マックイン さん プロフィール

  •  
マックインさん: くるま屋ブログ
ハンドル名マックイン さん
ブログタイトルくるま屋ブログ
ブログURLhttp://auto-aaa.seesaa.net/
サイト紹介文車・バイクに関するブログです。現場作業の中で役立つ情報や作業のコツを紹介できていけたらと思います。
自由文現役の鈑金屋ブログ。
日々の作業をもとに「鈑金塗装」の
「作業のコツや道具の使い方」をメインに公開しています。
また、将来的に仕事にしたいと思っている
「カスタムペイント」についても紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 313日(平均1.8回/週) - 参加 2016/01/12 12:32

マックイン さんのブログ記事

  • ヘッドライト 殻割り 分解方法
  • 今回はヘッドライトの水漏れの修理、分解方法についてです。この方法は高熱を使っていくので、作業する際は火傷やヘッドライトそのものを溶かさないように、充分に注意して行いましょう!ライト単体にするバルブ等を全て取り外します。レンズを固定しているビスがある場合はこれも全て外しておきます。ヘッドライトがすっぽり入るくらいの段ボールがあると熱が逃げずに効率的です。下の画像のようにヘッドライトを熱していきます。 [続きを読む]
  • バンパー ヘコミ出し方
  • 今回はベッコリへこんでしまったバンパーを板金修理していきます。バンパーはドアなどの鉄と違い、ハンマーで叩いてもヘコミを出すことができません。穴を開けて引っ張ったとしても、一時的には出るものの、すぐに元に戻ってしまいます。なので、バンパーなどのプラスチック素材の変形を直す場合は「熱風」を当てればOK。ヒートガンや、ジェットヒーターがあれば、ヘコミの部分をよく熱してあげて、裏から押し出してあげれば簡単に [続きを読む]
  • アルトラパン HE22S リアドア外し方
  • 今回はリアドアの外し方ですが、基本はどのドアも一緒です。まずはじめにインナー部分の取り外しです。ピラーの上部分からめくっていくと簡単に外せます。中の部分が見えたらカプラーを抜き、矢印上のクリップを外します。配線が暴れないように留めておくためのものです。ドアを全開に開き、矢印のボルト↓を全て取り外すとドアが外れます。この時、1人でやろうとするとドアがサイドシルやピラーに当たって傷になってしまうので、 [続きを読む]
  • クリアーボカシ塗装
  • 今回は黒ソリッドの塗装とクリアーのボカシについて。グレーの部分がサフェーサーです。アンダークリアーを塗装アンダークリアーとは塗料の馴染みをよくし、色の際が分かりづらくなります。例えば一枚のパネルの右端だけを塗装したい場合、無理に全体を塗装する必要はありません。ですが、一部を集中的に塗装してしまうと、たとえ同じ色でも塗装したのがバレてしまいます。そんな時にアンダークリアーを最初に塗装しておけば、塗料 [続きを読む]
  • バンパー ガリ傷 板金塗装
  • 今回はバンパーについたガリ傷の板金塗装。傷の確認ヘコミはないか、押されてバンパーがずれていないか等をよく見てから作業開始。オービタルサンダーで研磨#120のペーパーで傷全体を研磨していきます。バンパーはドアなどの鉄板とは違いプラスチック素材なので、研磨したらした分だけ削れてしまうので要注意。厚付パテエアーブローで粉塵をよく飛ばしてから暑付けパテを盛っていきます。この時、ゴミや油が付いているとパテが剥が [続きを読む]
  • マスキングのやり方と注意点を細かく解説〓?
