鴨 さん プロフィール

  •  
鴨さん: アコギでちりぽり
ハンドル名鴨 さん
ブログタイトルアコギでちりぽり
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/susym77guitar
サイト紹介文アラフォー初心者がアコースティックギターと戯れる日常を綴っています。我流の調整・修理・改造なども。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2016/01/12 14:45

鴨 さんのブログ記事

  • マリッジ・ブルー(動画あり)
  • 鴨(かも)です。こんばんは。長年の宿願を果たす日が来ました。皆さんもお待ちかね。きっとお察しの方が多いことかと思うのですが、実を言うと入手したのはけっこう前です。ネタとして無闇に引っ張ろうと思って隠し立てしておったワケではないのでお許しください。本来ならば物凄いハイテンションでウッハウッハ言いながら発表したかった。しかし。何なんでしょうね。手に入ったことに戸惑っているようです。何故か「やったぜベイ [続きを読む]
  • 新しい足
  • 鴨(かも)です。こんばんは。1ヶ月も経過したので喪が明けたということにして、新しいクルマの話をば。結局先代と同じカタチで同じ色にしました。あまり人に気付かれません。娘に「どうしても」と請われ、ナンバーも先代と揃えました。スズキからOEM提供されているマツダの軽バンです。女房と親父のクルマでお世話になっている営業さんが玉砕覚悟の頑張り(価格)を見せてくれました。所謂商用車です。何しろ荷室が広い。こうでな [続きを読む]
  • 何て夏だ!(動画あり)
  • 鴨(かも)です。こんばんは。何度も言ってますが酷い夏ですね(暦の上では秋ですが)。とにかく雨ばっかりで仕事が捗りません。今日も断続的に降る雨に打たれ、心身ともに底冷えです。只今鋭意新築住宅建設中。写真は基礎工事のときのものです。毎日天気予報と睨み合って、何とか雨を避けて作業しようと試みるも当日を含め上棟以降毎日雨にヤラれております。そんなワケで恒例の高所作業中写真が撮れませんでした。気分だけでも夏 [続きを読む]
  • 電話は4126
  • 鴨(かも)です。こんばんは。芋さんも帰還されたことです、静岡の話題にお付き合いください。古いお客さんから別荘の建て替えのお話をいただきました。別荘があるくらいなので当然の如くお金持ちです。キップもすこぶる良い。何よりキャラが豪快で爽やか。下ネタもOK。ジツに良いお客さんです。ただし、現場が静岡の伊東なのです。いくら何でも遠過ぎます。提示された予算は決して安いものではありませんでしたが、工事内容と経費 [続きを読む]
  • 装飾好き
  • 鴨(かも)です。こんばんは。持ち物に装飾を加えるのが好きです。貼りモノをしたり色を塗ったり。ギターについても然りで、初めてのギターにもケミカル・ブラザーズのロゴのデカールを貼っていました。アコギにケミカル。笑い話です。さすがにそれ以降はギターのボディに直接貼るようなマネは慎んでいますがご存知の通り私の手持ちギターには、それぞれ何かしらの後付け装飾が。エレガットの指板には白いお花のデカール(市販品) [続きを読む]
  • 夏と子どもたちと虫と
  • 鴨(かも)です。こんばんは。この夏も我が家の子どもらは虫三昧。自宅の玄関は今もなおカブやクワが蠢く虫かごに席巻されています。夜行性だけに夜中になると奴ら「ガサ、ガサガサ」「ブーン!」とうるさい。しかも昨年交配に成功し我が家生まれのカブなんかもいるものだから、味を占めて今年も同じパターンになることでしょう。このまま玄関には通年で虫かごがある状態というわけだ。少々ウザいです。今年も数回、道端でカブやら [続きを読む]
  • 夏の楽器
  • 鴨(かも)です。こんばんは。8月が終わると夏が終わるような気分になりますが、まだまだ当分半袖で汗をぬぐいながら暮らすことには違いありません。その間は夏気分でいたいものです。そう言えば娘の夏休みは今日までです。さて、昨年夏に思い立って、今年の盆踊り大会に間に合うようにとしこしこ作業していたことがあります。太鼓(自治会備品)の塗り替えです。ビフォア。色味はともかく、肌荒れが酷かった。サンディングして一 [続きを読む]
  • 涼味
  • 鴨(かも)です。こんにちは。関東にも遅蒔きながら夏らしい夏が来た風情ですね。こんな時節に外作業なものだから、年甲斐もなく酷い日焼け。赤黒くてギラギラしてて、イヤなかんじです。皆さんの夏が少しでも涼しくなるような画像を2つほど。この夏も地元のお祭りを設営してきました。撤収作業中、余った氷でセルフサービス・かき氷。シロップもかけ放題でした。こちらも涼しい。実家の勝手口を開けようとしたら、ドアノブに絡み [続きを読む]
