moriya さん プロフィール

  •  
moriyaさん: 守屋智敬のブログ リーダーシップ研修講師の現場から
ハンドル名moriya さん
ブログタイトル守屋智敬のブログ リーダーシップ研修講師の現場から
ブログURLhttp://ameblo.jp/moriyablog/
サイト紹介文研修講師、「シンプルだけれど重要なリーダーの仕事」の著者 守屋智敬の公式ブログ
自由文<著書>発売2ヶ月半で3万部突破!「シンプルだけれど重要なリーダーの仕事」
http://www.moriyatomotaka.com/#!book/cz2jc
<公式HP>
http://www.moriyatomotaka.com/
<無料メルマガ>
http://www.mag2.com/m/0001669512.html
<復興地東北でのいのちてんでんこツアー>
http://www.moriyatomotaka.com/#!touhoku/bgc8x

守屋智敬(もりや ともたか)
株式会社モリヤコンサルティング
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/01/18 18:30

moriya さんのブログ記事

  • 航空自衛隊連合幹部会機関誌「翼」に寄稿
  • 東日本大震災から6年。このたび、「復興地三陸沿岸部に生きる人たちに学ぶリーダーのあり方」と題して、航空自衛隊連合幹部会機関誌「翼」に寄稿させていただきました。『大切なものを大切にする生き方の大切さ』を、ぼくは復興地東北で出会った方々に教えていただきました。皆さんにとって、大切なものとは?大切なものを大切にする生き方とは?2017.3.11 岩手沿岸部より▼守屋智敬とめぐる復興地東北ツアーhttp://www.mor [続きを読む]
  • 3月にぜひ読んでほしい1冊
  • 【3月にぜひ読んで頂きたい本】http://www.moriyatomotaka.com/book20162012年から続けてきた復興地東北をめぐる活動がきっかけとなりうまれたのが、この本「導く力」です。生き方、あり方、仕事や家族のことなどを考えるきっかけになる一冊。震災からもうすぐ6年。来週の3.11をまえに、ぜひ1人でも多くの方に、拙著「導く力」を改めて読んでいただけたらうれしいです。●導く力(守屋智敬)http://amzn.asia/2ayRt9y*出版社の [続きを読む]
  • 料理を作ることが楽しいと思い始めた予感?!
  • 写真は、妻が大好きなチャプチェ。最近、お世話になっている方々を自宅にお招きしてのホームパーティーにすっかりはまっています。時間をきにせず、周りもきにせず、固有名詞が出ても大丈夫な安心安全の場。ゆっくり話し込むことができる時間。そのアットホームな空気感に魅了され、今年に入ってから、会食の場を、自宅(ホームパーティー形式)にかえました。はじめは、切って盛ってなだけだったホームパーティーでしたが、いつし [続きを読む]
  • 二冊同時に、リーダーシップのリコメンド棚に!
