ユカ さん プロフィール

  •  
ユカさん: 現在片思い中
ハンドル名ユカ さん
ブログタイトル現在片思い中
ブログURLhttp://kirei-yukaaaaaaaaaa.hatenablog.com/
サイト紹介文メイクやファッション、生活や考え方までシンプル&キレイを目指すブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/01/12 16:49

ユカ さんのブログ記事

  • オシャレかどうかは靴で決まる
  • されど靴。かつては数十足を所有していた靴マニアです。靴を変えるとコーディネート自体の雰囲気が変わる魔法にとりつかれ、靴を集めまくった数年前。やっぱりね…オシャレのキモは靴です!靴!靴だけで変わる雰囲気ワンピース一枚とっても、スニーカーを合わせればカジュアルになるし、パンプスを合わせればフェミニンになる。キレイにお手入れされた靴はきちんとした人に見えるし、ボロボロの靴はだらしない人に見 [続きを読む]
  • 良い香りは肌や髪じゃなくて服から
  • 香水を全く使いこなせないので、服から良い香りを漂わせてみることにしました。柔軟剤にしようか迷いましたが、今回ゲットしたのはコレ。フレアフレグランス AYUSリフレッシュミストリフレッシュセント ゼラニウム&ローズ服用のスプレー。ちなみにこれはセブン&アイ限定の商品のようで、ヨーカドーで発見。シワ伸ばし、消臭殺菌、香り付けができるスプレー。細かいミストで、すぐに乾きます。そしてフワッと漂うい [続きを読む]
  • 話題の蚊に刺されなくなる方法
  • ものすごく蚊に刺されます。夏は気付くと脚は虫刺されでボコボコに…。かゆいけど、掻いて痕が残るのは避けたい。今までは極端触らないように痒いのを我慢して、かゆみ止めを塗って耐えていました。しかし痒い!そんな中、教えて貰ったのが、「足の裏を消毒する」という方法。人類最凶の敵!「蚊」撃退大作戦! - NHK ガッテン!話題になっているみたいです。高校生の男の子が妹のために発見した方法だそう。 [続きを読む]
  • ワードローブに1着は欲しいシンプルなワンピース
  • ワンピースの便利さに感動した今日この頃。コーディネートを考えなくていいのに決まる、便利アイテムです。少ない服で着回すことを考えたときに、選択肢から除外していたのですが、一枚購入してみました。そうしたら、便利で最高です。選ぶ基準は……・ベーシックなダークカラー・シンプルなデザイン・切り替えのないAラインかIライン・丈は膝あたりこれを満たせば大体オンオフ両方着られます。ちなみに私が選んだ [続きを読む]
  • 自分の価値観
  • 思いの外、自分が人の価値観に振り回されていることを知りました。「これだ!」と思ったけど、冷静に考えると迷ってきた……やっぱやめた……ということって結構あります。そんなときに考えるべきは、本当に「自分が」そう思ったのかということ。案外、自分以外の価値観に振り回されていることって多い。世間の価値観とか親の価値観とか発言力のある人の価値観。「これは自分には無理だ」とか「○歳までにするべき」 [続きを読む]
  • もしひとつだけサプリを飲むならば
  • 私はビタミンCをおすすめします。ここしばらく、「栄養は食べ物で摂る」を目標にしてきましたが、これがなかなか難しい。なんとなくビタミンCを買って久しぶりに飲んだら、むくみに効いて感動しました。むくみここ1ヶ月ほどむくみが凄かったです。もともと浮腫みやすい体質ではあるのですが今回は結構酷くて、夜まで浮腫みっぱなし。朝起きたら、顔がパンパン。リンパマッサージでも直らず、日に日に増していく二重ア [続きを読む]
  • 化粧品だけではどうにもならないアンチエイジング
  • 久しぶりに鏡をまじまじと見たら……なんか老けた気がする!年を取るのは仕方の無いことですが、出来るもんなら若々しくありたい。「いつまでも元気にいつまでも素敵に」を目標に意識したいのが、アンチエイジング。アンチエイジングを意識アンチエイジングと言っても、いつまでも年を取らないのは不可能なので、「いくつになっても素敵な人」と言われたいですね。そのためには、気持ちは若く年齢はあくまでも目 [続きを読む]
  • そうだ、森へ行こう
  • 疲れたときは、森へ行く。昔は自然が無い人工的なビル街に憧れたものです。しかし、いざ木の一本も生えていないような都会にいると、自然が恋しくなる。最近は、都心の街中よりも、公園とか山とか自然のある場所に惹かれます。街にいると変に疲れるときがあります。無意識に脳は情報を取り込んでいるんだなーと思いますね。看板の文字、電工掲示板の数字、大型スクリーンの映像、井戸端会議、他人の会話や表情……など [続きを読む]
