ハンドル名ぱんじ さん
ブログタイトル読み 書き 考える ぱんじの英語ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/paz-10/
サイト紹介文英語勉強歴40年?英検1級。TOEIC980。読み 書き 考える英語をめざします。
自由文子供の英語、受験英語、英検、TOEIC、TOEFLを含む、子供から大人までの英語勉強法の考察・提案。
自分自身の受けてきた英語教育、アメリカ生活、自分・子供の二世代の英語教育の変遷を通して見てきた英語の世界、教える過程で気付いたことなど。
楽しいサイトや本などの紹介も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/01/11 10:13

ぱんじ さんのブログ記事

  • 駆け足のあとはゆっくり散歩 ときにはひとやすみの 日々の英語
  • 私の駆け足のような英語の日々は終わり、昨日から日常が戻ってきました。日常こそ、かけがえのない日々。一日、一日、同じような日々を過ごすありがたさをしみじみ感じています。 転勤、介護、引っ越し、病気など、人生には、そのとき全力を注がなければ立ち行かない日々は意外に多くて… 気が付けば、スーツケースに荷物を積めている、そんな日々が続くと、心から悲しくなってきます。 でもでも、それは私だけに限ったことではな [続きを読む]
  • どこの国でも母の愛
  • 昨日、無事帰国しました。 帰りの飛行機、隣の席にギリギリで駆け込んできたのは、同年代の女性。なんと私が席を間違えていて…それなのに、そちらの方がいいでしょ?私はこちらでいいわと笑顔で席を譲ってくれました。素敵な人です。 ハワイの方かな?と思ったら、サイパンの方でした。留学している息子さんに会いに行っていたそうで、日本経由でサイパンに戻られるとのこと。 "I'm so sad. l want to cry." まだ、10代の息子さ [続きを読む]
  • ハワイの中高生が語る HIKI NŌ
  • 生の英語を聞いていると実感するのは、日頃、耳にすることのない会話を耳にするとき。 昨日、テレビで偶然目にしたこの番組。 HIKI NŌ (中高生の主張コンクールという感じでしょうか) 様々な人種が暮らすハワイの、子供たちが語る様々な生活、それがインパクトのある生の英語でぐいぐい入ってくる感じは、かつて経験のしたことのないものでした。 未来ある若い世代のキラキラした目、力強い言葉語ることによって、また自分を見 [続きを読む]
  • ライティングのヒントを探す 数独編
  • 「英語で数独の説明をしなさい」 と、言われたら、どういうふうに説明しますか? 空いたマス、縦列、横列、3×3のブロックなど、用語も、どの列も、どのブロックも入るのは、数字1つずつという条件も、英語にするとなったら、けっこう考えてしまいます。 今日、ホノルルのタウン誌で、偶然、数独コーナーを見つけました。 これは面白そうです やり方の説明を一行ずつ見ていきましょう。 Fill in the blank cells using numbers [続きを読む]
  • ホノルル レジでの会話 返品ルール
  • 昨日、キッチン用品のお店でレジ待ちしているときに、耳にした会話です。 私の前でレジでお会計をしていたおばあさんが、レジのおばさんに質問。「これを返品したかったら、どうしたらいいの?」 「レシートがあればいつでも返品できるわよ。」「期限は?」「ないわ。」「えっ、ないの?それはすごいわ。」「レシートだって、写真だけでもいいのよ。私は、いつも自分が買い物したときは、必ずレシートの写真を撮っておくの。」「へ [続きを読む]
  • ハワイの夏 思い出のケーキ?に遭遇
  • 一か月弱の滞在の予定も、残すところ一週間を切りました。気が付くと、ハワイも真夏。来た頃は、グラスの中でなかなかとけなかった巨大氷が、みるみるとけていくのに驚いています 後半に来て、夏バテ気味ガイドブックには、日本に比べると湿度も低く、さわやかなハワイの夏と書かれていますが…日差しがきつく、歩く時間も長いハワイの夏は、思った以上に疲れます。これから来られる方は、水分補給、塩分補給をこまめに、カフェで [続きを読む]
  • Worry is like a rocking chair?
  • 一昨日は、大型書店のBarne's & Nobleへ。栄養関係の本や料理本を見に行きました。 その時見つけたのが、この、ことわざマグネット。このシリーズ、大好きです いつもながら、なかなかいいことが書いてあるなぁと思って買って帰ったのですが… よくよく見直してみると、ちょっとやっかいな文です Worry is like a rocking chair.It will give you something to do, but it won't get you anywhere. 「心配とは、ロッキングチェア [続きを読む]
  • 鯉は、carpじゃないの??
