Clematis さん プロフィール

  •  
Clematisさん: バイリンガル、育成中。
ハンドル名Clematis さん
ブログタイトルバイリンガル、育成中。
ブログURLhttp://xn--eckq0ineg0c.net/
サイト紹介文海外インターナショナルスクールの学校生活、バイリンガル教育に役立つ教材の紹介など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/01/19 16:58

Clematis さんのブログ記事

  • 【記事紹介】学力の「相関」と「因果」の違いに要注意(中室牧子)
  • 日経DUALに出ていた記事。子どもの教育を考えるにあたってとても重要なことだと思うので、紹介します。最近、教育に関する情報を収集していて気になるのが、中室さんが指摘されているように、「相関」と「因果」を混同している情報があまりにも多いこと。例えば、「東大生にピアノ経験者が多い」というデータがあったとすると、「そっか!ピアノをやると賢くなるんだね。子どもにはピアノを習わせるべきなんだ」という流れになった [続きを読む]
  • Siriで発音練習
  • iPhoneやiPadに入っている音声認識ソフトのSiri、面白いですね。我が家のちびっこ2人も、たまにSiriと会話をして、大笑いしています。Siriが教えてくれることすごいなと思うのが、Siriの精度の高さです。Siriで遊んでいるとき、たまに私も話させてもらったりするんですが、通じないことが時折あります。何度か話しても通じないときは、長女に交代してもらって、同じフレーズで話してもらうんですが、そうすると、一回で通じるとい [続きを読む]
  • 目指せオックスフォード?
  • 先日のこと。長女のクラスで、一部の子供たちが、「やっぱ将来入るならオックスフォードだよねー」と盛り上がっていたとのこと。ヨーロッパということもあり、子どもたちの学校で人気の大学は、やっぱりオックスフォードです。なぜかよくわかりませんが、ケンブリッジよりオックスフォードの方が人気が高いです。 日本は学歴社会だとよくいわれますが、実は欧米も、日本あるいはそれ以上の学歴社会です。なんとなく実力主義の [続きを読む]
  • 話題のアンチ・プリンセス本:Good Night Stories for Rebel Girls
  • 今日は、メキシコ人の友人が強く薦めていた本を紹介したいと思います。Good Night Stories for Rebel Girlsという本です。昨年11月に発売されたばかりの本ですが、GuardianやBBCなどでも紹介され、かなり話題になっているようです。タイトルを直訳すれば、「反乱する少女たちのための就寝時の読み聞かせ本」みたいな感じでしょうか。変な訳ですね。すみません。さて、少女たちは何に対して「反乱」を起こすのでしょうか?答えは下 [続きを読む]
  • 公文の算数 我が家の5年間の歩み
  • バイリンガル教育をテーマにブログを書いていますが、なぜかアクセスが多いのが公文関連の記事。公文に苦悶している人がそれだけ多いということなのかな。我が家では、小3の長女が公文の算数(数学)を開始してからもうすぐ5年になります。今回は、これまでの歩みをざっくりと紹介してみようと思います。公文をはじめたきっかけ長女が公文をはじめたきっかけは、国語でした。長女は文字を書き始めるのがとても早く、3歳になるこ [続きを読む]
  • 北海道大学の入試問題にチャレンジしてみた件
  • ネットで話題になっていた北海道大学の今年の入試問題(前期の英語試験の3問目)。長女にチャレンジさせてみました。日本人とフランス人の働き方の違いに関する文章を読んで、いくつかの設問に答えるというもの。最後の設問は日本人のワーク・ライフ・バランスについて70〜100語でadvantageとdisadvantageを述べよというものなのですが、「日本人の働き方にadvantageなんてないだろ!」「難問だ。advantageなしと書くのが正解だな [続きを読む]
  • 【マイクラ#7】レッドストーンと格闘中
  • しばらく遠ざかっていたマイクラですが、最近また、長女がはまりはじめています。きっかけはクラスの女子2人がマイクラをやりはじめたこと。これまでは周囲でやっているのは男子ばかりだったので、いっしょに遊ぶ機会もなかったわけですが、女子がやりはじめたことにより、「一緒に遊びたい!」と言うようになりました。オンラインプレイはまだ許可していませんが、顔を見知った子ならいいのかな・・・ただいま迷い中です。最近の [続きを読む]
  • Fワード、Aワード、Sワード
  • 先日、家族で団らんをしていたときのこと。「インターは、汚い言葉やスラングを使う子があまりいないのがいいよね。やっぱり英語が母語じゃない子が多いからかな?」と私が言ったところ、長女から反論が。「いや、悪い言葉を使う子はいるよ。Fワードとか、Aワードとか、あとSワードとかね。」 長女の口からFワードなんて言葉が飛び出してきて、びっくり仰天。それに、AワードにSワードって・・・なんじゃそりゃ? F word [続きを読む]
  • 子ども用の英英辞典を活用する
  • 子ども用の英英辞典、Oxford Primary Dictionaryを購入してから、約1年が経過しました。子ども用の英英辞典を購入するhttp://xn--eckq0ineg0c.net/2016/04/23/%E8%8B%B1%E8%8B%B1%E8%BE%9E%E5%85%B8%E3%82%92%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B/我が家が購入した英英辞典先日、長女用に下記の英英辞典を購入しました。これまではiPadに入れているオンライン辞書などを使... xn--eckq0ineg0c.net(このサイト内) 当 [続きを読む]
  • 感度の高い母親は習い事も「思考力」重視?