  • 美しいもの探しで心に余裕を
  • 身の回りの「美しい」と思えることを探す。それだけで日常が違ったものに思えてきます。働いていると、仕事で忙殺され、ストレスで欲に振り回され、小さな幸せに気付けない。そして、余裕が無くなってしまう。よく陥りがちなパターンです。どうも縛られることが苦手な私、指図されて働くということが苦手です。そうすると目の前にあるストレスに振り回されがちですが、身の回りにある「美しい」と思うものを探すと、心 [続きを読む]
  • 「悩み」は楽しむもの
  • 親しい人からはたくましい人間だと思われていますが、実は気が小さい私です。気の小さい犬ほどよく吠えるのと一緒で、弱いからこそそれを隠している。何も悩みが無いように見えて、結構小さいことでクヨクヨ悩むんですよ。これは昔から変わっていません。他人の顔色を窺うクセも、自分の発言がまずかったのでは…とずっと悩んでしまうクセも、まだ残っていますもん。それゆえ小さい悩みは多い方です。ただ、こういう悩み [続きを読む]
  • 服を選ぶ時間を減らす
  • 選択肢は少ないほど良い。服に迷う時間って、数分くらいでしょうか。長いと一日中考えていたりしますよね。これも積み重なると相当な時間になります。5分迷うとして……365日×5分=1825分毎日着るものに5分迷うと年間で30時間ちょっとを失うことになります。「何を着ていこう」と考えるのが昔は楽しかったのですが、最近はそんな時間が苦痛になってきました。制服化という選択仕事服も普段着も選択肢を絞りました [続きを読む]
  • こだわりのない物は即刻手放す
  • 物を買うときは、こだわる。やはり間に合わせで買った物って、愛着がわきにくく、あまり大切にしなかったり、後悔したりします。大切なのは、「こだわって選んだかどうか」。たとえそれが、10万でも100円でも、お気に入りなら最高ですね。お気に入りは日常を楽しくしてくれるやっぱりね、好きなものに囲まれた暮らしって、驚くほど楽しい。好きな家具があると、家にいるだけで楽しい。好きな食器があると、食事の時 [続きを読む]
  • 20代でやっておきたかったこと
  • ワタクシ、とうとう三十路へのカウントダウンが始まりました。20歳になるときは特に何も感じませんでしたが、29から30になるときって、何だか言い表せない気持ちがありますね。「とうとうこの日が来たか」と。10年というサイクル人間って10年サイクルで変わって行くように思います。アラサーで転職する人が多いのは、やはり節目というのは人生を見つめ直す機会だからではないでしょうか。私も29歳になったときにソ [続きを読む]
  • 見せるためじゃないオシャレが女を磨く
  • オシャレっていうのは「誰かに見せるため」だけにするものではないですね。自分も楽しんでこそ、どんどん磨かれていくってもんです。特に見えないところのオシャレにこそこだわりたいものです。真冬のペディキュアネイル大好き!でもない限り、ペディキュアって夏限定のシロモノじゃないですか?私はそうなんですけど。最近、いきなり「海を見に行こうよ!」なんて誘われて行ったわけですがその日はポカポカ陽気。「靴 [続きを読む]
  • 失敗しないオフィスカジュアルとクールビズ
  • 先月からクールビズですが、やっと服装が落ち着きました。オフィスカジュアルでクールビズだと、ついカジュアルな服を着たくなりますが、そこはぐっと我慢。カジュアルと言えど、全くカジュアルにできないのがオフィスカジュアル。ファッション誌を参考にすると自爆します。やはりまだまだ男性社会。男性視点でのファッションが必要になってくるのですね。『ミリオネーゼのファッションルール』(ジョン・T・モロイ著 [続きを読む]
  • 生活のメリハリ
  • メリハリがあってこそ、輝くってもんです。常に100%の自分でいたい!なんて燃えていましたが、ゆるく過ごすことも大事だなと思います。ゆるーい日とバッチリの日。日常のこういう変化は、普段の生活を楽しいものへと変えてくれます。時には何もしないで朝から晩まで一日中ダラダラする日があってもいい。むしろそういう日があると、他の日が輝きます。Tシャツとジーパンとスッピンで出掛ける日があってもいい。普段のオ [続きを読む]
  • オシャレの秘訣
