しげ@中小企業診断士 さん プロフィール

  •  
しげ@中小企業診断士さん: ちょっぴり育児パパの息子っちとの愉快な日々
ハンドル名しげ@中小企業診断士 さん
ブログタイトルちょっぴり育児パパの息子っちとの愉快な日々
ブログURLhttp://cheerful-days.blogspot.jp/
サイト紹介文7歳の息子っち1号と4歳の息子っち2号とのおもろい日々を、ちょっぴり育児パパが徒然に綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/01/16 11:44

しげ@中小企業診断士 さんのブログ記事

  • 講演会&美術館巡りな日々
  • 昨日は台風でした。雨でした。が、昨日は父ちゃん、ある議員さんの講演会に行ってきました。『虎ノ門ニュース』大ファンの父ちゃん。議員さんと言えば、もちろんあの方です。祖国である日本を愛する言葉とユーモアに満ち溢れた4時間半でした。父ちゃんも、自分が出来ることをしたいと思います!!で、今日は台風も通り過ぎました。風が少し強いものの快晴です。1号くんは、今日も朝から一日野球です。父ちゃんは、妻と2号くんと、 [続きを読む]
  • 野球少年1号くんの初公式戦!目指せ超人糸井!
  • 昨日今日と、野球観戦ってきました。野球少年1号くんの初公式戦です。野球を始めて約3ヶ月。デビューの地は、まさかの横浜スタジアム。3年生以下が出場するティーボール野球の神奈川大会でした。昨日の結果は、<1回戦>4番センターで出場5-3で勝利3打数2安打2打点<2回戦>3番センターで出場7-4で勝利3打数1安打そして本日の結果は、<3回戦>4番レフトで出場3-12で敗退3打数ノーヒット1号くんはショートゴロ、センターライナー、 [続きを読む]
  • 吉川晃司を聴きながらガリ勉!!
  • 前回書いたとおり、先週の8月最後の週末は、夏休みの宿題制覇で終わりました。自由研究は、男3匹京都旅行で撮った大量の写真を使って『京都・龍馬ゆかりの地マップ』を作成。そして読書感想文は、野球少年1号くんが興味をひいたこんな本を使いました。ホームランを打ったことのない君にposted with amazlet at 17.09.03長谷川 集平 理論社 売り上げランキング: 31,901Amazon.co.jpで詳細を見る結局、父ちゃんも夜まで付き合いまし [続きを読む]
  • 夏の終わりの大仕事中
  • 今年の甲子園は、埼玉代表花咲徳栄のVで幕を閉じました。が、今夏の甲子園のヒーローは、間違いなく広島広陵の中村君でした。彼が今夏作った記録は、以下のとおり。 1大会個人最多本塁打 6 1大会個人最多打点 17 1大会個人最多塁打 43 1大会個人最多安打 19(タイ記録) 1大会個人最多二塁打 6(タイ記録) 大会5度目の猛打賞さらに捕手として,矢のような送球でも観衆を湧かせてくれました。素晴らしい選手です。是非 [続きを読む]
  • 龍馬ゆかりの地&全国高等学校野球選手権大会な旅
  • 男3匹「京都&兵庫旅行2日目」=「龍馬さんゆかりの地を巡る旅2日目」のお話。この日(7日)は、台風直撃でございました。が、雨風がひどくなるのは午後とのこと。よって、午前中だけは動くことに決め、まずはここに向かいました。「薩摩藩邸」の跡地です。つまりは、ここ。我が母校「同志社大学(今出川校舎)」。ここが、元薩摩藩邸だった場所です。我が母校も「地下鉄直結」やら「新校舎」やら、未知の進化を遂げていました。父 [続きを読む]
  • 龍馬さんゆかりの地を巡る旅 in 京都
  • 昨日に続く更新です。男3匹ストーリー編。日曜(6日)から2泊で男3匹、京都&兵庫に行ってきました。今回の目的はズバリ、「坂本龍馬」&「甲子園」。朝7時に羽田空港を発ち、伊丹空港からバスに乗り継いでまず向かったのは京都駅。恐るべき暑さと観光客の数(特に中国人の数が凄い)でした...京都駅からバスに乗り、「龍馬さんゆかりの地」を巡る旅に出発です。なお、何故「龍馬さん」かというと、1号くんが最近歴史にはまってい [続きを読む]
  • 盆踊りに宙返りに靖国神社に島唄にその他なんやかんや....
  • いやー暑過ぎて、父ちゃん、毎日戦力外状態でした。よって、久しぶりの更新です。しかし、更新を怠けていた間にも何気に色々とございました。よって、あんなことやこんなこと。手短かに記していきます。まずは、2号くんのストーリー。今年も、幼稚園で盆踊りがございました。2号くんのことを「大好き!」とのたまうおなごが隣におり、我が家の嫁にならんとも限らんので名前だけは確認したのが昨年のこと。そして、今年は別のおなご [続きを読む]
  • 驚くべき図太さと父ちゃんからの課題
  • 暑さのせいだけではなく、なんだか最近気が滅入ります。蓮舫さんに小池さん、前川さんに石破さん、そしてメディアの方々等々。皆さん本来、国益のため、公益のために動くべき立場の人たちです。が、堂々と嘘をつく、真実を隠す、ごまかす、論点をすり替える、味方を後ろから撃つ等々。小さい子を持つ親として、「この人たちの真似をしちゃ駄目だよ」としか言えません。こんなことでいいのでしょうか.....17日に死去した「老台北」 [続きを読む]
  • きちんと仕事 & 勉強をしてください!!