  • 昨日、Presient Familyの最新号のFacebookでの紹介文をみていたところ、「感度の高い母親は習い事も思考力重視」なんて言葉が目にとまりました。記事自体は読んでいないのですが、どうやら、探究学習やプログラミングをカリキュラムに取り入れている塾の紹介のようでした。ふ〜ん。公文なんぞを子どもにせっせとやらせている人間は、President Family的には、感度がめちゃくちゃ低い母親ということになるのかな〜。 最近、教 [続きを読む]
  • 子どもと楽しむナポリ:ポンペイ遺跡
  • しばらくブログの更新をストップしていました。その間に行っていたのは、ローマ&ナポリ。名所が多いこのエリアですが、その中でも子どもたちを連れて行きたかったのが、ポンペイ遺跡でした。ポンペイ遺跡は、Magic Tree Houseをはじめとして、様々な英語の児童書で題材として取り上げられているので、ご存じの方も多いかもしれませんね。今回は、ポンペイ遺跡を簡単に紹介するとともに、この巨大な古代遺跡を子どもと一緒に楽しむ [続きを読む]
  • 英語の上達状況&読書記録 2年2か月 長女(9歳)
  • Reading今月読んだのは、ポケモンの漫画数冊、英語のパズル本、そしてRainbow Magic。なんだかどれも「そろそろ卒業してほしい・・・」という感じの本ばかりだな〜とおもっていたら、数日前からHolesを読み始めました。いつかは読めるといいなと思って自宅の本棚に1年くらい前から置いていた本です。本人いわく「すごく面白い!」とのこと。すでに半分以上読み終えており、数日内に読了しそうです。 さて、長女の場合、こ [続きを読む]
  • 英語の上達状況&読書記録 2年2か月 次女(7歳)
  • インター入学後2年2か月目、7歳次女の英語の上達状況です。ReadingReading Assignment(宿題)で読んだ本今月もReading AssignmentはOliver MoonとWalker Storiesが中心でした。 図書室で借りた本今月のヒットは、Arnie the Doughnut。先月絵本を読んで気に入ったようで、今月はチャプターブックを読んでいました。チャプターブックとはいっても、挿絵が多くてサクサク読める感じです。ドーナツが主人公のこのシリーズ、 [続きを読む]
  • World Book Day 2017
  • 今年もWorld Book Dayが近づいてきました!国連のWorld Book Dayは4月なのですが、イースターと重なってしまうので、イギリスでは3月の第一木曜日にWorld Book Dayのお祝いをします。今年は3月2日ですね。色々なイベントがありますが、やっぱり一番気になるのは本のセールです。毎年、この日のために、1ポンドの本が10種類出版されます。一部は日本のAmazonでも1ポンド相当額で購入できますが、すぐに売り切れになります。 [続きを読む]
  • インターナショナルスクールの飛び級&落第事情
  • 日本の学校と違い、飛び級や落第もあるといわれているインターナショナルスクール。今日は、インターの飛び級&落第事情について、実際のところどうなのか、書いてみたいと思います。 飛び級「インターはどんどん飛び級させる」というイメージを持っている方も多いと思いますが、実は飛び級は非常に少ないです。もともと一学年下げて入学させていて、語学力がついてきたので元の学年に戻すという意味での「飛び級」はしばしば [続きを読む]
  • 【動画紹介】NASA発表:39光年先の地球の姉妹たち
