バージル さん プロフィール

  •  
バージルさん: 読む・考える・書く
ハンドル名バージル さん
ブログタイトル読む・考える・書く
ブログURLhttp://vergil.hateblo.jp/
サイト紹介文マスコミやネットにあふれる偏向情報に流されないためのオルタナティブな情報を届けます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/01/11 11:26

バージル さんのブログ記事

  • 蓮舫が戸籍の開示などしてはならないこれだけの理由
  • 蓮舫民進党代表の「二重国籍疑惑」が、また騒がれている。特に問題なのは、先日の東京都議選での敗北にからめて、問題解決のために戸籍を開示しろなどという要求が、民進党内部から出てきていることだ。都議選の大敗を受けて、何をすべきか。課題は沢山あるが、まずは、蓮舫代表の二重国籍問題を解決することだ。この問題をうやむやにしてきたから、うちの党はピリッとしないのである。今でも多くの人から、あれはどうなんだと聞か [続きを読む]
  • 安倍晋三の唯一の才能
  • あまりにも秀逸なツイートだったので保存のためにメモ。安倍はバカだバカだと言われるが、唯一長けているのがじわりじわりと独裁化を進める才能。一気呵成に行うクーデターでなく、それらしさを隠しながら続けてゆく。メディアには圧力をかけていない風を装い、わが党は一度も強行採決をしたことがないと嘯く。おめでたいネトウヨ・支持者は茹でガエル… pic.twitter.com/yXZwjvgzIp― 但馬問屋 (@wanpakutenshi) 2017年7月8日無知 [続きを読む]
  • 盧溝橋事件 -- 愚かな軍人たちの野望が地獄の釜の蓋を開けた
  • 今日、7月7日は、日本では七夕くらいしか意識されていないが、中国では、日中全面戦争の発端となった「七七事変」の日としてはっきりと記憶されている。東京新聞(7/5):日中戦争の発端 盧溝橋事件80年解釈には溝あるが… 「友好へ歴史忘れないで」 北京郊外にある盧溝橋。一九三七年七月七日、橋の近くで夜間演習中の日本軍に向け、実弾が発射された。誰が発射したか不明なまま、翌朝に中国軍(国民党軍)と交戦。戦闘が拡 [続きを読む]
  • 対北朝鮮ミサイル防空大演習を嗤う
  • ■ 嗤うしかないバカCMに3億6千万北朝鮮への敵意とナショナリズムを煽ることで少しでも支持率を稼ごうという目論見なのだろうが、安倍政権がバカとしか言いようのない政府広報をテレビで流している[1]。弾道ミサイルの落下に備えて、屋内に退避したり物陰に隠れて身を守れというのだ。しかも、わずか30秒のこんな紙芝居に3億6千万もかけたという(制作費+放映費1億4千万、新聞広告1億4千万、ウェブ広告8千万[2])。言う [続きを読む]
  • 独裁を完成させたら終わりだということを理解しない人たち
  • 憲法違反の秘密保護法、戦争法、共謀罪法をすべて強行採決で押し通し、さらに憲法改悪・緊急事態条項による独裁の完成へと暴走する極右安倍自民党政権。まさにこの国の未来を破滅へと導く国家的危機と言うべきなのだが、この事態に警鐘を鳴らす人々を訳知り顔で嘲笑する者たちがいる。下のツイートなど、その典型だろう。仕事でホテル暮らしが続いているのだが、昨日、ロビーで「安倍は独裁者」と騒いでいるおばちゃんたちがいた。 [続きを読む]
  • 一枚の写真が見事に語る沖縄の怒り
