金丸文武 さん プロフィール

  •  
金丸文武さん: 金丸文武  オンザロードアゲイン
ハンドル名金丸文武 さん
ブログタイトル金丸文武 オンザロードアゲイン
ブログURLhttp://kanemaru-fumitake.com
サイト紹介文「6000円の世界一周」を終え、今度はさらに現地にとけ込む旅をしよう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供384回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2016/01/11 13:28

金丸文武 さんのブログ記事

  • 大好きな友達、それはオービー君
  • 2017年2月10日(金曜日)【北アイルランド】 ベルファスト〜【アイルランド】 ダブリン2段ベッドの上で目を覚ますと天井が近い。そしてふと目をやると天井の一部に穴が空きまくっているところがある。ゆうべ夜中に魔人ブウが部屋で暴れまわった痕跡だ…………カーテンが無残にレールごともげてしまっている。よーし、あの魔人ブウをどうしてくれようか?とりあえずあいつの荷物の中身を全てプリングルスに入れ替えといてやろうか? [続きを読む]
  • ドミトリーで欧米人女と対決
  • 2017年2月9日(木曜日)【北アイルランド】 ベルファストドミトリーの中でカップルがひとつのベッドで一緒に寝てるのってどう思いますか?僕はどうも思いません。そして僕もカンちゃんと一緒に寝ます。ドミトリーではカップルが一緒に寝てるのなんて日常的に見るし、なにも珍しいことではありません。裸で寝てる欧米人男性とかもいるし、パンツ1枚でウロウロしてる人も普通だし、女の子もオッパイ出して着替えてたり、ブラジャーや [続きを読む]
  • めちゃくちゃ久しぶりの宿
  • 2017年2月8日(水曜日)【イングランド】 リバプール〜 【北アイルランド】 ベルファストイギリス最後の車中泊の朝。イギリスの冬は寒い寒いと恐れていたけど、秋口のオーストリアのほうがよっぽど寒かったな。結局雪を見たのも数回だった。こっちの人は、車中泊をしていると俺たちが言うと、なんだって!!寒いだろう!?と驚いていたけど、実際は布団をはだけるくらいでなんの問題もなかった。職務質問も何度か来たけど、職務質 [続きを読む]
  • ペニーレーンは拓郎の曲だと思ってた
  • 2017年2月7日(火曜日)【イングランド】 リバプールブリテン島最終日。リバプールの廃墟が並ぶボロい路地裏で目を覚ました。パジャマのまま車の外に出ると、目の前にズタボロの廃墟があり、窓が全て割れ、ゴミが散乱してシャッターが閉まっている。ひと気はなく、車も走っていない寂れた路地裏。タバコに火をつけてそれを眺めながらぼんやりイギリス旅のことを回想した。12月1日から始まり、今日で2月7日。2ヶ月ちょっとか。早か [続きを読む]
  • リバプールで世界遺産とビートルズ巡り
  • 2017年2月6日(月曜日)【イングランド】 リバプール隣の家のいとこの大輔はビートルズが好きで僕はストーンズが好きでした。まだ中学生で、ビートルズとストーンズがどんなバンドかなんて全然知らなかったけど、ただとても有名なバンドで、ライバル的な存在ってのはなんとなくわかってました。別に俺と大輔が同い年で、ライバル意識があったからってわけでもなく、大輔は親の影響でビートルズ、僕は悪っぽいストーンズに憧れて、 [続きを読む]
  • ついに聖地へ
  • 2017年2月5日(日曜日)【ウェールズ】 コンウィ〜 【イングランド】 リバプール田舎の住宅地の中で目を覚まし、車のエンジンをかける。今日で短かったウェールズも最終日。最後の日にふさわしく青空が出ており、冷たい冬の空気が気持ちいい。さて、最後に残しておいた場所を見に行くぞ。ウェールズ、世界遺産4大古城の3つ目は北部の町、コンウィにある。コンウィ川の河口に位置する港町で、この町の真ん中にお城がたっているよう [続きを読む]
  • そうかー、もうすぐこの旅も1年か
  • 2017年2月4日(土曜日)【ウェールズ】 バンガー 〜 リルさて、もうそろそろイギリスも終わりになるんだけど、出国に向けて準備しないといけないことがある。それはコインの両替。路上で稼いだコインが大量にあり、それを出国までに紙幣に両替しないといけない。コインのまま持って出国したら換金できないのでただの鉄クズになってしまう。が、ここで問題発生なんだけど、このイギリスではコインの両替がとても難しい!!オースト [続きを読む]
  • パズーとシータがいたお城
  • 2017年2月3日(金曜日)【ウェールズ】 ビューマリス 〜 カーナーボン 〜バンガーマジなんて書いてるかわからんウケるー。さてさて、ウェールズもここまで端っこに来ると本格的にどウェールズ。町歩いてても、スーパーに入っても、聞こえてくる現地の人の会話は謎の言語。若干、舌を巻き気味で喋るその言葉は英語とはまったく違う。すげぇよなぁ。こんな小さな島の一部なのにここまでバッツリと喋る言葉が違うなんて。しかも国の公 [続きを読む]
  • 三軒茶屋で飲むならここ!
