明神公約 さん プロフィール

  •  
明神公約さん: 明神公約
ハンドル名明神公約 さん
ブログタイトル明神公約
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aska2213
サイト紹介文神、信仰、救われる、祈る、運命、信じることが大切、成功、幸福、
自由文神について書いています。
運悪く自力では、なんとも出来ない人生もあり、
祈りで幸運を引き寄せる生活習慣も大切である。
成功を導く。
幸せを導く。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/01/18 15:15

明神公約 さんのブログ記事

  • 口汚く罵る
  • 最近はインターネットの普及などで、マスコミから一方的に発信してきた、論文や、コメント、メッセージ等が、誰もが手軽に発信できるようになり、様々な意見などにも反論もできるようになりました。その事で、自分に合わない意見などがあれば、集中的に攻撃を仕掛けることもできる。しかし、まれに悪魔から発せられたような凄まじい程の、口汚い罵り合いもあり、罵られた方も、ここぞと言わんばかりに口汚く反撃を繰り返す。 [続きを読む]
  • 合掌の大切さを感じ取る
  • 合掌は、尊敬、畏敬を表し、または、感謝、祈り、謝罪をも含み、苦しいとき、悲しいとき、辛いとき、怒りなどの、ネガティブな感情をも抑える事により、心を穏やかにする魔法の行動でもある。何も考えずに、人が居る居ないに関係なく、合掌することで、みずからの霊魂や失った大切な人々の霊魂を、鎮めることにも繋がります。合掌の習慣により、死をの恐怖も取り払う事ができるので、日々の生活で忘れずに行ってください。 [続きを読む]
  • 神の御言葉
  • 幸せの星たち。私は神の御言葉書き綴っています。神の示してくださった道標に、何度も何度も異議を唱えながら、神の御言葉と御業に尊敬と畏敬を感じて、神の御言葉、メッセージを述べ伝えています。時代とともに神の立ち位置は変わりつつも、神の人々への慈愛、慈悲は、悠久の時とともに錆びることはないのです。私は神のメッセージを日々述べ伝えています。混雑した大都会の交差点のように人は大勢居るが、義なる人は少な [続きを読む]
  • 人は誰でも死ぬ。合掌の大切さ。
  • 人は誰でも確実に死ぬ、金持ち貧乏人、関係なく人は誰でも死ぬ。人は、自分が死ぬと言う現実の世界から、目を逸らそうとする。しかし、死は確実に忍び寄ってくる。ときに、人は、今を、生きるのが辛く、自ら死を選ぶこともある。人々の行動を観察してみると、何故かしら?死後の世界の準備を整えているかのような錯覚にも襲われることもある。実際には、今を、生きている人の行動は、死後の世界に繋がっているのである [続きを読む]
  • 聖霊とは
  • 聖霊とは。普通キリスト教における聖霊は、神聖な魂、神の意志、精神活動などと言われる。分かり易く説明すると。キリスト教だけの教えにとどまらず、一般の道徳概念から、愛、慈愛、優しさ、親切、慈悲、思いやり、情けなどと、神から受ける智慧、勇気、力、忍耐などと加わり、自分や自分以外の人々を、大きな聖霊の力で包括でき、大きな力が備わる事を、神の聖霊と言える。聖霊の力により,人々の心を聖霊で満たすこ [続きを読む]
  • 神の聖霊を授かる。
  • 私は、神の聖霊を授かている。私の声に慕い従うことができる者は、どんな苦難災難も乗り越えることができ、神の福音も授かることができる。地球上には、神のメッセージを携えた人々が現れ、神のメッセージを述べ伝えてはいるが、時代とともに真理なる神のメッセージも葬られて、悪魔に取りつかれた霊魂により、神のメッセージが偽りの教えに変わり、聖典に神の言葉と悪魔の言葉が書き加えられ、世の、人々の心を惑わしてい [続きを読む]
  • 日頃から霊的レベルを高める
  • 日頃から霊的レベルを高める。霊的レベルを高める努力を常日頃から心がけるようにする。その事で自分のなりたい理想的な人間像や人々に慕われるような人間像近づき、御利益に授かりやすい性質を持つようになる。この世には霊的レベルの高い人も住んでいて、社会的貢献をなしている賢者が、周りに住んでいる。誰にも知られることなく、人々に光を与え続け、人々を助けている。光に助けられた人の中には、助けられたことに感 [続きを読む]
  • 見えない力を信じる