  • 日本時間23日午前3時からのNASA発表、ご覧になられた方はいますでしょうか。我が家はPCの前に3人張り付き、かじりつくように記者会見の様子を見ました。39光年先にある、地球と同じような大気と海を持つ可能性のある7つの惑星たち。私たちの太陽より小さくて冷たい、もうひとつの「太陽」。惑星間の距離が極めて近いため、空には他の惑星が大きく浮かんでいるように見えるのだそうです。なんというか、人類が「もうひとつの地球 [続きを読む]
  • 日本の地理を楽しく学ぶ
  • 暗記が多くて大変な中学受験の勉強。その後役に立たなかったものも多いのですが、私の場合、大人になってからも非常に役立ったのが、日本の地理に関する知識です。地理を知っていると、旅行や出張のときに役立つのはもちろんのこと、初対面の目上の方と話をするときなどに話題に困らないという利点があります。地理ネタは性別や年齢を問わず盛り上がれるのがいいところですね。苦手な人も多い地理ですが、私自身は地図を眺めてあれ [続きを読む]
  • 【記事紹介】NASAが重大発表!日本時間2月23日午前3時〜
  • 2月23日午前3時から、NASAが緊急重大発表をするそうです。太陽系外の惑星に関する新たな「発見」があったそうです。詳細は公表されていませんが、記者会見に同席する人たちの専門分野から判断するに、人類が移住可能な惑星が発見されたのではないかと言われているようです。記者会見の様子はNASA TVでライブ中継されるそうです。日本は時間的に厳しいかな・・・我が家は親子で見る予定です。こういうとき、英語が分かるのは得だな [続きを読む]
  • 【おすすめのチャプターブック】Oliver Moonシリーズ
  • 今日はおすすめのチャプターブックとして、最近次女がよく読んでいるOliver Moonシリーズを紹介したいと思います。 Oliver MoonシリーズとはOliver Moonシリーズは全12冊。魔法使いの男の子Oliver Moonと、Magic Schoolのクラスメイトたちが織りなす物語です。魔法使いの世界が舞台なので、どことなくハリポ●に似たにおいがします。ただし、Oliver Moonシリーズは小学校低学年向けのチャプターブックなので、かわいらしい [続きを読む]
  • 誕生日プレゼントは現金で
  • まだ数か月先にはなるのですが、我が家のちびっこ2人の誕生日が近づいてきました。そろそろ今年のプランを考えなければなりません。昨年は2人とも、クラスメイトを呼んで外部の会場でそれなりにきちんとした誕生日会を開催したのですが、東奔西走してぐったりしている親をみて良心の呵責が生じたのか、はたまた「人からもらうより好きなものを自分で買った方がいいや」という心境になったのか、あるいはとりあえず一回経験して満 [続きを読む]
  • 【作文紹介】日本のいじめ対策は間違っている
  • 今日は、友人がFacebookでシェアしてくれた中学生の作文を紹介しようと思います。日本のいじめ対策は間違っているこれは私個人の考えですが,「いじめのストッパー」になるには必要不可欠な三つの要素があると思います。一つ目は,正しい善悪の判断ができること。二つ 目は,自分の意見を持つこと。そして三つ目は,他人の意見を尊重すること。日本人はこの三つの中の一つ目と三つ目はとても良くできていると思うのですが,二つ目 [続きを読む]
  • 「中学受験をしない」という選択肢
  • 我が家の長女は日本にいれば小学校3年生です。3年生の2月と言えば、大手中学受験塾のカリキュラムが本格的に始まる時期。私の住むエリアにも日本の塾の海外校があり、2月から新講座がはじまっています。周囲につられて長女も入塾テストを受けましたが、色々考えた結果、通塾はしないことにしました。 最近は都心部を中心に中学受験熱がさらなる高まりを見せているとよく聞きます。しかしながら、私自身は、逆の流れを感じ [続きを読む]