Chiyo さん プロフィール

  •  
Chiyoさん: フランスふだん日記
ハンドル名Chiyo さん
ブログタイトルフランスふだん日記
ブログURLhttp://tateito.blogspot.fr/
サイト紹介文フランス在住(永住)昭和女性が、日常生活、家庭、仕事、旅行などから感動したひとこまをつづっています。
自由文国際結婚でフランスに住み始めて、30年ちょっと。いろいろありましたが、気がつけば、以前よりも気楽に人生を楽しんでいる自分がいます。そんな楽しい毎日をつづっています。木の家具デザイン、「フーテンの寅さん」、ボディジャム、手作り和料理、心理学に関する本が趣味。本業は音楽教師。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/01/14 08:58

Chiyo さんのブログ記事

  • かわいらしい話 ×3
  • きのうは、朝の会議で、なんとなく、つかれる話ばかりでした。けれど、午後の授業で、何度も、ほおが、ほころんだので、一日を合計すると、プラスマイナスゼロだと、思いました。まず、小学生の、モンゴルの女の子。フランス語は、あまりじょうずではありません。いつも、レッスンが終わると、いろいろ話をしてくれます。きのうは、ちっちゃな妹、弟の話。家へ帰ると、二人がでてきて、とびつく。3才の弟をだっこすると、4才の妹 [続きを読む]
  • なにか、深い意味がありそう
  • 虹!ゆうべは、季節にも似合わない、夕立がふって、雷も鳴っていました。それが、少しおさまったかな、というとき。夕ご飯をおえて、ぼんやり、お茶をのんでいましたら、窓から、虹が見えました。虹は、すぐ消えちゃうこともあるから、あわてて、上の階に登って、見てみると、大きな、大きな、パーフェクトな虹が、見えました。今すぐ、消えるかもしれないと思うと、もったいなくて、じろじろ見てしまいます。色がきれい、というよ [続きを読む]
  • どうして、引き受けてしまったんだろう
  • きのうは、ヒップホップのレッスンでした。私は、初心者ですが、きのうは、ワンレベル上級のクラスの人たちと一緒に、混ざって踊りました。今、7月に開かれる、おさらい会の準備をしています。上級のクラスの人たちと、一緒に踊ることになっています。上手な人たちと、一緒に踊るのは、それは、それは、刺激があっていいのですが、困ることもあります。こちらが、四苦八苦して、覚えようとしていることを、一回くらい、ちょこっと [続きを読む]
  • どこまでいっても、私は「いそうろう」
  • 心配していましたが、フランス大統領選挙では、投票の結果は、極端なチョイスにならずにすみました。私は、やったー!という気持ちです。「極端」は、ほんとうに、やめた方がいいと思います。選ばれた大統領、若いマクロン氏は、うれしそうです。きっと、なかなかむずかしい任期になりそうです。私は、心の中で、応援しています。フランス国は、今、いろいろ、むずかしい時です。今は、暗い、真夜中の最中、という感じかもしれませ [続きを読む]
  • 学芸会を見にいく、親
  • うちの娘が、小学校のころ、学芸会や、合唱のもよおしがあると、私はよろこんで、見に行きました。ふだんの、うちの子が、お仲間と一緒に、なにかを、披露してくれる。いったい、何を準備したのかしら。いったい、何ができるようになったのかしら。ワクワク、うれしくて、しかたありませんでした。うちの子は、どこにいるのか、なんて、目は、そちらばかりを捜しています。よその子のことなんて、ぜんぜん、目に入ってきません。ま [続きを読む]
  • メーデーだからって、休んでるわけにゃいかない
  • 5月1日は、フランスでは、fête du travail、「労働の日」とでもいったらいでしょうか。町中の、バス、路面電車が、全部おやすみになっていて、私は、ちょっと、びっくり。毎年そうだったかしら?車のない人、バスを頼りにしている、お年寄りとかは、どうなさるのかな、と、ちょっぴり気になります。私は、大そうじ、一カ所、と、あと、いろいろ、やっぱり、やることがあります。メーデーだからって、休んでるわけにゃ、いきませ [続きを読む]
  • 心に、おしえてもらう
  • けさは、ちょっとした日曜大工をしました。もみの木の板を、紙ヤスリで、みがきました。バームクーヘンのような、木の目が見えます。きれいな線です。そして、みがくごとに、すべすべになってくるのは、ほんとうに、気持ちがいいです。小さいころから、木の家に育って、ふとんにはいれば、天井の木の目が見えて、外で遊べば、板戸の、木の目が見えていました。今、石の家に住んで、石畳を歩いて、生活していると、木の目を見たり、 [続きを読む]
  • あ、ラクガン!
