ゆうた さん プロフィール

  •  
ゆうたさん: JR湘南茅ヶ崎線
ハンドル名ゆうた さん
ブログタイトルJR湘南茅ヶ崎線
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/youkkun8/
サイト紹介文JR東海道線茅ヶ崎駅をモチーフにレイアウトを作り始めました。基本は東海道を走った車両です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1110回 / 353日(平均22.0回/週) - 参加 2016/01/25 09:37

ゆうた さんのブログ記事

  • ガーター橋をカーブ対応にする
  • これは簡単で幅を広げるだけです見た目が気にならなければ広げた寸法で床板にプラ板を貼り付ければ終わりますが、せっかく高いところにあるので下から透けてみる風景を楽しみたいのでしっかり作り込みます。ピッチを揃えたい場合は左右のリブを削る必要がありますが、そんな細かい事は気にしません。雰囲気重視ですよー幅は問題ないですね。車両の通過もOKです。あとは、路盤になる部分を追加して完了です。これがオリジナルで、こ [続きを読む]
  • トラス橋をカーブ対応にするその2
  • 今度は上側のトラスを組んでいきます。ひたすら地道にブレースとブランチを組んでいくだけです材料は1.6mmのH形と、1mmの角材です。今夜はこれで精一杯ですね。手前の前側のポータルは薄い物なのでプラ板でブレースを作り角材でつなぐ形にします。ホントは一体型で作りたかったのですが、どうしても寸法が揃わなくて挫折しました。最近の形にするならアーチ状の板を貼りつければいいです。後は接着が乾くのを待ち、ガーター橋と一 [続きを読む]
  • トラス橋をカーブ対応にする
  • カーブにあるトラス橋って実際にあるのか調べてみたら、案外あるものですね。箱根登山鉄道にはありませんが場所の都合でこうなりましたのでトラス橋を改造する事にしました。やってみれば意外に出来たのでお披露目します。コツはありませんがひたすらコツコツ組み上げるだけです。なお、部材の寸法は図面を引いてもいいのですがノギス一本あればこのように測ったそのままカットができるので高い物で無くてもいいので入手しましょう [続きを読む]
  • 箱根登山鉄道 最急勾配区間試運転
  • とりあえず線路がつながったところで果たして最急勾配区間を登る事が出来るか試運転してみます。 さぁここから始まります。さすがに軽量な2両編成なので楽勝でしたね。少しは箱根登山鉄道の面白さが見えてきましたか?宜しかったらこちらもポチッとお願いします。↓↓↓↓↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 戯言 鉄道模型のレイアウト考察
  • おはようございます!今日は連休最終日。色々作業は残ってますが、家族の生活と共存しながらたのしく進めて行きましょう!鉄道模型関連のレイアウトブログは沢山ありますが、車両のコレクションが中心に人気でブログもこれに釣られて車両紹介のブログが大盛況のようです。単に車両を集めるだけならバンバン資金を投入して行けば揃える事は可能でしょう。でもそれだけなら集めて並べて写真を撮っておしまい。と鉄道模型本来の楽しみ [続きを読む]
  • 高低差
  • ふと、路盤を見渡してみると、この部分は高低差が余りないですね。実際はこれ位かも知れませんが、何だか物足りません。もう少しメリハリをつけてみますか!塗装後に少し箱根湯本駅の土台を下げてみました。合わせて、こちらの勾配も変わります。だいぶ高低差が付きました。あとは登れるかどうかですけど。宜しかったらこちらもポチッとお願いします。↓↓↓↓↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • また、妄想強羅駅
  • まだ、妄想の続きです。路盤を塗り終わってストラクチャーを少し並べてみますとなかなか乙じゃないですか!雰囲気は出てますよね?強羅駅モチーフ駅はしっくり溶け込んで様にになってます。本物はこんな感じですので少しずつ入れ替えをしてみます。通常は、奥の方の真ん中のホームで乗降します。そのまま奥のケーブルカーホームに直結です。さてと、次は大平台駅モチーフこちらは、少し古い方の駅舎を取り入れてみました。手前のホ [続きを読む]
  • 強羅駅の路盤入れ替え