  • 今回はマスキング(養生)についてです。ニッサン グロリアカラーナンバー KH3 ソリッドブラッククォーターのみのブロック塗装をしていきますので、クォーター以外をマスキングします↓まずはリアドア側から↓ダブルテープでフチに沿ってマスキングします↓・マスキングテープ18?を使用ダブルテープで画像のような隙間を作る事が肝心です。この隙間がある事によって塗料の段差が出来なくなります↓※貼ったあとに指で隙間がちゃん [続きを読む]
  • HID・LEDライトのおすすめ
  • 今回はHID・LEDのライトについてです。早速ですが、あなたは夜間の運転に不満はありませんか?昼間の運転と比べ視界が悪くなるし、不安。雨が降るとなおさら視界が悪くなってしまいますよね。もし夜間の運転が暗いと感じているのであれば、それはハロゲンを使用しているからではないでしょうか。そこでおすすめしたいのがLED・HIDバルブのスフィアライトです。二つの違いの例です↓・ハロゲンの寿命が800時間なのに対 [続きを読む]
  • カローラ ルミオン フロントドア 内張り 外し方
  • 今回はカローラルミオンの内張りのはずし方。ドアポケットを上からのぞくと、画像のようなフタがあるので、それをマイナスドライバーなどでこじります。左側だけにネジが隠れているので、右側はなにもしなくてOK。フタをこじると、タッピングビスが隠れているので、プラスドライバーで外します。ドアポケットのビスが取れたら、矢印方向に内張りはずしなどを使い、本体ごと外していきます。※マイナスドライバーの仕様はトリムに [続きを読む]
  • Nボックス リアゲートスポイラーの外し方
  • 今回はホンダ Nボックス カスタムのリアゲートスポイラーのはずし方についてです。まずリアゲートを開けると、左右に10?のボルトがあるので、外します。以上ですw本当にこれだけです。この2本のボルトを外すと、あとはクリップ留めになっているので、手前に引けばバコっとはずせます。注意点としては、外れた勢いで、後ろに倒れ(飛ばない)ないようにすること。力強く引くのではなく、瞬発的にグ、グ、っと引くと取れやすいです [続きを読む]
  • 車の外装(バンパー、ドア等)外しにオススメの工具46選
  • 今回は、国内自動車メーカーのバンパーやドアといった主に外装部品の取り外しに使えるオススメ工具をご紹介していきます。※仕様頻度が特に高いものは赤い文字にしています。1.KTC ロングプラスドライバー(2番)個人的に一番好きな工具です。なんせ使いやすいのです。グリップの握りやすさはピカイチ。手が小さい私にはこのサイズ感がぴったり。使用箇所は数多くありますが、ヘッドライトを脱着したときのライト調整にも使える [続きを読む]
  • ストリームのリアゲート交換方法(外し方)
  • 今回はリアゲートの外し方です。まずゲートを全開にし、右側の配線類を外していきます。配線類の外し方は二通りあります。1.車体側からカプラーを外し、ゲートに配線を残したまま外す。2.ゲート側の配線を外し、車体側に配線を残すどちらの方法でもOKです。・リアゲートを新品に交換する場合車体側のカプラーとゲート側の配線類を全て外し、ゲートを丸裸(部品がなにも付いてない状態)にします。新品に全て付け替えになるからです [続きを読む]
  • クリアー塗装のよくあるトラブルと原因とその予防策
  • 今回はクリアー塗装の様々なトラブルについて考えていこうと思います。DIYで作業する場合でも知っておいて損はないかと思います。・ブツの付着・クリアーの垂れ、流れ・ゆず肌(みかん肌)・ペーパー目またはパテ跡・ちぢみ(ちぢれ)・塗装後の艶が引け・はじきゴミ、ブツの付着原因1.塗料のろ過が不十分2.塗装ブースの汚れ3.スプレーガンの洗浄不足4.塗装着の汚れ5.車両の汚れ予防策1.塗料をスプレーガンに混入する際に、ストレ [続きを読む]
  • FBSラインテープ
  • 窓枠に黒いラインを入れていきます。まずベースとなる色を塗装します。今回はホワイトがベース全体を塗装できたら一旦完全に乾燥させます。乾燥が充分でないと、テープを貼った時に剥がれてしまうのでよーく乾燥させます。そして枠の部分以外をマスキング↓オレンジのテープがFBSラインテープです。曲線と直線兼用なので、このような直線とちょっとした曲線のマスキングが非常にやり易い。ただ細すぎて広いパネルだと直線が難しい( [続きを読む]
  • LARGUSラルグス 車高調 取り付け
  • 今回は「車高調」についてです。取り付ける車両はマツダMPV 型式 LW5W 4WD選んだ車高調はLARGUS ラルグスちなみにフルタップ式。車高調とはダウンサスと違い、ストラット本体を上げ下げできるので、自分好みに車高を調整できます。ラルグスの車高調は他のメーカーに比べてかなりお安め。180日の保証がついてくる。リア一式。↓このダイヤルで減衰力調整ができるとの事。32段階まで調整可能。フロント一式。スタビリンクまでセット [続きを読む]
  • 便利すぎ!ハンドナッター
  • 今回は「ハンドナッター」を使っていきます。元々開いていた穴の径をノギスで計ってみると「6ミリ」埋め込みたい「エビナット」の径を計ると「9ミリ」9ミリドリルで穴を拡張。6ミリ→9ミリに「ハンドナッター」先端にエビナットを装着します。穴のサイズはちょうどエビナットがピッタリ入ればOKです。穴が大きすぎるとかしめた時に固定できないので要注意。根元まで入れ込みます。ハンドルを力いっぱい握りきる。これで完了。今回 [続きを読む]
