kikoku-mom さん プロフィール

  •  
kikoku-momさん: 帰国かあさんのOC子育て日記
ハンドル名kikoku-mom さん
ブログタイトル帰国かあさんのOC子育て日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/kikoku-mom/
サイト紹介文夫の転勤に伴い南カリフォルニアへ越してきました。元アメリカ帰国子女。今は帰国かあさんとして子育て中。
自由文学生時代を過ごしたアメリカ、夫の海外赴任に伴いまた暮らすことになりました。5歳の息子を育てています。某日系メーカー勤務のワーキングマザーを経て、現在は帯同赴任休職中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/01/12 05:54

kikoku-mom さんのブログ記事

  • 今年もあった音楽の授業参観
  • 今年も学校行事で忙しい季節がやって来ました。昨年と同様に、音楽の授業参観もありました。去年と(学校は違うけど)同じ音楽の先生。今年はピアノやウクレレを弾いたり、歌ったり踊ったり相変わらず多才で可愛らしい先生の授業。去年見て以来、密かにファンだったので、また来れて嬉しいです。何曲か披露してくれたうち昨年と同じおなじみの Five little ducks.お父さん・お母さん・こども役等に分かれてみんなの前で歌いまし [続きを読む]
  • 息子「アメリカから出ていけ」と言われて泣く
  • 先日、現地校のお友達と公園で遊んでいた時のことです。お友達(アメリカ人)がトイレに中座したので、息子が私に日本語で話しかけてきた時のことでした。 知らないアメリカ人小学生が、我々の会話を近くで聞いていてその後、私が離れた隙に「悪者はこの国から出ていけ」といって砂を投げられそうになっていました。実際には投げても届かなかったんですが、言われた時点で息子はビックリ仰天して6歳児ですがギャン泣き。(相手の [続きを読む]
  • OCの専業主婦ってどんな人? #ガチでデス妻
  • 日本でも第一子出産後の復職率が、はじめて退職率を超えたと2015年度版の調査で明らかになっていましたが(※)アメリカでは、基本的には共働きが主流なんだなと実感があります。 改めて住んでみて気がついたことですが、アメリカ社会は日本以上に富める者はどんどん富を蓄えることのできる仕組みができており、中流階級は、働けど働けど暮らし楽にならず、低所得者層は、移民に職を奪われる恐怖に怯える社会かと。それが資本 [続きを読む]
  • 現地校でのアートの授業
  • 現地校では日々お勉強がメインですが、一応まだ幼稚園ということで色々と作品を作ってくることもあります。 アメリカなので、自由に絵を描いたりするのかな?と思いきやむしろ逆で、絵を描くときは、絵描き歌状態で全ての線を先生が指示。先生が見本を描いて、生徒が真似をして・・・というプロセスを踏みます。ちなみにTKは別の学校でしたが同じ状況でした。 ま、結局、同じものを描くなり製作しているはずなのに、でき [続きを読む]
  • 小学校のタレントショー オーディション
  • 小学校でタレントショーのオーディションがあったので、参戦して来ました。去年はTKだし、特にオーディションを受けられるような特技も無かったのですが、今年はピアノで受けてみることにしました。キンダーなので、もちろん最年少。もう一人キンダーの子がお姉ちゃんとダンスで出てましたが、基本的には大きい子がメインでした。レベル的にもサイズ的にも完全に前座ですw審査員の先生、PTAの役員さん達も、ホノボノと見守ります。 [続きを読む]
  • マズローの欲求段階説を子育てにあてはめる
  • お友達と子育て話をよくするのですが、話しているうちに昔、心理学を勉強した時に習ったマズローの五段階欲求説が、私の中で子育てをする上での判断のベースとなっていることに気が付きました。 マズロー自体は今の心理学的にはもう古典な扱いなのかもしれないのですが、考え方のフレームワークとしては今でも活かせるのかなと思います。 【免責】ちなみに我が家は、息子二人とも育児書通りに全く育っていないです。こん [続きを読む]
  • 今年のバレンタインデー
  • 書くタイミングを逸して、すでに先週の話ですが、今年も学校でバレンタインのカード交換がありました今年は手抜きMAXスーパーとかで売っている子ども向けの定番カードセットを買いました。これ私が学生の頃から売ってました。懐かしすぎて泣ける柄は男女どっちでもいけるかな、ということでファインディング・ドリーにしました。1パックでちょうど一クラス分くらい。息子は、宛名と自分の名前を書き、付属のシールと、別途買ってき [続きを読む]
  • 学校でのボランティア再開
