明神公約 さん プロフィール

  •  
明神公約さん: 明神公約
ハンドル名明神公約 さん
ブログタイトル明神公約
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aska2213
サイト紹介文神、信仰、救われる、祈る、運命、信じることが大切、成功、幸福、
自由文神について書いています。
運悪く自力では、なんとも出来ない人生もあり、
祈りで幸運を引き寄せる生活習慣も大切である。
成功を導く。
幸せを導く。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/01/18 15:15

明神公約 さんのブログ記事

  • 神の奇跡が降り注ぐ
  • 神の奇跡が降り注ぐ謙虚に神を信じ、日々祈る事で、この世の真理が見える。世の中には神霊パワーを醸す人が、多く存在します。特に、神霊パワーを備えている人は、神の対峙する悪魔、悪霊などにとっては、嫌な存在であるために、凄まじい攻撃、誘惑を仕掛けられる。もしも貴方が、他人に極端に苛められたり、攻撃、誘惑を仕掛けられているなら、貴方は、神霊要素が備わっていると言える。悪魔や悪霊にとっての恐怖 [続きを読む]
  • 神のパワーが降り注ぐ
  • 私は神のメッセンジャーであり、神の御言葉を述べ伝えています。神を慕い、神の声に耳を傾ける人々を、神は,見捨てません。祈りにより神の力が降り注がれます。今は苦しくても、神の奇跡を信じ祈り、正しく生きる人間を、神は見捨てません。貴方が、生きることに、絶望を感じても、神を信じ、ひたすら祈るならば、神の奇跡が必ず貴方に降り注がれます。貴方はひとりぽっちでも無いのです。神と貴方は結ばれてい [続きを読む]
  • 霊魂は記憶の媒体
  • 肉体を離れた霊魂は、手となるもの足となるものなどが消え、代わりに残されているのは記憶の媒体だけである。例えば、受精卵の中には目に見えない何百万とも言われる、遺伝子が組み込まれているように、目に見えない霊魂には記憶だけが残り、自我を確認する、「我」と言われる記憶が霊魂の全てです。人の子孫が継続したからとて、わたし個人の記憶とは違うわけで、わたしと似ても私ではないのです。それを選別できるのが「我」と [続きを読む]
  • 全てが神の一部
  • 神これは宇宙の始まりであり。神が定めた法である。全ての始まりは神により、全ての事柄は神による。宇宙の全てが神の意識の中にあるように、地球の僅かな塵さえ神の意識の中にある。それゆへに、人の善悪も神の意識の中にあり、人の心の隅に隠れている、善も悪も全ては神の、お見透しである。貴方が、広大な宇宙の創造主を捉える時、小さな五感では、捉える事が出来ない。5感、6感を全ての感を働かさなけれ [続きを読む]
  • 新しい夜明け
  • キリスト教と仏教の役割キリスト教と仏教はそれぞれ役割が違います。だからと言って全てが相反する事ではないのです。イエスキリストは、神の良い便りを述べ伝え、40日の断食(瞑想)で悪魔(煩悩)と戦っていたわけで、仏教の祖であるゴータマ・シッダールタ (釈尊) は神の存在の是非を唱えたわけでないが、地球地獄牢で生活している人々の、悩み苦しみの因果関係を深く掘り下げ見つめ、如何にそれらから開放されるかを、 [続きを読む]
  • 神の意図
  • 神の意図これは宇宙の始まりであり。神が定めた法である。全ての始まりは神により、全ての事柄は神による。宇宙の全てが神の意識の中にあるように、地球の僅かな塵さえ神の意識の中にある。それゆへに、人の善悪も神の意識の中にある。広大な宇宙の創造主を捉える時、人の小さな五感では、捉える事が出来ない。5感、6感を全ての感を働かさなければ、中々神の存在を捉える事が出来ない。宇宙の創造主、万物の創 [続きを読む]
  • 地球は宇宙の刑務所
  • アメリカの生物学者エリス・シルバー博士によると、人類は元来地球に存在していたわけでなく、20万年〜6万年前にエイリアンによって地球に送り込まれたと主張、人類の体は地球上の他の生物にはない「欠点」があり、その欠点特徴を幾つかの挙げている。そのひとつに二足歩行。それに伴う腰痛。人類の体の構造による、重力の加減を越した地球の重力に適していない説と。日焼けに弱いこと。本来人類は太陽光に晒される構造で [続きを読む]
  • 幸福とは