  • 2017年2月2日(木曜日)【ウェールズ】 リル 〜 ビューマリス 今日はピザで朝昼ごはん。テスコで買うとこんな大きいやつが3ポンド。420円。オーブンはないけど鍋で温めれば十分だ。ご飯を食べてからちょこっとメールチェックにスーパーに寄ったんだけど、パッとフェイスブックを開いたらカッピーの投稿が出てきた。よんちゃでちょっとトラブルがあったらしい。よんちゃといえばカッピーが東京の三軒茶屋でやっているライブバー、四 [続きを読む]
  • 結婚指輪をなくす男
  • 2017年2月1日(水曜日)【イングランド】 チェスター 〜 【ウェールズ】 ブロートン朝、道路沿いのちょっと奥に入り込んだ広々したパーキングで目を覚まし、のんびりいつもの大好きパスタ。さぁ、今日はユナイテッドキングダム3ヶ国目のウェールズに向かおう。でもその前にひとつ行っておきたい町がある。日本でお世話になってるかたにオススメしてもらっている町で、ここもまた城壁に囲まれた古い町らしい。路上やるかどうかは町 [続きを読む]
  • ヨークの町は若草通りの思い出
  • 2017年1月31日(火曜日)【イングランド】 ヨークこれお気に入りのパスタの素。牛乳に混ぜて煮込んで5分で出来上がり。めっちゃ便利。それに炒めておいた野菜と肉を混ぜて、チーズを乗せて、砕いたカシューナッツを散らしたら大好きな朝ごはん完成。インスタントでも手を加えたらめっちゃ美味しくなります。これで値段は70ペンスとか。100円しないのですごい助かる。イギリスでは食べ物がめっちゃ充実してます。おかげでお腹が若干 [続きを読む]
  • イギリスで1番美しい町
  • 2017年1月30日(月曜日)【イングランド】 ウィットビーどこまでも広がる高原は、背の低い茶色い草木で覆われている。そこに太陽がのぼると、大地が輝くようにざわめく。冷たい風すらも照らし出されているかのように、全てが鮮明に形取っている。とても気持ちのいい朝。伸びやかで、空が近くて、気持ちがどこか楽なのを感じる。ようやく動き出せた充実感かな。そうだよ、俺たちはもうすぐアフリカに向かう。あの果てしない大地には [続きを読む]
  • イギリスにある万里の長城
  • 2017年1月29日(日曜日)【スコットランド】 スコティッシュボーダー 〜 ウィットビー昨日、ハギスを食べるために田舎のファストフード屋さんで晩ご飯を買ったんだけど、2人分だしせっかくだからセットのやつにしようかと8.5ポンドの詰め合わせにした。1200円。これ。これゆうべの余り。つまり倍。受け取ったとき。イギリスのファストフード屋さんの量、尋常じゃない…………しかもウルトラ揚げ物のオンパレードにケバブ肉ドッサリ [続きを読む]
  • ロスリンチャペルの謎と謎の食べ物!!
  • 2017年1月28日(土曜日)【スコットランド】 ロスリン 〜 スコティッシュボーダーよっしゃああああああああああああ!!!!先に進めるぞおおおおおおおおおお!!!!!!日本から送ってもらっていた大事な書類が昨日ようやく届いたことでやっと移動ができるようになり、テンション高めの俺とカンちゃん!!そんなところにめっちゃ嬉しいメール!!とある人からのものだったんだけど、その内容はこう。メールをくださった女性があ [続きを読む]
  • これからの予定を少し
  • 2017年1月27日(金曜日)【スコットランド】 ソルトコーツ 〜 エジンバラ王様ゲームって楽しいですよねー!!飲み会でいい感じにみんなが酔っ払ってきたら超しらばっくれた顔して人数分の割り箸を取り出してゲーム開始!!ヒョウ!!最初は腕立て伏せとか焼酎イッキとかクソどうでもいい命令から始めて、さりげなく靴下を脱ぐーとかそっち系に移行し、巧みな流れでほっぺにチューまでもっていけたらもう女の子もその気です。イェー [続きを読む]
  • あ、あれ?俺はなんでこの国の地図を見てるんだろう………?
