脳みそ子 さん プロフィール

  •  
脳みそ子さん: 完全独学で公務員試験に合格するブログ
ハンドル名脳みそ子 さん
ブログタイトル完全独学で公務員試験に合格するブログ
ブログURLhttp://bekomuin.hatenablog.com/
サイト紹介文完全に独学で公務員試験合格した体験記。主に勉強方法について書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/01/19 16:56

脳みそ子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 模試を受けるにあたっての注意点
  • こんにちは。今日は公務員試験の模試を受けるにあたっての注意点について書こうと思います。私はLECの模試しか受験していませんが、できるだけ他の予備校の模試でも共通するような注意点を挙げました。1.本番と同じ緊張感を持つこと本番の試験に行くような気持ちと心構えで臨んでください。前日の夜から持ち物の準備をして温度調節のしやすい服装、模試の休憩時間に読む教材も考えます。とはいっても本番は春〜夏にかけて行われ [続きを読む]
  • どうしても人文科学が頭に入ってこないとき
  • こんばんは。先日は、人文科学の最小限の勉強法について書きました。日本史は江戸・明治以降のみ、世界史は産業革命以降と言う風に書きましたが、問題集の問題とその解答だけでは事が起こった背景などが何もわからないため、それらの範囲を覚えようとするのはなかなか難しいです。そういうときは、勉強合間の気分転換がてら歴史漫画を読むことをおすすめします。下には『受かる勉強法〜』で記載されていた本を挙げましたが、歴史漫 [続きを読む]
  • 人文科学の効率の良い勉強法
  • こんにちは。新年度になり、日常が忙しくなかなか更新が出来ずにいて申し訳ありません。そろそろ公務員試験の筆記試験対策もラストスパートですね。今年度受験予定の方は、ここまでやったからには最後です。気合いを入れて頑張ってください。あとそろそろ独自日程の地方自治体や特別区などの申し込みが開始されますのでそちらも欠かさずチェックしてください。情報サイトはこちらの記事をご参照ください。さて、今日は人文科学の効 [続きを読む]
  • とっても簡単な時事対策
  • こんにちは。今日はとってもゆるい感じで時事対策について書きたいと思います。なぜゆるい感じかと言うと、時事については本当にゆるい感じでしか勉強していなかったからです(笑)というより勉強というほどの勉強もしていなくて、相変わらず読み物は適当に読み流すだけのインプットでした。ですが、私が当時どういうポイントで読んでいたかといった読み方のコツについて書いていきます。まず、公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法 [続きを読む]
  • ES用に落とし込んだ自己分析の方法②
  • こんにちは。今日はES用に落とし込んだ自己分析の方法の続きを書こうと思います。ES用に落とし込んだ自己分析の方法①ES対策を最低限で終わらせるには、自分史を一から作り上げてその中から公務員になる志望動機や公務員としての特性、自分の長所を考えるのではなく、あらかじめ求められている答えに自分の生き方や考えを照らし合わせていくやり方が一番効率が良く、かつ通過率も上げることができると考えます。そのためにまずはこ [続きを読む]
  • ES用に落とし込んだ自己分析の方法①
  • こんにちは。今日はエントリーシートや面接用に落とし込んだ自己分析の方法をお伝えしようと思います。前回の自己分析方法の記事では、民間企業向けの自己分析本『絶対内定〜』を使って自分の人生や価値観を掘り下げていくと書きました。この本にあるワークシートを使って自分のこれまでの歴史や考え方・価値観を見つめなおして文章化するのですが、はっきり言ってしまうと、本の中にある「最低限やってほしいワークシートだけやっ [続きを読む]
  • マクロ経済学・ミクロ経済学の勉強法 ②定着編
  • こんにちは。前回の更新からだいぶ間が空いてしまいましたが、マクロ経済・ミクロ経済の勉強法定着編を書こうと思います。前回は、『最初でつまずかない経済学』を一読二読して内容を把握すると書きました。 そのあとは、『スーパー過去問』に取り掛かります。公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 マクロ経済学公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 ミクロ経済学正直、『最初でつまずかない経済学』と『スー過去』のレベルの差はかなり [続きを読む]