  • 幸せとは修養することで、心の状態を維持することにある。物質的、快楽的な幸せは長く続かないです。私達が何かをしよとすることは本質的に幸福を得ることであるが、幸福とは中々つかめないのです、金、名誉、地位あらゆる物質的なものや、快楽的なものを得ても長くは続かないものでもあり、本当の意味での幸福を得るということは、修養することで得た幸福が大切で、、修養とは、徳性をみがき人格を高める事で、苦しみもあり [続きを読む]
  • 聖書は神の言葉だけでなく悪魔が書き加えた箇所もある。
  • 聖書は神の言葉だけでなく悪魔が書き加えた箇所もある。聖書を研究するとき、全ての聖書の言葉を神の言葉と捉えると争いの元となる。イエスが悪魔の誘惑を受けるために44日44夜断食したのち、悪魔は色々な手でイエスを誘惑する。イエスはそれらを退けている、その事からも、悪魔は人々が神に逆らうように、色々な手を尽くして策略をねっている聖書に細工を施している。悪魔は十分知っている。人々が神に逆らうための [続きを読む]
  • 神の警告
  • 神に選ばれた人間であり、神のチャネラーとして、神の御言葉を述べ伝えています。貴方がこの章を見開いたのは、決して偶然ではなく神の導きによります。その導きは単なる偶然だと、うそぶき嘲弄し、この章を閉じることは、神の大切な御言葉を燃えさかる炎に投げ捨てているのと同じ事です。神おも貴方を燃えさかる炎から救い出そうと努めていますが、貴方自身、自ら炎に飛び込んでしまうのです。この章が、真実でないと [続きを読む]
  • 自殺や自爆等は天国ではなく地獄で悩み苦しむ
  • 毎日世界各地での紛争が絶えません。特に自爆テロ事件は、全ての人々を恐怖と悲しみの底におとしめています。決して自殺や自爆等で、あの世が受け入れてくれることはないのです。宇宙原罪地獄牢と言われる地球で、人々は自分の罪と前向きに対峙する必要があり、決して自殺、自爆などで逃げることで、神は良しとされません。自殺、自爆での霊魂は、天国、黄泉の世界、オアシス、などに届きません。逆に自殺、自爆は、自責の念で [続きを読む]
  • 瞑想による悪霊退治
  • 貴方を襲う悪霊を追い払う方法。人には、それぞれ個なる霊魂が存在します。世に存在している人々の霊魂は殆ど悪霊で汚れています。又、他の悪霊に侵されていたりします。人の苦しみ悲しみは悪霊によるものであり、人々に襲いかかる人害、災害は悪霊による作用です。悪霊は逃げても逃げても襲って来ることがあります。悪霊を払う方法はいろいろありますが、瞑想による悪霊退治方法が簡単で、瞑想での悪霊退治方法は、 [続きを読む]
  • 人間の傲慢さ
  • 前東京都知事の舛添氏なる人物を見て思う事。秀才で東京都知事まで登り務めた舛添氏、昔からマスメディアに顔を出し人気を博していたが、政治資金支出を巡る公私混同問題で辞任に追い込まれ、人格も問題視され「セコい」という不名誉な肩書も背負ったまま、東京都庁から去った。東京大学法学部卒業、学位は法学士。自由民主党参議院政策審議会議長。厚生大臣。東京都知事。超エリートの転落人生。努力すれば何でも手に [続きを読む]
  • 地球は地獄の牢獄
  • 地球地獄牢獄を唱えると、異議を唱える人々がいます。特にキリスト教信者に多いです。つまり人間の原罪は、アダムとエバの二人が蛇の誘いにより、知識の実を食べたことにあるとされています。其処から人間の罪が生まれ、人間の苦しみ悲しみが始まったとされています。確かにそうれも言えるといえますが、諸々の星々で神に背き罪を犯して、この地球に閉じ込められた人間も多数います。例えば聖書の中で神はアダムを塵から作 [続きを読む]
  • 既存の宗教では救われない人々を救う
  • 一緒に宗教集会所の設立を目ざしてみましょう。現代社会において、自分一人では困難を乗り越えることは大変な事です、1人より2人、3人より4人と力を合わせれば、困難をも克服できます。宗教は本来、原始宗教が基本です。今の時代、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教等が占めています。一神教も原始宗教である、多神教に属しています。広大な宇宙が意識を有する神の存在なら、その下に数々の神が存在しても [続きを読む]
  • 神の御使いと救世主
