crystal さん プロフィール

  •  
crystalさん: ひとりの午後に
ハンドル名crystal さん
ブログタイトルひとりの午後に
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/doggardener/
サイト紹介文53歳で乳がん発覚、抗がん剤→左全摘→ホルモン治療。親にも友にも職場にも知らせない匿病記。
自由文2012年突然しこりを確認し、3b期と判明。TS1+ドセタキセルを6クール後全摘手術してフェマーラ服用中。
「平川地一丁目を知っていますか」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/01/17 13:40

crystal さんのブログ記事

  • 絵本をかくひと
  • 子どもを生んでから、はじめて絵本や児童書をたくさん知ることができた。自分が小さいころの、どんな絵本を覚えているかというと、ほとんど思いつかない。今思い浮かべるような絵本というものは子どものころ、家になかったと思う。子ども用の本は、教科書か、幼稚園で毎月も... [続きを読む]
  • やすらぎ体操
  • 今週の『やすらぎの郷』は奇しくも野際陽子さんがフィーチャリングされてそうで、どんな展開で、どんなふうに出番が収まっていくのか。亡くなったと聞いてから、あらためてドラマの中の野際さんの顔を見てもそれほどげっそりしたようにも見えず、ただし、痩せてはいたのだろ... [続きを読む]
  • サルビアの花
  • 最近通販で苗を買うときがある。ホームセンターや園芸店で実際に見て選んで買って持って帰ることもできるのに、その時間もあるし、そのほうが安いだろうし、それなのに、なぜか、カタログに載っている商品がなぜか、魅力的に見えてしまう。定期的にきれいなカタログが届き、... [続きを読む]
  • ジム通い
  • 急に思い立って、ジムに申し込んだ。乳がん手術後5年。ホルモン剤の影響なのか、急に骨量が減っていたこと。それと、QOLには脚の筋肉量があるに越したことはないということ。それと何より、なんとなく毎日が暇なこと。この3つの動機により、ふと、運動をすることを思いつい... [続きを読む]
  • ミセスの時代 マダムもあった
  • NHK「ひよっこ」は、昭和40年代にはいったところ。女子寮で合唱をしたり、古き良き時代感の描写が多いのでほっとする。それぞれの家庭にそれぞれの事情があるとはいえ、会社や寮での、いじわるが描かれなかったのはうれしい。どんな社会でも、ある程度は困ることもある... [続きを読む]
  • 加齢と認知機能
  • 義母の認知症の症状は、何型というのだろうか。ただ横になっているだけで、退屈もせず、言われるままにおむつをされても、私たちに対しても平気でいる。テレビもラジオも音楽も興味がなく、ただ、横に義父が仕えてくれていたら満足。子と孫の名前と、近所の人は覚えているよ... [続きを読む]
  • 衣もんだい
  • 『衣にちにち』 群ようこ50を超えてからは、どんなファッションをしたらいいのか。老けこみすぎずに、自分らしい、自分の好きな装いをしたい。具体的にさまざまな服や着物や小物のことを描写してくれていて、いちいち同感。ベストセラー連発で、お母さんにたくさんの着物... [続きを読む]
  • たまにでいいよ
  • たまに娘が帰ってくるとき、娘の部屋が物置になっているから、ちょっと片づけようかな、と思ってもほとんどの場合、娘じしんで遊びの予定があって、家には滞在せず。家には泊まらず。だから事前には片づけなくなってる。それでも学生のころは、長期の休みのときは家にいた。... [続きを読む]
  • オープンガーデン
  • バラの季節だ。五月は薔薇の季節だ。バラ園とかに行っとかなきゃ、と思って天気も良かったので、毎年のように地元では紹介されてる、個人のお宅のオープンガーデンに行ってきた。珍しく、ご自分のブログとかサイトとかは作ってないらしいお宅で、ほかの人のカキコミも、今年... [続きを読む]
  • キラ☆ミラ
  • この数年、手鏡がほしくて、買い物のときは、買い物でなくても、いつでもどこでも、手鏡を探していたのだった。お化粧をするときに、手で持つタイプのまるい形の鏡に細長い持ち手がついてる手鏡。四角い鏡はたくさんあるんだけど、持ち手のついてるのがなかなかなくて。長年... [続きを読む]
  • 骨密度減少と対策
  • 乳がん発覚から、この春でちょうど5年。全摘手術後は、ホルモン剤のレトロゾール(のみ)を服用し続けている。副作用がひどくなければ、このホルモン剤を10年続けてもいいんだけど。と、主治医から言われた。ただ、5年と10年の違いのデータはまだないんだけどね。さい... [続きを読む]
  • シルバーの飛び級
  • 時間があり余ってるけど、仕事をしてもいけない。何かのヘルプに入ることができるように、いつも、フリーでいたほうがいい、今の私の立場。。。毛糸と布などの処分作業は、かなりすすんだ。パッチワークでのベッドカバー的なものを、何枚も作っちゃって、結局これどうすれば... [続きを読む]
  • 全部抱きしめるには
  • 母の繰り言をまた聞いて、適当に切り上げて、帰路。キンキのCDを選んで、その中でもスキップしながら、より好きな曲だけを聞いていた。『全部抱きしめて』いつもは、子どもたちのことを思い浮かべながら聞くのだけれど、・・・いいさ、落ち込んで誰かを傷つけたいなら、迷う... [続きを読む]
  • 投げキッスの国
  • フランスの大統領選挙が行われて、マクロンが選ばれて。ヨーロッパの政治とかに、何も知識はないけれど、今回よくわかったことがある。頭の良い人は、とにかくすごい。25歳年上の妻というだけですごい。とうぜん、64歳の妻がかっこいい。天才は、たいてい早熟。しかも、... [続きを読む]
  • やすらぎの里
  • 日照時間がすごく長いこの時期、日帰りで出かけるとき、かなり遠くまで行ける。前から気になっていた、お遍路の、すごく遠い場所にやっと行くことができた。5時出発を心がけて、5時20分になっちゃったけど、目的地には、9時過ぎに到着。途中休憩した場所。惜しい。なか... [続きを読む]
  • conspicuous consumption
  • ポッドキャストって、どのくらい一般的なのかな?使う人はかなり使うし、当然だけど、知らない人には全く無縁な単語だろう。犬の散歩のときに、スマホで暇つぶしにいくつか聞いてるなかに、BBCが、単語や言い回しの説明をする短いのがある。コント仕立てのお話とか、小ネタが... [続きを読む]
  • 『少年の名はジルベール』
  • 竹宮惠子さんの、マンガ家としての自伝的な書。少年愛を描きたかった竹宮さんのところに、ある日、ジルベールという名前を伴った少年が降りてきた、というのがタイトルの由来。美術、哲学、宗教、、、いろんな教養があわさって、少年愛を描きたい、という強い意志。しかも冷... [続きを読む]