  • アコギでちりぽり(動画あり)
  • 鴨(かも)です。こんばんは。関東の皆さんには共感いただけると思いますが、ロクでもない夏ですね。晴れたからって特別良いこともないけど、かくも曇天/雨天続きではムードってもんが。さて、鴨。ここのところマーティン病にうなされていたり車がダメになったりという話題に終始していましたが、ちゃんとブログタイトル通りにちりぽりとアコギで遊んでいます。だいぶ前に買ったフラ嬢用の交換ナット(写真手前)。ようやく加工し [続きを読む]
  • さらば同志
  • 鴨(かも)です。こんばんは。マーティンの話はどこへやら、てなかんじですが今日はセンチメンタルな鴨にお付合いください。8年間連れ添った愛車と今日お別れしました。寂しいです。クルマ屋の友人に「テキトーな軽のハコ車、できれば黒」という条件だけでオークションで探してきてもらった中古車でした。既に6万キロ走っている旧型車ながら、大きなトラブルもなく今日まで元気に働いてくれました。加速は悪いし、最高速も伸びない [続きを読む]
  • Wの悲劇
  • 鴨(かも)です。こんばんは。暑い。こんな時節に新築工事が着工し、鋭意基礎工事中です。月末に上棟し屋根が架かるまで、日陰ゼロの毎日を強いられます。盆休みは3日間しかない。久しぶりに身の危険を感じています。さて、私はいつも話が長いから、今回は単刀直入に。車とスマートフォンがほぼ同時期に壊れてしまいました。いずれも何の不満も無かったと言えばウソになりますが、買い替えなぞ全く検討していなかったところに莫大 [続きを読む]
  • Pの後ろ髪
  • 鴨(かも)です。こんばんは。ZOOMから新しいアコギ用プリアンプが発売になり、その機能と共に木目調の外観がアコギ好きの心をくすぐると話題になっておるようです。http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/239425/私にゃそんなモノ買ってる余裕はないので、ベリの激安プリアンプにひと手間加えて似たような風情が出ないものかと試してみました。ツマミまわりの字が消えるのは困るのでこの程度しか貼れません。一応側面 [続きを読む]
  • 財政改革
  • 鴨(かも)です。こんばんは。2年前の恥ずかしいお家騒動、いかがでしたでしょうか。私自身読み返してみて、なかなかに情けない話だと辟易しています。そもそも稼いできた金を丸ごと女房に渡して、そこから一括でマーティン購入資金を引き出そうなどという目論見が間違っていたわけで。結局このままではラチがあかないと理解した私は、半ば強制的に月のお小遣いの増額だけは女房に受け入れてもらい、そこからコツコツと資金を寄せ [続きを読む]
  • 備忘録より:その5
  • 「凪」 かくも私が「18、18」と騒ぐようになったきっかけになったのは、柏(千葉県)にある小さなギター屋さんが売りに出していた1本のD18である。1993年製で状態も良い(らしい)。値段が158,000円だった。安い。これは現実的だった。スマートフォンでポータルサイトを眺め、毎日動向を見つめたものである。 それが何と1週間後くらいに、大感謝祭とか何とか銘打って138,000円に値下げされたのだ。私は久しぶりに動揺した。眩暈が [続きを読む]
  • 備忘録より:その4
  • 「新型」  D18はシンプルを極めたモデルだった。表板はスプルース、側・背板はマホ、ピックガードやバインディングは黒一色、指板とブリッジはローズ、といった仕様だった。  それが近年、派生モデルの統廃合も含めた仕様変更があり、シンプルさにビンテージ感が加味されてグレードアップしたのだった。ナチュラルだった表板にはビンテージ・トナー着色が施され、新品ながらも安っぽい白々しさと決別した。併せてピックガードと [続きを読む]
  • 備忘録より:その3
  • 「岩崎さん」  敬意を込めて本名で紹介してしまおう。隣町のほうの島村楽器の店員さんである。以前にも、名前は挙げていないが、好感度の高い店員さんとして述べたことがある。  今回のD18騒動において、誰にも相手にしてもらえない私の苦しみ(欲しい物が手に入らない)に唯一真面目に寄り添ってくれたのは、完全なる他人の彼だけだった。そりゃあ、彼も商売人である。上手くつつけば私が高額なギターを買ってくれるかも知れな [続きを読む]
  • 備忘録より:その2
