るる さん プロフィール

  •  
るるさん: るるる鴎応援録
ハンドル名るる さん
ブログタイトルるるる鴎応援録
ブログURLhttp://marine-orion.blog.jp/
サイト紹介文千葉ロッテマリーンズについて思うところをつづりゆくブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供380回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2016/01/16 22:09

るる さんのブログ記事

  • 徒然なるままに〜感想その1〜
  • やっと球団が遅ばせながら仕事を果たし、サントスを獲得しました。これを機に、自分なりにチームの今の状態を整理したいと思います。1成績チーム成績9勝29敗1分、勝率.237は歴史的な弱さ。NPBで過去100敗は1度だけで103敗だが、今のロッテは106敗ペース。同時に勝率も過去最低は.238だが、ロッテは今それを下回り史上最弱ペースで突き進んでいる。またチーム打率.190と39試合時点で1割台を保ち続けているのは、データは不明だが [続きを読む]
  • 伊東の辞任、それだけは絶対に食い止めろ
  • ロッテ伊東監督、8連敗に「笑いしか出てこない」 自身の「責任」にも言及 【Full-Count】四球連発に「野球にならない」 ロッテ伊東監督の口からとうとう「責任」という言葉まで漏れた。自力Vが消滅したチームは18日の西武戦に1-5で敗れ、2012年以来5年ぶりの8連敗を喫した。 借金も2011年以来6年ぶりに「20」に達したロッテ。試合終了後、伊東監督は「笑いしか出てこない」と切り出し、「フォアボールが7つ8つでは野球にならな [続きを読む]
  • 徒然なるままに
  • 久しぶりの更新、お知らせです。毎日徹底した更新を…と考えていましたが、ライフスタイルに合わせた更新頻度と内容でも良いか…と考えが変わったので、毎日書く時間が出来るまでは、暇があれば記事を投稿しようと思います。また以前はちょっと気張り過ぎていたので、少し肩の力を抜こうかな…と思っています。ブログの根本は変わりませんが、気持ちの面でもう少しラフに堅苦しさを減らそうかな、と。以前は気張り過ぎて話題が右往 [続きを読む]
  • 一時休止します
  • この度、ブログを休止する事にしました。他にやらなければならない事が出来て、実生活の方で野球観戦及びブログ執筆の時間が中々取れなくなった事。また今の自分のブログ運営において力不足を実感したので、勉強や修行を兼ねての休養期間とします。実生活の方が落ち着いた時、また復帰させていただきます。その時はブログの運営、文章力、プロ野球及びマリーンズへの知識・理解の全てを向上させ、更なる質の高いブログをやってやろ [続きを読む]
  • 今日も負け?5安打?いつもの事じゃん
  • ロッテ1−日本ハム2 【Yahoo!sportsnavi】相も変わらず5安打。26試合でチーム打率.182と来れば、打線は最早アマチュアレベルと言っても良いでしょう。千葉にはかつて横浜が揶揄された横浜高校の方が強い、というようなわかりやすい比較対象がないからネタにすら出来ませんね。とりあえず自分の声が響いたのか平沢と香月が連続でスタメンなので、最早それで満足です。香月はサードで使って欲しいですが。スタンリッジが6回を [続きを読む]
  • 理想を語らせてもらう
  • 机上の空論?知らねぇなあ、そんな事。俺は俺の中にある理想と信念に基いて、これからこの根性も意地も情けもないチームに求める事を語らせてもらう。こんなチームでも、贔屓球団だからな。容赦はしない。何でも徹底的にやるのが俺の主義なんでね。という事で、ただ自分の要求したい選手起用をつづらせてもらう事にする。―――まずは先発ローテーションからだ。肘に不安を抱えて以前のフォークを使えない西野も、今季で退団するで [続きを読む]
  • ちょっとハードだな、こいつは…
  • ロッテ0−日本ハム11 【Yahoo!sportsnavi】こんな記事を書く程に豆腐メンタルに陥っている自分にはダメージが大き過ぎる試合で、何かを書くエネルギーすら削がれる程に、観ていられる試合ではありませんでした。さて、西野の抹消が決まったそうですが、仕方がありませんね。西野は100球程度しか投げさせられていないので恐らく起用法に制限があるのに、直球で押す威力がなく、また代名詞であったフォークが昨年に続き今季も [続きを読む]
  • 心がいつまで持つだろうか