  • 写真の力というのは本当にすごい。沖縄戦の「慰霊の日」である昨日(6/23)、摩文仁の平和記念公園で行われた「沖縄全戦没者追悼式」で撮影された一枚である。画像出典:中日新聞(6/24朝刊)たった一枚のこの写真が、理不尽な米軍基地の押し付けや有害無益な自衛隊配備を進める安倍自民党政権に対する沖縄の怒りがどれほどのものかを、雄弁に語っている。そもそも、なぜ6月23日が「慰霊の日」とされるのか。沖縄本島南部、摩文仁の [続きを読む]
  • 朕はたらふく食っていた ― 食糧メーデー当時の宮中の献立
  • ■ 敗戦前まではいなかった内地日本人の餓死者意外に思われるかも知れないが、アジア太平洋戦争の後半、補給を無視した無謀な作戦により各地で日本軍兵士が続々と餓死(戦病死=栄養失調死)していった一方で、確かに食糧不足に悩まされていたとはいえ、敗戦に至るまで内地の日本人からは一人も餓死者は出なかった。占領地域から略奪した米などが大量に入ってきていたからだ。[1] 日本内地の一人あたりカロリー消費量は1931〜40年 [続きを読む]
  • 「共謀罪」法制化を熱望する特高官僚の後継者たち
  • ■ 「特高だった伯父 悲惨な戦後」こういう題で掲載された朝日新聞への投稿が、氏家法雄氏のツイートで紹介されていた。特高で戦時中、東京で出世して活躍中だったが戦後「伯父は何かにおびえるように仕事もせず本家の裏の長屋に引きこもり」。稀代の悪法として歴史に刻まれている治安維持法は、被疑者だけでなく警察官らにも過酷な運命をもたらした→「声 特高だった伯父 悲惨な戦後」『朝日新聞』2017年6月3日付 pic.twitter. [続きを読む]
  • 【映画評】箸にも棒にもかからない駄作だった「シン・ゴジラ」
  • 遅ればせながら、シン・ゴジラを観た。もともと期待してはいなかったのだが、まあ予想以上の駄作だった。しかも、一回見ただけで、なぜこれが今の日本で大ヒットしたのか、またなぜ海外ではまったく相手にされなかったのかまで分かってしまった。その意味では大変分かりやすい映画だったと言える。私がこう評価する理由は以下のとおり。ネタバレ満載なので、これから観るつもりの人は観終わった後で読んで欲しい。↓↓↓↓↓↓↓↓ [続きを読む]
  • 中曽根が設営した慰安所で性暴力を受けた被害者の証言
  • 中曽根「大勲位」元首相の慰安所関与を取り上げた前回記事に、こんなコメントがついた。慰安所というのは売春のための施設でしょうか?そういうもと決めつけて資料を読んでいませんか?慰安というのは日本語で何を意味していますか?例えば女性にお酌をしてもらってお酒を飲める場所は、慰安施設言い換えれば慰安所と言えますよね?慰安は売春だけを指すものですか?なら、そうであったという証拠をだすべきでしょう、できなければ [続きを読む]
  • 世紀の悪法「共謀罪」法案が強行採決で衆院法務委を通過
  • 昨日(5月19日)、衆院法務委員会で世紀の悪法「共謀罪」法案が強行採決された。共謀罪強行採決。起立賛成したこいつらを絶対に忘れるな。 pic.twitter.com/DQST4QHtjq― 鼠戦車 (@nezumi_sensya) 2017年5月19日共謀罪、衆院委員会で強行採決。動議の声も聞こえない、委員長の声も聞こえない、そんな強行採決の場面を国会議員になってから何度見させられただろう。こんな、民主主義破壊としか言えない安倍政権は打倒しかない。衆 [続きを読む]
  • 憲法9条の「芦田修正」をめぐる茶番劇
  • ■ 「芦田修正」は自衛戦力保持の正当化を意図してなされたものではない前回記事でも指摘したとおり、帝国憲法改正小委員会(1946.7.25-8.20)で行われた9条の修正で重要なのは、NHKスペシャルが礼賛してみせた「国際平和を誠実に希求し」云々の追加などではなく、「前項の目的を達するため」という一句の挿入、いわゆる「芦田修正」の方だ。この修正について芦田は後に、最初から自衛戦力を保持できるようにすることを意図してこ [続きを読む]