  • 今日、アラモアナショッピングセンターを歩いていたら、鯉発見! 涼しげでいいですね〜 ん?なにか書いてある? PLEASE DO NOT FEED OR TOUCH THE KOI FISH. KOI FISH?? えっ?鯉は、カープじゃないの? 調べてみたら、こういう記事にたどり着きました。シェアさせていただきますね。 鯉のぼりは汚い?英語のcarpのイメージ 「カープは泥の中に住んでいる汚い魚として、あまりよくないイーメージなのだとか」「池のなかの宝 [続きを読む]
  • 英会話力の向上
  • あくまでも、自分比なのですが…ここへきて、自分の英会話の力が飛躍的に向上していると、自分では思っています。 大人になってからの英会話力、どこまで伸ばせるか、実際きびしいとは思っていましたが… この二年ほど、映画やDVD、ドラマ、英語ニュースなど、とにかくたくさん聞いてコツコツと拾った表現や音が、自分の中のデータベースとなって、今、ハワイで耳にする英語とリンクしていくのに気付き、新鮮な感動を覚えています [続きを読む]
  • 耳で聞いた通りに発音する
  • 久々のやや長めの海外ステイで、生の英語を浴びて、気付くこと多々… 一番は英語のリズムとイントネーション。 たとえば普段、本で学習するときは、たとえCDを使っても、一本調子でリズムとイントネーションがなかなか体に入ってこない…と感じることが多いのですが、 実際、人が話しているのを聞くと… 人は、こういう前後関係があって、こういう表情で、こういう気持ちを伝えようとして、こういうイントネーションとリズムで話し [続きを読む]
  • 英語で描く新しい夢
  • 実はやりたいことがあります 健康的な食事とは?というテーマについて調べ、学び、日本語と英語で、書くこと。 これが私の新たな夢です。 次世代に英語を教えること、人生の先輩たちに、英語で力になること、その夢にも変わりはありません。(夢はいくつあってもいいですよね〜) マクロビオティックの勉強を二年間やってきて、アメリカに来るたびに、食事法に関する本を探しては読むのが大好きだった私ですが… 50歳を過ぎて、人 [続きを読む]
  • ワイキキへ 
  • 今日は、バスとトローリーを乗り継いで、ワイキキに行ってきました。 その土地で何かを得たいと思うなら、やはり自分で動けるようになることが大事 とは思うのですが… 毎日が、ハラハラドキドキの冒険(今回は、移動に慣れるだけで終わりそうな予感) バスで、アラモアナショッピングセンターへ。そこから、ピンクラインのトローリーに乗り、ワイキキへ。 ハワイによく行く方にはおなじみのトローリーですが、私は、はじめて。 [続きを読む]
  • uberに初挑戦
  • 先日、一人でバスに乗り、ショッピングセンターに行ってみました。外国で単独行動、車なしは、初めての経験です。 一人だと、思った以上に、英語が耳に飛び込んでくる、くる… 道を聞いたり、書店で、郵便局で、カフェでと、その場で、毎回話す人が違い、話す言葉も微妙に違う、そういう一期一会の会話の機会は、本当に貴重と実感。 帰りは、荷物があったので、uberに初トライ。タクシーではない、個人ドライバーに乗せてもらうと [続きを読む]
  • 英検準2級合格おめでとう! 高校一年生と英検
  • 先日、英語頑張ってます!のうれしいお便りをもらった高校1年生のオトモダチから、またまた英検準2級合格のお知らせが届きました。 おめでとう! 準2級、2級に効きますとおすすめしたDUO3.0も、朝、頑張っているとか。すごい、すごい 高校一年生のオトモダチは、センター試験最期の年に大学受験となる学年。浪人したらどうなるのだろう…という話が出ていると、中学生のときのオトモダチが、心配そうに話していたことを思い [続きを読む]
  • 英会話 まずは、気持ちを整える
  • 車のハンドルを握るとき、まずは気持ちを整えることが大切。こわい、こわいと思っていては、想定外の状況に冷静に対応できなくなってしまいます。 英会話もそれと同じ 旅行先や短期滞在先では、まずたいていの場合は、話す相手は初対面の人。人によって、話す速度や使う言葉は想定外。無防備に挑むと、わからない、聞き取れない、どうしよう…とパニックしてしまうことも多々あります。 英会話を勉強してきた人でも、メンタルブロ [続きを読む]
  • 知らない土地での朝
  • 知らない土地で知らない朝を迎えたときの気持ちは?などと考えたこともありませんでしたが… その土地が好きになれるかどうかは、どういう朝を迎えられるかでも決まるような気がする、と今は感じています。 カーテンのないガラス越しに、明るさと色を増していく緑の中で、小鳥の声で目覚めた、ハワイでの初日の朝。 こんな朝があるなんて…と驚きました。 全てが生気とやすらぎに満ちている いままで縁のなかった土地、ハワイ。前 [続きを読む]
  • 勇気を出して