  • と、思ってしまうのは、日本人の、私だけかもしれません。ここ、ロワール地方の建物は、とてもやわらかい石で、できています。チョークのように、削れてしまうこともあります。散歩中に、これを見つけて、おいしそう!と思ってしまいました。ごめんなさい、ここのお家の方にとっては、めんどうなことになってしまいました。夏にしか開かないアイスクリーム屋さんが、開きました。けれど、きょうなど、とても寒くて、手袋がほしいく [続きを読む]
  • あぁ、よかった(ひとまず)
  • フランス国家の「家計」は、火の車です。そんな国を治めるのは、なかなか、むずかしいはずです。そんな中、大統領選挙、第一回の結果が出ました。まだ、はっきり決まったわけではないですが、たぶん、右でも左でもない、マクロン氏が、大統領になるであろうと、いわれています。私は、どの人が、大統領になったら、この国にとって、一番いいのか、ほんとうに、よくわからないです。が、ひとつだけ。極端な人は、やめた方がいいと思 [続きを読む]
  • 最上級のデザート(コートダジュールの楽しみ)
  • きょうは、フランス大統領選挙の日。朝市に行っても、立ち話をしても、選挙の話でいっぱい!さぁ、どういう結果になりますか。サスペンスたっぷり。さて、私は、地中海の強い印象から、まださめないでいます。その、「おいしい」を通りこして、「感動した」、というレベルの、食事の話をしたいと思います。私は、食いしん坊ですが、高いお金を払って、レストランには、あまり行きません。一瞬にして、お金が消えていくより、そのお [続きを読む]
  • 路傍の花(コートダジュールの楽しみ)
  • きのうに続いて、地中海で見たことです。ニースのそばの海辺で、散歩をしました。私は、草花が好きなので、歩いていると、どうしても、そちらに目がいってしまいます。まわりは、どちらかというと、立派な別荘が、たくさんあったり、海には、大型ヨットが浮かんだりしています。夫は、あこがれて、見とれていたりします。私は、そういうのよりも、みちばたの草花を、とてもきれいだと思います。私の住んでいるロワール地方には、な [続きを読む]
  • るりいろ海岸(コートダジュール)
  • この休みを使って、地中海を見に行きました。ちょっと、がまんすれば、海水浴もできました。とはいっても、水は冷たかったです。2分くらいつかれば、もう、限度。泳ぐ人は、私と、あと数人だけでした。明るい日ざしと、きれいな空と海の色を、じゅうぶん味わって、体もよろこんで、鼻カゼも吹き飛んで、わが家にもどってくれば。家の暖房が、こわれていました!石の家だから、しんしんと冷えます。今、ももひきをはいて、ジーンズ [続きを読む]
  • 日本食が、おいしくてたまらない
  • きのう、日本あてに小包を送りに、郵便局へ行きました。20才くらいの、ピチピチ、ニコニコの女性が、むかえてくれました。日本あてですね、はい!と、入力したのはいいけれど、出てきた画面を見て、なにか、困っています。年上の人を呼んで、なにか聞いています。「そうなのよね、そう。それでいいのよ、だって、日本です。地球の向こうっかわですから」と、言われています。ははぁん、値段のことだな、と私は思います。いくらに [続きを読む]
  • なつかしい日本が、入ってた
  • きのうは、一日、縫い物をしていました。最後の方は、ちょっぴり、あきあきしてきました。でも、あともうすぐででき上がると思えば、どうしても、今日中に仕上げたいと思います。ですので、がんばって、仕上げたのです。が、その代償として、筋肉で、少し痛いところがあります。夜、床に就く前に、お風呂に入ろうかな、とそうすれば、コリも、よくほぐれるかな、と思ったのですが。クタクタでしたので、あした、朝風呂にしよう、と [続きを読む]
  • 里帰りできないけれど
  • イースター(復活祭)休みになりました。お天気はよく、ひと気も少なく、静かです。うちの前は、今、道路工事があって、たえず、工事の音がしています。が、お昼などは、みなさん、ご飯で、工事もストップします。しーんとします!静けさは、いつになく、深い感じです。もう、窓をあけたまま、生活できるくらいの、いい気候になりました。そうやって、一人でお昼を食べていると、外の静けさも、うちの中まではいってくるようです。 [続きを読む]
  • 名もなく、見返りもなく
  • 今、うちの前では、道路工事があります。これで、3ヶ月くらいになりますし、あとまだ、2ヶ月くらいは、続くそうです。いつも、音がしていて、なんとなく、せかせかした気持ちになります。夕方になって、工事が終わると、しーん、と深い静けさがやってきます。心も体も、じんわり休まる感じになります。先月までは、電気系の工事でした。せっかく道路に穴をあけたのだから、と、ついでに、次は、水道系の工事。だから、断水もある [続きを読む]