  • 長男のキンダーでボランティアを始めました。TKの時もボランティアをしていて、学校のことがよくわかるし楽しかったのです。その間、次男は二宮金次郎状態で夫に担がれ、自宅から仕事してもらっているというアメリカで今の職に就くまで、こんなことが実現するなんて家族の誰が予想したことでしょう。自由な働き方をさせてくれる今の会社と、夫の協力に感謝です。家族みんなで子供を育てる、家族との時間が一番大事!と明確なアメリ [続きを読む]
  • カリフォルニアの英語力試験 CELDT実施について
  • カリフォルニア州の公立の学校では、CELDT (California English Language Development Test)という英語力をはかる試験がありまして、息子の学校区では家庭での言語欄に英語以外を記入すると、漏れなく受ける必要があるようです。 以前、キンダーへ上がる時は試験が免除だったと書きましたが、実は年初に実施されていた模様で、今更ですが結果が送られてきました。 長男の場合は、・TK入学前に、試験会場へ赴いて実施・キ [続きを読む]
  • 現地校で旧正月のお祝い
  • OCは華僑が多いからでしょうか、旧正月が市民権を得ています。大きなショッピングモールでは旧正月商戦が行われ、獅子舞が来たり、それに合わせてセールをしたりと、一大イベントです。旧正月期間中は、本土からの観光客も結構来てるんじゃないかな、と思います。 学校でも今週は旧正月ウィークでして、毎日それにちなんだお勉強をしています。左下は十二支が描かれた頭にかぶる傘。この辺の感覚はアメリカン。 お年玉の [続きを読む]
  • 英語でこども向けの親父ギャグ
  • むちゃくちゃなタイトルですが、こちらで子供を育てるようになって、英語の親父ギャグに触れる機会が増えました。どちらかといえばオッサンが使うというよりも、学校の先生をはじめ、テンション高めの白人のおばちゃんがこどもに向けて使うシーンに遭遇するかも!?よく聞くのはSee you later, alligator! After while crocodile!レーターとアリゲーターワイルとクロコダイルで韻を踏んでいます。「さよなら三角、また来て四 [続きを読む]
  • 「小学校やばいPTAやばい」を読んで アメリカの小学校とPTA
  • 先日、長男の小学校でPTA主催のバザーがあって行ってきました。生徒の社会勉強・地域社会貢献(Community Service)活動の一環で集めた資金はマララファンドに送られるというものでした。 日本の学校のバザーと違って、なんというかざっくりアメリカ方式。大量に集まった寄付された品が会場てんこ盛りになっていて、ボランティアのお母さんがその場の言い値で売る、という仕組。当然、夜なべしてバザーの品物を作ったり、きれ [続きを読む]
  • 登校100日記念プロジェクト
  • 長男の学校では年初から、学校に1日通うたびに1セント(ペニー)貯金箱に入れていこうというルールがありますこのたびめでたく登校100日目を迎えるにあたり、貯まった100枚のペニーを持って、学校でお祝いすることになりました。そこで通常の宿題に加え、100日分のペニーを数えるためのカウントボードを作ってくるというプロジェクトが出ました。ざっくりこんな感じ。ポスターボードという名称でオフィス用品店で売られている大きな [続きを読む]
  • アメリカの離乳食事情 中期編
  • 離乳食初期の10倍粥ひとさじ期から時間が経ち、また病院で離乳食指導を受けてきました。 前回までの感想として、アメリカは・開始時期が早い(4ヶ月からもう始めてOK)・食べる量が多いと思っていたのですが、日本の中期・モグモグ期 ≒ アメリカ ステージ2に差し掛かって、思ったよりもアメリカの方が慎重で、進め方がゆっくりなことに気が付きました。 育児全般に言えることですが、離乳食もトレンドがあり [続きを読む]
  • アメリカ版NHK教育テレビ 6歳男児がハマっている番組
  • 以前、息子がテレビやDVDで英語を勉強したという記事を書いた通り、我が家はTVを見せる事にあまり抵抗がないので、時間制限はありますが、基本的には自由に見せています。 主に見せているのは、アメリカの公共放送PBSがやっている子供番組 PBS Kids。日本でいうところのNHK教育テレビです。もともと理科系に興味があった息子が、どっぷりはまるきっかけとなった番組がこちら。 Dinosaur train (ダイナソートレイン [続きを読む]
  • キンダーの宿題チラッと公開 発表編