  • 毎日同じような日が続いているような気がするけれど…がらりと流れが変わるときが、人生には必ずある そんなふうに実感することが、人生で何度かありました。 昨年は、故郷で、父が長年住み慣れた家を去り、施設に入るのに付き添うことが一番の私の仕事でしたが… 今年はまた、全く違う年。去年は、全く予測できなかった一年になりつつあります。 今、私はハワイにいます。5月に続いて、今年二回目のハワイ。今回は、一ヶ月弱の滞 [続きを読む]
  • 英語頑張ってます!のうれしいお便り
  • 昨日は、私の誕生日でした。懐かしいオトモダチから、思いがけないお便りとプレゼントが届きました 英検3級の勉強のお手伝いをしたのは、オトモダチが中学二年生の時。今は、彼女ももう高校一年生です。 中学三年生で遠くに引越して、つらいこともたくさんあったはずなのに、英語頑張ってます!行きたい大学見つかりました!という元気なお手紙に、胸がいっぱいになりました。(お手紙には、英語のノートのコピーまで入っていて [続きを読む]
  • 金沢で耳にする英語
  • 昨日は、日帰り金沢。幸いお天気に恵まれました。 朝二番目の北陸新幹線で出発して、暗くなる前に戻るというスケジュール。新幹線開業前には考えられませんでした。本当に便利になり、ありがたいことです その影響もあってか、最近は金沢で毎回、たくさんの外国人観光客を見かけるようになりました。駅で、ホテルで、レストランで、観光スポットで、そして昨日は、駅のチケット売り場とバスの中で。 毎回、なにか困った様子があっ [続きを読む]
  • 英単語集を選ぶ決め手は? DUO 3.0
  • 英単語集を1冊に絞るとしたら、あなたは何を決め手に選びますか? 私が自分の塾で中高生に英語を教えていた頃、学校によって使われている単語集は実にさまざま学校の単語テストの準備だけで暗記物はもうたくさん!という子も多かったのですが…毎回、このテキストの例文を10題まるまる覚えて、日本文だけ書かれたプリントに、その覚えた英文を書く、というテストをやっていました。 DUO 3.0 Amazon このテキストの決め手は、560の [続きを読む]
  • 正確に読む 英文標準問題精講
  • 英文読解が伸び悩んでいる。フィーリングで読んでしまう。だいたいは読めるけれど、正確に読めていない気がする。 そういうふうに感じるときには、原点に立ち戻り、一文一句を丁寧に読む練習をするのが、一番 たとえば、英文和訳の参考書として名高い、英文標準問題精講。今年で発売されて84年というロングセラー。多くの世代でバイブル的な、英文読解の参考書だった本。 英文標準問題精講 Amazon 自分が使った参考書で一番役に立 [続きを読む]
  • Butterflies and Roses
  • 今日の小林麻央さんのブログで「転身-蝶よりバラへー」という詩を初めて知りました。乳癌専門のドクター(Dr.Charles E. Cox)によって書かれた詩だそうです。患者を見守る暖かいまなざしが感じられます。 私自身も乳癌を経験し、この詩でいえば、バラの段階にあり…。「ささやかだが 意味のある役割を演じる」という箇所に、自分自身がバラとして、ちゃんと生きられているだろうかと、改めて考えさせられました。 きっと世界中に [続きを読む]
  • 新緑の兼六園でティータイム
  • 昨日は金沢でした。朝方の雨も上がり、日中は気温もぐんぐん上昇。タクシーの運転手さんの「この時期の兼六園もきれいですよ」という言葉に魅かれ、娘と二人、久しぶりに兼六園を散策することに。 青空に映える、新緑の兼六園のやわらかな緑、想像以上の美しさです 歩いているうちに、時雨亭というお茶室の前にやってきました。 時雨亭 今まで入ったことがない時雨亭。歩き疲れて、喉も乾いてきたので、ここでひと休み。 なかは、 [続きを読む]
  • 日常的なことを英語で表現する キッチン編
  • COOK's ILLUSTRATEDというアメリカの料理本、気に入っています。今回も最新版を入手しました。 表紙も、裏表紙もおしゃれ。裏表紙は、アンティーク調でおしゃれです。 載っている料理レシピも、とても美味しそうなのですが、私はこの本の英語にも、とても興味があります。(英語もなんだか洒落ています)日常的なことを英語で表現でできれば、ライティングの幅も広がりますよね!(以下、カッコ部分は引用です) 今回の特集で、面白 [続きを読む]
  • がんばれ
  • 子供たちが大人になるまでは、言い続けていたがんばれという言葉。子供たちが大人になった後は、飲み込むことが増えました。 子供の目標には、たいていゴールがあるけれど、大人の目標はゴールが見えないことの方が多くて、 がんばれって言えば、どこまでもどこまでも走っていってしまう気がして、怖くて言えなくて… その一方で、 そんな自分は、無意識で、聞こえるはずもない亡き母からのがんばれに聞き耳を立てていることがあり [続きを読む]