G.R. さん プロフィール

  •  
G.R.さん: ギフテッドのことを考えるブログ
ハンドル名G.R. さん
ブログタイトルギフテッドのことを考えるブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/gifted_research
サイト紹介文ギフテッドのことをいろいろ調べてみようと思っています。ギフテッドは日本ではあまり知られていませんね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/01/11 22:43

G.R. さんのブログ記事

  • ⑨実行機能の問題の対策:子供の意見に耳を傾ける。
  • 実行機能シリーズ 第9弾です。今回は、子供の意見に耳を傾けるべきという意見を集めてみました。子供に実行機能の指導をするときは、子供の意見によく耳を傾け、子供に意見を押し付けず、しかし親は自分の意見はしっかり主張すべきなようです。そのことに触れている海外のネット記事を見ながら考えます。(引用した記事の詳細は最後にあります。)最初に何が必要か確かめる実行機能のスキルを改善する方法を子供に教えることは忍耐 [続きを読む]
  • ⑧実行機能の問題の対策:子供に自主性を持たせる。
  • 実行機能シリーズ第8弾です。実行機能に問題のあるギフテッドの対策として、子供に自主性を持たせることが重要であると思います。そのことに触れている海外のネット記事を見ながら考えます。(引用した記事の詳細は最後にあります。)子供に実行機能を尊重させる。自分が身を置く世界で適切に行動するために実行機能スキルが重要であると認識することも非常に重要である(2)Matt博士は、実行機能がどれだけ役に立つかについて子供 [続きを読む]
  • Exceptionallyなギフテッドの思考: 単純なものは複雑に。複雑なものは単純に。
  • Exceptionallyなギフテッドが物事を認識したり考えたりするときの特徴についての記事を見つけました。その中から興味深いと思われたものを抜粋して引用します。Exceptionallyなギフテッドの思考や認識の特徴として、・単純なものが複雑になる・顕著な正確さを求めること・複雑なものを簡単に把握するなどのことについて記載されています。非常に興味深いと思いました。以下、引用です。認知に関する違いIQ170以上の子供と他の中程 [続きを読む]
  • ⑦実行機能の訓練は、必要なのか?いつやるのか?親も協力するのか?
  • 実行機能シリーズ第7弾。今回は、実行機能の訓練の必要性、訓練の時期、親も協力するのか?というテーマです。こういう記事を書いているということは当然、実行機能の訓練は必要に決まってますね。できれば実行機能が必要となる前に身につけておくべきなようです。そして親も当然協力すべきなようです。なんと当たり前な・・・。でも当たり前のようなことをしっかり把握しておくことが効果的なのではないかと思っています。4つのネ [続きを読む]
  • 完全主義への対処法に関する記事の紹介。Sylvia Rimm博士へのインタビューから。
  • 今回は完全主義への対処法についての記事の紹介です。完全主義の対処として以下のようなことが挙げられていました。・(子供を)褒めすぎない。・ベストを尽くすことで満足を得るよう促す。・失敗を重要視する。・自分自身や自分の失敗を笑い飛ばす。・失敗から学ぶ・自分自身や他人に無理のない期待を抱く・リラックスする方法を身につける・自分の生活のバランスを取る以下、引用です。質問:親と教師は子供の完全主義にどのよう [続きを読む]
  • 内向性の概念
  • ギフテッドの特徴の一つに、内向性というものがあると言われています。内向性とは何なのか、内向性の概念についてのSENGの記事を引用します。ざっくり言うと「周囲の世界にアプローチするために自分の頭の中の考えに注目するのが内向性、他人や活動にダイレクトに注目するのが外向性」という感想を私は持ちました。引用文には具体例なども書かれてあります。以下に引用します。あなたはおそらく以下に述べる例のうち一つは知ってい [続きを読む]
  • 10歳のとき高い知性だったこどもは30歳でリベラルな思想を持つ傾向にある。
  • ギフテッドは高い道徳性を身につけたり、伝統や慣習に抗う傾向にあるということを以前書いたことがあります。それらのことを支持するような統計的データ(エビデンス)をみつけたので紹介します。10歳のとき高い知性だった子供は30歳でリベラルな思想を持つ傾向にある、とのことです。賢いこどもは良識のある大人になる。我々は10歳における一般的な知性と、30歳になったときのリベラルな社会的態度・伝統に抗する態度との関連性に [続きを読む]
  • ⑥実行機能の問題は改善可能か。
  • 実行機能シリーズ第6弾。今回は、実行機能の問題は改善可能かどうか、というテーマです。こういう記事を書いているわけですから当然、改善可能であろうということが結論です。いや、引用文ではもっとはっきり、「改善可能である」と断定しています。また、そのための介入は早ければ早いほど効果的なようです。4つのネット記事から引用しました。引用させてもらった元記事の詳細はこの記事の最後にまとめています。いずれも実行機能 [続きを読む]
  • ギフテッドはアスペルガー症候群と誤診されやすいのか?
