マリ男 さん プロフィール

  •  
マリ男さん: マリ男〜ロッテについて考えることは喜びである
ハンドル名マリ男 さん
ブログタイトルマリ男〜ロッテについて考えることは喜びである
ブログURLhttp://rhyme25.blog.fc2.com/
サイト紹介文ロッテについて考えることは喜びである。マリーンズの応援とビールがあれば幸せなマリ男のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供517回 / 365日(平均9.9回/週) - 参加 2016/01/14 01:49

マリ男 さんのブログ記事

  • カックを心配する
  • ロッテについて考えることは喜びであるが、マリ男です。前のブログでも書きましたが、とにかく精彩を欠いている角中が気がかり。まずは守り、2回のクッションボールの処理に手間取った場面。動きが悪いのはいまだにどこかが良くないのではと疑ってしまいます。さらには結果オーライでボテボテの当たりになって進塁打にはなりましたが5回ノーアウト2塁での遊ゴロ、あそこで右方向に打てないとは…打率も上向きませんし、ちょっと [続きを読む]
  • サントス、サンクス
  • M3−1Hロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。冷や冷やだろうとなんだろうと勝ちは勝ち、意地を見せてくれたナインに拍手を送っておきましょう。中でもサントス、第一打席のライナーに始まって、本当に中田にはタイミングバッチリ合っていましたね。スカッとする一発、本当ならペーニャに見せてほしいところなんですけどね。そして井口さん、すばらしい勝負強さでしたが、来年にはいないと思うと残るメンバーは何を [続きを読む]
  • ク●バッター大行進
  • ロッテについて考えることは喜びであるが…マリ男です。試合の途中ですがもう腹が立つなんてもんじゃない打線の腐りっぷりク●っぷり。折角二木が頑張っていたのに冷や水どころか氷水をぶっかけるような体たらく、唯一の(エラーがらみでしたが)チャンスには田村が初球打ちゲッツー、もう駄目。表情が虚ろだもん。今宮みたいにヤマを張って気持ち良く放り込むようなバッターは皆無、もうね、高校野球の弱いチームと一緒、なんせバ [続きを読む]
  • デスパ内川7−0、なのに…
  • M1−2Hロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。エース熱投、最近では一番といっていい出来だっただけに…いつもやられるデスパ内川もノーヒットに抑えただけに。切ないのは貧打線、ですよね。伊志嶺を責めても仕方がない、とにかくチーム全体が勝負弱い。チャンスなのにピンチのよう、と監督、ヒーローになれるのに失敗を恐れてしまっているということなのでしょう。連勝の勢いをポッキリ削がれるのはオープン戦の [続きを読む]
  • さて鷹戦。デスパを封じろ!
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。折角連勝で流れが好転するかなと思いきや今季全くいいところのないソフトバンク戦、げに運命は残酷です。チーム状況から何から、全てにおいて差をつけられている今季。特にデスパにはやられていますよね。ここを抑えて、望み薄ですが打線の奮起を待つしかない。ムリゲーですが、意地を見せていただきましょう。終盤は相手リリーフがいいだけに厳しいですから、先手を是非とも奪 [続きを読む]
  • ハムと3ゲーム差。いつの間にやらヤクルトも…
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。久々の連勝ではありましたが、現実は27勝55敗1分け。借金28、相変わらず目を背けたくなるマリーンズの成績ですが、いつのまにやらハムもえらいこと負けて31勝53敗借金22とは…3ゲーム差、まあ5位になったところで何だって話ではありますが。そしてセリーグのヤクルトも凄い、13連敗で28勝55敗2分け、マリーンズと大差ない、というか2けた連敗を2度もし [続きを読む]
  • 連勝。ショーゴの恩返し
  • M4−0Bsロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。最初に危険球で交代したオリ若月捕手、脳には異常なしとのことで一安心。ほっとしました。その唐川に代わって急きょ登板のリリーフ陣、まずは東條が頑張った無失点、さらには有吉にはうれしいプロ初勝利がつきました。復活の南も伊志嶺のファインプレーに助けられゼロ、大谷内にも拍手ですね。打線はもちろん伊志嶺(ごめん全く期待してなかった。短く持ってしっか [続きを読む]
  • 今年の希望になれ、翔平
  • M3×-2Bsロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。絶体絶命からのスカッと痛快逆転サヨナラ。スミ1で終わりかと思っていただけに喜びひとしお、無かったことにしたい前半戦を今夜だけは忘れて、好スタートに乾杯です。突如連打を食らって吐き出すスタンはもう限界かなさよならかなと思っていたのですが、そこから踏ん張っての連続三振にはしびれました。軒並み上向かない先発陣ですから、まだまだ力を借りるほか [続きを読む]