  • 結局路盤を入れ替えることにしました。また、端材が残ってしまいましたね。ベニヤ板一枚、近所のホームセンターから小さな愛車に詰め込み運んできました。最近はあらかじめ切って貰えば良いのですが、近所のお店はそのサービスが無いところですが安いのがとりえかな。久々に丸ノコを取り出して、縦を320mm幅に切り落とし、長さは1680mmにと、サクサクと終わらせます。多少曲がりが有るけど問題無しです。新しい道具なら曲がらない [続きを読む]
  • 足場の確定と下地塗装
  • 大平台駅モチーフのスイッチバック駅と強羅駅モチーフの土台が決まったので新線部分の足場の確定と下地の塗装をしておきます。ペンキもグレーが無くなったかと思ったらまだあったのでの茶色とどちらにしようかと悩んだ末、グレーにしました。外装用のペンキなので1時間もあれば乾くのでどんどん組み直していきます。これだけを済ますだけで何となく出来上がったように見えてきますね。箱根湯本駅の途中で跳ね上げる部分があるため [続きを読む]
  • スイッチバックの先
  • スイッチバックからの続きです。この先は二段構造にします。上の段は強羅駅、下の段が地下ヤードになります。端材を使ったのでヤードを、隠すほど土台がありません後日ベニヤ板を仕入れて入れ替えをしたいところ。何だか隠しヤードだらけの本鉄道ですが長い編成の対応は大変なのです。一時的でも連結を付けたり外したりして、箱にしまう時間が無駄ですからね。下にある地下ヤードへのメンテナンスのアクセスが悪くなるので、ここは [続きを読む]
  • ”我が家の車両紹介 マロネ48形”
  • 古い客車は、その昔30系がカトーさんから出たときにC11と合わせて揃えた事がありましたが、つい最近まで忘れていました。大佐のブログを見てからすこぶる興味を持つようになりました。途中のブランクで惜しい事をしました。入手困難な物はしばらくは再販しないでしょうね。大佐のブログは読むうちに引き込まれますので是非ごらんください宜しかったらこちらもポチッとお願いします。↓↓↓↓↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • たいへんだ〜(大平台)駅の造成
  • 週末になりましたので今回の中で最もたいへんな場所の造成と工事を進めます。イメージ的にはこうなるのが完成形です、先に線路を仮組みして長さを確認しておきます。それに合わせて土台の大きさを決めます。まだ気が早い、妄想がドンドン進みます(汗)さて、箱根湯本駅からのアプローチが出来たところでそこからスイッチバック駅に伸びる路盤を作って行きます。まずは平らにするためと、路盤を支える柱の置き場所を作ります。工事途 [続きを読む]
  • 妄想 ベルニナ号やロマンスカーも現る
  • 箱根湯本駅のアプローチだけの進捗ですが、問題無さそうなので最終プランを作成します。左側の強羅駅のモチーフは後15度傾けて駅舎を置くスペースを設けてみます。突然ですが、何も進んでないので妄想です標高については今後の試運転などを進めてみて、登りきれそうなら高くしてみたいところです。また、変わるかも知れませんがアウトラインはこの方向で進めます。妄想のためのオマケ その2こうして並べるとさほどホームの長さは必 [続きを読む]
  • 古い湘南カラーと言えば
  • 工事の合間の余興です。古い湘南カラーと言えばこの二つ。たまにはこういう組み合わせもよろしいかも知れませんね。ヘッドマークが無いのは1番古いコレクションなので、ご愛嬌でお許し下さい宜しかったらこちらもポチッとお願いします。↓↓↓↓↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 箱根湯本〜大平台間の工事
  • 箱根湯本から大平台までのアプローチを作り直します。この部分は渡り線なら問題無いしスペースも取れますね。トンネル内の使ってない片渡りを外してきました。まずはここは片方は地下ヤードへのアクセス線になる方を増築して、地下ヤード線は途中をかさ上げして崖の形にして隠します。崖は厚紙を使って土台にしてから細工する予定です。茅ヶ崎駅との間も崖の形にしておきます。ここはウレタンフォームが使えるので切り貼りして、埋 [続きを読む]
  • 箱根湯本駅の作り直し
  • 一旦線路を取り外し、土台を作り替えます。先ずはここにポイントを入れます。この付近はトンネルにして隠す予定です。下の本線に合わせてカットします。箱根湯本の配置です。実物の反転の配置としていますあれ?ちょっと配置が違いますね。写真を比較して気がつきました。正しくは左から二番目が強羅方向になる本線ですね。ここまでは無理としてもホームはもちろん延長します。ヤードへ向かう線路は大きく回って合流します。後で箱 [続きを読む]
  • 再設計開始!
