accountingforwomen さん プロフィール

  •  
accountingforwomenさん: 東大♡会計士の女性のためのプチ会計レッスン
ハンドル名accountingforwomen さん
ブログタイトル東大♡会計士の女性のためのプチ会計レッスン
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/accountingforwomen/
サイト紹介文ニュースやお仕事の会話に出てくるような会計や経済のお話をご紹介♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/01/12 15:33

accountingforwomen さんのブログ記事

  • 三菱自動車のお財布のなかみ
  • 昨年、とつぜんの燃費不正発覚で話題に上った三菱自動車。 当然のごとく、 昨年度(2017年3月期)は大赤字に転落 燃費不正に関連して、 お客様や取引先にお支払いをしたことが 大きな理由ですね。 では、 昨年度の三菱自動車は、 燃費不正に関していくら支払ったのでしょうか お金の出入りを表示しているキャッシュ・フロー計算書を 見てみると‥‥&nb [続きを読む]
  • 企業の危機を予測するには?
  • 相手を知るには、 ”相手の弱み” をつかむことがとても大切 企業だって同じ。 どんな時に、業績が暗転してしまうのか どんな時に、存続の危機に直面してしまうのか これを知っておくことは、 投資をするにしろ、取引をするにしろ、 とても大切なことなのです 実は、上場会社は、 「私の弱みはこれです!」 というものをズラリと公開してい [続きを読む]
  • 今、東芝に起きていることとは?②
  • 前回に引き続き、東芝をテーマにお送りします 前回は、 東芝が直面している事態(債務超過、そして上場廃止の危機)について 見てみました。→★ 今回は、これからの東芝…について。 東芝が上場廃止を免れるために検討しているのが、 メモリ事業を子会社化し、その一部の株式を売却することで、利益を生み出そうというプラン 当初は、全体の19%ほどの割合の株式を売 [続きを読む]
  • 今、東芝に起きていることとは?①
  • 昨日からニュースにひっきりなしに登場している東芝 なぜ東芝がこんなにも話題に上っているのか 今、東芝に何が起こっているのか 見ていきたいと思います 簡潔に言うと、 東芝が今直面しているのは… 上場廃止の危機 そして、 その危機を避けるため、 収益柱である事業の売却を検討しているのです 昨日、 2016年4〜12月期の [続きを読む]
  • 東芝の減損損失、お金はいつ出て行く?
  • 明けましておめでとうございます 新年最初のブログなのですが‥ さっそく減損損失を取り上げてみたいと思います 年末年始のお休みムードの中、 企業ニュースも品薄になりがちなこの時期に、 東芝の話題がひときわ存在感を放っていたもので‥ 年末の仕事納めの時期、東芝が発表しましたね。 「今年度(2017年3月期)において、 数千億円の減損損失を [続きを読む]
  • ラオックス、在庫が増える〜
  • 以前は家電量販店、 今や大規模免税店として主要都市にそびえ立つようになったのは、 そう、ラオックスです 店の前にはいつも観光バスが待機し、 大きな紙袋をさげた外国人観光客がたむろしている光景は、 すっかりお馴染みになりました。 そう、つい最近までは‥ 先日、銀座のラオックス前を通りかかると、 店外で出発の刻を待つ観光客がずいぶんと [続きを読む]
  • 三菱自動車、燃費不正の賠償金額は?