  • ロッテ 52年ぶり4月終了時チーム打率1割台 【スポニチアネックス】◇パ・リーグ ロッテ1―2西武(2017年4月30日 メットライフD)  ロッテは今季最少タイの3安打で1点止まり。ウルフに抑えられた伊東監督は「直球と思って打ちにいくと芯を外れる。どう打っていいか今日は分からなかった。チャンスらしいチャンスはほとんどなかった」と脱帽した。  3回に先頭の大嶺翔が一塁線へバント安打を決めて初めて走者 [続きを読む]
  • 平沢と香月の使い方
  • 平沢と香月には、個人的に西岡と今江を重ね合わせています。ポジションが同じで、ちょうど年齢の関係も西岡・今江と同じく平沢より香月が1年先輩。そして彼らが1軍で活躍をはじめたのは、それぞれ2年目と3年目、つまり今年の平沢と香月と同じ歳の時でした。2人のこれまでの軌跡を辿ってみると、昨年のルーキー平沢は1軍で23試合に出場しつつ2軍で規定到達。.212,7本塁打という2軍成績を見ると、高卒ルーキーとしては逸材 [続きを読む]
  • 4月を終えて
  • 昨日で4月が終了し、5月へと突入しました。開幕からちょうど1ヶ月が経過した訳ですが、その1ヶ月は24試合を戦い7勝16敗1分で順位は5位。開幕時に1ヶ月後をこの成績で迎えると思っていた人は、卓越した先見の明を持っていますね。恐らくファンをはじめロッテのフロント及び首脳陣・選手、更に野球評論家や他球団の関係者さえも、あのOP戦の強さからここまで落ち込むとは夢にも思っていなかった事でしょう。チームの主な [続きを読む]
  • ウルフ最強投手説
  • ロッテ1−西武2 【Yahoo!sportsnavi】7回を69球、2安打に抑えられたロッテ打線がしょぼいだけ、という言葉で片付けるのは違う。ウルフは恐らくどこの球団にとっても強敵です。それは今季防御率1.74,QS率8割で既に4勝、また西武入団後負け知らずの8連勝という結果に表れています。2014年に受けたトミージョン手術の影響かは定かではありませんが、その2年後の2016年から結果を出しているところを見ると、本人のキャリア [続きを読む]
  • これよ、これ
  • ロッテ6−西武3 【Yahoo!sportsnavi】溜まりに溜まったストレスが、かなり発散された試合でした。試合前の公示で、二木の代わりにダフィーが抹消。ついにこの時が来ました。無駄に打席と経験の機会を奪い取る2人の助っ人が消えて、純正和製打線の完成。本来ならスタンリッジも抹消すべき成績である事を考えれば、実質的には助っ人などいない状況で戦っていると言える状態です。今更ですが、助っ人が当たらなければペナントで沈 [続きを読む]
  • 5エラー、よう引き分けたもんだ
  • ロッテ2−西武2 【Yahoo!sportsnavi】試合前の公示では清田が昇格。結果は出ずとも内容はそこまで悪くないものでした。本来ならばまだ2軍で鍛え直させたいところですが、チーム事情的にそうも行かないのが現実です。エラーの数が安打の数を上回るというお粗末過ぎる試合でしたが、よくもまぁ引き分けに持ち込めたものです。相手もエラーでお付き合いしてくれて助かりました。大地のエラーはともかく、平沢の3エラーとダフィー [続きを読む]
  • 不惑2人の活躍と、ゴメス報道のフロントの発言
  • ロッテ42歳井口&41歳福浦パ9年ぶり不惑W野手<楽天11−7ロッテ>◇26日◇Koboパーク宮城  最終回の追い上げも、勝敗には影響しなかった。 ロッテは9回に4安打と敵失を絡め、6点を挙げた。今季の1イニング最多得点で、15試合ぶりに2ケタ安打も記録。だが、ビハインドがあまりに大きすぎた。10点差が4点差になっただけ。伊東勤監督(54)は「先発の時に打たないと」とバッサリ。楽天則本に7回6安打1点 [続きを読む]
  • ズレてない?
  • 公示は松永の抹消のみ。スタンリッジは抹消されず。ここまでのスタンリッジの投球を見て抹消しない采配は、色々な視点から否定したい。スタンリッジは開幕からここまで、自分基準では1度も好投していません。結果を見ればQSを1度だけ達成していますが、投球内容や実際に投げているボールを見れば、それが今後通用するようになるとは到底思えない。そうなると最低限の貢献度は投球回ではかられますが、イニングすら食えていないの [続きを読む]
  • パワーの差
  • ロッテ7−楽天11 【Yahoo!sportsnavi】パワーの差を感じたゲームでした。則本とスタンリッジは両者共に序盤直球が高めに浮くシーンが多く見られましたが、則本は球速と伸びに加えボールがしっかりと指にかかっているのに対し、スタンリッジは引っかかり過ぎる状態は改善されたものの、今度は指にかからず抜け球ばかり。それが空振りorファールになるかヒットやホームランになるかの違いとなりました。則本には球威でねじ伏せる [続きを読む]
  • 50年ぶりの歴史的貧打、それでも補強をしないというのかい?