  • 目に見えない力を信じることは、 癒しにもなります。 全てが1+1=2の発想では、 つまらない人生を送ることになり、 希望も持てない人生を過ごすことになります。 たまには1+1=2の発想を捨てて 見えない力を信じることで、 安らぎを得ることにもなります。http://nkm2.webnode.jp/#奇跡 #夢 #叶う [続きを読む]
  • 日々の祈り方
  • 毎日声を発してとなえましょう。闇の中に微かな光があった。光は徐々に大きくなり、闇をおいかさぶった。光が闇に勝った。これは宇宙の始まりである。全ての始まりは神により、全ての事柄は神による。宇宙の全てが神の意識の中にあるように、地球の僅かな塵さえ神の意識の中にある。それゆへに人の善悪も神の意識の中にある。人々の心の底に棲む悪霊も、神は全てを知っている。神を畏怖し敬いて信じ、神の御言葉 [続きを読む]
  • 原始宗教
  • 現代社会において、自分一人では困難を乗り越えることは大変な事です。1人より2人、3人より4人と力を合わせれば、困難をも克服できます。宗教は本来、原始宗教が基本です。今の時代、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教等が占めています。一神教も原始宗教である、多神教に属しています。広大な宇宙が意識を有する神の存在なら、その下に数々の神が存在するのです。例えばキリスト教を考えれば、わかりやす [続きを読む]
  • 夜明け
  • 闇の中に微かな光があった。光は徐々に大きくなり、闇をおいかさぶった。光が闇に勝った。これは宇宙の始まりである。全ての始まりは神により、全ての事柄は神による。宇宙の全てが神の意識の中にあるように、地球の僅かな塵さえ神の意識の中にある。それゆへに人の善悪も神の意識の中にある。広大な宇宙は神である。意識を有する神である。神の存在を信じ祈れば、何の不安もあるまいし、過ぎ去った過去の煩わしさ [続きを読む]
  • 見えない世界と見える世界の相違
  • 見えない霊の世界の話。この世に何かしら影響を及ぼすものには、見える世界より、見えない物質世界の方が、肉体や霊魂、自然に及ぼす影響は、大きいいと言えます。見えない世界での何かしらの与える影響は、少ないと思いますが、案外見えない物質が、肉体、霊魂、自然界に及ぼす影響は大きいのです。例えば、ウイルスなどの目に見えない極小なものが、体に与える影響は大きいとも言えます。最悪の場合、死にも至ら [続きを読む]
  • 信仰は人々を救う。人々の拠りどころでもある。
  • 信仰心が人々を救う。信仰は人々を幸せに導く、どんな苦難災難が襲っても、信仰心の強さは、人々を救う奇跡でもある。神を信じ祈ることは救いに繋がる、謙虚な信仰心がその人の危機を救うのです。祈りにより神の力が降り注がれます。人々は何かしら希望や夢を抱いて前向きに生きようとします。ある日、絶望的な危機に陥るときもありますが、神を信じ奇跡を信じ、耐えて祈る人は、最後に神の栄光を手にします。それ [続きを読む]
  • 神の奇跡が降り注ぐ
  • 神の奇跡が降り注ぐ謙虚に神を信じ、日々祈る事で、この世の真理が見える。世の中には神霊パワーを醸す人が、多く存在します。特に、神霊パワーを備えている人は、神の対峙する悪魔、悪霊などにとっては、嫌な存在であるために、凄まじい攻撃、誘惑を仕掛けられる。もしも貴方が、他人に極端に苛められたり、攻撃、誘惑を仕掛けられているなら、貴方は、神霊要素が備わっていると言える。悪魔や悪霊にとっての恐怖 [続きを読む]
  • 神のパワーが降り注ぐ
  • 私は神のメッセンジャーであり、神の御言葉を述べ伝えています。神を慕い、神の声に耳を傾ける人々を、神は,見捨てません。祈りにより神の力が降り注がれます。今は苦しくても、神の奇跡を信じ祈り、正しく生きる人間を、神は見捨てません。貴方が、生きることに、絶望を感じても、神を信じ、ひたすら祈るならば、神の奇跡が必ず貴方に降り注がれます。貴方はひとりぽっちでも無いのです。神と貴方は結ばれてい [続きを読む]
  • 霊魂は記憶の媒体
  • 肉体を離れた霊魂は、手となるもの足となるものなどが消え、代わりに残されているのは記憶の媒体だけである。例えば、受精卵の中には目に見えない何百万とも言われる、遺伝子が組み込まれているように、目に見えない霊魂には記憶だけが残り、自我を確認する、「我」と言われる記憶が霊魂の全てです。人の子孫が継続したからとて、わたし個人の記憶とは違うわけで、わたしと似ても私ではないのです。それを選別できるのが「我」と [続きを読む]
  • 全てが神の一部