  • 私は神に選ばれた神の御使いである。神の御言葉を人々に宣べ伝える。偽りのない真理を述べ伝えている。誤った人々の進む道を正すために、神の御言葉を述べ伝えている。人々は真なる神の声を聞こうとしない。 現代社会の雑音に流されて、偽りの神の声に傾き、真の神の声を聞こうとせず、偽りの幸せを追い求める内に、泡とかした苦しみを掴み。悩みさすらう。お釈迦様が人々に慈悲を授けたように、イエス・キリス [続きを読む]
  • 輪廻転生による霊魂の成長
  • 人は何度も輪廻転生を繰り返しています。生まれては死に、生まれては死に、何度も輪廻転生を繰り返しているのです。輪廻転生の意味は,霊魂の成長のため、霊魂の浄化の進化促す、神が人に与えた試練でもあります。人は何の道標もないと悪を試みます。何度も悪を試み、生まれては悪を、死んで悪霊となり、生きている人を悪に導きます。悪霊がつくという状態です。普通に人の霊魂は、輪廻転生を繰り返す内に悪を [続きを読む]
  • 瞑想による効果
  • 色々な自己啓発や、スピリチュアルなどの、著書を開いてみると、「幸せになる方法とか、」「幸運が舞い込むとか、」色々な解決策が書いてあるが、具体的な解決方法ではなく、ただ当たり前の事を書いているだけで、読んで少しは、元気になったつもりになりますが、中々継続しません。例えば辛い時は、無理にでも笑うとか、不幸なときは、「私は幸せだとか」過ぎ去った過去の事は、変えようがないから、 前向きに、来 [続きを読む]
  • 神の光
  • 瞑想により神の光が授けられる。この世では色々な欲の欲の誘惑の悪霊が、人々に襲いかかる。小さな心の隙間から、。欲の欲の誘惑の悪霊が次から次へと襲いかかる。その悪霊を追い払うには、瞑想がいちばん良い。日々時間の空いた時、瞑想を行うことにより、色々な煩悩の元になる悪霊を追い払うことが出来る。瞑想することは悪霊との戦いでもある、瞑想を実践するとき、目を閉じた時、心のなかで、「ごうしんぞうこう けんし [続きを読む]
  • 心を強くする
  • 感謝への祈り主よ。我が神。 ヤッハーラー神よ。我々の煩悩(ぼんのう)取り払ってください。物質欲(ぶっしつよく)。金銭欲(きんせんよく)。酒飲欲(しゅいんよく)。賭博欲(とばくよく)。色欲(しきよく)。出世欲(しゅっせよく)。名誉欲(めいよよく)。 どうか我々の心に住み憑く、 煩悩の悪霊を取り払ってください。 怒り、妬み、疑い、盗み、愚痴、恨み、暴力、 愚かな悪霊を取り [続きを読む]
  • ヤッハーラーへの感謝の祈り
  • ヤッハーラーへの感謝の祈り主 ヤッハーラーよ。あなたは、広大な宇宙を支配する神であり、万物の想像主であり。われらの救い主です。あなたが神々の主であり、至高なる神であること、その神のもとで、われらが全世界救済の、手助けが出来ることを感謝します。ありがとうございます。主 ヤッハーラーよ。われらの罪を許して下さい。われらの霊の浄化が進み、この地球地獄牢から、自由に霊魂が解き放たれように、 [続きを読む]
  • 神の御言葉を何度も唱える
  • 心を強化し、献身的に人々に仕え。神に帰依し。明き心でこの世を過ごせば、天国なる星に導かれし。魂が自由に解き放たれ、幸せな日々を過ごせし。人の魂は神の意識の中に存在。それゆへ、人の善悪も神の意識の中にあり。日々の正しい祈りは神に届き。祈りこそ神と人の結びである。そして感謝の気持ちで、「ありがとうございます」を何度も発すれば心豊かになれり。「ごうしんぞうこう けんしんとうたつそうごうぜんけ [続きを読む]
  • 身近に存在する天使
  • 何気ない生活の中で私たちは、天使とともに生きています。天使とは?神が私たちに、絶望から希望に導くために、天から地上に降りてきて、普通の人のように生活して、絶望の底で苦しんでいる人々を、[神の光]である希望で私達の心を満たせてくれます。天使は、私たちに「神の意図」を行動や仕草で伝えてくれているのです。天使は先ずこの地上に降りた時、私達と同じ苦しみを受けます。病気とか身体に何らかの障がいを [続きを読む]
  • 神の光
  • 神の霊は光である。光は愛である。人は1人では生きられない、人は、苦しみ、悲しみ、悩み、不安を抱えながら生きている。それらを招くのも人でもあるが、それらを救うことが出来るのも、神の愛であり人の愛である。愛は、いつくしむ心、いたわる心、地獄と言われる地球上で、神が人に与えた光である。神が人に与えた光を、人は他の人に光を与えることにより、人の霊は進化の階段を一歩一歩登っていく。 [続きを読む]