玉田亮の「なんでも かんでも!」 さん プロフィール

  •  
玉田亮の「なんでも かんでも!」さん: 玉田亮の「なんでも かんでも!」
ハンドル名玉田亮の「なんでも かんでも!」 さん
ブログタイトル玉田亮の「なんでも かんでも!」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tamadaryo
サイト紹介文撮影 プロジェクションマッピング 音楽 オーディオにとどまらず おもしろいことをレポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供550回 / 365日(平均10.5回/週) - 参加 2016/01/17 20:59

玉田亮の「なんでも かんでも!」 さんのブログ記事

  • 単価が上がれ! 諸外国を意識する安価さを打破したい。
  • クロネコ便は1976年より関東圏から始まった。本当、宅配便の歴史は自身の歴史と言っても過言は無し、父の実家が青森、母の実家が山梨と果物の産地であるから、りんごや桃が送られてくる。1980年はまだ、クロネコが一般的ではなくまだ、鉄道会社系の輸送便がやり取りをしていた。今は何ら不思議は無いが、青森から出せば、最短で翌日の夕方に関東圏の自宅に到着するのが当たり前の世界であった。でも1980年頃は、出荷しても中3日は [続きを読む]
  • クルマの「ジリジリ」音、Vベルトの緩みと思いつつ、その後の経過
  • クルマの「ジリジリ」音について、Vベルトの締め付けで音が止まったので、滑っていた音?ではと思っていたが実は、音が小さくなっただけで、再び音が出始めている現象が続いてい。つまり、Vベルトの緩みではなかった。で、ここで仮説を立ててみた。vベルトを締めることで、異音がしなくなったということは、カーエアコンのコンプレッサーのプーリーか、オルタネーターのベアリング、Vベルトテンショナーのどれかから異音がしている [続きを読む]
  • やはり、成果物に対して、◯◯されるとると、◯◯なー、という瞬間。
  • 冬、寒くても梅雨、雨でも夏、猛暑でも、レースがある限り、しっかりレースの記録を薩英する、これがあ自分の使命である。いつもと変わらない撮影でいろんなカットを撮影している。カートレースの撮影も今年からスタート。今までしっかり映像に残していなかったので、レースの参加者から、「撮影頑張って! 写真期待しているぞ!」と、声を掛けられるように成ってきた。レース参加者も常連さんが多く、「写真撮影」が根付いて来た [続きを読む]
  • 「こびと図鑑」のCGが、今、自分の中では熱い
  • うちの子供がはまっている「こびと図鑑」アスミックエースが制作している子供向け動画であるがその本編で、実写とCGのマッチングが緻密で本当にその場にいるかのような臨場感に驚くで、石川ホールディングスさんというCG制作会社が担当しているが、その業務内容に驚くやっぱ、映像の仕事ってこんな感じが理想的なんだなぁーと感じる。馬鹿馬鹿しいプログラムにこそ全力を注ぐ!そんな、クリエーターでありたい。 [続きを読む]
  • 色温度が可変できるLEDライトって、せっかちには丁度いい
  • LEDライトをこの度、新調した。珍しくない機能となった、色温度が可変できるタイプのPT-15Bという中国製のLEDライトである。ソニー Lバッテリーはそのまま使えるタイプであり、新たにバッテリーを購入せずとも運用できる。アルミボディーで高級感もありつつ今回、期待していた機能として、色温度が可変できる機能を5000円以下の購入価格で探していた。一番気にしていた、緑かぶりも見た目で少なく3200から5600カルビンまでバリア [続きを読む]
  • 夜明けとともに動き出す。 未来永劫と虚宮
  • 品川から小田原行きの国鉄に乗り90分くらいで平塚駅に着く。1970年代 北口のNMビルはまだなく、お寺があった頃の七夕が一番好きだ。平塚の七夕といえば、垂れ下がったヒラヒラするテープ状の飾りが道に触れるくらいまで垂れ下ってデザインが多く、そんなギリギリ感と、テキ屋のピンクやミドリのカラーヒヨコしかない。1970年代、学校の校門ではテキヤの兄さんが「ヒヨコ」を売っていた。口裂け女が流行する前で、学校にはちょくち [続きを読む]