  • 今年も学校が始まりました。冬休みの宿題はなかったのですが、さっそく通常の宿題をドサっと持ち帰りました。リーディングやライティングの宿題のほか、毎週発表の宿題が出ます。息子のキンダーのクラスでは、毎週アルファベット1文字ずつ重点的に学習しています。各週指定のアルファベットから始まる好きな単語を一つ選び、何を選んだのかクラスメートに当ててもらいます。これを息子のクラスでは「シェアボックス」と呼んでいま [続きを読む]
  • 新年のご挨拶と記事掲載のお知らせ
  • あけましておめでとうございます。昨年1月から始めたブログ、ちょうど一年が経ちました。途中で出産を挟み、乳児の世話やらで、かなり更新が不定期でしたが読者の皆様にはお付き合い頂き、ありがとうございました。 アクセス解析データを保存しておらず、今となっては累計PVが不明なのですが最近はおよそ平均1日250PVほどご覧頂いています。ちゃんと定期的に更新していた頃からは減ってしまいましたが、それでもこんな個人的 [続きを読む]
  • クリスマスデザートパーティー& オープンハウス
  • クリスマスが日曜だったので、アメリカは振替休日の今日。すぐに大掃除&お正月モードになる日本とは違い、しばらくクリスマスのディスプレイも街に残り、余韻を楽しみます長男の学校では、冬休みに入る前にいくつかホリデーイベントがありました。まずはオープンハウス。普段、親ですら校舎に入ることは滅多に無いのですが、この日ばかりは自由に中を見て回ることができます。こどもに教室や普段使っている部屋を案内してもらった [続きを読む]
  • ダイバーシティあふれる家族のカタチ
  • 今住んでいる地域は、世界的に見てもアメリカの中でもかなりダイバーシティ度高い方だと最近激しく実感します。家賃もマンハッタンやベイエリアには負けますが、普通に家を借りようと思ったら月々最低でも$3,000(約35万円)超。日本のサラリーマン家庭出身者としては、ドヒャーな生活水準を保てる人たちだけが住むことができる。会社が短期的に生活を保証してくれる駐在員と違って、移民一世でこちらに住むことができている彼らは、 [続きを読む]
  • mAmerica記事掲載のお知らせ
  • キュレーションメディアmAmericaに、記事を掲載して頂きました。mAmericaとは、アメリカ在住者が贈る現地の何でも豆知識集です。帰国かあさんブログをご覧くださっている方の中には、アメリカ在住の方も多くいらっしゃると思います。きっと役に立つ情報が見つかると思いますので、こちらも是非ご覧くださいませ。今後は、mAmericaの方でも定期的に情報発信させて頂く予定です。今、何かと話題のキュレーションメディアですが、mAme [続きを読む]
  • アメリカでお誕生日会 パーティー会場編
  • だいぶ久しぶりになってしまいましたが、アメリカでのお誕生日会続編です。パーティーは、自宅や公園、専用の会場などで行うのが、小さい子パーティーあるあるでしょうか。今日ご紹介するのは、お誕生日パーティー会場についてです。 前編はこちら 1 2 3 専用の会場も色々あると思いますが、息子がよく呼んでもらったのがこちらの二種類。 バウンスハウス(巨大トランポリンなど体を使って遊ぶ)系具体的には、Pum [続きを読む]
  • キンダーの宿題チラッと公開 リーディング編
  • 学校や先生に寄っても全然違う宿題事情。他の学校でどんな感じで出ているのか、私も興味あります。長男が通うのは普通の公立なので、多分カリフォルニア州で定められたガイドラインを達成するためにきっと必要な、最低限な量なんだと思います。タイガーマムの集う私立の学校とか、日本のお受験組?とは、比較できないレベルのノンビリさんだと思いますので(勝手なイメージ)。特にリーディングは家庭教育の差がモロに出る個体差が激 [続きを読む]
  • オンライン学習サイト IXLについて
  • 学校から毎週色々と宿題が出るのですが、そのうちの一つとしてオンライン学習を自分で進めておいてね、と言われています。いろんなオンライン学習サイトがありますが、学校では主に、IXLとRaz Kidsを使用している模様。 これらは基本的に有料サイトですが、学校で一斉購入したアカウントが配られ家でも自分のアカウントを使って学習を進められる仕組みになっています。 IXLは算数、Raz Kidsは読みをメインに進めてほしい [続きを読む]
  • バカ男子の大好きな絵本 "Fly Guy" シリーズ
  • 図書館で司書さんにオススメ頂いたFly guyシリーズの絵本。我が家のみならず、全米のバカ男子達を魅了している模様。タイトル通りFly guy 、つまり「ハエ」が主人公ハエがベストセラーて。シリーズもたくさん。この王子様テーマの本も、ハエのお姫様が投げた王冠が巨人のお尻に刺さって撃退。幸せに暮らしました。めでたし、めでたし!? というバカ男子がいかにも好きそうな話。息子は学校でもこのシリーズをたくさん読んでもらっ [続きを読む]