crystal さん プロフィール

  •  
crystalさん: ひとりの午後に
ハンドル名crystal さん
ブログタイトルひとりの午後に
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/doggardener/
サイト紹介文53歳で乳がん発覚、抗がん剤→左全摘→ホルモン治療。親にも友にも職場にも知らせない匿病記。
自由文2012年突然しこりを確認し、3b期と判明。TS1+ドセタキセルを6クール後全摘手術してフェマーラ服用中。
「平川地一丁目を知っていますか」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/01/17 13:40

crystal さんのブログ記事

  • キラ☆ミラ
  • この数年、手鏡がほしくて、買い物のときは、買い物でなくても、いつでもどこでも、手鏡を探していたのだった。お化粧をするときに、手で持つタイプのまるい形の鏡に細長い持ち手がついてる手鏡。四角い鏡はたくさんあるんだけど、持ち手のついてるのがなかなかなくて。長年... [続きを読む]
  • 骨密度減少と対策
  • 乳がん発覚から、この春でちょうど5年。全摘手術後は、ホルモン剤のレトロゾール(のみ)を服用し続けている。副作用がひどくなければ、このホルモン剤を10年続けてもいいんだけど。と、主治医から言われた。ただ、5年と10年の違いのデータはまだないんだけどね。さい... [続きを読む]
  • シルバーの飛び級
  • 時間があり余ってるけど、仕事をしてもいけない。何かのヘルプに入ることができるように、いつも、フリーでいたほうがいい、今の私の立場。。。毛糸と布などの処分作業は、かなりすすんだ。パッチワークでのベッドカバー的なものを、何枚も作っちゃって、結局これどうすれば... [続きを読む]
  • 全部抱きしめるには
  • 母の繰り言をまた聞いて、適当に切り上げて、帰路。キンキのCDを選んで、その中でもスキップしながら、より好きな曲だけを聞いていた。『全部抱きしめて』いつもは、子どもたちのことを思い浮かべながら聞くのだけれど、・・・いいさ、落ち込んで誰かを傷つけたいなら、迷う... [続きを読む]
  • 投げキッスの国
  • フランスの大統領選挙が行われて、マクロンが選ばれて。ヨーロッパの政治とかに、何も知識はないけれど、今回よくわかったことがある。頭の良い人は、とにかくすごい。25歳年上の妻というだけですごい。とうぜん、64歳の妻がかっこいい。天才は、たいてい早熟。しかも、... [続きを読む]
  • やすらぎの里
  • 日照時間がすごく長いこの時期、日帰りで出かけるとき、かなり遠くまで行ける。前から気になっていた、お遍路の、すごく遠い場所にやっと行くことができた。5時出発を心がけて、5時20分になっちゃったけど、目的地には、9時過ぎに到着。途中休憩した場所。惜しい。なか... [続きを読む]
  • conspicuous consumption
  • ポッドキャストって、どのくらい一般的なのかな?使う人はかなり使うし、当然だけど、知らない人には全く無縁な単語だろう。犬の散歩のときに、スマホで暇つぶしにいくつか聞いてるなかに、BBCが、単語や言い回しの説明をする短いのがある。コント仕立てのお話とか、小ネタが... [続きを読む]
  • 『少年の名はジルベール』
  • 竹宮惠子さんの、マンガ家としての自伝的な書。少年愛を描きたかった竹宮さんのところに、ある日、ジルベールという名前を伴った少年が降りてきた、というのがタイトルの由来。美術、哲学、宗教、、、いろんな教養があわさって、少年愛を描きたい、という強い意志。しかも冷... [続きを読む]
  • 母との会話の理想の形
  • 80歳を過ぎて、追突事故や物損事故を起こした母。父の亡くなる前後から、私の車に乗ることが増えた。父が亡くなってからは、一人で行動する用もなくなり、数か月は運転しなかった。私も仕事をやめたから、用のある時は私が来るから、と。しかも実家の車庫から車を出すときは... [続きを読む]
  • ご近所トラブル
  • 退職して時間の余裕もあるあるおじさんが、頼まれなくてゴミ出しを手伝ったり、近所の草抜きや掃除をしたり。その行動はある人にとっては「親切」ある人にとっては「おせっかい」・・・そのうち、草抜きをしていた場所で車がパンクさせられるという事件があり、警官を呼んだ... [続きを読む]