  • 今年、話題になりましたね 三菱自動車の燃費不正。 これによって、三菱自動車は お客様やサプライヤーにお詫びのお支払いをすることになりました この他、お詫びDMの費用など、 もろもろの燃費不正絡みで見込まれる費用は 1,650億円ほど 今年度の特別損失にこの金額が載っています。 三菱自動車の売上高自体が2兆円超の規模なので、 金額の大き [続きを読む]
  • 流れにノレるか!?DeNA②
  • 今回は、DeNAの今後の戦略について 前回の記事で、 「DeNAの人件費が増えてきている」 ということに触れました 実は、DeNA、 業績が悪化しているにもかかわらず、 従業員数が増加しているんですね。 DeNAグループ全体でみると、 2013年3月期:2108人 2016年3月期:2435人 と、15%以上も増加 そして、 人員を強化しているのは [続きを読む]
  • 流れにノレるか!?DeNA
  • 最近すっかり野球のイメージがついてきましたが、 DeNA(ディーエヌエー)といえば‥ ゲーム ですね ゲームを楽しんだり、会員同士で交流できる「モバゲー」が有名です DeNAって、 ”ITの流れをつかんで瞬く間に巨大化したベンチャー企業” というイメージがあったんですが、 最近は売上が下降気味のようで‥ 2013年3月期から2016年3月期にかけて、 [続きを読む]
  • マクドナルドの復活っぷりとは?
  • 最近、その復活っぷりが話題になっている日本マクドナルド この夏は、ポケモンGOとのコラボも話題になっていましたね 新商品「グランドビッグマック」や「裏メニュー」なども好評だったようです 12月が決算期のマクドナルドは、 現在、第3四半期(1月〜9月)までの業績が発表されています。 数字で見ると、 果たしてどれほどの復活を遂げているのでしょうか & [続きを読む]
  • かっぱ寿司、今年の業績も‥↓?
  • 最近話題になったかっぱ寿司どんな話題かというと‥おなじみのあのロゴを刷新シンボルとも言えるかっぱがロゴから立ち去り、代わりに、金と赤のお皿が積み重ねられたシンプルで大人なイラストに。かっぱ寿司に定着してしまった「安っぽい」イメージを払拭する狙いがあるそうです。かつては回転寿司業界の売上トップに君臨していたにも関わらず、いまや大手チェーンの中でも最下位に甘んじているかっぱ寿司ここ数年は、店舗の将来の [続きを読む]
  • しまむら、利益率アップ努力の結果は‥!?②
  • この上半期に最高益となったしまむら前回は、最高益が生まれた秘密を「在庫」という面から見てみました売れ残りが少なくなるように管理を徹底した結果、在庫を抑えることに成功したんでしたね在庫がスムーズにはけている状態では、商品を仕入れた分だけ売上も上がっていきます。しかし!在庫がだぶついていると、仕入れている金額に対して、不相応に少ない売上しか上がってこないのですそのため、事業活動から得られるキャッシュ・ [続きを読む]
  • しまむら、利益率アップ努力の結果は‥!?
  • おととい、しまむらの上半期(3月〜8月)の業績が発表されました最高益だったようですね最高益の立役者は、今年のイチ押し商品「素肌涼やかデニム&パンツ)」CMでもすっかりお馴染みになりましたねこの商品が大当たりさらに、○在庫管理の徹底○商品の陳列方法の改善と、いった地道な改革が実を結びましたヒット商品の裏で、私たち一般の消費者からは見えづらいような努力があったんですねこれらがどのようにしまむらの最高益に [続きを読む]
  • ディズニーとスポンサー企業の関係
  • 今回は、ディズニーとスポンサー企業の関係についてディズニーのアトラクションやショーの設備をよく見ていると、スポンサー企業の名前が大きく描かれていますよねたとえば… カリブの海賊 → キリン スペース・マウンテン → 日本コカ・コーラ クリスタルパレス・レストラン → 明治 インディ・ジョーンズ → パナソニックなどなど…現在、ディズニーランドは26社、ディズニーシーは25社の企業とスポンサー契約を結んでいますディ [続きを読む]
  • 家はいつが買い時?その②