  • 写真左下の二冊の本。ピンク(シンプルだけれど重要なリーダーの仕事)とブルー(導く力)の本。『リーダーシップ特集のリコメンド棚に、2冊同時に守屋さんの本がありましたよ!』『「蔦屋書店 フォレオ菖蒲店」は日本最大級の売り場面積があるみたいですよ!』尊敬してやまない、売れっ子講師の友人夫妻より、写真つきのメッセージが届きました。本当に大きな書店さん!ぼくの本のことを気にかけてくれている友人の存在が、何より [続きを読む]
  • 母の講演会「がんと共に生きる」に参加して
  • ジャーナリスト下村満子さん主催の「生き方塾」にて、母が講演するとききでかけてきました。第1部は「がんと共に生きる」第2部は「私学復活をかけた変革の試み」我が母親ながら、圧巻の講演でした。最近の母は、息苦しさを感じる日々なのですが、それでも壇場にたった途端、母は、イキイキと輝いていました。いまから21年前の55才のときに乳がんを告知された瞬間の話し。残された時間をどう生きていくのかを3年スパンで考え [続きを読む]
  • たずね歩きの時間「後方支援の拠点となった遠野市」
  • この週末は、雪つもる東北へ今回は研修ツアーのナビゲーターとしてではなく、ぼく自身がゆっくりと語り合うためのたずね歩きの旅。そして、あらたなツアー訪問先の検討のための時間でもありました。遠野市にある「後方支援資料館」を初訪問。東日本大震災において、甚大な被害をうけた大槌町の隣町である遠野市が、どんな役割を果たしたのか?をはじめ、市が保管している手書きの模造紙や写真等、後方支援活動に関する貴重な記録資 [続きを読む]
  • 映画「海賊とよばれた男」
  • 大ヒット上映中の映画「海賊とよばれた男」をみました。涙がとめどなくあふれ、心には火が灯され、みおわったあと、しばらく劇場から席を立つことが出来ませんでした。 ・覚悟と勇気・大切なものを大切にすること・何のため?誰のためなのか?・「何をするか」よりも「どう生きるか」?・自分の力で成し遂げたことこそ誇りになる・できない理由を考えるより、できることを考え抜くそして、ぼくは、この映画から、 [続きを読む]
  • 誕生日プレゼントは、5年日記。
  • 先日、47才の誕生日を迎えました!写真は妻からもらった誕生日プレゼントの『5年日記』。実は、これまでに、何度も日記を書こうとトライしてきたものの、なかなか続けられず断念してきました。妻曰く、「私からの誕生日プレゼントなんだから、絶対、続けてよね!!(これで、続けられるね)」という一言に、妻らしい愛を感じています(笑)毎日の積み重ね。毎日の振り返り。来年のこの日が楽しみです。Facebookで、「5年日記が誕 [続きを読む]
  • リーダー必読書:世界銀行元副総裁の西水美恵子さんの新刊
  • 世界銀行元副総裁の西水美恵子さんの言葉には、ふるいたたされるものがあります。「動きなはれ!」「自分自身のボスになる」「君みずからが世に望む変化になれ」新刊『私たちの国づくりへ』は、「1人1人が国をつくるリーダーである」という勇気をもらえる1冊であり、「自分が自分を生きる」ということの大切さを痛感させられる1冊である、とぼくは感じました。リーダー必読書。ひとりでも多くの方に、西水美恵子さんの本を読ん [続きを読む]
  • 韓国も日本も、研修テーマ(企業がかかえる課題)は同じ。
  • 韓国で研修会社を経営しているジャンさんと数年ぶりに再会。生き方や考え方に共感するところが多々あり、「リーダーとは?」「経営とは?」「家族とは?」など話しは多岐におよびました。企業がかかえる課題は、国をこえて、普遍のテーマだということも、あらためて認識。刺激あふれる、かけがえのない時間を、忙しいなかつくってくれたジャンさんに感謝の1日となりました。(写真は韓定食のごく一部)JAL国際線のオーディオブッ [続きを読む]
  • ぼくがどうしてもJALで海外に行きたかった理由
  • 日本航空(JAL)で、どうしても海外に行きたかった理由がコチラの写真。↓JAL国際線のオーディオブックに、「シンプルだけれど重要なリーダーの仕事」が選ばれたからなんです。実際に目にした時には、感動ひとしお。ひとめが少しきになりながらも、写真をとらずにはいられませんでした(笑)オーディオブックは、プロのナレーターの方が朗読しています。本当に不思議な感覚におそわれました。このような機会をいただいたことに、た [続きを読む]
  • 企業と人材(1月号)に東北ツアーの記事が掲載されました!