  • 2017年1月26日(木曜日)【スコットランド】 ソルトコーツ朝、パジャマ姿で車から出ると、目の前に広がる海の上に低い太陽があった。あぁ、久しぶりのいい天気だな。薄暗い太陽はぼんやりと光を放っており、ウミネコがニャーニャーと声をあげながら空でホバリングしている。風が強く、おかげで波がかなり荒く、車の窓も潮風でだいぶ白くなっていた。海沿いの遊歩道をランニングする人、犬を連れて散歩している人。ここはソルトコー [続きを読む]
  • 僕の旅の原点、日本一周 後編
  • 2017年1月25日(水曜日)【スコットランド】 ソルトコーツ昨日の日本一周の続き……………真冬の道央は凍てつく寒さで、毎日毎日パウダースノーが大地を埋め尽くしていました。そんな中、バイト前の時間、バイトの帰りに廃バスに行き、1人でコツコツと作業をしました。雪かきをして道を作り、ベニア板を運び込んでノコギリで切り、ベンチやテーブルを作った。真っ暗な雪の夜に、ストーブを焚いて木のクズにまみれて少しずつ少しず [続きを読む]
  • 僕の旅の原点。日本一周 前編
  • 2017年1月24日(火曜日)【スコットランド】 ソルトコーツ昨日のブログを書いていて、原点に戻ってくださいという読者さんの言葉に、ふと日本の旅のことを思い出しました。iPhoneの写真フォルダに入っている日本一周の時の写真を見返してみるとすごく懐かしいものがたくさんある。青春の全てを捧げたあの日本一周こそが僕の旅の原点。今でこそ世界2周目っていう旅をしているけども、あの頃の俺には日本一周もそれはそれは壮大な旅 [続きを読む]
  • さすがにむしゃくしゃしてしまった
  • 2017年1月23日(月曜日)【スコットランド】 グラスゴー 〜 ソルトコーツ昨日グラスゴーでめっちゃ巨大なアジア食品店を見つけて興奮してこれを買ってしまった。冷凍だけど、まさか自炊でギョーザ食べられるなんて死ぬかと思った。いやぁ、イギリスは本当なんでも買えるなぁ。さて、実家の親に郵便物を送ってもらって5日目。そろそろ届いてもいいころなのにまだ音沙汰なし。早く先に進みたいのに、まだかなぁ…………日本からイギ [続きを読む]
  • めっちゃ有名なティールームへ行ってみよう
  • 2017年1月22日(日曜日)【スコットランド】 グラスゴーゆっくり起きた日曜日の朝。さてー、今日はのんびり観光でもするかー。平日たくさん歌って日曜日に休んで遊ぶって、このサイクルがやっぱりいいよなぁ。というわけで今日は思いっきりグラスゴー観光だ。ユナイテッドキングダムでロンドン、バーミンガムに次ぐ大都市であるグラスゴー。もちろんスコットランドでは最大の都市だけれども、首都はお隣のエジンバラだ。そんな大都 [続きを読む]
  • バスキングについて思うこと
  • 2017年1月21日(土曜日)【スコットランド】 アーバイン「オシッコオシッコー!!」朝、車からカンちゃんが飛び出して行き、俺もゆっくり車から出ると、久しぶりの青空が広がっていた。気温はなかなか低く、フロントガラスが半分くらい凍りついているけど、この寒さがとても爽快だった。1人で周りを散歩してみると、河口から続く海が見えた。青い空の下で海が輝いており、遠く向こうまで砂浜が弧を描いてのびており、ぱらぱらと人 [続きを読む]
  • 久しぶりにジプシーのアコーディオン弾きとモメる
  • 2017年1月20日(金曜日)【スコットランド】 アーバイン朝、駐車場の周りを散歩してみた。寝ていた駐車場のまわりは海に繋がる河口になっており、とても汚く、水も少ない。誰にも見られなくなって置いてけぼりにされた看板が虚しく方角を指している。周りは草が生えた荒地で、ボロボロの岸壁ひび割れて錆びついていた。「カンちゃん、朝ごはん何食べようか?」「何しよう?」「昨日歌ってるところにあった人気のパイ屋さんにする? [続きを読む]
  • 寝床は田舎ヤンキーのたまり場
  • 2017年1月19日(木曜日)【スコットランド】 アーバイン実は先日お邪魔したチエさんのお宅に、日本からの郵便物を送らせていただいている。大事な書類なんだけど、どこに送ってもらうかが決められずにずっと悩んでいたんだけど、それをチエさんにご相談したところ快諾してくださった。本当助かります。なので郵便物が届くまでこのグラスゴー近辺から離れることができないので、路上をしながら近場の町をもう少し回っておこう。とい [続きを読む]
  • スポンサー探しって実際難しいのか?
  • 2017年1月18日(水曜日)【スコットランド】 キルマーノック今日もアゴさんの前で路上。俺が歌っている間カンちゃんは色んなネット作業をやっているわけだけど、そんなカンちゃんが最近取り組んでいる大きな課題。それはスポンサー探し。日本一周、世界一周をやろう!と計画した人で、スポンサーをつけて何かを提供してもらえないかなぁと考えたことのある人はきっと少なくないんじゃないかな。実際この世界一周ブログランキングの [続きを読む]
  • 昔とある画家さんに聞いた言葉
  • 2017年1月17日(火曜日)【スコットランド】 キルマーノック美味しい朝ごはんを食べ、ゆっくり準備して町に向かい、今日も霧雨が降る中で路上に出た。キルマーノックのショッピングストリートは屋根があるので雨の日でも路上ができるし、他にライバルパフォーマーがいないのですごくのびのびと演奏できる。お金もコンスタントに入るし、内陸ヨーロッパでは当たり前だったストレスフリーに歌えることが、このイギリスでは本当にあり [続きを読む]