阿弥陀くん さん プロフィール

  •  
阿弥陀くんさん: 極楽
ハンドル名阿弥陀くん さん
ブログタイトル極楽
ブログURLhttp://madeingokuraku.seesaa.net/
サイト紹介文含蓄のある言葉を、自分なりに読み解く
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/01/14 06:07

阿弥陀くん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • うちの子が言うことを全然聞いてくれない
  • 子供は親の言う通り行動しないでする通り行動する親の立場からすると、子供には知らず知らずに期待してしまうものです。どんなことで期待するのか、、学校の成績や、運動神経などがすぐに思い浮かびますね。このような親子関係を簡単に言うと【共依存】といって、子供の依存は自然にあるものと考えられますが、実は親は親の立場でありながら、子供に依存している状態なんです。自分の人生を生きていない。ということになるのでしょ [続きを読む]
  • 不運を嘆く者はしぼみ 不運と闘う者は開ける
  • 不運を嘆く者はしぼみ 不運と闘う者は開けるなるほど、でも高度経済成長期ならばしっくりくる文言だと思います。今の時代はそういった根性が全てということは無くなっていて、不運と呼べるような試練を避けて通る風潮が強く感じられます。結果、まあまあの暮らしができている人もいる一方で、困難な道を避けてきたがために思うような人生を送ることができていない人もいるようです。道を開くのは自分自身です、今一度腹くくって大 [続きを読む]
  • 挑戦する人生で良いということ
  • 今日のひとこと災いは妄り(みだり)に至らず福は徒(いたずら)に来たらずわたしなりの解釈直訳すると、災いというのはむやみやたらに降りかかるものではないものである。幸福は何もせずにいても訪れるものではない。といったところでしょうか。なるほど、「本当に悪いことなんてそうそう起きないから、果敢に挑戦する人生を選べばいいよ。」って、背中を押してくれているように感じす。こんな言葉を聞いたことがあります、「お化 [続きを読む]
  • あきらめるのをあきらめる
  • 今日のひとことすべての不幸は未来への踏み台にすぎないわたしなりの解釈神様は乗り越えられる人にしか試練を与えない。とか、よく聞きますよね。あきらめずに困難を乗り切った時、過ぎてきた日々はあなたを次のステージへ導いてくれます。世の中を見る目が変わったり、隣にいる人への感謝の念が芽生えたり、人を思いやることが自然とできるようになったり。「人としての高み」に一歩近づけるような、そんなイメージが湧きます。失 [続きを読む]
  • 心の機微は言うほど簡単なものではない
  • 今日のひとこと多くの艱難(かんなん)をなめたるものは知る事もまた多しわたしなりの解釈辛い、苦しい状況を経験すると学ぶことが多い。と、ザックリと言ってしまうのは簡単です。「知る事」とは、苦労を乗り越えるため手続き上のテクニックなのか、その他表面的に、見聞きしたことを意味しているのだろうかと少し考えてみます。普通の人よりも経験値が高い。それだけではないと思うんです。幸せの基準が一人一人違うのと同じで、 [続きを読む]
  • 良いことをするということは
  • 今日のひとこと人に施しては慎みて念う(おもう)ことなかれわたしなりの解釈見返りを期待してはいけないということでしょうか。なるほど確かに、「あれ?この前ご飯おごってやったのに、、」忘れられてるという事態。そんなことがあると、おごった側がモヤモヤして、何日も引きずってしまうようなことになりかねませんもんね。精神衛生上よくありません。その後、大切な友人や同僚との仲が悪くなる可能性もある。忘れられればそれ [続きを読む]
  • 見ざる 聞かざる 言わざる
  • 今日のひとこと知恵多ければ憤り多しわたしなりの解釈日常生活で見たり聞いたりするニュースや出来事、「おい、ちょっと待ってよ。それはおかしいでしょ。」という思いを感じることがありますよね。あなたも日々感じることがあると思います。世の中、ネガティブな話題には事欠きません。わたしは最近になってようやく、自分に関係の無いあるいは自分には関係無さそうだと思う話題をスルーするように意識し始めました。自分の尺度で [続きを読む]
  • 利他の精神