  • マクロ経済学・ミクロ経済学の勉強法 ①導入編
  • こんにちは。今日はマクロ経済学とミクロ経済学の勉強法について書きます。ミクロ・マクロは、結構苦手意識を持っている受験生が多い科目ではないかなと思うのですが、実際はそこまで苦な科目ではないです。ただし、単元数が多いので数的処理や民法と並んで早い時期から固めていく必要があります。とは言っても、公式を覚えてグラフを書くことさえ出来れば大体なんとかなる科目というのが分かってくると思うので「こんなもん余裕だ [続きを読む]
  • 模試について
  • こんにちは。今日は、模試について書こうと思います。完全独学で勉強するうえでは、模試で全受験生と比べ自分の実力を確認することが非常に大事です。特に独学受験生の場合は、周りに公務員受験生はあまりいないと思われるため、自分の勉強がうまく進んでいるのか遅れているのか、アウトプットができているのかできていないのか全く分からない状況だと思うので、模試をフル活用してください。模試は、母体の多い模試を受けることと [続きを読む]
  • 数的処理の勉強法 ③定着編
  • こんにちは。前回の記事では、数的処理アレルギーを取り除くよう簡単な高卒程度の問題集を使って学習する方法を書きました。今回は、実際に受験する試験種の過去問題集を使った実践編を書きます。使用する教材はこちらです。畑中敦子の数的推理ザ・ベスト プラス畑中敦子の判断推理ザ・ベスト プラスこの2冊は大卒用程度の問題集で、地方上級・特別区・都庁・国家一般職・国家専門職・国家総合職レベルの過去問が載っています。実 [続きを読む]
  • 数的処理の勉強法 ②肩慣らし編
  • こんにちは。前回の記事では、数的処理に対してアレルギーを起こさないような導入方法について書きました。今回は数的アレルギー反応を克服できるよう、高卒程度の簡単なテキストを使って数的処理に対する免疫をつけていきます。数的処理の肩慣らしで使用する問題集はこちらです。畑中敦子の天下無敵の数的処理!(1)判断推理・空間把握編畑中敦子の天下無敵の数的処理!(2)数的推理・資料解釈編この2冊は上でも述べましたが高卒程度 [続きを読む]
  • 数的処理の勉強法 ①導入編
  • こんにちは。今日から3回に分けて教養試験の要である数的処理の勉強方法について書きます。なぜ要かというと、出題数が教養試験のうちの約3分の1と非常に多く、かつ数学的な問題ということで文系で数学嫌いの方には勉強のハードルが高いからです。そして勉強の超初期段階から筆記試験の1日前までコツコツ勉強を続けないと力がつかない(すぐ忘れてしまう)科目だからです。数的処理は、判断推理と数的推理の2分野から成り立ちます [続きを読む]
  • 民法の勉強方法
  • こんにちは。今日は民法の勉強方法について書きます。はじめに言っておくと、私は民法がとても苦手でした。勉強開始初期から細々と勉強していたにもかかわらず、試験本番の2か月前までなかなか点数が取れず苦戦していました。しかし、民法は出題数が多く科目自体捨てるのはあまりにもリスキーだったので60〜70%の得点率を目標にしました。ですので正直な話、民法が苦手ではない方はこのページは参考にならないと思います…。それ [続きを読む]
  • 憲法の勉強方法
  • こんにちは。今日は憲法の勉強方法について書きます。まず、憲法は民法・行政法・憲法の法律系科目の中で一番簡単です。簡単というと語弊があるかもしれませんが、一番解き易い科目であることは確かだと思います。というのは、中学生で習った公民や高校で習った政治・経済と現代社会で、公務員試験の憲法の素養はある程度ついているからです。ですので、憲法に関しては導入本などはなしでいきなり『出るとこ過去問セレクト』を解き [続きを読む]
  • 公務員試験の教養論文対策
  • こんばんは。今日は教養論文対策について書きます。私は論文対策も完全に独学で行いました。今まで高校受験や大学受験でも小論文で受験したことがなかったので、公務員試験の論文の得点ウェイトが高いと知ったときは論文だけはきちんと予備校なり通信講座を使って対策しなければいけないのかと思っていました。しかし、受講代のお金がなかったのと数多くある予備校や通信講座の論文対策講座の仕組みを調べる時間すらもったいないな [続きを読む]
  • 公務員試験を独学でやったときのスケジュール
