Clematis さん プロフィール

  •  
Clematisさん: バイリンガル、育成中。
ハンドル名Clematis さん
ブログタイトルバイリンガル、育成中。
ブログURLhttp://xn--eckq0ineg0c.net/
サイト紹介文海外インターナショナルスクールの学校生活、バイリンガル教育に役立つ教材の紹介など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/01/19 16:58

Clematis さんのブログ記事

  • なにげない日常のなかに
  • 今日は本のインターナショナル・フリーマーケットがあったので、学校帰りにいそいそと出かけてみました。開催場所は古城の中庭。私のお気に入りの場所です。 我が家が住むのはドイツ語圏ですが、ドイツ語の本のほか、英語や日本語の本もありました。寄贈品が多く、フリマといいながら新品がたくさんでびっくり。特に素敵だったのがアンティーク本のコーナー。装丁が美しい本がたくさんあって、うっとり。欲しいものはたくさんあっ [続きを読む]
  • おすすめの国語ドリル:宮川式10分作文らくらくプリント
  • 我が家の子供たちは日本語補習校に通っておらず、国語の学習は自宅でやっています。海外在住子女にとって一番の関門は、なんといっても漢字学習。その次に来る関門は、作文です。日本語で文章を「書く」機会が圧倒的に少ないので、日本語の文章力がなかなかつかないように感じます。最近は、次女はもちろんのこと、長女の方も、なんだか日本語がおかしいなと感じることが増えてきて、こりゃヤバいなと感じています。そんなわけで、 [続きを読む]
  • 次女のあだ名はCutie Pie
  • Cutie Pie、これは次女のあだ名です。クラスの男子数人から、こう呼ばれているそうです。最初聞いた時は、「かわいい おっぱい」という意味かと思って、頭がクラクラしてしまいました。よく考えたら、「おっぱい」って日本語ですから、そんなわけもなく・・・笑 google先生曰く、cutie pieを日本語に訳すると、「かわい子ちゃん」だそうです。かわい子ちゃん・・・ほとんど死語のような・・・google先生、よくそんな言葉をご存じ [続きを読む]
  • 我が家の夏休み 2017年
  • 子どもたちのインターは7月第一週から7週間の夏休みに入ります。今年も最初の4週間は日本に一時帰国をする予定にしています。今のところ考えている子ども関連の予定は以下のような感じです。 体験入学例年通り、以前長女が通っていた地元の小学校に、2人そろって3週間ほどお世話になることに。3度目となると話もサクサク。電話一本で受け入れをご快諾頂き、まずは一安心。我が家の場合、体験入学は、本帰国時のセーフティ・ [続きを読む]
  • 【おすすめのPodcast】Brains On!
  • 今日はおすすめのPodcastを紹介しようと思います。Podcastというのは、一種のインターネットラジオのこと。iPodのPodと、Broadcast(放送)のcastを組み合わせた造語なのですが、iPodではなくて普通のスマホでも、アプリを入れれば聞くことができます。事前にデータをダウンロードしておけばネットへの接続は不要。有料のものも一部ありますが、大半は無料です。Brains On!は、子どもが抱くサイエンスの疑問について専門家が答える [続きを読む]
  • インター入学後2年6か月の日本語力 次女(8歳)
  • 長女に続き次女についても、現在の日本語力について、まとめてみようと思います。模試などは受けていないので、客観的なデータはありません。自宅勉強のなかで私が感じたことを、備忘録も兼ねて、書いておきます。 ・漢字に苦戦中二年生になり、一気に必修漢字の量が増え、悪戦苦闘しています。頑張って練習しても、普段漢字を使わないので、なかなか記憶に定着しない模様です。漢検対策で読みを書かせると、ふりがなが斬新すぎて [続きを読む]
  • インター入学後2年6か月の日本語力 長女(10歳)
  • 先日、四谷大塚の全国統一小学生テストがありました。私たちが住むエリアには四谷大塚と提携している日本の塾があり、小4〜6限定になりますが、無料で受験することができます。長女はこれまでこの種の模試を受けたことがなく、今回が初挑戦。どのくらいの立ち位置なのか一度確認しておきたくて、受験してみました。帰ってきてから本人に国語の感想を聞いたところ、「最初の方はめちゃくちゃ難しくて、わからない問題ばかりだった [続きを読む]
  • 長女おすすめの洋楽PV動画いろいろ
