れふあ さん プロフィール

  •  
れふあさん: 海ドラ日記
ハンドル名れふあ さん
ブログタイトル海ドラ日記
ブログURLhttp://corallehua2.seesaa.net/
サイト紹介文憧れの場所 行ってみたかった場所へ連れて行ってくれる海外ドラマ
自由文英会話術の勉強にもなる。英単語を素早く読む訓練にもなる。心のシャッターを押して記憶に残せばそれは思い出の一部
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/01/17 18:42

れふあ さんのブログ記事

  • キャッスル/ファイナル最終回は・・・always
  • ネタバレを含む感想です。第22話 最後の戦い(Crossfire=十字砲火 )やっぱり・・・『always(いつだって)』で締めてくれたキャッスル『I love you』の言葉よりもずっとずっと肯定的な未来のある言葉であります。長い間、このTVドラマのファンであった私にはThe ENDを突き付けないENDに予想がついておりましたが・・・『きっちりダマされたわっ!ケイレブ!』キャッスルの空白の時間を取り戻すために訪れたロサンゼルスにて都合 [続きを読む]
  • 連続ミディアム3クライマックス(LaLaTV2話連続放送)
  • ネタバレしていないつもり・・・LaLaTVにて毎週木曜日に2話連続放送2017/03/23 (木) 23:00〜24:00続いて24:00〜25:00がseason3の最終エピソードになります。ファイナルがseason7の長寿番組となったこのドラマの最大の転換期・・・だと私は思ってるですねぇ〜。つまりは主人公のアリソン・デュボアが生活の足しのために検事局のパートとして雇われてからいつの間にか・・・暴くべき真実はアリソンの夢の中にあるといった感じになっ [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/21
  • 第21話 地獄の容疑者(Hell to Pay=やっかなこと)今回のエピソードもキャッスルホイホイ。ちょっとやそっとじゃ抜け出せないお題666の映画オーメン VS 悪魔祓いのエクソシストのようなホラー系斧をもった男がキャスル探偵事務所へとやって来て出血多量で息絶えるとゆ〜出だし。つい最近の日本でも自称祈祷師を名乗る男が糖尿病を患う子供の両親の切なる願いに付け込んで操りった揚げ句に死なせてしまい裁判員裁判の公判に自ら [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/20
  • ネタバレ・・・していないつもり。第20話 シェイクスピア的殺人事件(Much Ado About Murder=殺人にまつわる騒ぎ)いよいよファイナルseasonの大詰めも大詰めだとゆ〜のに今回のエピソードは何なのでしょうか・・・前回の伏線に何一つ触れることもなくそれに、ベケットの美しい顔には今までにない濃いアイシャドー・・・違和感・・・だす。(私がファイナルを意識しすぎただけのことかっ)いつものメンバーの出番もほとんど無くて [続きを読む]
  • POI(season4)一挙放送
  • いよいよ怒涛の展開season4の一挙放送3月11日(土)昼0:00pmからは第1話〜11話(通算69話〜79話)まで翌12日(日)昼0:00pmからは第12話〜22話(通算80話〜90話)まで自分が創ったマシンがハロルドの手から離れ、政府のノーザンライツ計画へその代価が、たった1ドルだったのは自分以外の誰も成し得ないというハロルドの傲りだと思う。ライバルを意識し、競合の可能性を見ようともしなかったからだよね?また政府機関も同じ。この [続きを読む]
  • 人気キャラクター投票に・・・考え込む
  • 思わず、呟きたくなってしまった。海外ドラマVOTEで海外ドラマファンが気になるテーマで投票を開催中で『海外ドラマファンの気持ちが分かるワン 投票!』https://kaigai-drama-board.com/vote/私はいつも少数派意見の代表とも言えるのにPOIのルートことエイミー・アッカーが女優部門で現在ところ、トップ!せっかくなので私も人気キャラクター投票に参加しようかなっとコレが面白いやり方で・・・一対一の対戦方式で選んで [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/19
  • ネタバレ含みます。第19話 スーパーヒーロー(Dead Again )ホンマに懲りない・・・てかっ、もう立派っすっ。今回もキャッスルが〇〇な人(達)と出会ってしまったら・・・で。まいどまいど、事件は解決して超常現象にもソレなりの説明の付く結果にガッカリ・・・分別ある大人ならば『いやいや、待て待て。今度こそ騙されないぞっ。』『ここはひとつ、慎重に慎重に・・・大人の頭脳で、良識ある見解を・・・』となるところ、キャッ [続きを読む]
  • PIO(season3)一挙放送