  • 南と細谷合流
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。久しく聞かなかった名前の合流は目出度いですね。南と細谷(報知リンク)。昨年ブレークした2人の不在が、今季チームのここまでの不振に影を落としていたのは間違いないところ。特に南、あのイキのいいストレートがまた見れることを期待です。もちろん細谷も待ってたぞ、辛気臭い打線にカツを入れてもらいたいところ。順位や勝敗なんてもはやおまけ、少しでも俺たちを熱くする [続きを読む]
  • 大地弾と、二木の151
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。球宴第2戦はマリン、デスパイネの大活躍に複雑な思いでしたが、大地のスカッとした一発に救われた気がしました。これまでにないしんどいシーズン、少しは忘れることはできたのではないでしょうか。二木も頑張りましたね。自己最速という151キロにはビックリ、大舞台での好投が、今後の飛躍の糧になってくれれば…期待しましょう。盛況の本拠地、ガラガラに戻ってしまうのか [続きを読む]
  • マリーンズに柳田が!(幻影)あと中継ぎ鈴木大地
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。オールスター、思ったよりは楽しめました。試合よりも合間合間、監督の殿堂入りには拍手を送りたいですし、田村も大地もホントに楽しそう、後半戦へのいい気分転換になったのではないでしょうか。試合前のホームランダービー、セパのユニホームのデザイン(サンスポ記事リンク)は以前から言われていましたがどこからどう見ても中日とロッテのそれでしかなく、ビジターユニのマ [続きを読む]
  • 成田頑張る。後半戦は希望が見たい
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。フレッシュオールスター、成田が2三振を奪う好投でした(サンスポ記事リンク)。平沢と同じ高卒2年目、まだまだ1軍で試すにはしんどいレベルなのかもしれません。何とかそれでも1度は昇格してもらいたいもの、消化試合としか言いようがない残りシーズンの楽しみに、希望になってほしい。この様子では監督人事も、ネットの噂でしかありませんが球団の行方も、どうせオフにな [続きを読む]
  • 借金30はいいの。来年どうすんの?
  • M3−6Lロッテについて考える前から飲んでいる。マリ男です。関谷ね。久しぶりでしたね。関谷どうこうより相手が凄いというかマリーンズのク●打線と比べるから凄く見えるのか、うちの投手陣は去年から山川に何本打たれれば気が済むのかってな話なんですけどね。追い上げはしましたが所詮は追いつけない、あれだけクソミソ言われていたパラデスが今や一番マシ、というか他の打者が全く打ちません。井口さんは顔見世興行的な意味 [続きを読む]
  • 出ていいのか球宴?なお自力CS消滅
  • M6−16Lロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。怒りを通り越して開いた口がふさがらないとはこのこと、初回のチャンス、パレイディーの酷過ぎる浅いレフトフライや、2回のショーゴの同点ホームランあたりの記憶は遥か彼方。4回までに15失点って何やソレ。ファンを馬鹿にするのもいい加減にしろという趣です。二木は追いついてもらった後に爆発炎上、いくら他の投手が酷過ぎるとはいえこんな状態でオールスター [続きを読む]
  • カモメじゃねえよ鵜飼の鵜だよアンタら
  • M3−5Lロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。先行して悪くない形、しかしやっぱりスタンはスタン、というか今年の投手陣はみんなリードしてもらえば吐き出す病気、さながら鵜飼の鵜のようですね。ホントつまらん試合しかできないチームに成り下がってしまいました。打線が頑張れば面白かったのですが中盤以降ノーヒットでは打つ手なしです。良かった探しをすればパレイディーが今更上向き、授業料を回収するため [続きを読む]
  • ゼロゼロ完封負け。岡田もゼロ
  • M0−4Bsロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。うーん3タテはやっぱり無理。特に目新しい要素の無い、見慣れた感じの完封負けでした。石川、それなりに頑張ってはくれたんですけどね。帰ってきた吉田正、やはりいいバッターです。あそこまで闘志むき出しでフルスイングできる打者は、マリーンズには見当たりません。試合は置いておいて、「ゼロの岡田」が、いよいよえらいことになってきたという記事(スポニチ [続きを読む]
  • 当たればショーゴ
  • M6−2Bsロッテについて考えることは驚きである、じゃなかった喜びである。おいおい連勝ってマジか、マリ男です。伊志嶺加藤、なんとも締まらない守備からのノーヒットで先制点献上。目の前が暗くなったところでしたが唐川、駿太に6回打たれるまでなんとなんと無安打投球。結局8回途中まで2安打2失点。素晴らしい投球でした。個人的には8回、左の松永だから駿太に代えての代打安達、これがありがたかった!相手の采配に助 [続きを読む]
  • 涌井は勝てなかったけど、勝った!