  • オシャレな人ほど、内面を重要視しているように思います。真のオシャレというのは着飾ることだけではない。服はもちろん大切。とっておきの服を着たり、祖母の代から受け継がれているアクセサリーを着けたり……。素敵なアイテムは人を綺麗見せてくれます。しかし、身につけるだけで完成するかって言うとそうでもない。オシャレというと服や髪やメイクなど見た目を整えることに目がいきがちですが、実際は「内面から滲み [続きを読む]
  • 奪うな与えよ
  • 男女間で「私と仕事どっちが大切なの!?」と言って揉めるのはよく聞く話。私ね、すごい場面を目撃しまして。上司からの長期出張の打診を「彼女が怒るんで無理ッス」って断る男子。※実話です。男から仕事を奪う女ここ数年の出来事の中で、トップ3に入るであろうこの光景。つくづく男性をダメにする女性はいるもんだなと。逆もまた然りですが…。自分のワガママで相手の何かを奪うことは、大げさに言ってしまえば、 [続きを読む]
  • 努力と充実が生み出すフェロモン
  • 努力してる人って顔でわかってしまいます。なんかね、表情が違う。目が生き生きしていて、表情が引き締まっている。日中はバリバリと仕事をこなし、夜は趣味や副業など好きなことに時間を費やし、毎日数時間しか寝ないという強者を知っていますが、目がギラギラしてますもん。仕方なくじゃなくて、やりがいや目標を持ってやっているものだから疲れが見えません。なんか、「生きてる」って感じ。男女問わず、何かに打ち [続きを読む]
  • 実は着こなしが難しいウエストゴムの服
  • ウエストゴムの服が苦手です。というのも、綺麗に着こなせた試しがないから。デスクワークなので楽なのが一番かなと思ってウエストゴムのボトムスにしましたが、ファッションにおける「楽」というのは時として美しさを奪います。確かに楽でカッコイイ服もあるし、似合う人はこの上なく似合う。ただ、この楽でカッコイイというのをウエストゴムで体現するのは非常〜に難しいことでありまして、センスの無い私は上手くいっ [続きを読む]
  • 仕事は毎日オーディションをされているようなもの
  • 昔、私の周りでは「頑張るのってダサい」…という風潮がありました。私が中学や高校の時代は、・テスト勉強を頑張るのダサい・授業を本気でやるのダサい…ってな感じで、「頑張ってないアピール」をする人がやけに多かったです。テスト勉強してないって言ったのに、100点取る人とか最たる例ですよね。「やる気があります!!!!!!!!!!!」みたいな感じの人って、結構暑苦しく感じるからそうなってしまうようでした。しかし [続きを読む]
  • 身の回りを整えると邪気が消える
  • 最近、部屋に飾った花が光の速さで死にます。これが邪気ってやつ…?まあ確かに最近、気分が落ち込み気味で、常に疲れていたなぁ…と。掃除もあまりできていなくて部屋の雰囲気も自分の気分もなんだか重たい。邪気のようなものが溜まっているのでは!?邪気払いのつもりで身の回りを整えるようにしています。まず掃除をする最近、忙しいことにかまけて掃除をサボり気味でした…。机にうっすらと白いホコリがたまってい [続きを読む]
  • 主導権を握っているのは与える側
  • 「与える側が強い」っていうのは本当。与えられる側の方が圧倒的に優位だ……と思っているうちはまだ未熟で、表面的なことしか見えていないのかもしれません。しかし翌々考えてみると、実は与える側が全ての主導権を握っているのが見えてきます。与える人愛情だってそう。両親が愛情を与えて子供は育つ。子供がワガママを言って一見振り回されているように見えても、実は親の顔色を窺っていたり、言う事を素直に聞い [続きを読む]
  • 午後7時の自分はキラキラしているか
  • 仕事って忙しくてもヒマでも疲れますね。「あ〜今日も疲れた…」と電車の窓に映った顔を見ると恐ろしく疲れた自分を発見…。ぎゃあ!10歳ぐらい老けて見える!まあしょうがないか…とふと窓の外を見てみると、オーラの違う美人が!午後7時の美人大体この時間ってみんな仕事終わって帰路についているので疲れている人が多い。まだほぼほぼ定時の時間なので、まだ元気そうな人もいますが。時間が遅くなるにつれて電車は [続きを読む]
  • 「楽しさ」のおすそわけ
  • 趣味を長く続けていたおかげで、講師になれるところまできました。「仕事を辞めて習い事の先生も良いな〜」と思っていましたが、見事に夢が打ち砕かれました。すごい先生に出会ってしまったのです。生半可な気持ちで「先生もいいな〜」って言った自分を殴りたくなりましたね。すごい先生つい最近、大ベテランの先生に教えていただくことになったのですが、いや〜…なんかもうレベルが違い過ぎる。その先生が私に教えて [続きを読む]