ウォーカー さん プロフィール

  •  
ウォーカーさん: 英語教師(通訳案内士)、ウォーカーと歩く!>似顔絵
ハンドル名ウォーカー さん
ブログタイトル英語教師(通訳案内士)、ウォーカーと歩く!>似顔絵
ブログURLhttp://ameblo.jp/evening-walker/
サイト紹介文WEBサイト『英語教師(通訳案内士)、ウォーカーと歩く!』の似顔絵を集めてみたのが始まりでした。
自由文「教育」「英語」に関連したエッセイをアップしたWEBサイトに訪れてほしいと思いまして、その続きをこのブログに書くようになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2016/01/11 18:50

ウォーカー さんのブログ記事

  • 似顔絵、高瀬耕造アナウンサー & 和久田麻由子アナウンサー
  • 入学式でボブ・ディラン氏の歌詞の一部を引用した総長式辞を京都大学がホームページに掲載したことについて、JASRACが電話で問い合わせをしていたとのこと。 「言論の自由」の行く末について何かと議論がされているなか、数多くの偉大なアーティストの著作権を預かる団体の一部の人が、この程度の見識では、大いに問題であり、そして、寂しい限りです。 ボブ・ディラン氏からも叱ってほしい! 以前書き [続きを読む]
  • 5つもある「5文型」は不要!「3文型」で十分か!? その際、動詞の意味が鍵!
  • 解剖でもしているかのように、英文を、SV、SVC、SVO、SVOO、SVOCのそれぞれの型に見分ける練習を繰り返してはいけません!?第2文型はS=C、第3文型はS≠O、第4文型はO≠O(IO≠DO)、第5文型はO=C、という分類ばかりやっていても、リーディングやリスニング、ライティングやスピーキングへの応用がイメージされていなければ、文法学習のための文法学習になってしまいます。 そこで、提案したいのは、5文型ならぬ、以下の [続きを読む]
  • 今、英字新聞が面白くナイ! ここでも「オバマロス」!
  • 新聞好きですから、英語の学習に英字新聞を読んでいます。 最近どうも新聞を読む気が起こらなくて、(勉強の)スランプかな、と思っていました。しかし、気付きました。オバマ大統領の記事がないことに。 バラエティーに富んだボキャブラリー、絶妙で軽妙なレトリック、思わずうならされるようなユーモア、タフで高邁な理想。(いずれも、どれほど私が理解しているかは疑問ですが・・・。) 今、興味のある新聞記事 [続きを読む]
  • 学校選び、良い学校の見分け方! 河合隼雄先生に学ぶ
  • 程度の問題はありますが、何でもかんでも、教師や保護者がお膳立てして、先回りしているようでは、「内発的動機づけ」はできません。それで、生徒たちが本来備えているはずの力が、どれほど伸ばせるというのでしょうか? <ご参考1>中等教育の真髄! 「外発的な動機づけ」から「内発的な動機づけ」へ <ご参考2>朝日新聞朝刊 2017.5.5.折々のことば  鷲田清一 だいたい子どもというものは、「親の [続きを読む]
  • 近江 友里恵アナウンサー<3>(NHK「ブラタモリ」)
  • 以前、「近江アナウンサーこそ、タモリさんに、持っている魅力を引き出してもらっているのでしょうか」と書きましたが、最近、次のように感じます。タモリさんも、近江アナウンサーの、ほのぼのとした、ちょっとスローモーなキャラクターに、孫娘?の成長を見守る好々爺の味わいを引き出されているのではないかと・・・。今までは、いたずらっぽく笑いながら冗談を言う姿が目立っていただけに。(笑) 近江 友里恵アナウンサ [続きを読む]
  • learning point = teaching point = testing point!
  • 理想としては、授業でのティーチング・ポイントが、定期試験などでのテスティング・ポイントと完全に一致していなければなりません。そのための工夫の一つとして、年度の最初の授業前や定期試験直後の授業前には、すでに次回の定期試験を作成し終えていることを以前提案しました。※試験範囲を教え始めるときには既に定期試験を作り終えていること! コペルニクス的転回<第2弾>************************************** 今 [続きを読む]
  • 社会科見学! 集合場所で、朝一番のスピーチ(その仕込みと中身)
  • <仕込み?>生徒たちが三々五々集まってくる間、高校生の大群に多少でも興味がありそうな近くを通りかかる外国人の方に、道をふさいでしまってスミマセンなどと切り出しながら、出身国を聞いておきます。 <生徒たちへのスピーチ>「さきほど、たまたま話をした方は、<国名>から来ています。はるばる何千kmも離れた国から、そのようにしてまで、わざわざ見物・見学・鑑賞に来ている方がいることを私たちは意識しなくては [続きを読む]
  • 2017年度の入学式式辞の採点基準!
  • 以下の言葉が入っているとポイントになります!?英国の欧州連合(EU)離脱決定 (10点)トランプ氏 (10点)アメリカ大統領選 (10点)(『朝日新聞』 2017. 1. 13 朝刊) 東京大学の入学式が12日、日本武道館(東京都千代田区)で行われ、約3千人の新入生が出席した。五神真(ごのかみまこと)総長は式辞で「言葉を大切にしよう。情報の海におぼれてのみ込まれてしまうのではなく、知に裏打ちされた言葉を [続きを読む]
  • 3年生へ、新年度の挨拶(『水滸伝』編)
  • マンガの『キングダム』が、とても流行っているようですが、舞台は同じ中国でも、時代が異なる古典小説に『水滸伝』があります。そのなかの言葉です。「兵を養うこと千日(せんにち)、用いるは一朝(いっちょう)に在り」この意味は、長期的な視野に立って、平素の準備を怠りなく、というものです。 この水滸伝の言葉を、多少の無理は承知で、敢えて高校時代に当てはめるならば、「千日」目を迎えるのは高校3年生のときになりま [続きを読む]
  • WORLD ORDERの魅力が上手く説明できない! 「SINGULARITY」公開!
  • WORLD ORDERが、街行く人の度肝を抜く、見事なまでに完璧にシンクロしたロボットダンスを披露しても、異様さの中にも愛嬌を感じるのは、いったいなぜでしょうか? WORLD ORDERは、「<逆>不気味の谷」(※)の手前? 谷底? 谷を越えたところ? いったいどこにいるのでしょうか? AI(人工知能)に関するSINGULARITYが話題となるなか、WORLD ORDERのロボットダンスに感じる異様さを超えた愛嬌を、逆に、AIに感じるように [続きを読む]
  • 核兵器禁止条約交渉、「仮定法」と「ディベート」の教材
  • "Wish You Were Here"洋楽でも馴染のある表現ですが、あらためて、今日のニュースで仮定法を学びました。http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170329002170.html ディベートを行えば、その論題は、「日本は、国連核兵器禁止条約交渉に参加すべきである。是か非か。」 煎じ詰めた論点は、「理想vs現実」でしょうか?※以下は、以前に書いたブログです。こちらも、ご一読いただければ幸いです。ディベート、議論を [続きを読む]