  • ADHDに間違われやすいのと同様に、ギフテッドはアスペルガー症候群とも間違われやすいようです。今回はギフテッドはアスペルガー症候群と間違われやすいと書かれてある記事の紹介です。区別のポイントにも少し触れられています。ギフテッドとアスペルガー症候群は類似することがあり、ギフテッドはアスペルガー症候群と誤診されやすいが、しかし両者は全く別物、という主旨です。アスペルガー症候群もギフテッドの若者の間でよく間 [続きを読む]
  • パーティに参加するのを避けるギフテッド
  • パーティに参加するのを避けるギフテッドのがいるという記事を読んで、「へー」と思ったので引用します。内向性。ギフテッドの内的世界は特によく発達している。彼らは素早く、そして簡単に傷つく。それはなぜ彼らが人々と距離を置こうとするのかの理由になっている。パーティなどに参加することを避ける人もいる。なぜなら会話の話題が彼らの興味に合わないからである。このことは自閉症に類似していることである。内向性はまた疎 [続きを読む]
  • 完全主義の考え方
  • 諸外国のギフテッドの教育現場においては、ギフテッド児が完全主義的傾向を持ちやすいというのは周知の事実となっているようです今回の記事は、完全主義者の考え方についてです。完全主義はまた、思考の方法として考えられてもいる。完全主義的な思考の一つの側面は『二値変数的な(「ある」か「ない」かというような)考え』であり、その考えにおいては子供は長期の計画や研究課題というのは完璧にするべきものでありそうでなけれ [続きを読む]
  • ⑤ギフテッドが実行機能の問題を持つことが多い理由
  • 実行機能シリーズ、5つ目の記事です。ギフテッドは実行機能の問題を持つことが多いと言われています。(▲フテッドは実行機能の問題をもつことが多いのか?)今回はその理由は何かというテーマです。なぜギフテッドは実行機能の問題を持つことが多いのか。いくつかネット記事を読んでまとめてみました。3つのネット記事から引用しました。引用させてもらった元記事の詳細はこの記事の最後にまとめています。いずれも実行機能とギフ [続きを読む]
  • ④ギフテッドにとっての実行機能の重要性について
  • 今日、ブログ記事を書いたのですが、長いで2つに分けて書き直しました。今回は、「ギフテッドにとっての実行機能の重要性」についてです。実行機能は生活全般において極めて重要なものであり、かつギフテッドの能力の高みに到達するためにも不可欠なもののようです。引用した4つの記事の作者の詳細については、この記事の最後にまとめてあります。実行機能の重要性について 『整理して構造化するということは、個人的な事にも職業 [続きを読む]
  • ③実行機能に問題があるとどうなる?
  • 実行機能についての続きです。今日、ブログ記事を書いたのですが、長くなったので2つに分けて書き直しました。今回は、「実行機能に問題があるとどうなるのか」についてです。実行機能に問題があると生活全般に困るだけでなく、自信喪失や他の人との摩擦を引き起こすようです。引用した4つの記事の作者の詳細については、この記事の最後にまとめてあります。実行機能は生活のどんな場面で使われるか 正直、いまいちピンと来ない [続きを読む]
  • 実行機能に問題があるとどうなる?実行機能の重要性は?
  • 今日、「実行機能に問題があるとどうなる?実行機能の重要性は?」というブログ記事を書いたのですが、長くなったので2つに分けました。以下の二つに分けました。実行機能に問題があるとどうなる?ぅフテッドにとっての実行機能の重要性についてにほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ(文字を )にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ(文字を ) [続きを読む]
  • ②ギフテッドは実行機能の問題をもつことが多いのか?