  • 今日のひとこと他人のために尽くすことによって自己の力を量ることができるわたしなりの解釈ボランティアや仕事、介護、家事、育児もそうですが人のために何かするということは、己を知るということなんですね。感情の変化、自分はこういう人間だったんだ。という、実感を伴った成長です。利他の精神。人のために尽くし、その先に自分が得るものは善かれ悪しかれ、自分にとっては大切な人生の学びなのだろうとわたしは思います。1 [続きを読む]
  • 臥薪嘗胆
  • 今日のひとこと時を得る者は昌え(さかえ) 時を失う者は亡ぶわたしなりの解釈何事もタイミングが大事。とも取れますが、時間の概念も含んでいるように思います。前者の解釈だと、時期を見誤ると自滅の道を行くという感じで。例えば、今の時代に桶を担いで豆腐を売り歩いていては、ちょっとしんどいことになりそうです。時代、時流に合ったビジネスやライフスタイル、考え方を身に付けなさいよと言われているように感じます。後者 [続きを読む]
  • 日々の積み重ねが大事
  • 情報収集して満足「それだけじゃダメなんだ。」って、わかってはいるんですけど。浪人生の時もそうだったな、参考書とか問題集を買ってやったつもりになっていた。コストパフォーマンスを意識して、価値を吸収して自分の成長に寄与させないといけないんですけどね。時世を読み解き明日に備えるとかく、サラリーマンをしていると日々に流され、恋愛、結婚、家族、生活などでキャパはポンポコポン・・・みたいな状態になってしまい、 [続きを読む]
  • あの鐘を鳴らすのはあなた
  • 今日のひとこと意義ある生涯を望むなら今日を意義あらしめよわたしの解釈桑田佳祐さんの「明日晴れるかな」という曲のメッセージもわたしにはすごく大切なものです。ドラマ「プロポーズ大作戦」はDVDまで購入し、何度も視聴しました。同じことを伝えていますね。未来を変えられるのは、「今日のあなたです。」これ以上、言っておくことはありませんね、、、とはいえ、なかなか人間というのは「よっしゃ、やるぞ。」って、決めても [続きを読む]
  • 希望に満ちた日々に老いは来ず
  • 今日のひとこと青年は希望に生き老人は追憶に生きるわたしなりの解釈直感的に、「ああそうだよなぁ。」と思ってしまいます。その実はいったいどうなのだろう、逆のことが、どちらにも言えると思います。青年が希望を持つのではなく、追憶に生きていてはすでに余生と表するに近く老人のごとき生き方である。老人が瑞々しい希望を胸いっぱいに抱き、溌溂と生きる姿は誰が見ても若々しいエネルギーに満ち、青年のごとき生き方である。 [続きを読む]
  • 世の中は自分を写す鏡
  • 今日のひとこと人を恨むより身を恨めわたしなりの解釈酷い仕打ちを受けた、いじめられたなどの嫌な出来事。物事が思うようにうまくいかない。そんなときに、人や環境その他を、恨みに思うのではなく、そうさせてしまった、自分を反省しなさいよ。という言葉です。自分に何か原因や責任があったのではないか。と。自分本位だと、身の回りで起きる事象とリズムが合わなくなりイライラしやすくもなります。しかしその逆、余計なことに [続きを読む]
  • 人は心で生きるもの
  • 今日のひとこと力は貧に勝ち 慎は禍に勝つわたしなりの解釈力とは、この場合「人間力」のことを指すと思います。ボロは着てても 心は錦。物やお金に左右されない清貧な在りようです。豊かな心、つまり強い心は貧しさなんて気にも留めない。慎とは、分をわきまえて背伸びしない姿勢のことだと思います。どうでしょう、例えば、全財産を株に投資するとか。一番わかりやすいのは、浮気ですね。奥さんか もしくは旦那さんがいるとい [続きを読む]
  • 今日のあなたが未来を創る
  • 今日のひとこと来年の衣食は今年の勤労からわたしなりの解釈なるほど、物事には順序があって、GIVE AND TAKEです。生活の糧、特に農作物は勤労の結果としての実りであります。「来年の今頃は、」と理想に思いをめぐらすとき、あなたは「じゃあ、これをああしてあれを始めようか。」などなど、実現する方法を考え始めますよね。「何もせずに得られるものはないですよ。」という、当然の道理を示す言葉だとわたしは思い [続きを読む]
  • 流れに任せて無理はしない
  • 今日のひとこと幸運はだれの門も一度はたたくわたしなりの解釈「何か良いことないかなぁ、、、」幸運な出来事募集中。求めているという状態は、現時点で自分は正反対にいると感じている。そういう状態なんじゃないかなと思います。「くそ、なんで自分ばっかりがこんな思いをしなきゃならないんだ。」という思い。でも、一呼吸置いて見方を変えるとほぼ絶対に何かしらのラッキーが潜んでいます。例えば、自分は少し大変な思いをした [続きを読む]