  • 今週はseason3の一挙放送3月4日(土)昼0:00pmからは第1話〜11話(通算46話〜56話)まで翌5日(日)昼0:00pmからは第12話〜23話(通算57話〜68話)までこのseason3・・・当初、制作側は何をどの様に意図したモノだったか・・・既に深く嵌ってしまっていた私の願い(安定した娯楽作品から長寿番組へ)とは『違うんだねっ・・・きっと独自のスタイルを守ったまま終わるんだねっ』と妙に悟らせるようなモノだった・・・と思う。そ [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/18
  • ちょいネタバレっす。第18話 裏切り(Backstabber=人を陥れる輩 )今回はヘイリーの過去・・・キャッスルとはまだ関わっていないMI6(007ジェームスボンドも所属するイギリス諜報機関、殺しのライセンス在り)時代を起因とするエピソード。ヘイリーってクール。ってか、かなり辛辣。特にキャッスルの一挙一動に間髪を入れない“ツッコミ”は手厳しくあるいは・・・呆れ顔のみ。はたまた、完全無視。彼女のそ〜ゆ〜ところは諜報員 [続きを読む]
  • POI(season2)一挙放送
  • 今週はseason2の一挙放送2月25日(土)昼0:00pmからは第1話〜11話まで翌26日(日)昼0:00pmからは第12話〜22話までこのseason2こそがこのドラマ・・・犯罪予知ユニットとしての華々しいピークであり私の一番、好きなシーズンだったかもしれない。season1で恋が始まって、めでたくゴールイン。そして・・・このseason2で家族が増えて家庭が・・・みたいなそうなると犬だって飼わなきゃ・・・いよいよベアーも登場する。幸せな家 [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/17
  • ネタバレ無し・・・だだの感想です。第17話 魔法のランプ(Death Wish=死の願望の意 )今回のエピソードですが…リチャード・キャッスルホイホイじゃ〜あ〜りませんかっと同時に私コーラルホイホイでも『たいへん美味しゅうございました』えっ?ホイホイの意味ですか?昭和48年、既に“モノごごろ”がついたお年頃でないと解らないかもしれませんねぇ〜。ごき〇りホイホイのホイホイのこと。誘い出す罠・仕掛けの事で、捕まってし [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/16
  • ネタバレ・・・ちょっと、します。第16話 婚約者の嘘(Heartbreaker=心をかき乱す人 )今回はエスポジートが隠していた過去と事件が合体。以前、ライアンがアンダカバー(潜入捜査)で対象関係者の一人と恋仲に発展し、身分を明かせないまま自然消滅的なエンディングを演出しまた新たに勃発した事件で古巣に戻って潜入するとゆ〜エピソードがあったけど・・・。今回は似ているようでちょっと違う。9年前にプロポーズした恋人が実 [続きを読む]
  • 一挙放送...POI(season1)第1週目
  • キタぁ〜!パーソンオブインタレスト!CSのAXNで2月18日(土曜日)昼12時 第一話=序章から翌19日 (日曜日)夜9時10分のseason1の最終話である第23話=予感までCMを挟まずに一挙放送されます。翌週の2月25日(土曜日)昼12時からはseason2を同様に・・・ファイナルseasonまで5週に渡ってファン必見!これは寝れないわぁ〜と思いつつ、寝ないワケにもいかないし・・・ってか、きっと寝てしまう・・・けど、TVつけっ放しで声だ [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/15
  • ネタバレ・・・してないつもり。感想です。第15話 NYPD警察学校(Fidelis Ad Mortem =広告殺人広場?・・・)一週開けて登場したベケット(スタナ・カティック)このエピソードの彼女はメチャクチャカッコ良かった!今はピープルズ・チョイス・アワード常連のヒロインの中のヒロインだけどシーズンが始まって長らくの間は『棒読み女優』と言われながら・・・だんだんとセリフにドスが効いてくるようになるまでにはカチンカチンに [続きを読む]
  • リーサルウェポン第10話
  • ネタバレ含みます(特に最後のシーン、バラします)。第10話「厭世(えんせい)の化学者」/ Homebodies(引きこもりの意)日本語タイトルならChemist of the world-wearinessとなる厭世(えんせい)とは・・・世の中って嫌やなモノ、生きる価値なんて無いと思う今の世界のこと。まさに、今のリッグス。刑事を離れたプライベートな時間のことでしょうか。マータフの運転で現場に向かう途中の何気ないマータフの問いかけ。『週末は何 [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/14
  • ネタバレ・・・う〜ん、少しあるかも?第14話 偉大なる探偵協会(The G.D.S. )因みに探偵業にまつわる団体を検索してみると WAD(世界探偵協会)、 CII(国際探偵評議会)、 ABI(英国探偵業協会)・・・残念ながらGDSはヒットしませんでした。一般的なGDS(Global Distribution System)とは世界中の航空会社、ホテル、レンタカーなどの予約・発券ができるコンピュータシステムのこと今回、失われた記憶を取り戻すために東のニュ [続きを読む]
  • リーサルウェポン第9話
