れふあ さん プロフィール

  •  
れふあさん: 海ドラ日記
ハンドル名れふあ さん
ブログタイトル海ドラ日記
ブログURLhttp://corallehua2.seesaa.net/
サイト紹介文憧れの場所 行ってみたかった場所へ連れて行ってくれる海外ドラマ
自由文英会話術の勉強にもなる。英単語を素早く読む訓練にもなる。心のシャッターを押して記憶に残せばそれは思い出の一部
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/01/17 18:42

れふあ さんのブログ記事

  • マクガイバー 第9話
  • ネタバレ含みます。あぁ、やっぱり・・・そうなるわなっ。秘密を知ってしまったウィルトの扱い方。ほんでもって、親友のマックだけじゃなくて自宅に寄り集まっていた全員が揃いも揃って、国家の秘密組織のメンバーだったなんてねっ。今までの親し気な会話はどこへやら・・・の他人行儀。イヤ違うな。国家の驚異的存在として取り調べの上、「追って沙汰を下す」みたいな取り調べる側のソーントンもやりにくいったらないっ。第9話「 [続きを読む]
  • Five-O season7 第3話
  • ネタバレ含む感想です。第3話「スーツの逃亡者」/ He Moho Hou今回はカルテルの大物と麻薬取締局の潜入捜査官の事件刑事物では、余りに使い古されたストーリーなのでダノなんて「勝手に殺し合いでもなんでもすればっ」的悪者同士で潰し合いをしてくれたら願ったり叶ったりしょぉ〜フムフム。せやけどねぇ〜、人として多大な犠牲を払う潜入捜査の末、あともう一歩って時に殉職した捜査官の為になんかこう・・・結果ってヤツを残して [続きを読む]
  • マクガイバー 第8話
  • ネタバレ含みます。今回の任務は暗殺者を捉えること。本当にこの世界にプロの殺し屋がいるとして必殺仕置人の元締めなる人物が地域制を用いて各所に存在せずともお金と権力とで、次第にコネも付いて来て、通信手段さえあればの時代ある筋ってやつ...そして裏稼業ほど皆、口は堅い。第8話「コークスクリュー」/Corkscrew そのプロの殺し屋を『容疑者218』と呼んでいるってことはヤリ口は有名にして正体は謎ってこと。CIAが入 [続きを読む]
  • Five O season7 第1・2話
  • ただの感想です第1話「ゲームへの招待」/ Makaukau‘oe e Pa’ani第2話「悲しみのスパイ」/ No Ke Ali’i Wahine A Me Ka Ainaいよいよseason7が始まったのですがseason6の終わり方が刑事モノとゆ〜よりは非常に民事な・・・家庭モノ的だったのできっと壮大なエピソードを用意して2話に渡り、展開するのかと思っておりましたら???どうやら違ったようであります。因縁めいた長期戦を予見させる事件と一話完結事件とを混ぜこ [続きを読む]
  • マクガイバー 第7話
  • ネタバレを含む場合もあります。第7話「オープナー」/Can Opener今回のエピソードは麻薬カルテル撲滅の足掛かりが刑務所からの脱獄。昔々のその昔は支給される食事のスプーンなどを使ってチマチマな地味作業かなりの時間と根気、信頼できる仲間が必要でその時間も根気も、務所内の派閥を生き延びてこそ・・・日進月歩以上のスピードで世の中がハイテク(←この言葉自体も時代遅れ?)になるにつれ頭の使い様・・・ってことのようで [続きを読む]
  • マクガイバー 第6話
  • 今回のエピソードのテーマは師弟なんだろうけど、、伝授する側の師、伝授される側の弟子とゆう関係。しかし、欧米じゃ〜先生と生徒のような一括り的な表現でコーチとかインストラクターとか、なんかピンとこなくて教官に対して教え子もまたStudentなのかなっ?漢字だけが表現できる奥深さなのかもしれない。だから・・・マックの“語り”の中に幾度が出て来る「盾になる」とゆうセリフがその間柄を表現する時の・・・絶対的に足り [続きを読む]
  • タイムレス 第16話(season1最終話)対峙
  • 一時はseason1で打ち切りとなるところを、「やっぱりやるよぉ〜season2」となっただけに知られざる真実と想定外を織り交ぜながらクリフハンガー式に終わったエピソード。なので・・・裏切りは守るための苦肉の策であり一つの手段でしたぁ〜善の心を失わず、悪人面で隠し通し、深く沈めてただけですぅ〜とか、お飾り的だったキャストにも、この先の展開にまつわる深い謎を持たさねばなるまい。ネタバレ含みます。第16話「過去、現 [続きを読む]
  • マクガイバー 第5話
  • うひょ〜、今回の舞台は私の大好きなヨーロッパの列車の中、ロケには行ってなくて、“在り合わせ感”は否めませんが、筋そっちのけでそれなりに思い出に浸れるシチュエーションでございました。決めつけるワケでは無いけれど・・・渡航経験が有る・無い...によって海外ドラマの楽しみ方は変わってくると思う。経験の無い人だって、いつか時間とお金に(相棒にも?)恵まれたなら、お気に入りの映画やドラマで観たワンシーンを自身 [続きを読む]
