るる さん プロフィール

  •  
るるさん: るるる鴎応援録
ハンドル名るる さん
ブログタイトルるるる鴎応援録
ブログURLhttp://marine-orion.blog.jp/
サイト紹介文千葉ロッテマリーンズについて思うところをつづりゆくブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/01/16 22:09

るる さんのブログ記事

  • 今こそ意地を見せてみろ
  • 周知の通り、非常に残念だが伊東監督の辞任が決まった。ここでマリーンズは、3つの悪しき記録を更新しない為に、踏み留まらなければならない。1つは、球団の最大借金「35」を更新しない事、及びシーズン最終成績で借金「33」を更新しない事。2つは、伊東勤が選手・監督通じて一度も経験していない「最下位」を回避する事。3つは、史上23人目の監督通算600勝を達成した名監督・伊藤勤の監督通算成績を負け越しにしない [続きを読む]
  • 伊東辞めちゃうのかぁ
  • 少なくとも、今の「ロッテ」という親会社・もしくは「千葉(ZOZO)マリンスタジアム」という本拠地が代わらない限り、最高の監督が伊東勤であった事は、結論として自己完結している。ロッテという親会社の特徴については、ファンに対しては説明するまでもないだろう。まず、最低限の補強しかしない。時にはその最低限すら行わない。反面、イベントには力を入れている。勝利の伴わないファンサービス程哀しいものはないとは、個人的な [続きを読む]
  • 何も言いたくないけれど
  • ロッテ4−西武5 【Yahoo!sportsnavi】何も言いたくないと告げながら、それでも一応更新する。惰性以外の何物でもない。しかし、ただただ萎える展開。内が出られないのも萎えるし、例の中村のプレーもシフト上仕方ない部分はあるが萎えるし、サントスの判断ミスにも萎える。ついでにフクメーターも減らないし。球数少なく来ていた6回2失点の涌井の降板の無念さが一際輝く様は、自分には辛過ぎる。最も涌井自身は、中継ぎが酷く [続きを読む]
  • 別に大きくねーよ
  • クルーズ、大松、今江...揃ってお立ち台! ロッテファン「逃がした魚は大きい」と悲鳴 【J-CASTニュース】ルイス・クルーズ(33)、大松尚逸(35) 、今江敏晃(33).... 元・ロッテ戦士3人が2017年7月26日、一斉にお立ち台に上がった。  今江は01年のドラ3で、大松は04年のドラ5でロッテにプロ入り。クルーズは、ロッテがメジャーから発掘した選手だ。今回の「元同志」の活躍に、最下位に沈んだままのロッテファンからは複雑な心 [続きを読む]
  • 4番ファースト福浦和也、FUKU−METERの行方
  • ロッテ2−日本ハム4 【Yahoo!sportsnavi】裏天王山2連戦は、1勝1敗。翔太がやらかした7回に踏ん張れないところが弱さを象徴しています。ちょっと厳しいですが、現役NPB選手20代最多勝を誇る唐川がエースに成り切れない所以は、そこにあると言えます。ただそれはエースという高いハードルからの視線であり、今日の唐川侑己の投球を責めるのは酷です。結果は8回完投自責3ですから。唐川にとって力を入れるべき山は7回裏 [続きを読む]
  • まさに鬼
  • ロッテ4−日本ハム0 【Yahoo!sportsnavi】地方球場の鬼は、果たして不調を極める今季においても、鬼である事に変わりありませんでした。キャリア通算勝率9割は、ただただお見事。後半戦に入り、投手は結果を示しています。後は打つだけ。そんな状況でのサントスの連発こそ、切り込み隊長と称するにふさわしい。1番打者が敵陣に切り込む事で、2番以降の打者が恩恵を受ける。そう捉えて、何ら差し支えはないでしょう。1人が変 [続きを読む]
  • 600勝
  • 【ロッテ】伊東監督が通算600勝 プロ野球23人目 【スポーツ報知】伊東勤の監督600勝に祝杯。このブログでも幾度となく、他に上が居ない・あり得ないくらのエリート街道を突っ走ってきた男である旨は触れてきた。そのエリートが、アマチュア、プロ現役に続いて、監督としての経歴に華を添えた。◆通算勝利数ランキング    監督名   勝利―敗北(引分)優勝回数  1 鶴岡 一人 1773―1140(82)11 [続きを読む]
  • 石川歩の脱憂鬱
  • ロッテ3−ソフトバンク1 【Yahoo!sportsnavi】中村が先制点をつかみ取り、サントスが来日初本塁打を放ち、4番起用された井口が期待に応えてもぎ取った3点を、5人の継投で守りきっての勝利。ここ2日間と打って変わって、爽快な勝利でした。後はペーニャの一発待ちですね。石川はようやっと2勝目。本来なら勝ち星と負け数が反対であって欲しかった力の持ち主ですが、「WBC後遺症」は難病指定すべきレベルの強敵。むしろ良く [続きを読む]