  • 今日は長女おすすめの洋楽動画を紹介してみようと思います。日本の芸能ネタにとことん疎いうちの長女。昨年の年末あたりに「SMAP解散だってねー」と夫と話をしていたら、「SMAPって何?」と長女に聞かれて、ビックリしました。長女にSMAPの説明をしたら、「え、おじさんなのにアイドル?なんで??」と、今度は私の説明に長女がビックリ。娘よ、SMAPにも私にも、若い時代はあったんだぞ〜(汗さてそんな長女ですが、洋楽については [続きを読む]
  • 夏休み用のワークブックを購入:今年はBrain Questに
  • 子どもたちのインターは、7月から8月中旬まで、約7週間の夏休みがあります。我が家は日本に一時帰国し、日本の小学校に体験入学します。よって夏休みは生活も学習も日本語中心になりますが、その間全く英語に触れないものなんだかな〜ということで、夏休み用のワークブックを購入しました。Brain Questとは我が家が購入したのはこちら。Brain Questの夏用ワークブックです。 Brain Questはアメリカ発のワークブック。出版社によれ [続きを読む]
  • 【おすすめのチャプターブック】Wonder
  • 本日ご紹介するのは、Wonder。ベストセラー本として有名なので、ご存じの方も多いと思います。数か月前に読了して、レビューを書こうと思いつつ、何からどう書いていいのか考えることが多すぎて、ずっと先延ばしになっていました。あらすじオーガストはふつうの男の子。ただし、顔以外は。生まれつき顔に障害があるオーガストは、10歳ではじめて学校に通うことになった。生徒たちはオーガストを見て悲鳴をあげ、じろじろながめ、や [続きを読む]
  • Cut the cheese その意味は・・・
  • 久しぶりに次女が面白い英語表現を教えてくれたので、紹介します。Cut the cheeseというものですが、どういう意味か、わかりますでしょうか?私はわかりませんでした! <ヒント>上記のような表面をワックスでコーティングしたタイプのチーズを切ると、どのような現象が起きるでしょう。 おいしそうなチーズの写真を並べてみましたが、答えは・・・おならをするでした(笑)表面がコーティングしてあるチーズを切ると、周囲にふ [続きを読む]
  • 英語の上達状況&読書記録 2年5カ月目 次女(8歳)
  • インター入学後2年5カ月目の英語の上達状況です。英語もまだまだ課題は多いのですが、最近は日本語の方が気になります。普通の日本の小学校2年生に比べると、日本語の読み書きの量が圧倒的に足りません。昨年夏からお世話になっていたGSA(Global Step Academy)は休会し、かわりに公文の国語を再開。自宅での英語の取り組みは、週2回のスペリングの勉強のみに絞り、その分日本語の学習時間を増やしました。Reading学校のReadi [続きを読む]
  • 英語の上達状況&読書記録 2年5カ月目 長女(9歳)
  • インター入学後2年5カ月目の英語の上達状況の記録です。毎月記録を残しているものの、最近は目覚ましい上達はないので、読書記録がメインになりつつあります。 5〜6月は外遊びに最高の季節。先週末は天気がよかったので、いちご狩り、プール、ハイキング、モーターボートを借りてプチクルージング、小川で水遊びと、アクティブに遊びすぎて、家族全員、月曜朝からぐったりしています(汗)長女については、まだまだ遊びの時間 [続きを読む]
  • 続・もしも英語教育をやり直せるなら
  • ブログを書くことのメリットのひとつは、過去に自分が考えていたことを容易にトレースできることかなと思っています。自分の書いた文章を読んで、「そうそう、そうだよね」と思ったり、「それ違うだろ」とつっこんだり。意外に「それ違うだろ」も多かったりします。下記は、自分のブログのちょうど1年くらい前の記事です。もしも英語教育をやり直せるならhttp://xn--eckq0ineg0c.net/2016/05/23/%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%82%E8%8 [続きを読む]
  • はじめてのシェイクスピア:Shakespeare Can Be Fun!シリーズ
  • 英語の古典と言えばまず真っ先に出てくるのが、シェイクスピア。原作は400年以上前に書かれた戯曲なので、英語が難しいし、大衆受けを狙った下ネタも多いんですよね。このため原作を読むのは小学生には無理です。そのかわり、児童向けに易しく書かれたシェイクスピア本が色々と出版されています。以下は英ガーディアン誌がチョイスした子ども向けシェイクスピア本10選。今回紹介するのは、このなかでも出てくるShakespeare Can B [続きを読む]
  • ペラペラな親ほど早期英語教育に“冷淡”?