  • マイ走馬燈
  • みうらじゅんが好きなので、ポッドキャストにラジオ番組があったので、散歩の時などに聞く。いとうせいこうと雑談をしてるのが、仲の良い中学生見たいでうらやましく聞く。昔、「考現学」という言葉ができて、私もこういうこと好きだな、と思ってたら、マンホールの写真を集... [続きを読む]
  • NHKアナウンサーウォッチング
  • NHKのアナウンサーが大好きなのです。民放のようなタレント性や話題性じゃなくて、正しい読み方、心地良いしゃべり方、気づかいや常識という実力をかねそなえているのが、NHKアナウンサーだと思うからです。地方のNHK局には、毎年のように新人アナが赴任してくる。... [続きを読む]
  • 母や妻を息子や夫が介護すると
  • 介護疲れで悲劇が起ったりする場合、加害者は男のことが多い感じ。男は地域や自治体に相談するという、知識や人間関係が乏しいのかな。新聞一面下部の広告で気になっていたのを、図書館で借りて読んだ。『熱闘介護実況!私とオフクロの七年間』 松本秀夫高校生のときから清... [続きを読む]
  • 4月の花粉症
  • 4月になってから急に、花がムズムズして、花粉症のような症状が出てきた。アレルギーのような繊細な体質とは無縁だったが、20年くらい前に急に、一般的な花粉症の症状が現れて、それからしばらくは、軽く花粉症だったけれど、更年期にもなり、いろいろからだの中身も変わって... [続きを読む]
  • きちんと閉めない悲劇
  • 瓶などのふたを、固く閉めることが苦手。料理中とか、食事中とか、特に食卓の上に置かれた調味料の瓶など、すぐにまた使う場合は、ふたは軽く閉めるという、個人的な習慣。だから、時に、というか、しばしば悲劇が起こる。先日のは、買ったばかりの「焼き肉のたれ」のびんだ... [続きを読む]
  • 図書館バス
  • 物を所有する欲望が薄れてきて本もほとんど買わなくなった。学生のころ、大学生協だと10%か20%引きというのがうれしくて、手当たり次第買って、読んで、所有するのが楽しかった。子どもの絵本などはかなり買ったかもしれないし、パソコン関係の試験対策本も買う必要はあっ... [続きを読む]
  • お箸の持ち方
  • 小さいころからよく、親に「そのお箸の持ち方・・・」「はらはらする」などと言われて、自分のお箸の持ち方は、上手といえるレベルではなく、親にとっては不安があることを認識させられていた。親は、きちんと教えてあるはずで、戦前の人は誰でもお箸はきれいに使える。おそ... [続きを読む]
  • やすらぎの郷
  • シルバータイム帯ドラマ、だって。キャストには実際のモデルがありそうで、設定では、運営者の夫が医者というリアリティもあり、かつ、これは夢物語のような老後生活だ。かつての仲間と若き良き時代を懐かしむ(のかな?)、青春ドラマのその後のようで、どんな展開になるの... [続きを読む]
  • 毎日すること
  • 毎日、何か捨てるものを探している。そのくせ、必ず何か買ってもいる。がんが発覚してから、そういえばこの春でちょうど5年。自分で調べた資料では、5年生存率65%くらいだったから、5年生きてるということは、過半数のほうだったんだな。5年前、治療が始まるまでに、キャ... [続きを読む]
  • 同い年主婦いろいろ人生
  • 地産地消をうたうレストランが増えていて、最近できたところへ行ってみた。たまに一緒にランチする仲の、昔の同級生3人。他の二人はたまたま、それぞれ自宅兼職場の改築計画があるらしくて、設計図や、具体的なディテールの話が興味深かった。他の二人とも自営業で、しかも夫... [続きを読む]
  • 山の事故
  • いたましい事故。登山部や山岳部に入っている子どもは、真面目だと思う。部活で登山をしようなんて子は、たぶん実直で質実な家庭に育っていると思う。そんな、ごく正直にまじめに生きていた家庭にも突然悲劇がもたらされるのが、おそろしくて、かなしい。個人の責任や判断ミ... [続きを読む]
  • 階段を踏み外して
  • それは3月1日のこと。「徹子の部屋」に佐藤愛子が出るのを新聞のテレビ欄で見ていた。家にいる予定だったので、見逃すこともないだろう、と録画予約などをしてなくて。ごそごそしてて、ちょっとした大きなかごを抱えて階段を降りてるときに、気づいたら12時5分だった。... [続きを読む]