  • 幸せ感度
  • 今日のひとこと労働をなさざる人に真正の快楽は決して与えられずわたしなりの解釈人生において、何事につけバランスを取るということは物凄く大切なように思います。労働に限定する必要はないでしょうが、自分として今日一日の中で、これは頑張ったよね。今日は良くやった。ということがあれば、例えばお父さんであればビールが格別うまい。みたいな。幸せ感度も研ぎ澄まされるんですよね。毎日贅沢三昧だとか、何もせずにいる。そ [続きを読む]
  • 今日、そう今からスタートです。何事も
  • 今日のひとこと始めに急ぐものは遠くに至ることなしわたしなりに解釈俗に言う、すごい情報だとかお得な情報に飛びつくといった事例がまず思い浮かびました。契約内容やキャンペーンの内容をあまり確認せずにいたら実は超ビミョーな結果だった。みたいな。ほかにも、資格取得をしようとはじめは一念発起して鼻息も荒いが、肝心のお勉強が長続きしないとか。わたしにはドンピシャで当てはまります。いかに設定した目標を見失わず、自 [続きを読む]
  • 高級銀杏の季節
  • 我が家の銀杏藤九郎父さんが頑張って銀杏を収穫しております。高級品種の藤九郎、サイズは裕に3Lを超えております。米農家でもある我が家では、ここ数年は特に米価の低下に喘いでまいりました。何のために兼業で小作農を続けなければならないのかと。儲けなど当然なく、人件費も出ません。赤字?農業用の機械は借金してまでは、絶対に買いませんので委託するようになって行きますね。農業政策、日本は終わってますね。もういいです [続きを読む]
  • 試験を受けてきた
  • 宅建試験を受けてきました去る10月18日の日曜日、自宅から1時間くらいのところにある大学で宅建試験を受けてきました。とある人から言われたんですが、難易度は高いほうの試験なので「まあ、落ちとるわな。ぐらいの気持ちでいたほうが気が楽だよ。」とはい。そうします。試験が終わってからも、あんまりにも結果のことが頭から離れないとまずいので。自分が、進めて行かなければならない作業云々を着実に実行していきたいと思いま [続きを読む]
  • 大きな夢を叶えるために
  • 小さな欲を満たしている限り大きな成功はつかめない。夢を叶えるゾウの3作目には、そういった主旨のフレーズがあります。将来の夢や目標、目の前の課題、宿題、試験勉強。こうした優先すべき事象があるにもかかわらず、テレビを見る、寝る、お酒を飲む、友達と遊ぶ、雑誌を見ながらついついダラダラしてしまう。目先の小さな夢を叶えまくっているので、大きな目標、夢は永遠に叶えられない。というわけです。読んでいて、ものすご [続きを読む]
  • 奇跡よ起これ
  • あと二日で試験おとといの記事に書きました通り、宅地建物取引士の試験が今週日曜日に迫ってまいりました。製造業で働く自分には、現職のままであれば何ら活かしようのない資格に思えます。サラリーマンとして10年過ごしてきて、自ら何かを学ぼうという気を、すっかりなくし悪い意味で、今の生活に慣れ切ってしまってました。しかしながら、増税や保険料の負担増による実質賃金の低下もさることながら、課長昇進により月々の手取り [続きを読む]
  • 人生の残り時間
  • あと何日生きられるのだろう過去に人生の残り時間の思考法を読んで、考え方が大きく変わりました。僕が21歳の時(12年前)運転中、運転席側から停止線を無視して車が突っ込んできた。救急車で運ばれて、、、運良く命拾いしました。後日、心の底から湧いてきた想いがあった。もしあの時死んでしまっていたら、僕の人生には「後悔」しか残らない。「生きた甲斐があった」って、天寿を全うできない状態でした。悔いの残らない生き方を [続きを読む]
  • エッセンシャル思考
  • 注意散漫な僕にピッタリ昨日、自宅に届きましたのでさっそく読みました。エッセンシャル思考〜最小の時間で成果を最大にする〜刺激になります。興奮しました。まさしく自分も陥ってしまう問題を回避する方法が学べます。おそらく大半の人が、「あれもこれも、全部大事。」「全部やらなきゃ。」と言う状態に、今現在陥っているのではないでしょうか。全体に1mm前進するのではなく、一点集中で進めるほうが成果が出易い。この部分だ [続きを読む]
  • 過去の記事 …