GIDナビ編集長 さん プロフィール

  •  
GIDナビ編集長さん: GID当事者達の体験談をまとめたサイト「GIDナビ」
ハンドル名GIDナビ編集長 さん
ブログタイトルGID当事者達の体験談をまとめたサイト「GIDナビ」
ブログURLhttps://gid-navi.com/
サイト紹介文GID当事者が、手術の経験・恋愛・カミングアウトなど、様々な経験・事情を赤裸々に綴るサイトです
自由文MTF・FTMのライター達が、さまざまな経験・事情をありのまま伝えるメディアサイトです。随時ライター募集中!沢山の経験談が読めるので、手術をしたい方・自分はFTM/MTFではないかと悩んでいる方、最近の業界の事情など知りたい方は是非!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/01/15 15:37

GIDナビ編集長 さんのブログ記事

  • 《FTMのお手入れ》ニキビが増えて皮膚科に行った話
  • どうも!けーとです。ホルモン療法へ進み、「声も変わりヒゲが生えてきた!けど、肌荒れも増えた…」なんて当事者の方は多いのではないでしょうか?現在 劇的にニキビ肌が減った経験を踏まえて、どのようなケアをしたのかご紹介していくにあたり、ホルモン療法が僕の肌に与えた影響を前回より細かく書いていきます。以前にも増してべたべたするようになったホルモン療法を開始する前から、自分は脂性肌(オイリー肌)だと思ってい [続きを読む]
  • ハニ子が行く!「うちのダンナはかわいすぎるっ!」のお二人と対談してきた
  • こんにちは、ハニ子です。先日、ハニ子とハニ子のダンナさん(FtM)を連れて、「うちのダンナがかわいすぎるっ!」のダンナさん&ヨメちゃんと会ってお茶してきました。ブログはいつも拝見していて「いつか会えたら良いねー」と2人で話していたのですが、まさか実現するとは!「ぜひ一度お会いしたいのですがー」というハニ子のお誘いを快く引き受けてくださったお二人に感謝です。ということで、車をすっ飛ばして会いに行ってき [続きを読む]
  • ハニ子がゆく!札幌で道内最大級のニューハーフショーを観てきました
  • こんにちは、ハニ子です。先日、札幌に遊びに行った際に、初めてのニューハーフショーを観に行ってきました。関東よりかなり低価格でびっくり。ショーも含めて5,000円ちょっとというすごいお得なシステム。ショーが始まるまでは普通にお話。ばたばたしてたけど、少しだけ話が弾みました。ニューハーフのお姉さんはとにかく面白いです。綺麗なのに低い声出したりwそれから、ショーの準備をするキャストさんたち。ハニ子は人生で2 [続きを読む]
  • ハニ子が行く!札幌で道内最大級のニューハーフショーを観てきました
  • こんにちは、ハニ子です。先日、札幌に遊びに行った際に、初めてのニューハーフショーを観に行ってきました。関東よりかなり低価格でびっくり。ショーも含めて5,000円ちょっとというすごいお得なシステム。ショーが始まるまでは普通にお話ばたばたしてたけど、少しだけ話が弾みました。ニューハーフのお姉さんはとにかく面白いです。綺麗なのに低い声出したりwそれから、ショーの準備をするキャストさんたち。ハニ子は人生で2回 [続きを読む]
  • 《FTMの僕が》結婚について悔しさを感じた出来事
  • どうも!けーとです。今回は学生時代に経験した悔しさを書いていきます。この経験を通じて、《自分の人生は自分だけのものではない》と強く意識した出来事です。パートナーはマジョリティ多数派という意味です。セクシャルマイノリティというのは「性的少数派」のこと。すべての登場人物とそのパートナーは、異性愛者であるということを踏まえて読んでいただけるといいと思います。友人が経験した出来事今でも親しくしてくれる学生 [続きを読む]
  • FtM性転換手術(性別適合手術)をした際の後遺症まとめ
  • 性転換手術(性別適合手術)をした際の後遺症まとめ本来なら健康的な身体にメスを入れるという行為。SRS(性別適合手術)を受けて全ての人が五体満足に生活出来ている訳ではなく、後遺症に悩まされている人たちも少なくありません。自分は絶対大丈夫。なんてことはないので、SRSを受けた際にはどんなリスクがあるのか、またもし自分に起きたらそれも受け入れられるかを考えて、手術を受けるかといった参考にして頂けたらと思います。 [続きを読む]
  • FTMやMTFが医療保険に加入できるようになるには?