  • 日本人だから、という偏見
  • きのうは、勤めている学校で、評価がありました。教師の私が通信簿をつけるのではなくて、通信簿を、もらうのです。毎年一回、学長さんの面接を受けて、「大変よくできました」とか、「よくできました」などと、いろんなポイントについて、評価されます。きのうは、いつもどおり、いい点をもらえましたし、学長さんに、ほめられたりして、形式、とはわかっていても、なかなか、いい気分でした。15年くらい前、こんな制度ができた [続きを読む]
  • 政治の話は、ちょっと変
  • ご存知の方も多いと思いますが、フランスでは、もうじき大統領選挙があります。ニュースなどで、様子を見ていますと、それは、もう、オセロゲームみたいに、市民の心は、ころころかわるようです。はじめは、私も、いろいろ意見があったのですが、もう、今では、なんだかよくわからなくなってきました。いったいだれを支持したらよいのか。どうやったら、国がよくなるのか。気の知れた人たちと、おしゃべりをしていて政治の話になっ [続きを読む]
  • 個人的、ぜいたく
  • きのうは、スポーツジムでは、ちょっと苦労しました。足が痛かったです。前の日に、自分のうちの前で、ころびそうになったのです。足の指を、くじいたかもしれません。そんなこと、あるかしら?と、あまり気にもせず、ジムでは、思いっきり踊りまくっていたのですが、最後の方では、ちょっと、同じ部分が痛くなってきました。足が痛いというのが、こんなにつらいものだとは。というより、どんな痛みでも、痛いというのは、つらいこ [続きを読む]
  • サマータイムで、目がちくちくする
  • フランスでは、また、夏時間がやってきました。春になると、睡眠時間を一時間きりあげて、夏時間にうつります。夏時間は夜更かしモードです。夕ご飯を終えても、まだ、外は、明るかったりします。子どもも、大人も、つい、床に就くのが、遅くなるのではないか、と思ったりします。というわけで、土曜日の夜は、睡眠時間が、一時間少なくなりました。といっても、起きたのが日曜だから、あまり、さしつかえがない。問題は、その次の [続きを読む]
  • いいことひとつと、悲しいことひとつ
  • きのうは、一人でお昼ごはんの時、ラジオをつければ、例の悲しいニュースの話が、きこえました。ロンドンで、また。悲しくて、涙がでてきてしまいました。フランスの高校生が、修学旅行で、ちょうど、ロンドンに行っていたそうです。かわいそうに、けがをした生徒さんが。そして、私も、あるピアノの生徒さんのことを思います。うれしそうに、「来週は、ロンドンに、学校で旅行するので、お休みしま〜す」と言っていました。さいわ [続きを読む]
  • 日本的、フラワーパワー
  • この地方では、どんな季節でも、だいたいお花は咲きます。年中、お花のある生活ができます。花の好きな私にとっては、うれしいことです。でも、今は春。花の季節です。まだ寒いですが、いろんなところで、花、花、花が、咲き始めています。私は、うれしくてたまりません。そういえば、きょうは、春分の日ですね!街の中では、桜だか、リンゴだか、スモモだかよくわかりませんが、たくさんの木が、お花を、咲かせています。くもった [続きを読む]
  • おせっかいな、フランス人
  • ご存じの方も多いでしょう、フランスでは、あいさつの時は、握手をするか、さもなければ、左右のほっぺに、チュッ、チュッ、と、キスします。チュッ、チュッ、と2回の時もあれば、場所によっては、チュッ×3かもしれないですし、ロワール地方なんて、×4です。パリとちがって、のんびりしてるのかもしれません。さて、カゼをひいた人が、チュッ、とやるのは、うつしてしまったりしますから、申し訳ないです。私は、まだセキをし [続きを読む]
  • また、やりなおし
  • 日曜日は、縫い物をして、楽しみました。とってもいい生地があったので、それを使って、春らしいバッグを作ったのです。ところが、できあがってみると、自分が想像していた形ではないのです。気のせいかと思っていたのですが、しばらくして、設計図とくらべてみると、10センチ足りない部分が!バッグの底辺が、10センチ足りないというと、かなりの誤差です。それじゃあ、思っていた形にならなくて、あたりまえです。と、納得す [続きを読む]
  • 木の卵は、もう見かけない
  • きのう、とてもがっかりしたことがありました。春のセーターを、久しぶりに着ようとしたら、すそのあたりに、穴がいくつかあるのです。虫にやられたようです。とても薄くて、なかば、透きとおっているセーターです。ですので、ブラウス類といっしょに、ハンガーにかけておいたのです。それが、いけませんでした。ブラウスのゾーンには、虫よけの薬を、入れてないからです。その下の方には、靴みがき用の、古セーターの、はぎれがあ [続きを読む]