  • 家探しの参考にするため、先日、不動産会社の業績動向を調べてみました。(その時の記事はこちら→?)それが8月の上旬のこと。それから1カ月弱が経過した現在、大手不動産会社の4〜6月の業績が明らかになりました明るみになった業績を受けてなのか、最近、不動産市場に関するニュースを頻繁に目にするようになりましたねどうやら、不動産…特にマンション市場に変化の兆しがあるようです…すでに、マンションの販売戸数が減っ [続きを読む]
  • カルビー、まだまだ伸びる!?②
  • 前回は、カルビーの業績が好調なことそして、それが決算書にも表れていますよ〜ということを見てみました一見、好調に見えるカルビー。しかし!実は、イロイロな悩みを抱えているんですね〜。それが解決できれば、カルビーの業績はまだまだ伸びそうなのです課題はイロイロありますが、それらには共通したテーマがありますそれは、”機会損失をなくそう”ということ。機会損失とは、「最善の選択をしなかったために、取り逃がした利 [続きを読む]
  • カルビー、まだまだ伸びる!?①
  • ポテトチップス、かっぱえびせん、じゃがりこ。日本人のおやつの定番とも言えるこちらの商品は、カルビーで作られているものですなかでも、ポテトチップスとじゃがりこは、カルビーの売上高の半分近くを稼ぎ出すエース選手ですそんなカルビーの業績はどうなっているのでしょうか少子化に悩む日本においては、スナック菓子は不利な状況にあるのでは…?…と思いきや2011年の上場以来(創業は昭和24年)、増収増益を続けているんです [続きを読む]
  • 家はいつが買い時?
  • 暑い…暑いですね!そして、高い…高いです!気温…ではなく、家の値段です!!ここ最近よく言われていることですが、住宅の価格がうなぎのようにシュルシュル上がっていますこの価格上昇ムード、特にマンションの販売シーンで盛り上がっているようです例えば、首都圏のマンションの平均価格、2015年は2014年よりも9%以上も上昇したそうです2020年の東京オリンピックを目的地として上がっているようなので、もう数年待てば下がっ [続きを読む]
  • ディズニー、利益率ダウンの理由は?
  • ディズニーランドを運営するオリエンタルランドきのう、第1四半期(4〜6月)の業績が発表されましたディズニーといえば…低価格路線を行く今年の風潮に逆行し、この4月からチケット料金を500円引き上げましたよねお客さんの節約志向が強まる中、その強気姿勢がとても印象的でした果たして、この第1四半期の業績はいかに…!?みごと…増収増益を達成しました入園者数は、昨年の同時期とほぼ同じだったそうです。そこに、チケ [続きを読む]
  • 任天堂の今を知る!②
  • ポケモンGOに触発され、「会計を通して見てみる任天堂」をテーマに2回目の投稿です前回は、任天堂の売上高を見てみました。売上高は2008年度をピークにどんどん減ってしまっているのが現状ですですが、利益率はまた違った動きを見せているのです任天堂の営業利益率(=営業利益÷売上高)の移り変わりを見てみましょう2005年度:17.7%2008年度:30.2%2012年度:▲5.7%2015年度:6.5%売上高と同じく、こちらも乱高下しています [続きを読む]
  • 任天堂の今を知る!①
  • 瞬く間に話題をさらい、満を持して解禁されたとものといえば…そう!ポケモンGOゲームにうとい私でも気になっちゃうくらいのメディアの取り上げっぷりポケモンGO人気のさらなる高まりを見込んで、任天堂の株価もググーンと上昇したようです久しぶりに任天堂が話題の中心に上ったような気もしますが…そういえば、最近の任天堂ってどんな状況なんでしょうねということで、今回は「会計を通して見てみる任天堂」ですここ数年だけでも [続きを読む]
  • しまむら、復活のヒミツは…②
  • 前回の続きですどうやら、「しまむら復活のヒミツは、値下げ品を減らしたこと以外にありそう」ということでしたここで、しまむらの売上高営業利益率(=営業利益÷売上高)の推移を見てみますこの数値が高いほど、同じ金額の売上高であっても、より多くの営業利益を稼ぎ出すことができます2013年度:8.3%2014年度:7.2%2015年度:7.3%あっ!!わずかですが、2015年度は2014年度から持ち直していますね0.1%の差ですが、これだけ [続きを読む]