  • “歴史的貧打”に苦しむロッテ 伊東監督「我慢といっても人がいない」 【Full-Count】楽天に競り負けたロッテ ロッテの貧打は歴史的になった。25日、東京ドームで行われた首位・楽天戦で2-4と敗戦。9回は松井裕樹に細谷、ダフィー、鈴木のクリーンアップが3者連続三振に切って取られた。 先発西野が初回、2回と1点ずつ先制されたが、大嶺翔が3回、辛島から「久しぶりに自分のスイングができた」と3年ぶりのアーチをマーク。再 [続きを読む]
  • 酒居が初登板、東京Dでも貧打は変わらず
  • ロッテ2−楽天4 【Yahoo!sportsnavi】実況・解説、中野・内藤という史上最悪にして凶悪かつ劣悪の組み合わせが耳を襲い、球場音声のみの副音声にすがろうと思ってもそんな選択肢は用意されていなかった。不愉快コンビか、無音か。苦渋の選択を強いられてしまった。ああ、神と呼ばれる概念が存在したとして、一体何と無慈悲なのだろう。打線は辛島のオーソドックスな技巧派+軟投派左腕を具現化したような投球の前に翔太の一発の [続きを読む]
  • 「いい加減諦めろ」vs「諦めてたまるか」
  • 優勝を狙えると位置づけた昨年よりも優勝を狙えるとして応援に意気込んだ今季。しかし、それは撤回せざるを得ないという声が心の奥から響いてきます。理由は簡単、守備走塁が相対的に劣っているからです。打てないだけならそこまで問題ではありません。勝負どころでの得点力と厳しい相手からでも1点を奪う事。それさえ出来れば勝利は付いて来る…そう思っていた自分が甘かった。この幻想を実現するには、守備力とバント及び盗塁と [続きを読む]
  • チェン抹消、火曜西野から見えるローテ
  • ロッテ西野「狭いし…」25日東京D楽天戦先発 【日刊スポーツ】公示でチェンが抹消。内容からしたら先発を任せてみたい存在ですが、チェンはファームで出番待ちという事になるのでしょう。今日は西野が先発。これで今後のローテが見えました。今週は西野スタンリッジ、二木涌井唐川。来週からの連続6連戦は西野スタンリッジ佐々木二木涌井唐川。これがベースとなると予想されます。そこに石川待ちという形になるでしょう。涌井を [続きを読む]
  • パラデスよ、粋がるんなら最期まで貫き通す根性はないのかい?
  • 藪から棒ですが、自分は早打ちフリースインガーが嫌いです。正確に言えば、大した成績を残せない早打ちフリースインガーが嫌いです。開幕から我慢して起用されて来たパラデスが、21日に抹消。自分がパラデスの4番起用を早くから否定していたのは、単純に成績が悪いだけでなく、打ち取られ方が似通っていて相手からしたらこれ程チョロい打者はいないと感じた事、そして早打ちフリースインガーかつ三振が非常に多く、凡退時にチー [続きを読む]
  • 踏ん張った「暴れ馬」唐川
  • ロッテ2−オリックス0 【Yahoo!sportsnavi】荒れ球属性が良い方向に出た時、今日のような素晴らしい投球が可能になるのでしょう。「負けたら2軍落ち」だと気合いを入れて臨んだそうで、球速がいつもより速かったのがその表れでしょうか。今日は特に左打者に対してスライダー及びカーブのバックドアが冴えていましたね。その結果が8回被安打4四死球2での無失点ですから、文句なしの好投でした。とにかく唐川が結果を出した事 [続きを読む]
  • 愚かな首尾一貫性は、狭い心が化けたもの
  • ロッテ3−オリックス4 【Yahoo!sportsnavi】昨日1番印象に残ったのはロメロ。全力疾走や守備の姿勢などを見て、「こういった全力プレーに徹する助っ人が欲しかった」としみじみと感じました。ロッテでは福浦が走塁でやらかしがありながらも、あの歳と足でチームの為に全力疾走をする姿勢には心をうたれるものがありましたが、それを一番に感じなければならないのは選手です。試合前には予定通りの酒居と、予定外の香月が昇格。 [続きを読む]
  • 佐々木千隼の様々な評価
  • 新人離れの強心臓&投球術 ロッテドラ1佐々木が見せた完成度の高さ 【Full-Count】佐々木が7回1失点好投、プロ初黒星も存在感 2試合で12回2失点。ここまでの2戦で千葉ロッテ・佐々木千隼投手がいずれも前評判通りの好投を見せている。4月20日、敗れはしたものの、7回1失点の内容で福岡ソフトバンク打線を相手に堂々の投球。パ・リーグの新人王最有力のドラ1右腕がこの日の登板でもしっかりと好結果を残した。オープン戦は13勝2 [続きを読む]
  • 佐々木パラデス抹消、酒居が23日登板、野手は…
  • ロッテ2位酒居、23日初登板へ「自分の投球を」 【日刊スポーツ】ロッテのドラフト2位、酒居知史投手(24)が21日、ZOZOマリンで行われた全体練習に参加した。 初昇格して、23日のオリックス戦(ZOZOマリン)で先発唐川に続く2番手で登板する予定だ。  「今のチーム状況は分かっています。勝ちに貢献出来るよう、自分の投球をやっていこうという思いです」と意気込んでいた。公示で佐々木とパラデスが予定通り [続きを読む]