  • 最近、実行機能のことについて集中的に調べています。ギフテッドは実行機能の問題をもつことが多いのか?という問いですが、私の読んだ4つのウェブサイト記事にはすべてyesであるという意味のことが書かれてありました。そして私も、ギフテッドは実行機能の問題を持つことが多いと信じています。(親や教育者、研究者の個人的印象が必ずしも正しいとは限らないというのが難しいところですが・・。)以下に引用します。4つの記事の [続きを読む]
  • ①実行機能の定義・概念について
  • 海外のネット記事には、ギフテッドは片付けや時間管理が不得意とよく書かれてありますね。そのことを、「実行機能に問題がある」と表現することがあるようです。今回、ギフテッドと実行機能について、いくつかネット記事を読んでまとめてみました。まずは、実行機能の定義や概念についてです。具体的な例についても触れてみました。3つのネット記事から引用しました。引用させてもらった元記事の詳細はこの記事の最後にまとめてい [続きを読む]
  • 渋谷区で日本初のギフテッド教育の公的なプログラム始まる。
  • 日本で、ギフテッド教育が始まるようです。以下のニュースで出ていました。日本でもついにスタート!全国初・渋谷区で始まる「ギフテッド教育」とはこれは公教育のプログラムとしては日本初の試みなようです。以下、少し引用してみます。渋谷区はギフテッドについて「全般的または特定の分野で高い能力を発揮する子ども」と定義。このうちプログラムの対象となるのは、小学3年生から中学3年生に在籍し、(1)特別支援教室拠点校の巡 [続きを読む]
  • ギフテッドの参加すべき活動について
  • いろんな海外のギフテッド関連記事に、ギフテッド児にはいろんな活動に参加させるべきと書かれてありますね。しかし、何も考えずにやみくもに参加させとけばいいというわけではなく、ギフテッド本人にとってストレスになる場合もあるのでどの活動に参加させるべきか親は慎重に考えるべきだと。そう書いてある記事をみつけたので引用します。活動には、学校の活動、課外活動、チームを組む活動、クラブ活動、講義、コンテスト、ボラ [続きを読む]
  • ギフテッドは年齢を超えた友達関係を作る
  • ギフテッドは年上の子供とよく友達になると、いろんな海外のネット記事などに書かれてありますね。自分の調べた範囲で、そのことについてまとめてみました。ギフテッド児と年上の子供は似ている部分があるので友達になることがあり、親は年上の子供と付き合えるように協力するべきなようです。また、年下の子とも友達になることもあるようですね。まずは年上の子供と友達になるということに関して、3つの海外記事から引用します。E [続きを読む]
  • ギフテッド児は、同じ「友達関係の概念」を持つ子供を求める。
  • 最近、ギフテッドの友達関係について集中して勉強しています。友達関係の概念について、興味深い記事を見つけました。ギフテッド児は友達関係の概念が平均的な子供とは違い、親はそのことについて子供と話し合うのがいいとのことです。まずは、「友達関係の概念の階層」について、以下に海外のネット記事から引用します。私が行った5歳から12歳の700人の子供の研究において、子供の持つ友達関係の概念はいくつかのステージによって [続きを読む]
  • 友達関係のハウツー:友達が少なくても見守るべき。
  • 最近はギフテッド児の友達関係について集中的に調べています。とくに、親や本人が実際どう行動したらいいのかについて。そのさい、非常に参考になる記事があったので紹介します。Tips for Parents: Gifted Children’s Friendshipsギフテッドが少人数でも深い人間関係を欲するということ、親はそんなとき心配せずに見守るべきことなどが書かれてあります。以下、引用です。exceptionally な、またはprofoundlyなギフテッドの他の性 [続きを読む]
  • ハイリーギフテッドの友達関係の記事から得られるハウツー
  • ギフテッドの性質や統計的なデータを調べるのも有意義だとはおもいますが、実際に子供に接するときに具体的にどうするのか、実践的なHow toも知りたいですね。How toを考える上で参考になりそうな記事があるので紹介します。Highly gifted children and peer relationships(ハイリーギフテッドの子供と友達関係について)上記のサイトから、ギフテッド児が友達関係に対処するさい、以下のようなハウツーが導かれると思いました。D [続きを読む]
  • 幼少期のギフテッドの友達関係を助ける方法についての記事
  • ギフテッドは友達関係で苦労する場合があるとよくギフテッド関連の記事に書かれてあります。(全員ではないようです。)幼少期の友達関係を助ける方法について書かれてある記事を見つけたので紹介します。幼少期:ギフテッドの子供達はギフテッドどうし遊ぶ傾向にある。その傾向は平均的な知能の子供が平均的な知能の子供どうし遊ぶ傾向よりも強い。ギフテッドやprofoundlyなギフテッドにとって通常みられる多くの性質、例えば激し [続きを読む]