  • いやー暑いです。加計問題も熱いです。もはや、呆れるのを通り越し、怒りしか感じません。何に対してって。『メディア』×『前川』×『野党』に対してです。この前の閉会中審査も録画して観ました。が、この件、「既得権益層とベッタリで天下りも主導してきた元次官が、安倍政権へ逆恨みをし、その恨みを晴らすべく内部文書を自ら流出させ、「印象」「感じた」論で騒ぎ立てている」の図にしか見えません。もはや、ただ気持ち悪いだ [続きを読む]
  • 岡村ちゃんを聴きながら、小池ファーストと西洋美術を考える
  • 私は都民ではありませんが、注目の都議選が終わりました。ある程度は予想していました。が、まさかこれほど小池ファースト、もとい都民ファーストが圧勝するとは。【戦法その1】 政策については語りません(語れません)。【戦法その2】 都議会自民党を古い体制と決めつけ、ひたすら批判しまーす。【戦法その3】 あとは小池さん、早く応援に来て、笑顔で手を振ってくださーい。恐るべきイージーな戦法の大勝利です。忘れもしない旧 [続きを読む]
  • 熱い夏の名作ミュージックと奥茂治氏の熱い想い
  • 慰安婦謝罪碑を書き換えた奥茂治氏が、韓国で拘束され、出国禁止となっています。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000082-san-pol父(故吉田誠治氏)がついた大嘘が、世界中で日本の名誉を損ねている。そのことに苦しむ吉田氏の長男からの依頼で謝罪碑を書き換え、今回逮捕覚悟で渡韓した奥氏。大高さんのご著書に詳しく記されています『言うべきことはしっかりと言う。やるべきことはしっかりとやる』私は、人とし [続きを読む]
  • 『今こそ、韓国に謝ろう』を読んでブーメランを思う
  • 本日は雨につき、1号くん2号くんの勉強をみとります。父ちゃんは、新聞、読書、ブログといった作業をしながら、ですが。今朝の新聞に、こんな広告が載っとりました。さすが、大阪のおっちゃんです。父ちゃん、この方と同窓(同志社大学)です。このブログでも何度も書いていますが、父ちゃん、重度の「活字中毒」です。あらゆるジャンルを読みますが、以前は比較的、ビジネス系の本をよく読んどりました。が、最近は政治や安全保障 [続きを読む]
  • 玉木問題と真夏の名曲BGM
  • 昨日、とある場所で仕事をしていたところ、たまたま国会中継のTVがついておりました。民進党の福山哲郎議員が、毎度の上からな口ぶりで加計学園問題を追求しておりました。が、この件の問題点って一体何なんざんしょ?学園の理事長と安倍さんが仲良しなことでしょうか?便宜をはかってた証拠も、金銭を受け取ってたような話もないですよね?決定までのプロセスに問題があったんでしょうか? 一連の議論は公開資料で確認でき、問題 [続きを読む]
  • 横浜みなとみらいでランドセル購入、のち工作船資料館
  • 先週の日曜は、2号くんの幼稚園のバザーでした。といっても、行った時間が遅かったので、2号くんがこんな物を作った程度です。それよりも、幼稚園まで頑張って自転車で行った2号くん。その成長した姿に、親バカ父ちゃんは感動しました。後ろから自転車で追いかける父ちゃんの目にはもう涙。前が見えません。と言う訳で、集合時刻に父子で遅刻してしまいました.....(- -;;)そして今日は、2号くんのランドセルを購入してきました。横 [続きを読む]
  • 初めてのクアラルンプール、のち機内映画
  • 前回の続きです。出張で、バンコクからそのままクアラルンプール(マレーシア)に飛びました。ANAやJALが就航しているスワンナプーム空港ではなく、ドンムアン空港に向かいます。そして、初めて乗りましたLCC(エアアジア)なるものに。席がゾーンに分けられ(前に並ぶ看板)ており、ゾーンごとに搭乗しますフライトタイムは約2時間半。いやー、限界でした。とにかく狭い!!しかも、父ちゃんはリクライニングが効かない席でした。 [続きを読む]
  • 20年ぶりのバンコクと1年ぶりの運動会
  • 突然ですが、父ちゃん出張でした。約20年ぶりのタイ(バンコク)です。以前に行ったのは、社会人1年目に、大学時代の友人と。当時彼は、髪の毛フッサフサなスリム君でした。が、た結果、今やツルッとデブっと (- -;;)しかし、相変わらずのいい奴です。当時は、街中をトゥクトゥクがバンバン走っていました。当時交渉しました、トゥクトゥクおまけに、初日に寺院とムエタイの試合を観たら、もうすることがない!!当時訪問しました [続きを読む]
  • 目指せドアラ!!!