  • タイムレス 第15話 因果
  • 前回からメイソン社ではデニースに変わってで指揮を執ているのがスーパーナチュラルのメインキャスト(もう過去だけど)ウィンチェスター兄弟の親代わりであり、ハンター師匠であったボビー(ジム・ビーヴァー)が高級スーツに身を包み、堅物っぽく出演しているんだけれど今回のエピソードではエリオット・ネス役でカスティエル(ミーシャ・コリンズ)も。残念ながら・・・現在と過去で二人が揃うシーンも無いままにアッケなく・・ [続きを読む]
  • Five-O season7で...チンとコノとはお別れ
  • 7月23日(日曜日)からAXNにてseason7が全23話でスタート。新seasonを盛り上げるために8週連続の日曜日・・・、Hawaiiならではのプレゼントが当たる懸賞付きの一挙放送。そして、明日の日曜日は、いよいよクライマックス。最終話ではトリプラー陸軍病院のベットに横たわるマクギャレットを囲むオハナ(家族のハワイ語)がズラ〜リ。罪人時代の記憶とコネを使い、時々、捜査に協力するサン・ミンもお見舞いのカードを送るなどオ [続きを読む]
  • マクガイバー 第4話
  • 作戦司令室にボウル一杯に盛られたクリップ、しかも味気ない単一色。たぶん...マックにとっては脳と指先を鍛える欠かせない大切なアイテムなんだろうけど銀行に置いてあるキャンディとかスナックの“乾きもの”と呼ばれるピーナツみたいに盛るコトは無いんじゃないっ?んで、あの量だとアスクルで買っても結構な金額になると思うよ(もったいない)第4話「ワイヤカッター」Wire Cutter初代のマクガイバーの頃の・・・終結間際では [続きを読む]
  • タイムレス 第14話 混沌
  • ワイアットの私的な救命艇(目玉親父)使用によってデニースは任を解かれ、ワイアットは当然、逮捕。ルーファスはルーシーの父親こそが自分を脅迫したリッテンハウスの人間であったとこと知る。まさに混沌。昔と今を行ったり来たりする中で、アナログであるはずの記録だけがデジタル式に塗り替わっていて、順を追って理解してゆくことも、納得する材料もないままに自分達は何を何のためにと・・・そもそも、その意義はなんなの?・ [続きを読む]
  • マクガイバー 第3話
  • ネタばれ含みます。第3話「アウル」Awl(←意味?。。。Owl=ふくろう...の間違いではないでしょかねぇ・・・)今回のエピソードは任務に身を入れなくてわっ!て思うのに・・・その気持ちをぶっ潰すような言動・振る舞いをする重要参考人がキーパーソン。ちょうど、7月5日0:00(4日の深夜12:00)にAXNで放送されるPIO(また、それかよぉ〜)のseason3 第13話 4C。。。機上でリースが守らんとアカン奴にクリソツなんです。違う [続きを読む]
  • タイムレス 第13話 マーフィーの法則?
  • 第13話「ワイアットの覚悟」/ Karma Chameleon(=業・変幻)今回のエピソードでノッケから最後の最後まで、私の頭には・・・「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、 カーペットの値段に比例する」長年、生きて来て、心の深〜いところで納得してしまうマーフィーの法則フリンから妻を殺した犯人の名がウェスで現在は服役中だと知らされたワイアット。リッテンハウス創立者を亡き者にするため、一時的な [続きを読む]
  • マクガイバー 第2話
  • 第2話「メタルソー」/Metal Saw(=金属のこぎりの意) 諜報機関DXSからフェニックス財団として活動をスタートしたメンバー国の秘密組織、世間的には存在しないことになっているから面倒なこと。特にライリー。逮捕された経緯については、まだ明かされていないながらも(正しいコトをするためには逮捕の犠牲も厭わなかったと言ってたっけっ)つい先日までは手錠にオレンジ色の囚人服姿千載一遇のチャンスによって世界の悪と戦う [続きを読む]
  • ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所 第2話
  • 個人的な思いによる感想・・・ネタバレ、ちょっとあります。第2話「26ドルの奇跡」/ Heat of Passion(=情熱の熱)ご覧になったでしょうか・・・なにぶん、新作にあらず・・・2011年の作品ですから放送回数も少なくて見逃してしまったら、あ〜あ、、私はしょっちゅうであります(オンデマンド、、、実際、どぉ〜やんの?・・・Amazonプライムも然り・・・)そんな中でもこの第2話だけは、もう一度、絶対に観たいっ!と願っており [続きを読む]
  • タイムレス 第12話...正面と背中