  • 錆落としのやり方、方法
  • 今回は「錆落とし」のやり方についてです(^o^)サビ落としというとワイヤーブラシで擦ったり、ケミカル類を使って落としたりするのが一般的だと思いますが…しかし、これがなかなか大変…(;'A`)そこである物を使えば擦る手間いらずでピカピカになります!しかも安く!簡単に!そのある物とは・・・「サンポール 500ml」これは通常トイレ掃除などに使う物ですが、サビ落としても使えます。※ただし正しい使い方ではないので、作業す [続きを読む]
  • バモスHM2サイドミラー(鏡)の外し方
  • ・画像は助手席側カバーに切り欠きがあるので、そこへマイナスドライバーで軽くこじるとカバーが外れます↓カバーが外れるとプラスネジが3本あります。ドライバーのサイズは2番です↓サイドミラーを外せたらミラーの下側(矢印の部分)に細長いマイナスドライバーでこじると外れます。もし硬くて外せそうになければ、最初に潤滑剤をスプレーしておくと良いです↓矢印の先がハマっている箇所になります↓下側ははさみ込むように止ま [続きを読む]
  • BLOW イージーライダー FRPパーツ
  • 今回は当ブログ初の「オールペイント」についてです(^^)もーわくわくしてたまりませんな!笑まずベース車両はこちら↓「ホンダ バモス HM2」いつも通り車両状態をチェック。そして今回はフロントマスクをある車両の顔面に移植していきます。ヘッドライトやグリル、両側のフェンダーまでそっくり交換していきます(^^)神奈川県にある「BLOW」さんが販売しているキットです。おびただしいほどの部品の数...これ全て「FRP」で [続きを読む]
  • 板金屋がオススメする車買取業者3選
  • ・「事故車買取サービス」私は鈑金屋で働いていますが、月に2、3台は事故して動かなくなってしまった車を目にします。動かなくなってしまった車は移動が困難な事から、そのまま手放してしまう事がほとんどです。そしてなにより保管場所がない…私もそうですが、アパート住まいであれば駐車場には置いておけないですよね。この記事ではそんな時の対処法とお得に売却する方法をご紹介しています。これらは泣く泣く「全損」となってし [続きを読む]
  • 事故車を高額にかつ簡単に売る方法
  • 「事故車買取サービス」私は鈑金屋で働いていますが、月に2、3台は事故して動かなくなってしまった車を目にします。動かなくなってしまった車は移動が困難な事から、そのまま手放してしまう事がほとんどです。そしてなにより保管場所がない…私もそうですが、アパート住まいであれば駐車場には置いておけないですよね。この記事ではそんな時の対処法をご紹介しています。これらは「全損」となってしまった車達です…全損とは修理補 [続きを読む]
  • ダイハツ ミライース フロントバンパー外し方
  • ダイハツ ミライースのフロントバンパーの外し方を紹介します。それではまず、ボンネットをオープン!ナンバーを外しますすると奥にクリップが一個隠れてあるのでそれを外します。次に上側のクリップを外します全部で5個クリップの外し方は、「クリップ外し」を使います。ドライバーの様な持ち手に、先端が二股に別れている工具です。バンパーなどの脱着の際にあるととても便利な工具です。次に泥除けの部分のクリップを外します。 [続きを読む]
  • 自動車保険を安くする方法と失敗しない板金工場選び
  • 車の保険は重要です!といきなりですが鈑金屋で働いていると保険の重要性は痛感せざるを得ません。保険の話をする前に少し私の話を聞いて下さい。最後まで読んでいただければ、保険について少し為になる。そんな記事です。それでは改めて…私は鈑金屋で仕事をしています。鈑金とは車のヘコミや傷などを直す仕事。そして鈑金した部分を塗装して仕上げていきます。簡単に言ってしまえばこれだけの事。しかし、車のダメージは実に様々 [続きを読む]
  • メタリック塗装とクリアーのボカシ
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px"data-ad-client="ca-pub-7020379096141788"data-ad-slot=&quo
    t;2822178159">今回は「出来る限り小さく補修」がテーマですお客様のご要望により、出来るだ
    け「安く、早く、それなりに!」この条件での仕事をいただきました。それなり、というのは「
    正確に」に変更させていただきました!私は常に全力でやらせていただきます!処理はお客様ご
    本人が自ら、耐水ペーパーで水研ぎをし [続きを読む]
  • ボンネットのクリヤーがボケた時の対処方法 その2
  • サフェサーを塗装後、乾燥させ、ダブルアクションサンダーに#800のペーパーで全体を平滑に仕上げていきます。カラーはトヨタ ソリッドブラック「202」クリヤーは2回です充分に乾燥させたら、ブツ取りに入ります。今回のパネルは広範囲なので、最初に#2000のペーパーで空研ぎし、ブツの位置を確認しやすくします。この時ホコリなどを噛み込むという深刻なダメージが残ってしまうので、よくエアーブローしてから空研ぎしていきます。 [続きを読む]