  • 捕虜の取り扱い方さえ教えられなかった日本兵
  • ■ 現地民に憎まれ米軍に救われた日本軍捕虜たち大阪毎日新聞や東京日日新聞に勤めたジャーナリストで、敗戦時フィリピンで日本軍部隊とともに米軍に投降した石川欣一氏の『比島投降記』[1]が、青空文庫で読めるようになった。これを読むと、フィリピンで日本軍がどれほど現地の人々に憎まれていたか、また、つい先日まで激しい殺し合いをしていたにもかかわらず、米軍が投降した日本の軍民をいかに丁重に扱ったかがよく分かる。  [続きを読む]
  • 「慰安婦」強制連行についての貴重な加害証言
  • 神奈川新聞のサイトに、日本軍性奴隷(いわゆる「従軍慰安婦」)の強制連行に関する貴重な加害証言[1]が掲載されていたのでメモ。証言者は92歳になる元牧師の男性で、衛生兵として中国に出征した際の体験を語っている。 中国山西省盂県に出征したのは1944年2月。当時21歳。城壁で囲まれた大隊の拠点に慰安所はあった。 「慰安婦としていたのは20代ぐらいの6、7人。日本の着物ではなかった。兵隊たちが『朝鮮ピー』と呼んでい [続きを読む]
  • 中国にも焼き餃子があったよ!w
  • 日本人が中国に行ってみて驚くことの一つに、「焼き餃子がない!」というのがある。実際、中国では餃子といえば水餃子(茹でて湯切りをしたもの。日本風に言えば茹で餃子)がほとんどで、あとはシュウマイのようにセイロで蒸した蒸し餃子があるくらいだ。私も中国(主に上海と北京)には何度も行っているが、これまで一度も焼き餃子に遭遇したことはなかった。不思議に思って、知人(華北出身)に「中国では焼き餃子は食べないの? [続きを読む]
  • 教育勅語「国民道徳協会訳」という悪質な嘘訳
  • ■ なぜか「定訳」扱いのデタラメ「国民道徳協会訳」作られてから既に120年以上も経つ教育勅語は、原文のままでは現代人には理解するのが難しい。そのため、つい現代語訳に頼りたくなるわけだが、教育勅語の現代語訳というと、なぜか「国民道徳協会訳」と称するものがまるで定訳であるかのように扱われている。例えば明治神宮のサイトで教育勅語の解説に使われているのもこれだ。だが、実際に読んでみると、この「国民道徳協会訳」 [続きを読む]
  • 南京大虐殺紀念館に行ってきたよ
  • 3月19日、前から行きたいと思いつつなかなか機会のなかった南京大虐殺紀念館(侵?日?南京大屠?遇?同胞?念?)を、ようやく訪れることができた。南京大学を卒業し、今は上海で働いている友人が南京の街を案内してくれて、その一環で行くことができたのだ。南京大虐殺紀念館は、南京市街中心部から西に数キロ離れた、地下鉄云?路駅近くにある。■ 被害者たちの彫像駅からすぐのところに入口があり、入場は無料。展示館までの [続きを読む]
  • 教育勅語を現代語訳してみたよ
  • ■ 高橋源一郎氏による現代語訳作家・高橋源一郎氏による教育勅語の現代語訳が話題となっている。Twitterで公開されている高橋氏の訳を原文との対訳の形で示すと、次のようになる。原文高橋源一郎氏訳朕惟おもフニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇はじムルコト宏遠ニ徳ヲ樹たツルコト深厚ナリはい、天皇です。よろしく。ぼくがふだん考えていることをいまから言うのでしっかり聞いてください。もともとこの国は、ぼくたち天皇家の祖先が作ったも [続きを読む]