  • こんにちは。今日は、公務員試験を独学で突破したときの1日のスケジュールについて書きます。 このスケジュールは、一次試験(筆記試験)までのものです。 大まかなスケジュールについては、以前の記事で書いています。→こちらです。 1日のスケジュールはあらかじめ軽く決めておいた一か月単位の大まかなスケジュールを逆算して一週間単位、一日単位で勉強内容を決めていました。 そのときのタイムスケジュールについて振り返り [続きを読む]
  • 資料解釈の勉強方法
  • こんにちは。今日は資料解釈の勉強方法について書きます。資料解釈は、自治体によっては2〜3題は出ますが、どれも計算で答えが出せるものなので確実に2問分の点数をもぎとる必要があると考えます。まずとっかかりとしてこちらの本の資料解釈編で国家・市役所Ⅲ類で出題される、比較的簡単な問題から行います。畑中敦子の天下無敵の数的処理!(2)数的推理・資料解釈編そして、こちらの本を使って実際の試験内容の過去問を解いていき [続きを読む]
  • 文章理解の勉強方法
  • こんにちは。今日は文章理解の勉強方法について書きます。勉強方法を説明する記事でこんなことを言うのは少し申し訳ないですが、私は文章理解に大した勉強は必要ないと思います。文章理解の勉強は、選択肢を切る感覚を鈍らせないように毎日現代文・古文・英文を1問ずつ解くだけです。「選択肢を切る」というのは、5つある選択肢のうちから選択肢単体でこれは明らかに間違えているというものを削除していく作業です。選択肢を切る [続きを読む]
  • 自己分析のやり方
  • このページでは、自己分析のやり方について書きます。私は、大学3年の冬頃まで勉強だけちまちまとやっていましたが、ESや面接対策に関しては「自己分析って何?ESなんて何書けばいいかさっぱり分かんないよ」状態だったので民間向けの自己分析本を読むことにしました。なぜ民間向けにしたかというと、民間のほうが就職の面接試験の内容が厳しそうだなと思ったからです。公務員試験とは違い筆記試験対策の難易度が民間のほうは低く [続きを読む]
  • 公務員試験の情報収集に役立つサイト
  • こんにちは。今日は私が受験期に情報を得るためによく見ていたサイトをご紹介します。こちらの情報を駆使して合格を掴み取りましょう!※直リン不可であればコメント欄からお教えいただけると幸いです。★LEC KフォーラムLECのKフォーラム(公務員フォーラム)の情報サイト。KフォーラムではLEC公務員講座の卒業生が、説明会形式で官公庁・自治体の紹介をしたり、座談会形式で採用試験や業務内容に関する疑問に答えてくれます。受 [続きを読む]
  • 流し読み勉強法について
  • こんにちは。先日あげた「実際の大まかな勉強スケジュール」という記事の最後のほうで、「流し読み」について詳しく書くと言いました。今回は、「流し読み」をする理由を私の経験談を添えて書きます。「流し読み」をする理由は、新しく始める勉強への抵抗感をなくすためです。おそらく大体の人にとって勉強は、始めたてのときの理解が非常に難しいのだと思います。英語の勉強だって、初めはアルファベットを26個覚えるのも一苦労だ [続きを読む]
  • 実際の大まかな勉強スケジュール
  • まずはじめに、一次試験日が前年の日程と変更になる場合があるので、受ける試験の一次試験当日に照準を合わせてください。私のこのスケジュールの場合は6月第1週が本命だったので、6月までにどのように仕上げていったかということです。あとは前にあったことですが、26年度試験は国税専門官と特別区・都庁ⅠBの一次試験日は別だったので、例えば国税と特別区の併願が可能でした。それが27年度試験からは、国税と特別区・都庁ⅠB( [続きを読む]
  • 勉強の戦略を立てる
  • 公務員には様々な職種があります。特にこだわりがなければ一次試験の受験日が被らないように片っ端から受けていくのも手ですが、やはり職種によって業務内容がまったく違っていたり向き不向きがあるのでまずは職種を一通り知ることが大事です。私は当初は国家一般職、国税専門官、財務専門官、県庁職員に興味があったので、地方公務員をめざす本〈’17年版〉を読みました。この本には業務内容や試験日程や試験科目、職種ごとの [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして。高校受験も大学受験も塾なしでは突破できなかった私が、公務員試験に独学で挑んだ際の記録をしたいと思いブログを始めました。大学2年の冬頃、公務員になろうと思ったのはいいものの公務員試験は科目が膨大に多くて、受ける省庁や自治体の受験の仕組みも複雑で分かりにくい。そんなときに様々なサイトやブログをめぐりましたがなかなか新卒で独学で公務員試験に合格したという方のブログは見つかりませんでした。な [続きを読む]
  • 過去の記事 …