  • 昨年も色々な媒体で、インタビュー記事や2冊の本の紹介をいただく機会にめぐまれましたが、2017年初の雑誌掲載は「企業と人材」となりました。数ページにわたり、復興地東北をめぐり、出会いに学ぶ「いのちてんでんこツアー」の体験レポート記事が掲載されています。体験レポート震災から5 年目を迎えた三陸にて「自分らしい生き方」を学ぶ復興地東北「いのちてんでんこツアー」(編集部)多くの企業において。人事部門の方々に長 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。今年も、自分の志を信じて、これまでとは違う世界に挑戦してみようと思っています。出かけて出会って。新しいことにトライしてみて。コンフォートゾーンをでるからこそ、自分のことがよく分かる。一人では何もできませんが、最愛の妻と、いつも支えてくれる家族と、そしてご縁をいただき、ぼくを導き、叱咤激励をくださる方々との出会いにより、「叶えてゆきたい」と思えるコトにあふれています。 [続きを読む]
  • ご縁に導かれた2016年に心より感謝して
  • 2016年もたくさんのご縁に導かれた1年でした。かかわる皆さまに心よりの感謝の気持ちでいっぱいです。独立したての不安な1年を乗り切れたのもご縁。新たな著作「導く力」がKADOKAWAより出版できたのものご縁。復興地三陸沿岸で出会いに学ぶ「いのちてんでんこツアー」を無事に主宰できたのもご縁。これまでのご縁、これからのご縁。これからも大切に、大切に歩んでいこうと思います。守屋智敬 [続きを読む]
  • 渡辺和子シスターのご冥福を心よりお祈り申し上げます
  • 渡辺和子シスターが昨日、すい臓がんにより、天に召されました。シスター渡辺は、母の恩師であり、ぼくも小さな頃から可愛がってもらってきました。今年の7月には、岡山の修道院で久しぶりにお時間をいただき、妻とともに多くの語らいの時間をいただきました。10月に上梓した導く力をお送りしたところ、お読みいただいてのお手紙をくださったたばかりだったこともあり、いまだ信じられません…。これまでにいただいた数々の言葉を [続きを読む]
  • 『WELに暮らそう』 冬号(インタビュー記事)
  • 福利厚生サービス情報便 『WELに暮らそう』 の冬号に、インタビュー記事がのりました。TOYOTA、富士通、SONYなど、提携先企業の社員の方々を対象に、90万部発行の雑誌とのこと。「ちょっとした心がけ」「部下の本音をきくには?」などについてお話しさせていただきました。もしご家庭にこの雑誌があれば、ぜひ手にとってご覧いただければと思います。別のページでは、ぼくのオススメ本も、紹介させていただきました。今年も、2冊 [続きを読む]
  • 心あたたまる手紙に感動…。真似できない温もり。
  • 今年5月に小中学校の先生方に講演をさせていただきました。そのときにご挨拶させていただいた、ある教育委員会の方が、拙著「導く力(KADOKAWA)」をお読みになり、お手紙をくださいました。思わず写真を撮ってしまうほど感動したのは、7枚のカード。「導く力」にある数ある言葉のなかから選ばれた言葉たち。心に残った言葉をカードにしてプレゼントいただいたことに感無量でした。 [続きを読む]
  • 1年を静かに振り返る時間をもつ
  • 喧騒をはなれて、静かに、この1年間をゆっくり振り返る時間。去年の年末は、こんな時間をもつほどの余裕はなく、独立起業したばかりで、ドタバタと新年を迎えた記憶がある。今年の年末は、ご縁をいただいたおひとりおひとりを思い出しながら、ゆっくりとした振り返りの時間を設けることに。1日1日を丁寧にいきる。1年1年を丁寧にふりかえる。 [続きを読む]
  • 大学生からの大いなる刺激!岩手県内大学生への講演
  • 先週土曜日は、岩手県内大学生に講演をさせていただく機会にめぐまれました。ふるさといわて創造プロジェクトの一環として、起業家や企業経営者と交流しながら起業を学ぶプログラム「いわてキボウスター開拓塾」質問が活発だったことが、驚きと共にうれしかったです。●どうすればモチベーションを維持し続けられますか?●なかなか言ったことが伝わらなくてイライラすることがありますが、どうすればいいですか?●責任って何です [続きを読む]