  • 医療保険に加入できる条件ですが、「病気をするリスクの少ない、健康な人」です。私たちFTMやMTFは「GID(性同一性障害)」といった病名はつくので生命保険会社からは健康な人とは認識してもらえません。では、私たちGIDのFTMやMTFが医療保険に加入するにはどうしたらいいでしょうか。段階別にご紹介していきたいと思います。まだ未治療の人まずはまだカウンセリングなども通院していない人は今のうちに加入しましょう!カウンセリ [続きを読む]
  • 性同一性障害(GID)の手術に失敗したら死ぬ?
  • SRSの手術中に亡くなったという話をたまに耳にしましたが、手術に失敗したら死んでしまうのでしょうか?SRSによる手術中の死亡原因麻酔薬による死亡が多く挙げられるかと思います。SRSを受ける場合、全身麻酔での手術となります。全身麻酔を行う際、心電図モニターなどを使用しながら心拍や血圧などを管理し、使用量を決めていきます。使用量を間違えれば死に直結するため、麻酔科医は手術中、常時モニターの前で異常がないか確認 [続きを読む]
  • 龍谷大学のセクシュアルマイノリティアンケートを見て
  • 龍谷大学が、学生と教職員を対象にセクシュアルマイノリティに関するアンケートを行い、その報告を発表しています。龍谷大学(龍谷大学におけるセクシュアルマイノリティの現状とニーズに関するアンケート調査)これについて、FTM当事者の立場から感じたことを書いてみたいと思います。LGBT=セクシュアルマイノリティではないアンケートの分析において、このような文章がありました。仮に「出生時の性と自認する性が一致し異性を [続きを読む]
  • ホルモン注射はどこで打つ?病院の探し方
  • みなさんはどうやってホルモン注射の投与をしてくれる病院を探しましたか?ホルモン注射を打ってくれる病院の探し方について話したいと思います。ホルモン注射を打ってくれる病院まず、ホルモン注射を打ってくれるのは泌尿器科、婦人科、美容整形外科あたりになるとおもいます。その他、内科でも打ってくれるとことがあります。参照:ホルモン注射はどこで打ってる?また、診断書や紹介状が必要な場合と何もなくても打ってもらえる [続きを読む]
  • どうやってホルモン注射を打てる場所を探したのか
  • GIDにとって重要な関心事であるホルモン注射ですが、みなさんはどうやって病院を探しましたか。また、これから始めたいと思っている方は、どうやって病院を探しますか。今回は、FTMの私が男性ホルモンを注射してくれる病院を探した時のことを書いてみます。ちなみに、私が探していた当時は今から17年ほど前、実際に打ち始めたのは14年前になります。近くの病院に片っ端から当たってみたインターネットでの情報も乏しく、地方ではLG [続きを読む]
  • 今までで一番つらかったカミングアウト
  • カミングアウトをすることは、良い面もありますが、つらい結果を招くこともあります。悪い結果の代表的なものが、カミングアウトした相手に拒否されることと、言いふらされてアウティングにつながることですね。今回は、カミングアウトがアウティングにつながった、私の経験を書いてみます。成功したかのように思えたカミングアウトFTMの私は、高校生の頃から男子生徒として通学していました。教員や同じクラスの人は、ほとんどが [続きを読む]
  • 《FTMの僕がシリーズ》同棲を始める時の話し
  • どうも!けーとです。僕とパートナーが同棲を始める時、色んな人に事情を話しました。今回は《不動産》《両親》《職場》のそれぞれにどのように話したかを書いていきます。不動産まずは住むところをネットである程度の目星をつけて、気になった物件を取り扱っている不動産に行きました。声も含めてパス度は高かったので、内覧や不動産で話している時も違和感なくやりとりはスムーズでしたが、いざ賃貸契約を結ぶ時になって僕も緊張 [続きを読む]
  • 【今すぐ確認だ!】FtM 肥大したクリトリスは包茎か?