  • 充分充電が出来ましたので、さて再設計開始!。先日のとりあえずのものから手を入れていきます。所詮敷地が決まっているのでポイント的にモチーフを生かしていきます。大部分は現実的なところで納めました。今回はこれで納めて次に刷新するときに考え方を変えて行くつもりです。それは数年後になりますかね?さて、今年の仕様ではこんな感じです。左手にはヤードが置けるようにします。ヤードは地下構造にしますが、取り出し不可能 [続きを読む]
  • 箱根登山現地取材
  • 久しぶりに箱根に散歩にきて妄想を実現する材料を集めてきました。箱根湯本国道沿い裏側に引き上げ線がひとつありました。大平台ポイントの使い方が普通です強羅ここはだいぶイメージと違う感じです何かイメージ沸いてきたところで、設計変更まだまだですかねーここからやり直しです。宜しかったらこちらもポチッとお願いします。↓↓↓↓↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鉄コレのクモニ83の点灯化
  • 手持ちでKATOのクモニ83もありますが、間違っても仕入れた鉄コレのクモニ83にヘッドライトと室内灯の取り付けをしてみました。まずは分解してどう弄るか考えます。床下はカトーの台車を流用します。そのため少し集電用の穴を広げます。集電用の金具は手持ちのジャンクを活用します。ヘッドライトと方向膜に1mmのファイバーを通しておきますテープLEDを貼り付けてLEDのあたりに来るようファイバーを調整します。出来たけど透けてし [続きを読む]
  • 185系初代 踊り子にひかりを!
  • 踊り子ファンの皆様お待たせしました。初代の踊り子車両に室内灯が無くて、でも台車に集電用の金具が無いタイプでしたので、どうしようかと手を煩わしていた物がようやく解決しました。先日ホビーセンターカトーで入手した台車用の金具で無事室内灯を付けることが出来ます。まずは台車に金具を取り付けて行きます。ただし、この当時の車輪は軸の長さが1mmほど長いので、取り替える必要があります今回は金具の軸受けの部分に1mmの穴 [続きを読む]
  • 気まぐれ炸裂
  • ここまで進めていて、ふと前方を見ると。うん?、そのまま上がれちゃうかも?と、気がついてしまったのです。ということで工事途中で設計変更するかーって現場の大混乱は必死で気まぐれ大炸裂!図面をひいてみたくなりました。やっているうちに15両編成のヤードが作れそうだとか、そのまま延長して、また、外周に戻れそうだとか、、、、妄想が始まりました。計算してみたら最上部まで連続勾配にしたら37‰なのでカーブ部分は勾配は [続きを読む]
  • テープLED開発までの道
  • 今では皆さん気がついていろんなアプローチでテープLEDを利用してますが、そもそもユニット単位で切り取って使うことに関してはどなたも手を付けていませんでした。一巻きで100ユニット、50両分を作れます。ただ、高価なブリッジ無くてもテープLEDの配線を変えることで使える事が気がついた方はまだみません。ここがこの手法のキーポイントの一つであります。やり方は二つあって、2枚ペアのテープLEDを2セット使って極性を入れ替え [続きを読む]
  • 山岳セクションへのアプローチ工事
  • 山岳セクション側は駅の裏側で本線をオーバークロスしていきます。ここはこんな感じでプレートガーターとトラス橋の組み合わせなのですが、この付近はカーブなのでプレートガーターを改造してカーブ用にします。考えているイメージは伝わりましたか?KATOさんのデッキガーターを使いたいのですが曲線が緩すぎて使えません。残念!箱根湯本からはこのようなアプローチで茅ヶ崎駅裏に回っていきます。茅ヶ崎駅の裏を通過して登って行 [続きを読む]