  • 欲しいのは星野仙一
  • 監督を務めた4回の政権で、全てチームを優勝に導いた男。かの暗黒阪神を立て直し、楽天に球団史上初の優勝をもたらした男。感情を激しく表に出すスタイルや、ベンチの扇風機など度重なる器物損壊行動の放映、また容赦ない鉄拳制裁の話から「闘将」と呼ばれた男。最も、今はその熱意は時代錯誤も甚だしいものとなってはしまっている。暴力鉄拳制裁なんて今行ったら大問題だし、そんな方法(恐怖と暴力)で選手をまとめるのは不可能 [続きを読む]
  • 伊東勤の憂鬱
  • ロッテ0−ソフトバンク2 【Yahoo!sportsnavi】「こんな戦力で勝てる訳ねーだろ。精神が持たねぇから辞めるよ」。辞める時はそのくらい言ってもらって構わない。少なくとも俺は、監督伊東勤の功績を知っているのだから。就任時の「最大の補強は俺」発言、昨年の監督続投条件の「補強」。至極全うな要求を球団にを突きつけながらも、なんだかんだ監督は続投するし、山室社長とも表向き関係が悪くは見えないし、媒体を見る限り指揮 [続きを読む]
  • 涌井秀章の憂鬱
  • ロッテ1−ソフトバンク2 【Yahoo!sportsnavi】久しぶりにフル観戦をしましたが、「ああ、これが強者と弱者の違いか」。というような相手に取って爽快な、こちらにとって苛立ちが積もる試合でした。その差は1点でも、本質的な力の差が垣間見えます。個人的に贔屓選手である涌井が報われない様は、見ていて苦痛。明らかに本調子でない中で粘り、HQSを達成したというのに。そんな涌井の今季の全登板記録。1.3/31 7回2失点2自 [続きを読む]
  • 井口の引退
  • ああ、日本ハム勝っちゃったよ。しかも流れの良い勝ち方。このブログで何か言うと、どうしてもフラグになっちまう。※閑話休題今更の話題ですが、今季限りでの井口の引退が決まりましたね。引退試合もマリンフェスタと同一日に決まり、成績が暗黒なマリーンズにあって、貴重な客足が捗る日となりそうです。簡潔に言って、引退のタイミングとしてはベストでしょう。惜しまれながら、チーム成績の枷にもならない引退になるのですから [続きを読む]
  • 無理矢理な脚本
  • 千葉ロッテはファンと一緒に戦い続ける 【Yahoo!sportsnavi コラム】上記事では、物凄くざっくりと前半戦の悪循環についてと、後半戦への希望材料が書かれています。ペナントレースは前半戦の割合が多く構成される事もあり、後半戦と言っても残るは60試合。弱者救済、興行としての盛り上がりを助ける為のCS制度の恩恵を受けようにも、3位西武まで17ゲーム差。仮に勝率5割をCS出場ラインと考えても、44勝16敗ペースとい [続きを読む]
  • さりげなく
  • 身辺の状況が一息つき、とりあえず更新が可能な状況となりました。そんなこちらの都合とは対象的に、チームの暗黒状況は相変わらず。サントス・ペーニャの補強は、緊急であった事を鑑みれば球団も遅ばせながら仕事をしたと評価して良いと思います。両人の成績についてはまた別の話でしょう。とりあえず監督がどうなるかを最も気にしていましたが、今季はほぼ確実に伊東監督が勤め終えるでしょう。球団が体質を変えない限りは、伊東 [続きを読む]
  • 徒然なるままに〜感想その1〜
  • やっと球団が遅ばせながら仕事を果たし、サントスを獲得しました。これを機に、自分なりにチームの今の状態を整理したいと思います。1成績チーム成績9勝29敗1分、勝率.237は歴史的な弱さ。NPBで過去100敗は1度だけで103敗だが、今のロッテは106敗ペース。同時に勝率も過去最低は.238だが、ロッテは今それを下回り史上最弱ペースで突き進んでいる。またチーム打率.190と39試合時点で1割台を保ち続けているのは、データは不明だが [続きを読む]
  • 伊東の辞任、それだけは絶対に食い止めろ
  • ロッテ伊東監督、8連敗に「笑いしか出てこない」 自身の「責任」にも言及 【Full-Count】四球連発に「野球にならない」 ロッテ伊東監督の口からとうとう「責任」という言葉まで漏れた。自力Vが消滅したチームは18日の西武戦に1-5で敗れ、2012年以来5年ぶりの8連敗を喫した。 借金も2011年以来6年ぶりに「20」に達したロッテ。試合終了後、伊東監督は「笑いしか出てこない」と切り出し、「フォアボールが7つ8つでは野球にならな [続きを読む]
  • 徒然なるままに