  • M3−1Bsロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。相手の山岡が素晴らしい内容、途中まではやはりエース見殺しかと思いきやのパレイディー弾、鮮やかな捌き方の一発は、もっと早くこれが見たかったなあという素晴らしいスイングでしたね。九回もベテラン2人が顔で奪ったような2点でした。涌井は最近では一番と言っていい安定感。1失点の踏ん張り、見事でしたね。走者は出しても要所は締める、本来の投球だったよ [続きを読む]
  • エースの節目
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。エース涌井、あと4イニングと少しで通算2000投球回とのこと。速攻でKOされなければ、ほぼほぼ到達でしょう。年々投手の分業が進む球界だからこそ、完投完封を目指してひたすら長いイニングを投げるスタイルに価値があるのではないでしょうか。わずか3勝で防御率は4点台、成績自体は物足りない今季。球速もですがどうもここ一番のコントロールが決まりません。スタミナ [続きを読む]
  • 迫る借金30。七夕の前だぞまだ??
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。今日は試合がないから負けない。良かったです、ね…と情けないオープニングですが、気がつけば借金が28、あろうことかオールスターの前に30に届こうかという勢い。ここまで酷い負け方はあまりないのではないでしょうか。勝てそうな先発投手はもはやゼロと言っても過言ではなく、リリーフもお疲れ。では打ち勝てるかと言えば打線は12球団最弱、いや球史でも屈指のショボさ。明日 [続きを読む]
  • フライ祭り。体に悪いわこんなんッ!
  • M2−6Eロッテについて考えることは喜びであるが、体に悪いです(プルタブに手をかけながら)所用で全部は見れなかったのですが、8回の攻撃だけで血管が数本切れそうでした。ショーヘイもカックもパラデスも頑張っていないわけじゃない、今日はしっかり仕事もしています。ただ、それでも腹が立つものは腹が立つ。不安定なハーマンから折角先頭のサントスがヒット、しかし今最も期待できる打者と言っても過言ではないショーヘイ [続きを読む]
  • 鷹50勝、カモメ50敗
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。強いチームと弱いチームが同時に節目に到達。首位か2位か知りませんが(興味ない)ソフトバンクが最速50勝、マリーンズは最速50敗。ここまで1人負けですから必然ではあるのですが、同じプロ、それにしても情けない、に尽きます。デスパイネのことを言うのはもうやめますが、あそこまで活躍されると落胆もひとしお、代わりの外国人2人、3人、いや4人が束になってもこの成績 [続きを読む]
  • 拷問はどこまで続く
  • M1−5Eロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。雨予報で強行、日程消化できて良かったですね。以上!ファンの気持ちを置き去りにするというか真面目に観戦する心を相も変わらず折りますね。これが今季のマリーンズ、多分シーズン最後まで梅雨というか雨季、土砂降りです。則本を崩すなら初回しかありませんでした。厳しいですけど1点取った2死満塁で初球の体に当たりそうなク●ボールに仰け反りながら空振りして [続きを読む]
  • 無茶振り球宴MVP
  • ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。オールスターの選手が出そろいましたね。マリーンズからは二木、大地、田村。地元開催なのに寂しい限り、この成績ではいたしかたないか、出るからには頑張ってもらいましょう。球団社長が二木がMVPを取ったらモニュメントを約束…との記事を見ましたが、野手と違って投手のMVPはハードル高すぎでしょ。全員三振でも取ったら別ですが…最近は3イニング投げることもほとん [続きを読む]
  • 仕掛けが遅い
  • M3−8Fロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。途中までノーノーかと思った五右衛門の危険球退場と益田の一世一代の好救援、しかしあとはいつもの見飽きた光景の殴られっぱなし。それもこれも上沢を崩す仕掛けの遅さでしょう。いつもながらノープラン、相手だって決して好調ではないですし不安なわけです。とにかく淡泊、意図が見えない凡退ばかり。寂しい限りですね。2失点ですから責められない有吉、大谷だけで [続きを読む]