  • 少し前にPresidentに出ていた記事。周囲で結構話題になっていました。著者は英語関連の出版社に勤務していた経験のある女性の方。自己の経験から、「英語なダメな親ほど超必死」「バイリンガルの親はわが子の英語教育に距離を置いている」と述べられています。そして、親がバイリンガルの場合、「英語の教育に夢中にならない」理由として、著者は以下の3点をあげています。① どうせ成長過程で英語を忘れてしまうから② 日本語 [続きを読む]
  • 【おすすめのアプリ】英語でリラックス:Smiling Mind
  • 今日はうちの長女のお気に入りのアプリ(サイト)を紹介したいと思います。こちらのアプリ、ひとことでいうと、「英語の瞑想アプリ」・・・かな?ヨガ教室などに行くと、最後の方で、床に横になり、瞑想をすることがあると思います。インストラクターが、「はい、それでは目を閉じて、肩の力を抜いて・・ゆっくり息を吸って・・・吐いて・・・そのまま呼吸を続けてください・・・それではあなたのまわりがXXであることを想像してみ [続きを読む]
  • 【記事紹介】「ふつうの主婦」が見つけた「わくわくエンジン」のかけ方
  • 久しぶりにとても共感&納得できる素晴らしい記事を見つけたので、シェアしようと思います。著名な教育者の方々がよくおっしゃることのひとつに、「子どもには好きなことをさせるのが一番」というものがあります。「子どもは好きなことに夢中になる。だから好きなことを極めさせることによって能力が伸びる」とか、「小学生時代は本人が好きなように思う存分遊ばせることが大切だ」とか。こういう意見を読むたびに、何とも言えない [続きを読む]
  • 英語のタイピング速度を計測する
  • 先日、学校で行われたタイピングコンテストで長女が賞状をもらってきました。どうやらクラスで1位をとったみたい。長女のスピードは、1分あたり35 words以上(35WPM)となっていました。この数字がどのくらいなのか。今まであまりスピードを意識したことがなかったので、まずは以下のツールで自分のスピードを計測してみました。Typing Test @ AOEU結果はこんなかんじになりました。49 WPM。なんとか親の面目は保てそうな感じ。ト [続きを読む]
  • アート×サイエンス 最近の取り組み
  • 我が家の姉妹はアート&クラフトが大好き。ひまがあればゴソゴソ何かを作っています。4月は学校が2週間休みだったこともあり、普段以上にアート&クラフトに費やす時間が長かったように思います。子どもたちの作品をみていてふと気づいたのは、「アートとサイエンスって、繋がっている!」ということ。語学や算数ともつながっている部分もあるんでしょうが、アートと一番相性がいいのはサイエンスなんじゃないかと思います。今回 [続きを読む]
  • インターナショナルスクールと就学義務
  • 最近、日本でも、お子さんをインターナショナルスクールに通わせるご家庭が増えてきました。「英語が話せるようになる」という点に魅力を感じてインターを選択されるご家庭も多いようですが、実際には、高額な学費、日本語能力の衰え、卒業後の進路など、マイナス面も多々あるように感じています。それから考えなければならないのは、子どもをインターに通わせるのは、「就学義務違反」になるという点です。今回はこの就学義務につ [続きを読む]
  • 英語でピアノ 1年経過しての所感と今後のこと
  • 長女がピアノのレッスンを開始して1年が経過しました。インターの課外授業で、イタリア人の先生から、英語でピアノの個別指導を受けています。英語でピアノ 進捗状況本人の「やりたい!」という強い希望によりはじめたピアノ。しかしながら、「毎日きちんと練習する」という基本的なことができていない状態なので、なかなか上達しません。ピアノに向かうのは2日に1回、15分くらい。レッスンの前日になって課題曲が弾けずに四 [続きを読む]
  • 海外ホテル予約サイトの選び方&トラブル対処法
  • 4月は2週間のイースター休みがありました。我が家の旅行先は、またまたベネチア。この2年で3度目です。しかし3度行ってもまだ飽きません。たぶんまた行くと思います(笑) さて、今日は、海外ホテル予約サイトについて書いてみたいと思います。主なサイトの特徴とその使い分け、そしてついでに、我が家がこれまでに遭遇したトラブルと、その対処法も!(汗)そろそろ夏休みの計画を・・と考えている方のご参考になれば幸 [続きを読む]