  • 久しぶりの更新、お知らせです。毎日徹底した更新を…と考えていましたが、ライフスタイルに合わせた更新頻度と内容でも良いか…と考えが変わったので、毎日書く時間が出来るまでは、暇があれば記事を投稿しようと思います。また以前はちょっと気張り過ぎていたので、少し肩の力を抜こうかな…と思っています。ブログの根本は変わりませんが、気持ちの面でもう少しラフに堅苦しさを減らそうかな、と。以前は気張り過ぎて話題が右往 [続きを読む]
  • 一時休止します
  • この度、ブログを休止する事にしました。他にやらなければならない事が出来て、実生活の方で野球観戦及びブログ執筆の時間が中々取れなくなった事。また今の自分のブログ運営において力不足を実感したので、勉強や修行を兼ねての休養期間とします。実生活の方が落ち着いた時、また復帰させていただきます。その時はブログの運営、文章力、プロ野球及びマリーンズへの知識・理解の全てを向上させ、更なる質の高いブログをやってやろ [続きを読む]
  • 今日も負け?5安打?いつもの事じゃん
  • ロッテ1−日本ハム2 【Yahoo!sportsnavi】相も変わらず5安打。26試合でチーム打率.182と来れば、打線は最早アマチュアレベルと言っても良いでしょう。千葉にはかつて横浜が揶揄された横浜高校の方が強い、というようなわかりやすい比較対象がないからネタにすら出来ませんね。とりあえず自分の声が響いたのか平沢と香月が連続でスタメンなので、最早それで満足です。香月はサードで使って欲しいですが。スタンリッジが6回を [続きを読む]
  • 理想を語らせてもらう
  • 机上の空論?知らねぇなあ、そんな事。俺は俺の中にある理想と信念に基いて、これからこの根性も意地も情けもないチームに求める事を語らせてもらう。こんなチームでも、贔屓球団だからな。容赦はしない。何でも徹底的にやるのが俺の主義なんでね。という事で、ただ自分の要求したい選手起用をつづらせてもらう事にする。―――まずは先発ローテーションからだ。肘に不安を抱えて以前のフォークを使えない西野も、今季で退団するで [続きを読む]
  • ちょっとハードだな、こいつは…
  • ロッテ0−日本ハム11 【Yahoo!sportsnavi】こんな記事を書く程に豆腐メンタルに陥っている自分にはダメージが大き過ぎる試合で、何かを書くエネルギーすら削がれる程に、観ていられる試合ではありませんでした。さて、西野の抹消が決まったそうですが、仕方がありませんね。西野は100球程度しか投げさせられていないので恐らく起用法に制限があるのに、直球で押す威力がなく、また代名詞であったフォークが昨年に続き今季も [続きを読む]
  • 心がいつまで持つだろうか
  • ロッテ 52年ぶり4月終了時チーム打率1割台 【スポニチアネックス】◇パ・リーグ ロッテ1―2西武(2017年4月30日 メットライフD)  ロッテは今季最少タイの3安打で1点止まり。ウルフに抑えられた伊東監督は「直球と思って打ちにいくと芯を外れる。どう打っていいか今日は分からなかった。チャンスらしいチャンスはほとんどなかった」と脱帽した。  3回に先頭の大嶺翔が一塁線へバント安打を決めて初めて走者 [続きを読む]
  • 平沢と香月の使い方
  • 平沢と香月には、個人的に西岡と今江を重ね合わせています。ポジションが同じで、ちょうど年齢の関係も西岡・今江と同じく平沢より香月が1年先輩。そして彼らが1軍で活躍をはじめたのは、それぞれ2年目と3年目、つまり今年の平沢と香月と同じ歳の時でした。2人のこれまでの軌跡を辿ってみると、昨年のルーキー平沢は1軍で23試合に出場しつつ2軍で規定到達。.212,7本塁打という2軍成績を見ると、高卒ルーキーとしては逸材 [続きを読む]
  • 4月を終えて
  • 昨日で4月が終了し、5月へと突入しました。開幕からちょうど1ヶ月が経過した訳ですが、その1ヶ月は24試合を戦い7勝16敗1分で順位は5位。開幕時に1ヶ月後をこの成績で迎えると思っていた人は、卓越した先見の明を持っていますね。恐らくファンをはじめロッテのフロント及び首脳陣・選手、更に野球評論家や他球団の関係者さえも、あのOP戦の強さからここまで落ち込むとは夢にも思っていなかった事でしょう。チームの主な [続きを読む]
  • ウルフ最強投手説
  • ロッテ1−西武2 【Yahoo!sportsnavi】7回を69球、2安打に抑えられたロッテ打線がしょぼいだけ、という言葉で片付けるのは違う。ウルフは恐らくどこの球団にとっても強敵です。それは今季防御率1.74,QS率8割で既に4勝、また西武入団後負け知らずの8連勝という結果に表れています。2014年に受けたトミージョン手術の影響かは定かではありませんが、その2年後の2016年から結果を出しているところを見ると、本人のキャリア [続きを読む]