  • みなさんは自分が包茎かどうなのか気になったことありますか?以前、FtMの包茎話が出たことでちょっと気になったので書いてみます。『露茎・仮性包茎・包茎』の違いって?まずは露茎(ろけい)・仮性包茎・包茎の違いはなんぞや?というところですが、亀頭の部分が皮を被っているか・いないか、皮が剥けるか・剥けないかといったところですよね。だいたい下記の4つに分けられると思います。露茎(ろけい)とは◆平常時: 亀頭が全 [続きを読む]
  • 《FTMの僕がシリーズ》女子高でみた女子の生態
  • どうも!けーとです。昔、当時のパートナーと喧嘩して某SNSに「女の人ってわかんねー」的なことをつぶやいた時、友人から「それはお前が男だからだ」とレスをもらった事がありました。僕は男らしさや女らしさという考え方について少なからず抵抗があります。身体は女性でも、性自認(心の性)は男というある意味で完全に半分ずつなのでどこに立てばいいのかわからなくなるのです。女子高でみた女子のホンネとはいえ、前述の女心に [続きを読む]
  • 膣が濡れるということに関してどう思うのか
  • FTMは身体的には女性なので膣があります。そして、セックスの時やオナニーの時、Hなことを考えた時には濡れてしまいます。そのことが嫌で、膣閉鎖手術をするFTMもいるようです。今回は、FTMである私が、膣が濡れることに関してどう思うかを書いていきます。すごく嫌だった20代半ば頃までは、すごく嫌でした。そもそも、膣に何かを入れるということに、とても嫌悪感を持っていました。ですから生理のときも、タンポンを入れたことは [続きを読む]
  • FTMゲイのゲイセックス体験談
  • FTMゲイと男性のセックスは、もちろん男女のセックスとは違いますが、シスジェンダーのゲイ同士のセックスともまた違います。今回は、私の体験からその一例として、膣挿入を試してみたけど無理だった話を紹介しましょう。これは私がホルモン・胸オペのみの状態のときで、相手はゲイの彼氏です。なぜペニスが入らないのか以前から彼氏は、私の膣に挿入してみたいと言っていました。続きを読む [続きを読む]
  • MtFの私が、お手洗いで気をつけていること
  • GIDの皆さんは、お手洗いでの問題を抱えていらっしゃいませんか? 例えば、性自認の方に入れない、多目的トイレが埋まっててどうしよう! などなど……。今回は、その何点かについて、MtFの視点から追って行きたと思います。男子トイレで、立っておしっこができるのか?結論から先に書くと、とても難しいと思います。基本、MtFの場合は。立っておしっこができないから、大いに悩むわけですよね。百歩譲って、トイレの中に誰もい [続きを読む]
  • ホルモン注射をすると、膣が狭くなるってほんと?
  • みなさんも一度は聞いたことがあるかもしれませんが、ホルモン注射をすると膣が狭くなるのか?というお話です。実際はどうなのでしょう?ホルモン注射による変化と退化男性ホルモンの注射は第二次性徴期のように変声期、体毛の増加、個人差はあれど陰核が小さなミニミニの陰茎のような形に変化したり、、、。それは男性への身体に変化を遂げようとする中で女性としての性機能の身体部分は退化をはじめるためではないかと思われます [続きを読む]
  • 《FTMの僕がシリーズ》好きな人に告白する時の話し
  • どうも、けーとです!今回は僕が恋愛をする時、どうやって好きな人に告白・カミングアウトしたのか書いていきます。ホルモン療法を始める前見た目のパス度は十分だったと思いますが、その当時は声を出せば簡単にリードされていたと思います。専門学校や社会人1年目はボウズ頭にもしていたのですが、声を出してしまうと、僕のことを知らない人は見た目とのギャップに必ずマジマジと見つめてくる、そんな日常でしたのでいつも気を張 [続きを読む]
  • 肥大したクリトリスの大きさは国によって違うのか
  • FTMが男性ホルモン注射を始めると、クリトリスが肥大してきます。その大きさが気になるFTMも多いかと思います。今回は、肥大したクリトリスというテーマについて書いてみましょう。クリトリスの大きさにこだわる理由は?クリトリスが大きくなることを望むFTMは多くいます。しかし、それはなぜなのでしょうか。1つ目の理由は、ミニペニス形成の手術を望む場合でしょう。この手術は、クリトリスを利用して陰茎とするものです。よって [続きを読む]
  • 性同一性障害を診てくれる病院は限られている?
  • 性同一性障害の診断をしてもらうには精神科医の診断が必要ですが、どこの精神科や心療内科でも病院なら性同一性障害を診てくれるのでしょうか?性同一性障害を診れる病院は限られている性同一性障害を診てくれる、というよりは診れる病院は限られています。受診する科は精神科または心療内科になり、整形外科などで腰専門・膝専門などの得意分野の先生がいるように、精神科医の先生も専門性や得意分野があります。また、中には固定 [続きを読む]