  • ネタバレを含む感想です。前回、誰もが知っている世界的発明家をヤっちゃった後の現代への影響についてスルーしたままですけどぉ〜まぁ〜ねっ。絶命したことを確かめもせずにその場を跡にしたしシーンの中では『疑り深い人』と強調していたことから実は・・・衣服の中に鎖帷子(くさりかたびら)を着てましたのよぉ〜オホホみたいなコトも?・・・ないかっ。第12話「ジェシー・ジェームズの死」/ The Murder of Jesse Jamesジェシ [続きを読む]
  • 新シリーズ『マクガイバー』がスタート
  • アメリカでは7season、全139話までの長寿を誇った『冒険野郎マクガイバー』の新シリーズ。実のところ・・・「確かに聞いたことあるなっ」しかし、映像的にもストーリー的にもまったく記憶がないから先入観なしで最初から楽しめそうである。なんせTVドラマ『リーサルウェポン』のマータフに、今だ違和感のある頑固者な私。いずれ時が経ち・・・P・O・Iのメンバーがすっかり入れ変わってしまったら???一時的な映画なら許せるかも [続きを読む]
  • タイムレス 第11話...騙しのテクニックの使い道
  • ネタバレを含む感想です。第11話「殺人ホテルを抜け出せ!」/ The World's Columbian Expositionフリンの悲願・・・リッテンハウス消滅に奇跡的とも言えるタイミングであった前回。導くバイブルの著者であるルーシーから、まさかの妨害「君だけは状況を理解していると思っていたのに・・・」と失意のままルーシーを連れ去り・・・何をやらせているのかと思いきや、、、様々な歴史的記録からリッテンハウス創始者の息子の行方を探さ [続きを読む]
  • リーサルウェポン第18話...フィナーレこそ始まり
  • 第18話「宣戦布告」/ Commencement(=始まりの意)しばらくのあいだ、観ていなかったまぁねっ。パーマー捜査官との仲なんかは予想通りっちゃそうなんだけど・・・麻薬のディラーのようなクルーズ刑事は何処かに潜入でもした?まさかっ、殉職?!事件現場に居るのは大抵、最初はクルーズを嫌っていたけど一目置くようになった胸のデカい・・・(名前が出てこない)女性刑事ばかりseason1の後半戦はリーサルウェポンらしい麻薬カル [続きを読む]
  • タイムレス 第10話...は局面へと
  • 次々と謎が明らかになると、言うよりは・・・クンクン匂って・・・何だかクサいぞっ・・・みたいな事柄のボヤけたピントが合って来たぞって感じかなっ過ぎてしまった歴史を遡るこのドラマもルーシー、ワイヤット、ルーファスの3人組に与えられる時間はほんの僅か。待ち受ける出来事=“あらすじ”を知っているはずのルーシーもフリン介入によって、断言ができない流れになってしまうし時代に合った衣装選びぐらいが精一杯で入念な [続きを読む]
  • P・O・I帯放送...season1でジョン・リースに惚れ直す
  • お久しぶりです。今、CSのAXNで平日のジャスト0時から(昼は15:30〜)2話連続放送中のパーソンオブインタレスト途中で眠ってしまったりしながら、改めて観てます。そうだった・・・ハロルドとジョンのたった二人だけで始まったseason1。ファスコ刑事はただのパシリカーター刑事はジョンを追う敵の立場そんな間柄でのスタートだった・・・わなぁ〜。となると当然、主役ふたりの出演場面も、そのセリフも多くてリース君にいたっては [続きを読む]
  • ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所
  • 待ってました!ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所(原題=Harry's Law)・・・って、まだまだ先の6月21日 (水) 21:00〜いちいちオスカー女優!と冠を付けて大層に呼ばれるキャシー・ベイツが主演を張る弁護士物語ではあるけどこのドラマの彼女はまるで、ひと昔前の♪ニッセイのおばちゃん自転車でぇ〜♪のような・・・(日本で“稼ぎのあるおばちゃんと言えば保険屋さん・・・でも今、時代は変わった)弁護士として腕はイイんだけれ [続きを読む]
  • タイムレス 第5話
  • ネタバレを含む、まったくの個人的感想です。第5話「勝利を!さもなくば死を!」/ The Alamoアラモの砦に「勝利を!さもなくば死を!」?・・・なんか聞いたコトあるなっ。歴史大作映画っぽい・・・長年生きているから、きっと・・・日曜洋画劇場とか金曜ロードショーなんかの前宣予告だろうこのドラマを観るみたいに中学や高校の授業で世界史に触れることが出来れば楽しかったろうに・・・後悔あの頃に描く自分の将来の海外旅行と [続きを読む]
  • カッとナム・ジョンギ
  • 歌っているユン・サンヒョンは大好きなんだけどドラマを観ることまでは・・・しない。チャンネルを回して(・・・って今言わないかっ)いて直感的に、キムラ緑子さんのような実力を持っている!・・・とキム・ソニョンさんによって引き込まれてしまったドラマ。よって・・・途中ってか、もう後半折り返し地点あたりからの参加となってしまったこの『僕は彼女に絶対服従〜カッとナム・ジョンギ〜』そしてLaLaTVにて夜9時30分からの [続きを読む]