  • 神これは宇宙の始まりであり。神が定めた法である。全ての始まりは神により、全ての事柄は神による。宇宙の全てが神の意識の中にあるように、地球の僅かな塵さえ神の意識の中にある。それゆへに、人の善悪も神の意識の中にあり、人の心の隅に隠れている、善も悪も全ては神の、お見透しである。貴方が、広大な宇宙の創造主を捉える時、小さな五感では、捉える事が出来ない。5感、6感を全ての感を働かさなけれ [続きを読む]
  • 新しい夜明け
  • キリスト教と仏教の役割キリスト教と仏教はそれぞれ役割が違います。だからと言って全てが相反する事ではないのです。イエスキリストは、神の良い便りを述べ伝え、40日の断食(瞑想)で悪魔(煩悩)と戦っていたわけで、仏教の祖であるゴータマ・シッダールタ (釈尊) は神の存在の是非を唱えたわけでないが、地球地獄牢で生活している人々の、悩み苦しみの因果関係を深く掘り下げ見つめ、如何にそれらから開放されるかを、 [続きを読む]
  • 神の意図
  • 神の意図これは宇宙の始まりであり。神が定めた法である。全ての始まりは神により、全ての事柄は神による。宇宙の全てが神の意識の中にあるように、地球の僅かな塵さえ神の意識の中にある。それゆへに、人の善悪も神の意識の中にある。広大な宇宙の創造主を捉える時、人の小さな五感では、捉える事が出来ない。5感、6感を全ての感を働かさなければ、中々神の存在を捉える事が出来ない。宇宙の創造主、万物の創 [続きを読む]
  • 地球は宇宙の刑務所
  • アメリカの生物学者エリス・シルバー博士によると、人類は元来地球に存在していたわけでなく、20万年〜6万年前にエイリアンによって地球に送り込まれたと主張、人類の体は地球上の他の生物にはない「欠点」があり、その欠点特徴を幾つかの挙げている。そのひとつに二足歩行。それに伴う腰痛。人類の体の構造による、重力の加減を越した地球の重力に適していない説と。日焼けに弱いこと。本来人類は太陽光に晒される構造で [続きを読む]
  • 幸福とは
  • 幸せとは修養することで、心の状態を維持することにある。物質的、快楽的な幸せは長く続かないです。私達が何かをしよとすることは本質的に幸福を得ることであるが、幸福とは中々つかめないのです、金、名誉、地位あらゆる物質的なものや、快楽的なものを得ても長くは続かないものでもあり、本当の意味での幸福を得るということは、修養することで得た幸福が大切で、、修養とは、徳性をみがき人格を高める事で、苦しみもあり [続きを読む]
  • 聖書は神の言葉だけでなく悪魔が書き加えた箇所もある。
  • 聖書は神の言葉だけでなく悪魔が書き加えた箇所もある。聖書を研究するとき、全ての聖書の言葉を神の言葉と捉えると争いの元となる。イエスが悪魔の誘惑を受けるために44日44夜断食したのち、悪魔は色々な手でイエスを誘惑する。イエスはそれらを退けている、その事からも、悪魔は人々が神に逆らうように、色々な手を尽くして策略をねっている聖書に細工を施している。悪魔は十分知っている。人々が神に逆らうための [続きを読む]
  • 神の警告
  • 神に選ばれた人間であり、神のチャネラーとして、神の御言葉を述べ伝えています。貴方がこの章を見開いたのは、決して偶然ではなく神の導きによります。その導きは単なる偶然だと、うそぶき嘲弄し、この章を閉じることは、神の大切な御言葉を燃えさかる炎に投げ捨てているのと同じ事です。神おも貴方を燃えさかる炎から救い出そうと努めていますが、貴方自身、自ら炎に飛び込んでしまうのです。この章が、真実でないと [続きを読む]
  • 自殺や自爆等は天国ではなく地獄で悩み苦しむ
  • 毎日世界各地での紛争が絶えません。特に自爆テロ事件は、全ての人々を恐怖と悲しみの底におとしめています。決して自殺や自爆等で、あの世が受け入れてくれることはないのです。宇宙原罪地獄牢と言われる地球で、人々は自分の罪と前向きに対峙する必要があり、決して自殺、自爆などで逃げることで、神は良しとされません。自殺、自爆での霊魂は、天国、黄泉の世界、オアシス、などに届きません。逆に自殺、自爆は、自責の念で [続きを読む]
  • 瞑想による悪霊退治
  • 貴方を襲う悪霊を追い払う方法。人には、それぞれ個なる霊魂が存在します。世に存在している人々の霊魂は殆ど悪霊で汚れています。又、他の悪霊に侵されていたりします。人の苦しみ悲しみは悪霊によるものであり、人々に襲いかかる人害、災害は悪霊による作用です。悪霊は逃げても逃げても襲って来ることがあります。悪霊を払う方法はいろいろありますが、瞑想による悪霊退治方法が簡単で、瞑想での悪霊退治方法は、 [続きを読む]