  • ネタバレあり?!です。第9話「クリスマスの幻」/ Jingle Bell Glock(鳴らせグロッグの鐘)クリスマスを取り上げておきながらゾッとするタイトルをつけたもんです。Glockってたぶん・・・ポピュラーな拳銃の愛称(オーストラリアの銃器メーカー)をあらわしている言葉なんだろうと思う。例えば・・・箱ティッシュのことをクリネックスとおばあちゃんは言うし熟年秘書はコピー機をゼロックスというように開発会社のネーミングが品 [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/13
  • ネタバレ少々含みます。第13話 英語学校への潜入(And Justice For All=そして、全てに正義を )今回のエピソードはこのドラマが得意とするもしも、キャッスルが〇〇な人(達)と出会ってしまったら・・・今回は思いがけずキャッスル自身も記憶を失くしている失踪中の“手掛かり”に繋がる発見がっ。ベケットチームの捜査参加もできないため執筆活動の起爆剤に恵まれず、陰謀渦巻く事件とか、アッと驚く容疑者に…秘密に謎などな [続きを読む]
  • リーサルウェポン第8話
  • ネタバレ含みます。第8話 日本語タイトル不明 Can I Get a Witness?(目撃者を貰える?)昨年9月に放送開始したばかりの最新作をAXNが日本最速放送している為に未だ日本語タイルトルも設定されていない。そういえば・・・パーソンオブインタレストseason4の時も「アメリカの放送がお休みなので今週は飛びます」みたいな時もあったっけ・・・今回のエピソードはロバート・B・パーカーがハードボイルド小説で描く『スペンサー [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/12
  • ネタバレ少々含みます。第12話 脱出ゲーム(The Blame Game=避難ならぬ非難ゲーム)今回は脱出劇(時々、あるよねぇ〜、密室に猛獣のトラとか・・・)。トレジャーハンターが様々な“仕掛け”の謎を解いて難関突破的な要素とJ.J.エイブラムスが手掛ける超・サイエンスミステリー『フリンジ』的な要素も絶対絶命の密室の中での心理的行動とその描写・・・冒頭、スティーヴン・キングから「コラボの相談がある」とキャッスルにメー [続きを読む]
  • リーサルウェポン第7話
  • ネタバレ含みます第7話「眠れぬ夜」/ Fashion Police映画では3作目にレネ・ルッソ演じる内務調査部のコール警部補が登場するまでありがちなヒロインが登場せず、リッグスとマータフの関係を深く描き出していたけどこのTVドラマでは・・・どうなんでしょうかねぇ〜必要不可欠な署内の美人精神科医にその患者である傷を負った刑事・・・まさに“定番、ありがち、三種の神器かぁ・・・”なんて思っていたら今回のゲストは『ホワイト [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/11
  • ネタバレ含みます第11話 外交特権(Dead Red =速球の意)今回のゲストは『パーソンオブインタレスト』でショウの元同僚にしてコントロール腹心の部下や『BELIEVE』でも同じような身分を明かせない始末屋のような掃除屋のような・・・そんな役どころが続いている ニック・E・タラベイ私の純然たる第一印象は・・・まさにウェイトリフティングの選手!肘・膝を覆わないシングレット・レオタードから漏れ出る筋肉が似合いそうな人... [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/10
  • 少々、ネタバレですっ。第10話 正義の弁護人(Witness for the Prosecution=起訴側に有利な証人)今後の展開・・・キャッスルとの別居の原因でもあるベケットが目指す正義に重要なカギを握っていそうな敏腕弁護士の登場。キャスルが証人として証言する被告側の弁護人ケイレブ・ブラウン。演じるのはクリストファー・ポラーハ。アチコチ、TVドラマの有名どころでゲスト出演多数の個性派で、竹内力?!みたいな男優さん。なので・・ [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/9
  • 第9話 絶たれた歌声(Tone Death )久しぶりにエスポジートの歌声が聞けまぁ〜す(ほんのちょぴりだけど・・・)。ラニの歌声も聞きたかったなぁ〜。今回のTONE(トーン)・・・音の調子、音色この題の通り、美しい歌声がたくさん聞けるエピソード。一方でTONE(トーン)とはモノトーンなんて言うように・・・傾向、風潮、気風、格調なども表す言葉で、このエピソードを上手く表現していると思う。家柄を持つ者の気風と、そうでな [続きを読む]
  • キャッスル/ファイナルseason/8
  • 第8話 Mr.&Mrs. キャッスル(Mr. and Mrs. Castle )前回、第7話の最後のシーン結婚一周年記念日の夜を一緒に過ごした後、ケイトの携帯に表示された文字『進展アリ』の文字をリックは見てしまう。心は自分のもとにあるというのに・・・何故、ケイトは距離を置こうとするのか打ち明けてくれない秘密とはなんなのかきっと、コレは糸口になる・・・とばかりにリックの推理・追跡が始まるちぃとばかし、ズルい手を使ってでも知りたい [続きを読む]