  • 「18」  何をもって私の「ステイタス性のある1本」とするのか。その答えは未だにはっきりしない。世の中には魅力的なギターが多過ぎるのである。  とは言え、私自身のギターライフのスタイルのようなものは、どうやら定まってきているようにも思える今日この頃である。その「スタイルに合ったギター」と考えれば、旅路の果て(目的地か中継点かわからんが)がぼんやりとでも見えてくるような気がした。  私のスタイル(暫定)。 [続きを読む]
  • 備忘録より:その1
  • 「憤怒」  春から初夏にかけて、私の心は濁流であった。  この年は久々に梅雨らしい梅雨で、連日よく降った。空は鉛色に曇り、空気は強い湿気を帯びて常にじとじとと肌にまとわりついた。そんな陽気の所為もあってのことか、私の気持ちも酷くよどんでいたのである。  いつかは良いギターが欲しい。一流の、ステイタス性のあるギター。近頃は、ほぼマーティンに絞られつつあった。いつかはマーティン。その思いは打ち寄せる波の [続きを読む]
  • 備忘録より:序文
  • 鴨(かも)です。こんばんは。2年前のドタバタをどのように表現するか悩みました。端折ろうとすると、どうにも他愛のない話にしかならない。だったら思い切って洗いざらい上げてみよう。私はブログを始める前、Wordでギター生活の備忘録を打っていました。A4換算で300ページにものぼります。そこから2年前のことを抜粋して次回から数回に分けて掲載します。面白おかしい話ではないし、文字だけだし、超・長いです。ご興味のある方 [続きを読む]
  • 古いの新しいの
  • 鴨(かも)です。こんばんは。さいたまに帰ってきて通常運転に戻ったのは良いが、現場と現場のつなぎ目が悪く、お盆前はスケジュールがスカスカしてます。ヒマだと仕事の手を止めてこんなヤツに気をとられてしまう。解体屋さん、早く壊してくれ。さて、鴨。いつの時代のD-18が良いか考えあぐねているのでした。近年モノは扱い易い気がするし、それでいて値段もこなれています。古いヤツは何といっても味があって良いものです。70年 [続きを読む]
  • モデルチェンジ
  • 鴨(かも)です。こんばんは。先々週のことだったか、ちょっとした手続きをしに県庁に赴きましたら交通安全運動だか何だかの出発式というのに遭遇しました。正義の味方であるはずの方々なのに追い剥ぎか何かに見えて委縮してしまうのは私だけでしょうか。さて、鴨。なぜ旧型のD-18が欲しくなったのでしょう。実は音のキャラクターを重視しての結論ではありません。ボボ・ブラジル…もとい、ほぼビジュアルだけで決めています。あと [続きを読む]
  • Martinのどのへん
  • 鴨(かも)です。こんばんは。さいたま市に帰ってきて初の現場は築40年超のボロ家のリフォームです。ボロ家もボロ家。よくもまあこんな建物を買って、直してまで住もうなんて思ったなと苦笑いを禁じ得ないようなハード・ボロ家でした。でもお客さんがやってくれって仰るんですから、私らやるしかないですわね。しかもお客さんの趣味趣向がまた何とも個性的です。これは外壁と下屋。北半球なのにクリスマスがやってきた体です。塗っ [続きを読む]
  • 鴨、Martinを欲しがる
  • 鴨(かも)です。こんにちは。先日友人らと2家族8人でカラオケに行きました。何年振りか。少なくとも家族で行くのは初でした。息子はウルトラマンの主題歌や童謡を熱唱。娘は「愛をこめて花束を」でハッスルしていました。さて、鴨。ここのところギター屋さんを数店舗まわり拙いながらも試奏を経てやっぱり私はマーティンが欲しいと思いました。何故マーティンなのか。食指が伸びるような良いギターは他にもたくさんあります。音に [続きを読む]
  • 今のところは
  • 鴨(かも)です。こんばんは。ギブソンにはギブソンにしか出せない音があるという。どんな音なのだろう。弾き語りする多くのアーティストを魅了するその個性を確かめてみたくなりました。以前にJ-45の新品を試奏させてもらったことがありますが、そのときは「意外にフツーの良いギター」という感想しか持ちませんでした。実はレセプションの日、予定より大幅に早く着いてしまいそうなことに気付き、時間つぶしとばかりに神田神保町 [続きを読む]
  • 鴨の帰還
  • 鴨(かも)です。こんばんは。日本橋の現場が無事に終了し、本日OPENの運びとなりました。地下鉄日本橋駅につながっている飲食街の中ですので皆さん、近くにいらした節には是非冷やかしてみてください。昨日は同店のオープニング・レセプションにお招きいただきました。私は監督を兼ねて常駐はしていたものの言っちまえば一介の下請職人に過ぎないのですが、お客さんより「是非鴨さんも呼んでください」とのありがたいご配慮を賜っ [続きを読む]