  • 先週、あるフォトジャーナリストの方の講演を聞きに行ってきました。カンボジアにイラク、シリアの現状をお聞きし、途中涙が流れてきました。人間という生き物は悪魔にもなりうると、つくづく実感しました。ふと、昔読んだこんな漫画を思い出した。『デビルマン』より『外道!きさまらこそ悪魔だ!おれは、からだは悪魔になった... だが、人間の心は失わなかった!きさまらは、人間の身体を持ちながら、悪魔に!悪魔になったんだ [続きを読む]
  • 報道特注ボトムズ!!
  • 父ちゃん、基本的にはテレビを全くと言っていいほど観ない人です。これまでも書いてきたように極度の活字中毒なので、情報源は基本、本(と新聞)です。1日1冊程度読んでるので、父ちゃんの部屋は本だらけ。もはや収集がつかない状況です。本編とは全く関係ありません。素敵な青空本棚ですそんな父ちゃんの映像的楽しみはずっと『虎ノ門ニュース』だけでした。が最近、『報道特注』というネットの動画も観ています。維新の足立議員 [続きを読む]
  • 可能性は無限大!チャレンジあるのみ!
  • いやー、本日の我が阪神は、0-9からの大逆転勝利でした。0-6まではネットでチェックしていたのですが、まさか逆転するとは... v(^ ^)v特に、ここ数試合の梅野選手の活躍は神っています!!このまま、首位街道バク進に期待です!!梅ちゃんキーホルダー!(但し、故障中)で、そんな父ちゃん、GWはゆっくりしとります。「混むシーズンには、基本遠出しない」というのが我が家の方針です。よって、子どもの日の昨日も、近場の住宅展 [続きを読む]
  • 氷室くんと吉川くん、バビルくんとロデムくん
  • GWです。が、本日午後、2号くんを幼稚園に迎えに行った後は、こんな音楽を聞きながら家で仕事をしていました。今も現役で活躍されている氷室さんや吉川さんは、父ちゃんにとってアイドルです。歳を重ねるほどカッコよくなる。いやー、父ちゃんもこんな風に歳を取りたいものです。ちなみに氷室さんは現在56歳、吉川さんは51歳です。なお、この方は54歳だそうです (- -;)http://pinky-media.jp/I0010645そして本日の昼は、妻とデート [続きを読む]
  • 鳥久さんのからあげとリビング学習進化論
  • 先週は風邪をひいてしまいました。季節の変わり目です。体調管理にはご注意ください。今週、仕事でJR蒲田駅に行く機会がありました。電車の発車メロディーが「蒲田行進曲」の蒲田駅です、ハイ。「上がってこい!ヤス!」てなもんです、ハイ。ちなみに、お隣りの川崎駅の発車メロディは「上を向いて歩こう」です。話がそれました。「こんな機会を逃す手はない!」ということでこんなものを調達しました。「鳥久(とりきゅう)」さん [続きを読む]
  • ミュシャに一子相伝の茶碗に南極のドラえもんな日々
  • 先週、小学2年生の1号くんが、後期の成績表を持って帰ってきました。前期は、体育のみ全項目A (- -;;) 父ちゃんが大好きだったドラマ『オヨビでない奴!』の風間遊介をリアルに思い出してしまいました....風間遊介=高橋良明さんですhttp://oyobidenai.web.fc2.com/photo.html楽しみにしていた今回の結果は?Aが1つだけ増えました。算数で。Aは全部で4個。が、体育3個と算数1個.....( - - )やはり、風間遊介のイメージのままでし [続きを読む]
  • いつから「鳥取砂丘コナン空港」になったの?
  • いきなりですが、鳥取旅行に行ってきました。父ちゃん、岡山県出身です。岡山県の西隣は広島県。広島県と言えば、岡山県民の意識では「ライバル」です。岡山県の南隣は香川県。香川県と言えば、岡山県民の意識では「お友達」です。岡山県の東隣は兵庫県。兵庫県と言えば、岡山県民の意識では「憧れの関西圏」です。岡山県の北隣は鳥取県。鳥取県と言えば、岡山県民の意識では「あまり印象が.....」です。が、父ちゃんは幼い頃、毎 [続きを読む]
  • 年季が入った花粉症と活字中毒人間
  • 父ちゃん、花粉症です。年季入ってます。小学生時代から、鼻水で苦しんでいた記憶があります。授業の内容は全く覚えていませんが、重力の力と日々格闘していた記憶だけはあります。まさにこんな感じおまけに、いつの頃からか、くしゃみだけでなくこの季節には咳も出ます。この咳の原因がずっと謎だったので、心配になって十数年前に病院にも行きました。慈恵医大の先生曰く「原因、分かんないね〜」。横浜けいゆう病院の先生曰く「 [続きを読む]